ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

最近の新車のカタログを見ていると、インパネ写真の所で撮影用に全ての灯りを点灯していますが、その中でメーターパネルの中に排気温警告灯が見当たりません。
 
正確には軽には警告灯か在る車がいるが、普通車には殆ど見られなくなったようです。
 メーカーに問い合わせると平成9年に保安基準改正で排気温度警告灯を省略しても良いことになったそうです。
 
という事は、今の車は改造車は別として排気温センサーが無くてもいい、つまり排気温は異常上昇しないのでしょうか。

たぶんCPUの制御の問題だと思うのですが。改正以前の車とどう変わったのでしょうか。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

疑問の回答です。

>ここで一つの疑問なのですが、点火方式の電子(フルトランジスタ)点火方式は改正前(10年位)からけっこう取り入れられてた点火方式だと思うのですが、その頃の車には皆、センサーも警告灯もありましたね。

そうですね。仰るとおりです。

>保安基準とは言え、これは無駄な装備だったのでしょうか?それともやはりCPU制御が進化したから?なのでしょうか。


ん~どうですかね~。車の進化に法律がついていかなかったと私は解釈しています。逆にいうと法律が変わらないから排気温度センサーを取り付けせざるを得なかったと思ったほうがいいですね。個人的には無駄=いざと言う時の保険と安全上のものは解釈します。信頼性ともいいますね。

>あと法律が現状について行かないのは多々ありますが、平成9年にこの部分が改正されたのは何かあったのでしょうか。


そうですね~、この頃、アメリカの部品を輸入しろ~とかそんな時期だったかな?輸入の自由化があったような気がします。お米とかもそうでしたよね?そこに来て車検の簡素化。で検査項目でどうやったら減るかを国土交通省(当時の運輸省)の役人が考えたのかな?と思うんですね。簡素化→自由化→保安基準の拡大→用品や部品の自由化、競争化・・・こんな感じですかね~。結局アメリカの部品を買ってほしいからこんな制度になったのかもしれません。詳しい方がもしかしたらご発言するかもしれませんね。ごめんなさい。こんな感じでどうでしょうか・・・。この辺はあいまいです・・・。汗
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答、真に恐れ入ります。
ん~改正の陰にはアメリカの影、ありえることですね。
 お得意様のアメリカの何らかの影響で日本も右にならえ。
 日本の車の技術は世界をリードしていると思っていますが、政治力では.....。一度、「日本の基準に合わせろ」て言ってやりたいですね。

お礼日時:2004/12/21 21:20

排気温(触媒)の異常上昇は失火等の理由で起こる事が考えられますが、今の車は電子制御燃料噴射式のエンジンですので燃焼後の排ガスの状態をO2センサーで検出して適正な混合比になるように制御しています。


万一、失火等が発生して燃焼異常が発生してもO2センサーで検出できるので必要が無くなったということもあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
O2センサーで一括制御は今の技術でしたら可能ですね。「技術の進化は装備の簡素化」とは色々な分野で共通ですね。

お礼日時:2004/12/21 21:06

こんにちは。



>正確には軽には警告灯か在る車がいるが、普通車には殆ど見られなくなったようです。
 メーカーに問い合わせると平成9年に保安基準改正で排気温度警告灯を省略しても良いことになったそうです。
 
>という事は、今の車は改造車は別として排気温センサーが無くてもいい、

仰るとおりです。検査は現在では排気温センサーは私もハーネスが腐っていたのでアースさせて車検を通しましたが、全く問題ないです。

>つまり排気温は異常上昇しないのでしょうか。


仰るとおりです。車両法改正前はポイント式の点火タイミングを取っていた車が走っていて、弱火、失火による未燃焼ガスの処理として触媒を使って浄化していました。ですのであまりにエンジンの調子が悪いと触媒に負担がかかって真っ赤になった車を見たことがあります。しかし、現在では電子制御化され、点火方式も電子式で(フルトランジスタ)点火方式には失火は有り得ない。という解釈の元に現行法が出来ていると記憶しています。ですので、

>たぶんCPUの制御の問題だと思うのですが

仰るとおりです。貴方の考えはあながち間違っていません。

ちなみにポイント式とフルトラの間にセミトラというものもありました。このごろはセミトラは私の経験上10年くらいは整備した記憶がありません(汗)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご返答ありがとう御座います。専門家の方に同意していただく事はアマチュアにとってとても心強いものです。

 ここで一つの疑問なのですが、点火方式の電子(フルトランジスタ)点火方式は改正前(10年位)からけっこう取り入れられてた点火方式だと思うのですが、その頃の車には皆、センサーも警告灯もありましたね。保安基準とは言え、これは無駄な装備だったのでしょうか?それともやはりCPU制御が進化したから?なのでしょうか。

 あと法律が現状について行かないのは多々ありますが、平成9年にこの部分が改正されたのは何かあったのでしょうか。

 

お礼日時:2004/12/21 17:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排気温度警告灯?

排気温度警告灯?

こんばんは毎回お世話になっています。

SUBARUサンバー(H5年式13万キロ)に乗っている者です。

前々から気になっていたのですが、排気温度警告灯が点いたり消えたり(明るさまでも変わる)するのです。

別に長距離運転をしたわけでもないのですが、エンジンをかけたら警告ランプが点くのです。(走行1分ぐらいで消えます)

この場合はセンサーの不良ですか?

それとも警告ランプ通りの不良ですか?

本当にごく稀に起こる事なのです。

直すとしたら修理費は高いですか?

質問続きですみませんがどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

冷却水が不足してそれが点灯するなど100%あり得ません!
あり得ない事を経験って・・・。 ??????


排気温度警告灯が点灯する条件は 触媒の異常反応です
未燃焼ガス(不完全燃焼ガス)が大量に排出されると触媒は異常に反応し
高温となります 火災防止の為にこれが点灯します

エンジンをかけた直後に点灯であれば点灯する仕組みに問題がありますね
すなわち センサーの故障、配線の損傷、アンプの故障・・


整備工場で見てもらってください
これを問題なしと勝手に決めつけ 本当に触媒が高温になる条件になったときに
気づかず 車両火災になる危険性があります

車両火災は思ったよりもあるものです

Q排気温警告灯が消えません。原因、対策を教えてください。

平成2年式S13シルビアK'S (オートマ車 走行距離7万キロ)に乗っています。
運転中に、排気温警告灯が点灯しました。
原因、対策を教えてください。

状況は、
排気温警告灯が点灯する1時間ほど前に、
カーショップで、オイル交換をしました。
いつもどおり、SHクラスのオイルです。
その後、一般道を30分走り、高速道路にのり
100キロほどで走行中
30分ほどしたら、排気温警告灯が
5分ぐらい点灯しては2分ほど消えて、
再び5分ぐらい点灯し、2分ほど消える。
の繰り返しです。

高速道路をおりて、信号待ちの時にはアイドリングがとても不規則でした。
結局、排気温警告灯が点灯し始めて、
40分ほどして家にたどり着きました。
走行後、家の駐車場で、エンジンオイル、冷却水を
確認しましたが標準レベルでした。

ちなみに、
高速道路は毎日、通勤で使っております。

いつエンジンが止まるかびくびくするほどの
アイドリングのばらつきがありました。

上記条件で原因および対策などありましたら
ぜひ、お教えください。

ゴールデンウィーク中で、修理工場、ディーラーが休みなので不安です。。。。

平成2年式S13シルビアK'S (オートマ車 走行距離7万キロ)に乗っています。
運転中に、排気温警告灯が点灯しました。
原因、対策を教えてください。

状況は、
排気温警告灯が点灯する1時間ほど前に、
カーショップで、オイル交換をしました。
いつもどおり、SHクラスのオイルです。
その後、一般道を30分走り、高速道路にのり
100キロほどで走行中
30分ほどしたら、排気温警告灯が
5分ぐらい点灯しては2分ほど消えて、
再び5分ぐらい点灯し、2分ほど消える。
の繰り返しです。

高速道路をおり...続きを読む

Aベストアンサー

ずいぶん前に同じ状況に陥ったことがあります(車種はサニーのターボルプリ、今は絶版車ですが)。
一旦信号などで停車すると発信の時にはノッキングの嵐のような状態にはなりませんでしたでしょうか(走り出せば多少安定するような感覚でした)?
ディストリビュータの不調が原因の可能性が高い様に思えます。ディーラーでなくても部品さえ手にはいるようならカー用品店やスタンドでも交換可能だと思います。
ディストリビュータであれば、それ以上状態が酷くなることはないと思いますが、当然ながら早めに手当なさった方がよろしいですよ。下の方々がおっしゃるような他の原因も考えられますが、いずれもオートバックスなどでしたら対応可能だと思います。

Q車検での排気温度警告灯の点灯

車種は13シルビアです。
センサー不良のためか、排気温度警告灯が点灯しっぱなしです。
この状態でも車検上は問題ないでしょうか。
車検は民間車検場を考えております。

Aベストアンサー

qoo2007です。再度投稿します。
車検時、排気ガスにプローブを突っ込んで排気濃度をチェックされます。
排気温度センサーが点灯しますと、COが4.5以下、HCが1400以下が
規定ですのでそこで異常が出ます。
それに合格すれば点灯は違法ではありません。
民間車検場に持っていかれることとのことですが、その時にセンサー
不良なのでと伝えておけば大丈夫だと思うのです。私も整備士なのです
が、修理工場によって気分次第で対応が変わってきます。
儲けたいとこなら、変えないと通せないと言われたり、厳しくない人や
怠け者w、本当に違法じゃないと分かる人なら「まぁいいや」って、見
てくれます。
ディーラーだから安心と言うことはありません。みんな人間ですから。
一番しっかりしているのは、認証工場ですよ。
陸運支局に持ち込まなければならないから、それだけしっかり点検を
しておかなければと慎重になりますから。


人気Q&Aランキング