出産前後の痔にはご注意!

大学入試共通テストの記述式問題でもめてますが、1度のテストで人間を評価する事に無理が有るのではないですか?とりあえず従来のマークシート方式で1割から2割ほど多く合格させて、1年後に成績の悪い生徒は留年か退学かを選ばせれば良いのではないですか?

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    現状が現実に合わなくなっているのではないですか?理想を言えば、誰であれ学びたい者が居れば、自由に入学させ学ばせれば良いでしょう。しかし理想どうりにはいかないから、希望者の数を減らしているわけで、問題はその方法です。

    「多くの学生は留年を選ぶ」と言うことなら、退学を勧告するしかないですね。「あの大学は1年後に退学させられる」という噂が立てば、自ずから入学希望者も減るでしょう。

    No.9の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2019/12/07 03:58
  • うーん・・・

    1回勝負の大学入試を禁止せよと言ってるわけではないです。多様な入試制度が有っても良いだろうと言ってるだけです。例えば将棋のプロに成るのは、過去には年齢制限が有って、その年齢に成ると一律に切られてましたが、今ではアマチュアからプロに成る道が開かれています。つまり選択肢が増えたわけです。

    結局、どのような道を選ぶかは、本人次第です。他人がとやかく言うことではないでしょう。

    >浪人したならまだしも、1年学んだ上で退学させられれば、その年には他大学を受けることは時期的に無理です。また、入学金や授業料も無駄になります。

    そうだとしても、それは本人が選んだ結果です。本人の選択ですから、他人がとやかく言う事ではないです。それに、余りにも成績が悪ければ、入学して半年くらいで、本人に通知すれば良いでしょう。このままでは退学確定ですよ。早めに退学して、来年他の大学に入学したらどうですか?と。

      補足日時:2019/12/07 09:58
  • うーん・・・

    記述式の大学入試の採点には問題が有る事は最初から分かっていた事でしょう?それでも記述式を採用しなければならない、もっと大きな理由が有ったのではないですか?例えば日本の大学ランキングの世界的な低下とか?

      補足日時:2019/12/08 04:21
  • どう思う?

    記述式テストの導入は、外国の事例を参考にした結果ではないですか?従来のテストでは、大学に入れるべき人材を取りこぼしていると考えた結果ではないですか?その結果、日本は大学ランキングで負けているのではないか?

      補足日時:2019/12/08 10:53

A 回答 (16件中1~10件)

良い考えだと思います。



大学の定員を、一年生は1000人、二年生は800人、三年生は600人とし、学位の付与は年間500人以内とすると、勉強しない者、知能が低い者が学位をとることはなくなり、卒業生はみな知能が低くなく、また一定程度勉強した者に限られることになるので良いと思います。
    • good
    • 0

> 記述式の大学入試の採点には問題が有る事は最初から分かっていた事でしょう?それでも記述式を採用しなければならない、もっと大きな理由が有ったのではないですか?例えば日本の大学ランキングの世界的な低下とか?



日本の受験制度は、公平性だけに重きを置きすぎてる感はあると個人的には思ってますが、それが皆の求めるものならねそういうものでしょ。

記述式なんて、全受験生に課したって金と労力の無駄。やりたきゃ今みたいな二段階選抜でやればいい。それか、欧米でやってるような、あくまでテストの点数は一つの審査基準でしかないから、初めから誤差を折り込み済みで100点と95点で順位付けなんてしなけりゃいい、とするしかない。

大きな理由と言うか日本のあらゆる政策に言えることなんだが、何でもかんでも求めすぎで、それぞれの考え方には、メリットデメリットがあると言うことを踏まえずに、人気どりで都合のいいことを多方面でいいすぎた結果でしょう。

大学ランクは、教員数とか、留学生の数とかまた色々評価軸がちがうから、入試制度でがんばろうと言うのは的外れ。
    • good
    • 0

No.2 です。

「補足」に書かれたことについて。

>記述式の大学入試の採点には問題が有る事は最初から分かっていた事でしょう?それでも記述式を採用しなければならない、もっと大きな理由が有ったのではないですか?例えば日本の大学ランキングの世界的な低下とか?

「どういう教育が必要か」と「それを大学入試で判定する」というのは別な話ですよ。
「理由」は単なる「教育業界(主にベネッセかな?)」からの「要望」でしょう。民間英語検定の利用も同じ話。

政府関係者の「お友達」優遇政策であって、森友や加計と同じですよ。役人がそれを忖度している。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外国の事例を参考にした結果ではないですか?従来のテストでは、大学に入れるべき人材を取りこぼしていると考えた結果ではないですか?その結果、日本は大学ランキングで負けているのではないか?

お礼日時:2019/12/08 10:51

>それでは、何故、記述式問題でもめているのですか?現状の入試制度に問題が有るからではないのですか?


公正、公平な採点が困難だからです。

自分で書いた(はずの)質問文の意味が理解できていないようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

記述式の採点には問題が有る事は最初から分かっていた事でしょう?それでも記述式を採用しなければならない、もっと大きな理由が有ったのではないですか?例えば日本の大学ランキングの世界的な低下とか?

お礼日時:2019/12/08 04:18

そもそも大学入試は選抜試験であって、本当の実力者とか、真に人間として素晴らしい人格と才能を持った人を探し当てようとしてやってるものではないからです。



ある特定のオリンピック金メダルが、絶対的に世界で一番その競技ですごい人というわけではないのと同じこと。本当に実力者を探したいなら、テニスの世界ランキングみたいなことをして年間を通しての通算実績なんかでランク付けするとかした方がよっぽど安定してます。

統計的な多重検定によるまぐれでうかるようなのもある程度織り込み済みです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

記述式の大学入試の採点には問題が有る事は最初から分かっていた事でしょう?それでも記述式を採用しなければならない、もっと大きな理由が有ったのではないですか?例えば日本の大学ランキングの世界的な低下とか?

お礼日時:2019/12/08 04:20

No.6 です。

一発勝負が一番いいと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それでは、何故、記述式問題でもめているのですか?

お礼日時:2019/12/07 19:33

無理ですよ


けれども、少なくとも大学側が設定したハードル(入試での合格最低点)を突破できないような学生は、うちの大学には不要という考え方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それでは、何故、記述式問題でもめているのですか?現状の受験制度には問題が有るからではないのですか?

お礼日時:2019/12/07 19:34

そもそも、現状においては、希望すれば大学に入ることはできます。

いわゆるFラン大学がそれに該当します。そこにすら入れない学力しかないなら、それは自己責任です。
何故に、あなたが言うような無駄なシステムを作って、希望者の多い、偏差値の高い、少しでも上位と世間で思われている大学に入れる必要があるのでしょうか。

>「あの大学は1年後に退学させられる」という噂が立てば、自ずから入学希望者も減るでしょう。
あなたは退学させられる学生のことを考えてますか?浪人したならまだしも、1年学んだ上で退学させられれば、その年には他大学を受けることは時期的に無理です。また、入学金や授業料も無駄になります。だとすれば、他大学を目指すとしても2年遅れになり、経済的な損失も大きいことになります。大学に多く入れるようにするとしても、あなたのやり方では、1,2割の人は相当な不利益を被ります。
それと、「入学希望者も減る」ということはありえません。なぜなら合格させる人の数が1,2割多くなっているんでしょ?大学側はその数の学生を合格させます。人気が落ちればその合格ラインが下がるだけです。もっとも、その大学よりも上位の大学を断念した学生が入ってくることも考えられますので、合格ラインに関しては大学によって違う話になるでしょう。
いずれにせよ、システムとして破綻していると思います。

話は変わりますが、オリンピックのマラソンの代表選手の選考方法が変わりました。これまで少々曖昧であったものが、代表選考レースを行うことによって決めようというものです。条件は付きますが基本的に1回勝負です。選手にとっては、その時の体調の問題もあるので、不運な結果になることもあるかも知れませんが、選考基準が明確であり、誰もが納得でき、不公平さを感じない方法になったと思います。試験に関しても、基準を明確にした上で基本的に1回勝負が良いと思います。それに向けた準備も含めて受験生の責任です。交通のトラブルがあっても、通常は大学が対応しますし、そういう事があっても大丈夫なところに宿泊するとか早めに移動するという対策は受験生が事前に考えておくべきことです。そもそも、最近、私立大学がおそらくは受験料や入学辞退者の入学金目当てに、何度も試験をします。それを、何度もチャンスがあってありがたいと思うかも知れませんけど、その影にはギリギリで不合格になった人がいるわけで、定員を小分けにせずに、1回の試験で決めていればその人も合格していたはずです。

複数回の試験で判断するということが、受験生の負担になっていることも考えるべきだと思います。また、大学が学問を目的とした場所である以上、成績で合否を決めるのは当然であると思います。もちろん、体育大学や芸術大学であればそうした技能を重視すれば良い話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1回勝負の大学入試を禁止せよと言ってるわけではないです。多様な入試制度が有っても良いだろうと言ってるだけです。例えば将棋のプロに成るのは、過去には年齢制限が有って、その年齢に成ると一律に切られてましたが、今ではアマチュアからプロに成る道が開かれています。つまり選択肢が増えたわけです。

結局、どのような道を選ぶかは、本人次第です。他人がとやかく言うことではないでしょう。

>浪人したならまだしも、1年学んだ上で退学させられれば、その年には他大学を受けることは時期的に無理です。また、入学金や授業料も無駄になります。

そうだとしても、それは本人が選んだ結果です。本人の選択ですから、他人がとやかく言う事ではないです。それに、余りにも成績が悪ければ、入学して半年くらいで、本人に通知すれば良いでしょう。このままでは退学確定ですよ。早めに退学して、来年他の大学に入学したらどうですか?と。

お礼日時:2019/12/07 09:57

>1度のテストで人間を評価する事に無理が有るのではないですか?


人間を評価しているのではなく、学力を評価しているんです。また、1科目だけの試験ではないのが普通ですので、必ずしも1回とは言えません。

>従来のマークシート方式で1割から2割ほど多く合格させて、1年後に成績の悪い生徒は留年か退学かを選ばせれば良いのではないですか?
そもそも、従来、マークシート方式はセンター試験と、一部の私立大学だけであり、多くの大学では記述式の試験を行っています。なので、「従来のマークシート方式で」というのは事実誤認です。
「1年後に成績の悪い生徒は留年か退学かを選ばせる」というのは、現場の状況を全く理解できていません。多くの学生は留年を選ぶでしょうけど、そうなれば学生がどんどの滞留していきます。それは教育の効率を低下させますし、その学生のためになるとも思えません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

募集数よりも応募者数が多い限り、何をどうやっても


入試には合格者と不合格者がでます。そのため、
入試にとって最も重要なのは、合格と不合格を分ける
判断基準が明確なこと。その基準が「正しい」かどうか
なんて、公平性に比べたら微々たる話題に過ぎません。
そもそも「人間を評価する」など、人間にはおこがましい
実現不可能な発想です。そんなところを目指してしまうと、
基準が不明確になり、主観まみれの不公平な選別しか
できなくなります。近年は、そういう駄目な入試が横行
しつつはあるのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それでは、何故、記述式問題でもめているのですか?現状の入試制度に問題が有るからではないのですか?

お礼日時:2019/12/07 19:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング