分子結晶と共有結合の結晶の違いはなんでしょうか?
参考書を見たところ、共有結合の結晶は原子で出来ている
と書いてあったのですが、二酸化ケイ素も共有結合の
結晶ではないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

分子性物質と共有結合性結晶、どちらも共有結合によってつくられている物質です。

以下のサイトでは大学入試対策として解説があります。

私立・国立大学医学部に入ろう!ドットコム 共有結合性結晶と分子性物質
http://www.sidaiigakubu.com/examination-measure/ …

A 回答 (4件)

●分子結晶


分子からなる物質の結晶。
●共有結合の結晶
結晶をつくっている原子が共有結合で結びつき、
立体的に規則正しく配列した固体。
結晶全体を1つの大きな分子(巨大分子)とみることもできる。

堅苦しい説明で言うと、こうなりますね(^^;
確かにこの2つの違いは文章で説明されても分かりにくいと思います。

>共有結合の結晶は原子で出来ている
先ほども書いたように「原子で出来ている」わけではなく、
「原子が共有結合で結びついて配列」しているのです。
ですから二酸化ケイ素SiO2の場合も
Si原子とO原子が共有結合し、この結合が立体的に繰り返されて
共有結合の物質というものをつくっているのです。
参考書の表現が少しまずかったのですね。
tomasinoさんの言うとおり、二酸化ケイ素も共有結合の結晶の1つです。

下に共有結合の結晶として有名なものを挙げておきます。

●ダイヤモンドC
C原子の4個の価電子が次々に4個の他のC原子と共有結合して
正四面体状に次々と結合した立体構造を持つのです。
●黒鉛C
C原子の4個の価電子のうち3個が次々に他のC原子と共有結合して
正六角形の網目状平面構造をつくり、それが重なり合っています。
共有結合に使われていない残りの価電子は結晶内を動くことが可能なため、
黒鉛は電気伝導性があります。
(多分この2つは教科書にも載っているでしょう。)
●ケイ素Si
●炭化ケイ素SiC
●二酸化ケイ素SiO2

私の先生曰く、これだけ覚えていればいいそうです。
共有結合の結晶は特徴と例を覚えておけば大丈夫ですよ。
頑張って下さいね♪
    • good
    • 43
この回答へのお礼

わかりました、早速さっきからパソコンの画面と5分程にらめっこして
5種類覚えましたよ。ケミストリーさんには何べんも回答して頂きまして
本当にうれしいです。ありがとうございました

お礼日時:2001/08/25 22:17

他の方の回答で充分だとは思いますが、簡単に書きますので、わかりにくかったら参考にして下さい。


分子結晶とは
(単)分子同士が(弱い)分子間力で辛うじてつながった結晶
共有結合の結晶とは
原子同士が共有結合でつながったものが分子ですよね。共有結合の結晶はその結合で全体がつながったものですので、その結晶全体が1つの大きな分子と見なすことが出来ます。
こんなもんでどうでしょう?
    • good
    • 12
この回答へのお礼

十分です。おかげで解決いたしました。ありがとうございます

お礼日時:2001/08/25 22:19

構造上の違い・・・・・


共有結合結晶は結合する原子が互いに不対電子を出し合って結合する。
分子結晶は原子同士ではなくて分子同士が分子間力で結合するから不対電子とか関係ない。
性質上の違い・・・・・
共有結合結晶は水に溶けない、電気伝導性なし(黒鉛は例外)、硬い、沸点高いなど。
分子結晶は極性ならば水に溶ける、電気を通す、沸点は全体として低い、など。
二酸化ケイ素はモチロン共有結合の結晶ですよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。二酸化珪素は原子3つの集まりなのになんで
分子結晶じゃないんだろう?と思ってたんですよ。また何かありましたら
よろしくお願いします

お礼日時:2001/08/25 22:18

 共有結晶:共有結合によって無限に結合した原子が格子点を占める結晶。


      共有結晶は結晶全体が1つの巨大分子といえる。

 分子結晶:分子全体が1つの単位となって格子点を占める結晶。

わかりました?わかりませんよね?
以下は余談です。(私の解釈)

 共有結晶というのは、原子1つ1つが結合して結晶を作っているので、
構成単位が原子、つまり全部で1つの分子になっている。
 分子結晶は、分子が集まって結晶を作っているので、分子の集合である。
難しいですね。他の人の意見を待ちましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いえいえ何をおっしゃいますか
早々と回答していただきありがとうございました

お礼日時:2001/08/25 22:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子軌道のエネルギー準位

電子軌道のエネルギー準位は内に行くほど低くなる、と書いてあるのですがエネルギー準位とは何ですか?

また、電子がエネルギー準位の低いところから埋まっていく理由も教えてください。

Aベストアンサー

例えば次のURLを参考にされてはいかがでしょう。

http://hyper-chemistry.blog.so-net.ne.jp/2011-03-02

Q二酸化ケイ素の原子1個当たりの共有結合の数が「3」?

二酸化ケイ素の原子1個当たりの共有結合の数が「3」?
Si-Oの結合エネルギーの方が、C-Cの結合エネルギーよりも大きいことを知りました。(この理由は納得済み)
でも、共有結合の数が二酸化ケイ素(水晶)よりダイヤモンドの方が多いから、
融点はダイヤモンドの方が高いということも知りました。
この部分の説明(『新研究』による)は、
「原子1個当たりの共有結合の平均個数が、二酸化ケイ素は3個であるのに対し、ダイヤモンドは4個だから」
となっていたのですが、
なぜ二酸化ケイ素の1原子あたりの平均共有結合数が3個なのかわかりません。
「共有結合の数がSiは4個、Oは2個だから平均3個」
と書かれていたから、
(4+2)÷2=3
ってことなのかなとは思うんですけど、
SiO2という組成式にも示されているように、SiとOの個数の比は1:2だから、
(4×1+2×2)÷3=8/3(個)
になると思うのですが、私の考え方のどこが間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

私にも3個の論理は理解できません.

ふつうに考えると,4個の結合を持つ原子が1個,2個の結合を持つ原子が2個あるのだから,(4+2×2)/3=2.67個が平均ということになりますね.

こう考えることもできます.というか,1原子の平均結合数を考えるなら,こう考えなくてはいけないと思うのですけどね.
非常に多数の原子から構成されるSiO2結晶を考えます.
例として,非常に多数とはいいにくいですが,Si1000O2000 とかを考えてみましょう.
すると全原子数は3000個です.結合総数はSiの原子数の4倍の4000に,結晶の端でどうなってるんだかわからない数の補正を加えた値になるべきです.原子数が十分に多い結晶なら,この末端補正は無視してもいいでしょう.ということは,4000/3000=1.33です.

この考えを同様にダイヤモンドにあてはめると,C1000とかと考えるとことになります.共有結合数は,端の補正を無視すれば4000...ではありません.2000です.二つのC原子があってひとつの結合ができるので,結合数は2000個しかないのです.すると,総原子数1000ですから,2000/1000 = 2 です.

私にも3個の論理は理解できません.

ふつうに考えると,4個の結合を持つ原子が1個,2個の結合を持つ原子が2個あるのだから,(4+2×2)/3=2.67個が平均ということになりますね.

こう考えることもできます.というか,1原子の平均結合数を考えるなら,こう考えなくてはいけないと思うのですけどね.
非常に多数の原子から構成されるSiO2結晶を考えます.
例として,非常に多数とはいいにくいですが,Si1000O2000 とかを考えてみましょう.
すると全原子数は3000個です.結合総数はSiの原子数の4倍の4000に,結晶の...続きを読む

Q各軌道のエネルギー準位

こんばんは。
現在炎色反応のレポートに取り掛かっている高校生ですが、
炎色反応の生じる理由が、電子が熱運動によりひとつ上の軌道に励起し、その励起した電子が基底状態に戻るときに発せられるエネルギーの違い、という風に理解しました。

そこで実際にエネルギーを計算しようと思うのですが、各軌道のエネルギー準位が分かりません。
一応このサイトやグーグル、理科年表などでも探したのですがなかなか見つかりません。
各軌道のエネルギー準位が掲載されている本、サイト等お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NISTのスペクトルデータベースをお教えします。
http://physics.nist.gov/PhysRefData/ASD/lines_form.html
元素名、波長(ないし波数)範囲を入力し、「Retrieve Data」をクリックするだけです。
他に色々制限を設けるチェックボックスがあるので、目的に応じてチェックを入れて下さい。
^o^

Q等核二原子分子と異核二原子分子の違い

等核二原子分子と異核二原子分子の分光学的違いについて教えて下さい。

Aベストアンサー

同じ原子で出来ていれば振動しても極性の変化が起こりません。
振動数は赤外線の領域にありますが赤外線の吸収に関しては不活性であるという事になります。
物理化学の教科書には必ず載っていることだと思います。

Q非占有軌道のエネルギー準位の変化

こんにちは。卒業研究中の学部4年生です。
光励起を用いた研究をしていまして、質問したいことがあります。

励起先の非占有軌道のエネルギー準位についてなのですが、
これが周りの化学的環境によってどのように変化するのか、
簡単にで結構ですので教えていただきたいのです。

占有軌道なら電子が存在するので考えやすいのですが
非占有軌道はどう考えたらいいのか・・。

Aベストアンサー

どういうものの話かにもよるでしょうが・・・
非占有軌道(最低非占有軌道LUMOのことですよね?)のエネルギー準位が低いということは、単純に考えるならば電子(対)を受け入れやすいということになります。つまり、電子受容的な性質の強いものはLUMOも低いということになるでしょう。

ただ、ご質問では、励起に関することを尋ねておられます。その場合には、励起前のエネルギー準位も関係してきます。つまり、最高占有軌道(HOMO)とLUMOのエネルギー差が励起の起こりやすさと関係するはずです。
したがって、HOMOとLUMOの両方を考慮する必要があります。
現実問題として、共役ポリエンなどのHOMOの高い物質はLUMOが低いですので、光励起を起こしやすいといえるでしょう。

Q分子結晶と共有結合の結晶について教えてください。

学校で、分子結晶は、分子が分子間力で繋がった状態。
共有結合の結晶は、原子どうしが共有結合でつながったものだと習いました。
そうすると、共有結合で原子が結びついてできた分子が、分子間力で繋がったものは分子結晶なのですか?
あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
わかりにくくてすいません。
回答お願いします。

Aベストアンサー

>あと、分子結晶は、例を覚えておいたほうがいいのですか?
分子結晶に限らず、いくつか例を挙げられるようにしておかないと意味がない。脳の記憶容量の無駄遣いにしかならない。
ただ、共有結合の結晶を作る物質は、高校化学では4つしか問われることはないけれど、分子結晶を作る物質はなんぼもあります。
そして、共有結合の結晶というのは、その結晶1個で1個の分子という存在です。

で、分子間力で分子はほとんど繋がりません。なんとなく集まっちゃおうかなあ、くらいの弱い引力です。
(それに対して共有結合はちょっとやそっとでは切れない原子のつながり)
その分子間力で多数の分子が規則正しく配列している状態になったものが分子結晶です。

おわかりとは思いますが、結晶というのは構成粒子が規則正しく配列していないと結晶とは言いません。

Qエネルギー準位の定義について

高校物理の質問です。
エネルギー準位は定常状態にある電子「1個」のエネルギーと考えていいでしょうか?それとも軌道半径が等しい電子のエネルギーの和ですか?(水素原子しか習っていませんので定義があいまいです)

それからいろいろ調べた結果、使い方がいろいろあるようです。
1.電子のエネルギー準位
2.原子のエネルギー準位 →教科書では水素原子のエネルギー準位、と表現しています。
3.原子核のエネルギー準位

なお、こちらのサイトで別の質問をしたところ、2は誤りで、3で表現するようにといわれました。しかし教科書では「水素原子のエネルギー準位」ときっちり書いてあります。1から3の使い方の正誤について教えていただければと思います。

Aベストアンサー

回答が後のものほど難しい説明をしましたが、高校生レベルに噛み砕いて説明してみます。

エネルギー準位というのは入れ物によって決まるもので、中に入れるもののエネルギーの居場所を指しています。
(原子核は核力によって陽子や中性子が閉じ込められていると考えてください。原子核崩壊は、水の蒸発と同じようなものだというイメージを持ってください。(蒸発は水内部の熱運動エネルギーが高い分子(統計的なもの)が液体の水の束縛(表面張力)を振り切って逃げて行くことを言う))

エネルギーは、電子や陽子のような「個」(粒子であったり剛体であったりしても良いが)の持つ物理量。

エネルギー準位は電子だけでは形成されず、原子核などによる「ポテンシャルの箱」が必要。
言い換えると、入れ物(箱)の特徴を表している。

根本的な話をしだすと、No.7みたいに数学的になる。(実は入れ物を決めているのはハミルトニアンで、中を埋めるものの波動関数とを数式で結びつけてエネルギー準位が固有値として出てくる。そもそもエネルギー自体は「力」を作るものと受ける側の2つがないとなし得ない概念だからね。W=-∫Fdxっていう仕事(エネルギー)の定義式に当てはめればわかる)

あと、よく考えたら電子のエネルギー準位ってのもおかしな言葉ですね。
「電子が取りうるエネルギー準位」ならわかりますが、「電子のエネルギー準位」と書いたら電子が何かに対してエネルギー準位を形成しているのか、はたまた電子自体が特定のエネルギー準位に収まっているのか不明ですね。

(補足:固体中の自由電子のエネルギー準位ってのも調べてみると理解が深まるかも)

エネルギー準位を与えるのは入れ物であり、エネルギー準位を埋めるのは入れ物に閉じ込められたものであるので、何を意味しているかは内容を読むしかしかないのかな?
(ネット上の情報は正確に表現されているかはわからないです。私は数式の解釈から説明しただけであって、慣例ということもある「かもしれない」。知らない表現はしない方が無難です。)

回答が後のものほど難しい説明をしましたが、高校生レベルに噛み砕いて説明してみます。

エネルギー準位というのは入れ物によって決まるもので、中に入れるもののエネルギーの居場所を指しています。
(原子核は核力によって陽子や中性子が閉じ込められていると考えてください。原子核崩壊は、水の蒸発と同じようなものだというイメージを持ってください。(蒸発は水内部の熱運動エネルギーが高い分子(統計的なもの)が液体の水の束縛(表面張力)を振り切って逃げて行くことを言う))

エネルギーは、電子や陽子のよう...続きを読む

Q二酸化ケイ素の特徴

二酸化ケイ素の特徴(良い点、悪い点)について知りたいです。

特に撥水性や紫外線の遮蔽などがあると聞きますが、太陽光などの光は反射や屈折はアルミや銀に比べてどのぐらい違いがあるのか教えてほしいです。

Aベストアンサー

>撥水性や紫外線の遮蔽…
純度の高い二酸化ケイ素は石英、水晶となります。
確かに撥水性はあります。しかし容易に水となじませることが出来ます。
紫外線は一般のガラスに比べるとかなり良く通します。wikiによれば200nmまでは透明性が高いです。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A
プリズムに加工したもの以外反射材として用いられることはありません。

Qネオン原子のエネルギー準位図

こんばんは

ネオン原子のエネルギー準位図が探しても見つかりません。

3s軌道の準位が,16.54eVと16.85eVであることは分かりましたが,3p軌道の準位がわかりません。

3p軌道の準位,もしくはエネルギー準位図が掲載されているwebサイトをご存じでしたら,
ご教示願います。

Aベストアンサー

表でもよければ、↓をどうぞ。
http://physics.nist.gov/PhysRefData/Handbook/Tables/neontable5.htm

Qこいつら共有結合しますよね? HはもClも希ガスにちょうどなるので でも参考書ではイオン結合していま

こいつら共有結合しますよね?
HはもClも希ガスにちょうどなるので
でも参考書ではイオン結合していますおかしくないですか?Hが電子を出してH+になったら電子が0個でHeの電子が2個になるやつが安定するのにこれじゃ変じゃないですか?

Aベストアンサー

#2ですが、立腹中。
あとから読むひとに誤解を生じるといけないので念を押しておきます。
#2において私は、HClの結合は共有結合が正しくイオン結合とするのは誤り、と書いています。
(もちろん高校レベルにおいて)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報