dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

現在、ネットプロバイダーからの支給品NEC(Aterm WH822N)を使用し、問題なく通信できています。最近?奥の部屋で通信が途切れ、自己の4Gに切り替わります(他のタブレットも弱電波に代わっています)この場合、①ルーターの交換 ②中継器(TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 11n/g/b 300Mbps)購入 ③その他(放置) でどれが良いでしょうか・・

A 回答 (2件)

一般には中継器の設置が最も確かな方法です。


自宅内のどこかの部屋の模様替えをしたり、冷蔵庫を買い替えたり、Wi-Fiルーターの設置位置や向きをちょっと変えたりといったことで自宅内の電波の届き方が変わって・・・というのはよくあることです。特にWi-Fiルーターから離れた部屋やフロアが違うとです。
また、隣家がWi-Fiルーターの場所や設定を変えたために電波干渉が大きくなって今まで1Wi-Fi接続できていた部屋でのWi-Fi利用が安定しなくなった・・・といった場合もあります。
そういうことに着実に対応するにはWi-Fiルーターの買い替えではなく中継器の設置を選ばれるのが順当です。

参考まで。
    • good
    • 0

コンセントに刺すだけの


11n/g/b 300Mbps  なら

中継器2000円で買えます。


部屋の途中にコンセントが有れば解決です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!