AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

1.会社を辞めた時に受け取る退職金は毎月の給与から引いて積み立てられているのでしょうか?(給与明細を見ても載っていません。)
 退職金の基本は給与で、それに会社がプラスしているのでしょうか?
2.確定拠出年金で企業が拠出する掛け金は、従業員の給与から引いて積み立てているものから拠出するのでしょうか?
 退職金と企業が支払う確定拠出年金のお金の出所がわかりません。企業が全て負担するとは考えにくいのですが、そういう企業もひょっとしたらありますか?
 退職金についてよくわからないのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

退職金の仕組みの基本に関しては、下記記事も参考になるかと思います。



・退職金のキホン的仕組み、企業年金との関係について [企業年金・401k] All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/380030/

A 回答 (4件)

基本的には、従業員が退職する時に、会社は、会社が貯めて持っている預金の中からお金を引き出して、その従業員に「退職金」を支払います。

ただ、それだけのことです。

しかし、「退職金」は、巨額な場合が多いので、一時にそれを払うとすると、会社としては、資金繰りの予定が立てにくいです。
そこで、会社は「退職金」の分を、前もって、それなりに計算して、普段から少しずつ、別のところに貯めていきます。
この別のところこそが、「確定拠出年金への積み立て」であったり、「中退共への積み立て」、「特退金への積み立て」であったり、「銀行での積み立て」であったり、「生命保険会社での積み立て」であったりするわけです。
いつから、どこに、いくら預けて貯めるかは、会社(等)が決めます。

「退職金」は会社が払うべきものなので、これらの積み立て準備金も会社が全て負担します。

ということで、「給与」とは直接関係ありません。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

退職金の積み立て方がよくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/23 22:37

退職金は、各個人の給与から引いているわけではありません。


給与と同じく、会社が一つの費用として支払うもので、毎年(会社が費用として)積み立てていて、そこから払うという場合が多いです。
積み立てが足りなかった場合は、やはり会社が費用として支払います。

いずれ支払う退職金を想定して、あらかじめ給与の額を低くする会社もありそうな気もしますが、月々のお給料から引かれる、ということはありません。

給与明細で控除額に載っていなくて会社が払っているものは、会社が費用として負担しています。
ちなみに、社会保険は会社が半分負担してくれています。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

退職金は給与から引かれていなくて会社の費用だということがわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/23 22:45

1.退職金は、毎月の給料からは引いていません。


退職金は、退職金規程に基づいて、毎年必要な金額を会社が負担して、積み立てています。
退職金の計算は、一般的には、基本給と勤続年数で計算します。

最近は、退職金制度を廃止して、退職金相当額を毎月の給料に加算する企業も有ります。

2.確定拠出年金で企業が拠出する掛け金は、企業が負担します。
これに、社員の負担分を足して、個人毎の口座に積み立てます。

>退職金と企業が支払う確定拠出年金のお金の出所がわかりません。

従って、どちらも、企業が負担しています。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

退職金は企業持ちということがわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/23 22:48

 昔、会社が裕福でなかったときに、給料の一部を会社預けさせて


その集まったお金を運用した。積もり積もったその一部預けて
いたお金の積み上げにプラスアルファしたものが、現在の退職金の
始まりだったというのを本で読んだ気がします。つまり表向きに
給料から明示的に引かれるものではないという風に、理解しましたが。。

確か、経済対策大臣 竹中平蔵さん著の”みんなの経済学"だったような。。
大変恐縮ですが、定かではないので、立ち読みなどして、参考にしてみては
どうでしょうか。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/gl …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

退職金のルーツがわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/23 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中退金共済について、納得いかないので教えて下さい!

先月30日付けで会社を退職したのですが、勤めた年数は1年6ヶ月になります。
その間、毎月の給料から中退金として一定額が引かれていました。

詳しくは、分からないのですが・・・

(1) 中退金の掛金は企業側が負担すべきものなのでしょうか?

(2) 毎月給料(1年6ヶ月分)から引かれた分の掛金は退職金として全額は戻ってくるのでしょうか?

(3) もし、企業側が掛金を負担しなければいけなかった場合はどうなるのでしょうか?

ネットで少し調べたのですが、企業側が負担するような内容で・・・
今まで、給料から引かれていた金額は戻らない形?
のような気がするのです(-_-;)

取り合えず明日、住民票を会社へ持って行き中退金の解約(?)
は終わり振込まれるのを待つだけなのですが・・・

私自身納得がいかないのです(;_;)
詳しい事が分からないので、分かる方がいたら教えて下さい!
勉強不足で、このような質問申し訳ありませんm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。中退共制度で判る範囲でお知らせします。

(1)中小企業退職金共済法に基づき事業主と中退共が契約を結び、掛け金については全額事業主負担です。共済手帳は手元にありますか?
(2)中退共の退職金額については下記のとおりとなります。
掛け込み1年未満...退職金の支給なし
掛け込み1年以上2年未満...掛け込み額を「下回る」額の支給
掛け込み2年以上3年6ヶ月...掛け込み相当額
掛け込み3年7ヶ月以上...掛け込み額を上回る額の支給
以上により、1年6ヶ月の掛け込みですと掛け込んだ全額は戻ってこないことになりますね。これは、中退共が長期加入者の退職金を手厚くする制度になっているからです。
(3)これについては判りません。まずは中退共に説明し会社がこういうことをさせている、ということを告げてはどうでしょう。もしかしたら勧告こたいなことをしてくれるのかもしれません。

また退職金の請求は、共済手帳と請求書があれば会社を介せずご自身でできますよ。不信感があるのでしたらご自身で確認された方がいいかもしれません。

参考まで。

こんにちは。中退共制度で判る範囲でお知らせします。

(1)中小企業退職金共済法に基づき事業主と中退共が契約を結び、掛け金については全額事業主負担です。共済手帳は手元にありますか?
(2)中退共の退職金額については下記のとおりとなります。
掛け込み1年未満...退職金の支給なし
掛け込み1年以上2年未満...掛け込み額を「下回る」額の支給
掛け込み2年以上3年6ヶ月...掛け込み相当額
掛け込み3年7ヶ月以上...掛け込み額を上回る額の支給
以上により、1年6ヶ月の掛け込みですと掛け込んだ全額は戻っ...続きを読む

Q退職金共済に加入しているのに退職金が出ない?

去年私は勤めていた会社を自己都合で退職しました。
在職期間は約1年半でした。
社員だったんですが、毎月給料から退職金共済金といて1000円くらいが天引きされてました。
しかし、私が退職する際には1円も退職金が出ませんでした。
どうも納得出来ないのですが、退職金共済に加入しているのになぜ退職金が支払われないのでしょうか?
何年以上在籍していないと出ないといった規定があるのでしょうか?
ちなみに私の会社はもちろん退職金制度はありますが、会社の具体的な退職金制度の詳細については定かではありません。
どうかアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

<何年以上在籍していないと出ないといった規定が・・・>
あります。
退職金支払い規定は退職金制度を設けている会社なら、あって当然です。
会社によっては退職金引当を計上算出している所もあれば、共済加入の所も。いづれも、何年在職したかで金額が決まるでしょう。
退職共済に加入し、掛け金が天引きされていながら受け取れない事には釈然としないけど、会社も社員の為に同様に掛け金を負担しているはずです。会社にとっても、掛け捨てたままで退職され、損失を感じている事でしょう。
在職の何十年の間では、時世に左右されて受取金額が大きく変わったり、時の貨幣価値も変わる事もありえます。
今のような給料を出す事だけでもいっぱいいっぱいで、その上退職金の引当なんて・・・そういう点では共済加入しているのは堅実な企業だと思います。会社の負担を抑えて退職金を出してあげようと、会社もそれなりに考えていると思います。
最近、在職1年程度で退職金が出る会社は極めて珍しいです。少なくとも3年は・・・5年、7年、10年以上勤務なんてありますから。
それ以前に、退職金制度が設けられている会社自体、有り難い話じゃありませんか?
今後は何年勤務で退職金がおりるか、考えて勤めましょう。

<何年以上在籍していないと出ないといった規定が・・・>
あります。
退職金支払い規定は退職金制度を設けている会社なら、あって当然です。
会社によっては退職金引当を計上算出している所もあれば、共済加入の所も。いづれも、何年在職したかで金額が決まるでしょう。
退職共済に加入し、掛け金が天引きされていながら受け取れない事には釈然としないけど、会社も社員の為に同様に掛け金を負担しているはずです。会社にとっても、掛け捨てたままで退職され、損失を感じている事でしょう。
在職の何十年の...続きを読む

Q退職給与引当金と退職準備積立金の違いについて

詳しい方、教えてください。
退職給与引当金とは、基準日時点で社員全員が退職した際に係る退職金相当額を、固定負債に計上するものと理解しています。

また退職準備積立金とは、退職金の負担は企業にとって大きいことから、実際に職員が退職したときに備えて積んでいるものであると理解しています。

この認識があっているかどうか教えてください。

また、この理屈からいうと、退職給与引当金が負債、退職準備積立金が資産に計上されているのが普通のように思われます。

しかし退職給与引当金のみの計上であるとか、逆に退職準部積立金のみの計上であるとか、そういったケースはあるのでしょうか。またあるとするとどのようなケースでしょうか。

調べているうちに混乱してしまい、質問した次第です、
恐れ入りますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職給付債務のある会社は積み立てをしなければなりません。それを外部積み立てにするか、内部で積み立てるか、両建てか。
まず外部の場合(基金など)退職金の前払いをしているようなものですから資産的意味を持ちますが、すでに、自社の持ち物ではなくなっているので、資産に計上しません。

内部の場合・両建ての場合(引当金)は、退職給付債務は認識時点ですでに発生すると考えられている分です。
引当金の設定要件はご存知ですか?
1.将来の特定の費用又は損失であって
2.その発生が当期以前の事象に起因し
3.発生の可能性が高く
4.その金額を合理的に見積もることが出来る
この1~4すべてを満たしたときに設定しなければならないのです。
これは義務です。

それとは別に、会社が任意に積み立てを出来るのが積立金(純資産の部)です。退職給付債務分はすでに用意してあります。ですから負債ではありませんし、支払うべき相手も確定していません。あくまでも任意の範囲です。

Q退職金の明細

退職金って
給与明細みたいに
明細書は 出るんでしょうか?

Aベストアンサー

明細書が出るかどうかは、会社によって違うでしょう。
ただ、会社は「退職所得の源泉徴収票」を発行する義務があるので、それはもらえるでしょう。
退職金は給料のように社会保険料などは引かれませんし、源泉徴収票を見れば退職金の支給額も税金の額もわかります。

Q中退共が事業主負担ということを知り処理に困っています。

中退共が事業主負担ということを知り処理に困っています。

社員2名で1名のみ中退共に加入しています。その者は給与が年俸300万で、月給20万と賞与30万、残りの30万は月2.5万の中退共の掛金で積立金として控除しています。

中退共掛金を会社で負担すると、掛金にしていた30万は給与にはならないので、年間支給総額が変わってしまいますよね。

掛金は会社の口座より引落されていますし、労働契約を年俸270万にするしかないのでしょうか。

皆様よりぜひお知恵をお借りしたく思います、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>中退共掛金を会社で負担すると

そのとおりで、会社が負担しなくてはなりません。
中退協の掛け金は「退職金掛金」として、会社にとっては全額損金に算入できます。
給与も全額損金ですから、会社にとっては税務上のメリットはかわりません。

一方、社員にとっては「給与賞与270万+中退協掛金30万=300万」 のほうが、
「給与・賞与300万」よりも所得税が少なくてすみます。

上記を社員によく説明すれば 社員は年俸270万でも納得するのではないでしょうか。


ただし、

>30万は月2.5万の中退共の掛金で積立金として控除しています

この経理処理は間違いです。過去同じような処理をしていれば、社員に所得税を余分に負担させていたことになります。

Q中小企業退職金共済 掛け率計算

お世話になります。
3年半ほど勤めていた会社を退職し、中小企業退職金共済から退職金が支払われました。
その額の算出方法がいまいちよくわかりませんので質問させていただきました。

【状況】
2011年(H23年)5月11日入社(当時33歳)、2014年(H26年)9月20日退社(36歳)
納付月数. 29ヶ月、 掛金月額5000円。 
支払われた退職金145,000円

【目的】
いまさら額をどうこうできるとは思っておりませんので、投資で、この退職金を増やそうとしております。
その投資と金欲のゴールを明確にしたい。(ゴールがないと無駄にリスキーな投資をしてしまうので・・・笑)

【疑問点】
(1)就職年月日H24年5月11日(加入)、H26年9月20日退職とあるのですが、実際は、一年前のH23年5月11日に入社しております。入社して、基金に加入するまでの1年間はなんなんでしょう?これって普通なのでしょうか?

(2)退職金の掛金が最低の5000円!!これで33歳から60歳までの27年間勤め上げたとしても\2,025,750! スズメの涙くらいの退職金しかでないではないかと思いました。
基本退職金額表→ http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/sisan/sisan03.html
また、モデルケースよりも少ない。基本的に掛金が低すぎるのが原因かと。
退職金の世間相場モデルケース→ http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/qa/qa-09/9-3-3.html

ほか、この共済では付加退職金というものがみたいですが、HPを覗いてもあんまし意味がわかりませんでしたが、結局、60歳まで勤め上げて\2,025,750しかでないのですか?

【感想】
・退職金について、会社のほうも、月々いくら掛けていることを言わない(言う必要もない?)ので、早いうちに仕組みがわかってよかった。現職は一般的に大手と言われている企業で風通しのよい会社なので、退職金について早いうちに人事に質問してみようと思った。

・退職金といえば、1000万ほどもらえるものかと思っていたが、なんでもそうですが掛金次第なのだなぁと。

・前の会社は、とにかく早いうちに見切りをつけてよかった。

疑問点2点について、私の出した答えが正しいかどうか教えてください。よろしくお願いいたします。

お世話になります。
3年半ほど勤めていた会社を退職し、中小企業退職金共済から退職金が支払われました。
その額の算出方法がいまいちよくわかりませんので質問させていただきました。

【状況】
2011年(H23年)5月11日入社(当時33歳)、2014年(H26年)9月20日退社(36歳)
納付月数. 29ヶ月、 掛金月額5000円。 
支払われた退職金145,000円

【目的】
いまさら額をどうこうできるとは思っておりませんので、投資で、この退職金を増やそうとしております。
その投資と金欲のゴールを明確にしたい。(ゴールが...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
普通かどうかはわからないが,入社して1年たたないと加入させないようにしているんでしょう。従業員には優しくない会社ですね。

(2)
5000円で27年=324か月ならば186万6450円ですよ。計算ではそうなります。基本的に掛金が低すぎるのが原因ですね。
付加退職金は加入して43か月たたないと0円です。それ以降は運用収入の状況等に応じて付加されますが,
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/seido/seido06.html
に書いてある通り1年で1%とか2%程度だけ基本退職金に上乗せされるだけです。

Q勘違いしている人の多い退職金

退職金制度があることが「無条件で」いいことだ、と思っている人が多くてびっくりした。
数万円を天引きされた上、支給されるのが数十年後という、まさに年金と一緒。
会社に居続けなければ損なんて仕組み、おかしくないか?
掛け金なしでもらえるなら、そりゃありがたいが、それは国家ダニの公務員だけ。(公務員も払っていると言う馬鹿がいるが、公務員の場合1万円払えば5万円返ってくる国賊モノの仕組み)

若いうちに我慢して、老後に備えるなんて思考停止もいいところだ。どんだけマゾなんだろ。
就職する時、すでに目が老後向いているなんて、お前ら正気か?と言いたいが、あなたはどう?

Aベストアンサー

終身雇用が当たり前だった頃にはいい制度でしたよね。
でも、転職すると不利。早期に退職すると支給率が下げられるし。
契約社員として働くと、正社員でもここまでしか出せない、と年収を抑えられる。正社員には退職金があるのに、契約社員のリスクを認めてくれない。
退職金など止めて、その時点での仕事の成果、実績と収入がダイレクトに結びついていたほうがいいというようにも考えられますね。
そのようにして、将来への蓄えや、その運用を自己管理できるほうがいいかも知れません。
終身雇用制度も崩れてくるでしょうし、企業自体の寿命も短くなっているようですから、やがて退職金制度もなくなると思います。

Q退職金って自分の給料から毎月積み立てるもの?

退職金って自分の給料から毎月積み立てるものなのですか?
それとも、自分の給料とはまったく関係なく会社が払うものなんでしょうか?

Aベストアンサー

>・A社からでる自社Kさんの給与単価が50万円だとします。
>・Kさんの給与はその50万円から毎月20万円支給されてます。
>・A社から自社へ50万円支払われるとしてそのなかで
> 数万円積み立てるのは会社が積み立ててるといえますか?

これならば全く問題ありません。

A社へ派遣されてるような形なのか分かりませんが、↑を読む限り、
50万というのはA社が自社へ支払うものであり、A社が社員Kさんに支払っているのではありません。
自社はA社等から受け取った金銭で会社を運営しており、その中から社員の給料等の経費を支払い、
同じ様にその中から退職金引当を行っているにすぎません。

つまり、会社が売上の中から社員の退職金を積み立てているだけですから違法性は全くありません。

Q退職金って何年勤めたらもらえるのですか?

退職金は何年勤めたらもらえ出すようになりますか?そのときの額はいくらですか?

Aベストアンサー

会社によって異なります。また、会社都合か自己都合かによっても変ってきます。通常は3年程度たたなければ退職金がでないところが多いようです。
大企業では、退職金は一時金としてだけではなく、退職企業年金として国の厚生年金とはまた別に年金がある会社もあります。

Q財形・退職金共済とは?

内定頂きました会社には、ハローワークでの求人カードによると、退職金・財形はあるようですが、退職金共済というものがありません。

そこで質問ですが、財形・退職金共済とは何なんでしょうか、これらが無い事のデメリットは何でしょうか。

みなさんの会社にはありますか。

Aベストアンサー

こんにちは。
財形とは、事業主を通してする給与天引きの貯金です。
退職金共済は、事業主が従業員のために月々お金を積み立てて退職金を準備する制度です。
事業主は掛け金を損金扱いできるし、従業員は退職金がもらえる。。。という感じです。

デメリットなんでしょうね?
財形がないと、貯金がしずらい?
退職金共済制度がないと、退職金がもらいずらい?

前職にはありませんでした。
9年も勤めたのに、一円も退職金をもらえませんでした。


人気Q&Aランキング