昨年の夏、父親の膀胱癌が発覚し、内視鏡による手術を受けました。
そして今年7月末、頭痛のため病院に行くと小脳腫瘍と診断されました。
膀胱からの転移によるものだそうです。
8月初めに開頭手術を受けたのですが、脳脊髄液が止まらないため、
今週、脳室腹腔シャントが施されたようです。
しかしながら、未だに首の付け根あたりに水がたまり、
1日1回ペースで注射器によって抜いてもらっています。

ここ(教えてgoo)で、似たようなログがあったので参考にしましたが、
主治医の先生は頭の再手術はできないと言っている、
すでに脳室腹腔シャントを行っている、
にもかかわらず状況が変わっていないようなので心配です。

「小脳」腫瘍の場合、髄膜腫を閉じることが難しいのでしょうか?
他方、病気の性質上、頭だけに時間をかけ過ぎるのも危険なようです。
「~して欲しい」というにも、どう言って良いのかわかりません。
意見を聞かせていただけませんでしょうか。


これに関連してもう一点、転院についてお聞きしたいのです。
膀胱癌の手術は市内の私立病院で行われました。
小脳腫瘍に関しては、その病院に脳外科がないため、
それまでの主治医の先生の紹介により、某国立大付属病院で行われました。
そのため、頭の傷が落ち着き次第、
元の私立病院へ移送し、検査および抗がん剤投与が行われる予定だそうです。

確かに、膀胱の手術は私立病院の先生にしていただいたので
膀胱の検査等に関しては私立病院で行ってもらうべきなのかもしれません。
しかし、術後間もないのに、脳外科のない病院に移ることは心配です。

看護婦さんの話によると「先生間のメンツ」が原因ではないかとのこと。
できれば転院せずに治療を続けてもらいたいと思うのですが、
素人考えでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご心痛の程お察し申し上げます。


文面を拝見させていただくと膀胱癌の手術1年後に小脳に転移が見つかり転移巣を手術で切除したが術後水頭症となったため脳室ー腹腔シャントをおいたがどうも脳脊髄液が開頭手術の部分から皮下に漏れているようだ・・・
と受け取れるのですがよろしいのでしょうか?
この場合シャントがうまく働いていないか手術の際、硬膜を閉じるときに多少漏れがのこってしまった場合が考えられるのでは無いでしょうか?頭の手術は感染がおこると命とりとなってしまうのでシャントチューブやおそらくゴアテックスなどの人工硬膜がはいっているばあい異物があるので再度の手術となると感染の頻度がましてできればしたくないと主治医の先生は思っていらっしゃるのかもしれません。ただ毎日首のあたりに注射針を刺す必要があるような状態がずっと続くようでは主治医の先生も放置は成されないとはおもいます。
ただ悪性腫瘍が脳に転移したわけですから化学療法などをきちんとやった場合での予後がどの程度期待できるのか?を主治医の先生によくお聞きになったほうが良いと思います。それによってどの程度の治療期間が必要か、どの程度積極的に治療して行くべきかは微妙に違ってきます。根治性が高いのであれば専門医の多い病院で徹底的に治療するべきですが、根治性が思わしくない場合は治療期間が長く必要なら自宅から近い病院の方が便利でしょうし・・・
転移性脳腫瘍の場合決定的に予後を決めるのは実は原発巣の腫瘍のコントロールがどうなっているか?ということなのでそういう意味から膀胱の手術をやった先生に後をお任せしようとしているのかもしれません。
一番大切なのはお父さんがこれからどんな生活をおくりたいと考えていられるかと言うことだと思います。
予後と治療のリスクなどについてもっと主治医の先生に積極的に質問してお父さんにとって最も良い方法を探して行かれればとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
わかりにくい質問文になっておりました。futukayoi様に捉えて頂いた通りの事情です。

>再度の手術となると感染の頻度がましてできればしたくないと主治医の先生は思っていらっしゃるのかもしれません
主治医の先生も感染の危険性を強調していらっしゃいました。なるほど、再手術ができない理由は、この点にある可能性が高いですね。

>主治医の先生も放置は成されないとおもいます
少し安心しました。といのは、父は癌であること、さらなる転移の可能性が高いことを知っているのですが、
頭の手術の経過が良くないと、これからの治療に対する意気込みが失せてしまいそうでしたので…。

>・・・主治医の先生によくお聞きになったほうが良いと思います
予後の可能性でも左右されてしまうのですか…。
主治医の先生からは、根治の可能性は低いと聞きました。
但し、膀胱からの転移という点で悪性の程度がわかりにくいため、泌尿器科の先生に聞く方が良いとのことでした。
2つの病院は距離的には同じ位ですので、もう少しお話を聞こうと思います。

>転移性脳腫瘍の場合決定的に予後を決めるのは実は原発巣の腫瘍のコントロールがどうなっているか?ということなのでそういう意味から膀胱の手術をやった先生に後をお任せしようとしているのかもしれません。
この点について教えていただいたことは、特にありがたいです。
単に「先生間のメンツ」で転院するのではと考えると、どう対処して良いかと困っておりました。
主治医の先生に不信感が出かけていましたが、正面から話ができるようになりそうです。

>一番大切なのはお父さんがこれからどんな生活をおくりたいと
>考えていられるかと言うことだと思います。
>予後と治療のリスクなどについてもっと主治医の先生に積極的に
>質問してお父さんにとって最も良い方法を探して行かれればとおもいます。
ありがとうございます。
父は自分の病気に関して、大体のことは知っております。その上で治療に対する姿勢は前向きです。その意志を精一杯尊重してあげたいです。
助言していただいた通り、もっと積極的に話をしていこうと思います。


大きな支えとなりました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/25 19:48

ご心配なことと存じます。


「転移性小脳腫瘍」であり、原発巣(げんぱつそう、とよみます)は膀胱癌の場合に、
脳神経外科医は、
1)「後頭下開頭術」という特殊な開頭術を行い
2)また、水頭症発作に備えるため(小脳腫瘍、小脳病変の場合中脳水道圧迫により水頭症の発生が極めて危険なためVPシャント(脳室腹腔短絡術)を1)と同時に行う。

すでに、水頭症が発生していても2)VPシャント(脳室腹腔短絡術)のみを先に施行すると、
アップワードハーニエーション(上行性ヘルニア)という
事態が発生して、極めて危険のためVPシャント(脳室腹腔短絡術)のみの先行手術は絶対行わない。

というステップをふみ、治療を進めていくものです。

ここで、「毎日、頚部より注射器で髄液を抜いている」というのは、
1)の「後頭下開頭術」の手術終了間際の「硬膜」の縫合不全によるもので、まれではなく、後頭下開頭術の後に
発生しえるものなのです。

この場合VPシャント(脳室腹腔短絡術)がきいているのであればば、
頚部より注射器で髄液を抜くなどということは絶対してはいけない。
理由は、
1)感染の危険があること
2)新たな、髄内液貯留の場所(偽性髄膜瘤といいます、
「髄膜腫」とWPうちまちがわれたようです)を作ってしまう

結局、大変ではあるが腰椎穿刺で髄液を抜かなければなりません。

そしてVPシャント(脳室腹腔短絡術)が正確に作動しているか否か、
緊急にもシャント造影検査を施行しなければならない。
VPシャント(脳室腹腔短絡術)が
正確に作動しているのであれば、LPシャントという新しいシャントをもうひとつ設けなくてはならない状況にある。

これが今の、お父様のおかれている脳神経外科的状態です。
すなわち、脳神経外科治療が十分に終了されていない状態での、転院など、まだ考えられない状態であろうと存じます。

一方、悪性腫瘍の「膀胱がん」の遠隔転移であるから、
スのテージ4膀胱がんの治療として、「全身」の補助療法、
すなわち、
1)放射線療法
2)化学療法
3)免疫療法
を、一刻も早く開始して、がん治療を急がなければなりません。

を開始しなければならないですね。

この場合、脳神経外科医の場合、やはり後頭下開頭術を
施行したご自分の病院の泌尿器科に転医すべきでしょうね。
後頭下開頭術の術後の偽性髄膜瘤(後頭下液貯留)が、
解決しないと、やはり、よろしくない状態です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
PC(回線?)の調子が悪く、お礼が遅くなって申し訳ありません。


丁寧に書いてくださったので、父の置かれている状態が
自分なりに理解できたと思います。

>「硬膜」の縫合不全によるもので、まれではなく、後頭下開頭術の後に
発生しえるものなのです
特にこの点、お世話になっている病院外のお方に聞けたことは大きいです。


おかげ様で、後頭部に水がたまる状態は治まってきました。
常に上体を起こして(座った状態で)いたことで、安定してきたようです。
近々、他の部位の検査・治療を施していただくことになると思います。

もっとも、現在、主治医の先生が休暇中なので、
今の病院で治療を続けるか、膀胱の手術をしてもらった病院に転院するか、
についての話し合いは行われておりません。
ここでお二人の専門家の方に頂いたアドバイスを参考に、
このまま後頭下液貯留が落ち着けば転院して治療、
もし後頭下液貯留が治まらなければ今の病院で治療、
という形で話を進めたいと思っています。

父の病気のことを詳しく知れば知るほど怖くなってきます。
しかしながら、今はとても元気で健常者そのものです。
希望は全く捨てておりません。
父が少しでも幸せでいられるよう、みんなでがんばります。
アドバイス、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/29 06:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の脳腫瘍について。

彼氏の(小学1.2年生位と思います)子供が、前々から頭が痛いと言っていたようなので病院に行きCTを取ると「白い影がある」「脳腫瘍の可能性がある」と診断されたようです。
後日、改めてMRIを受けるそうです。
私なりに色々と調べたのですが、よく理解できなかったので質問させてください。

(1)子供に多い脳腫瘍の種類(言い方が変かも・・)を教えてください。
(2)その脳腫瘍は、治癒率はどれくらいでしょうか?
(3)全般的に見て子供の脳腫瘍は、生存率は何年くらいで、どれくらいの確立で治るのでしょか?
(4)CTで「脳腫瘍の可能性がある」と言われても実際は何もないことも結構あるのでしょうか?

その他、ご存知のことがありましたら是非教えてください。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

リンク先が良くまとまっていると思います。(1)~(3)は羅列してもまとまりきらないので、リンクを参照してください。
(4)この確率は低いと思います。ある程度の確信がないと、患者を不安にさせるだけですから、ある程度は見当をつけての発言と思います。MRI検査で詳しく分かると思いますので、それで脳腫瘍の種類まで診断できるかもしれません。

参考URL:http://www014.upp.so-net.ne.jp/hideyuki/pilocytic_astrocytoma.htm

Q近々、腹腔鏡手術をします

子宮内膜症(卵巣チョコレート脳しゅ 8センチ)で、近々腹腔鏡手術をします。経験者の方や、関係者の方がいらっしゃれば、療養にかかる日数などについて教えてください。入院は大体6日間くらいの予定だといわれたので、その後の自宅療養をあわせて、2週間休みをとっていますが・・実際にはどれくらいおとなしくしているべきでしょうか。
又、傷の痛みや、入院中の注意事項があれば、それについてもご教授お願いします。

Aベストアンサー

私は四年前に卵巣嚢腫で腹腔鏡手術をしました。
手術前日から入院し、術後2日で退院でした。
仕事は二週間休みましたが、事務だったので復帰後もそれほど負担は感じませんでしたが、
片道20分ほどの車の運転が意外と疲れました。

傷の痛みですが、手術した日の夜は傷が痛くて眠れず、夜中に痛み止めを打ってもらいました。
夜中に看護士さんを呼ぶのは気が引けてしまい、やっとナースコールしました(^_^;)
すぐに楽になれたので、痛む時は我慢しないほうがいいと思います。
また、尿道に入れた管が気持ち悪くて耐え難かったです。尿は自然に出ているのに、常にトイレに行きたいような感じがしていました。

翌日は傷そのものの痛みよりも、肩の痛み(手術時にお腹を膨らませるために使うガスの影響だそうです)と、ガス(オナラ)が出ずお腹が張った為の痛みの方が辛かったです。
歩くのも腰を曲げてゆっくり一歩ずつ…って感じでした。

傷跡はもうほとんど分かりません。よ~く見ればうっすら跡がある程度です。
無事に手術が終わりますよう祈っております。
お大事にしてください。

私は四年前に卵巣嚢腫で腹腔鏡手術をしました。
手術前日から入院し、術後2日で退院でした。
仕事は二週間休みましたが、事務だったので復帰後もそれほど負担は感じませんでしたが、
片道20分ほどの車の運転が意外と疲れました。

傷の痛みですが、手術した日の夜は傷が痛くて眠れず、夜中に痛み止めを打ってもらいました。
夜中に看護士さんを呼ぶのは気が引けてしまい、やっとナースコールしました(^_^;)
すぐに楽になれたので、痛む時は我慢しないほうがいいと思います。
また、尿道に入れた管が気持ち...続きを読む

Q脳腫瘍の予防

脳腫瘍がどのようなものか知りませんが、眼が痛く頭が変な感じです。で、自分にどのような病気になる可能性があるだろうと思ったら、この病気が思いつきました。脳腫瘍の前兆というものはあるでしょうか。予防策がありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、追加です。

目の奥が痛い、頭痛(違和感)ということですが、
可能性だけ挙げますと、
脳外科関連を抜きにすると多いのは……

・メガネの度が合わない

・慢性の眼精疲労、疲れ目

・偏頭痛

特に「偏頭痛」は、konnyakuさんの症状に合っています。
即断はできませんが、まず眼科を訪れると良いかもしれません。
眼圧なども測ってもらえますから、動脈硬化の有無や他の異常も発見できる
可能性があります。

参考サイトをどうぞ。



参考URL:http://www.aki-net.co.jp/senka/nayamu/zutsu1-part2-hen_zutsu-2-1.htm

Q小児白血病や脳腫瘍は増えているの?

電磁波(超低周波)と小児白血病やその他の病気との関連について、これまでさまざまな疫学研究がなされてきたようですが、いまだ明確な結論は得られていないようです。

きっとこの先も長く、結論が出ないことでしょう。しいて言うなら、「因果関係があるとも無いとも言い切れない」というのが「結論」でしょうか。

ただ、パソコンや携帯電話、IH調理器などが普及した関係で、電磁波被曝の度合いが急速に高まっているはずだと思うのです。

それならば、世界中で小児白血病や脳腫瘍の増加が報告されそうな気がするのですが、そういった傾向はみられるのでしょうか。

Aベストアンサー

詳しい資料や数値は手元にありませんが、
以前に聞いた情報では、さほど脳腫瘍や白血病は増加していない
様です。

もしかして、国立がんセンターのWEBに、癌の発生数のデータが
公開されているかも知れません。

Q脳腫瘍はガンですか?

脳腫瘍はガンですか?

お世話になります。
本日、母(53歳)が脳腫瘍と診断されそのまま入院しました。

私は脳腫瘍とはどのような病気か分からず、検索したところ
「ガン」という文字がよく出てきます。

脳腫瘍とはガンなのでしょうか?
現在のところ、悪性か良性かわまだ分かりません。

入院費用、治療費などどのくらい掛かるのでしょうか?
恥ずかしながら、我が家は生活するだけで精一杯で
貯金は殆どありません。
生命保険や入院保険も加入していません。
府民共済は入っていますが死亡時にしかお金は出ません。

入院している病院は普通の?総合病院です。
*市民病院などではありません。

母の入院は初めての事で混乱していますので文章など
お見苦しい点はご容赦ください。

Aベストアンサー

悪性腫瘍が癌で、良性腫瘍は癌ではありません。

良性腫瘍は、その場で大きくなりますが、他に転移することはありません。
悪性腫瘍(癌)は、他に転移していき増殖をしていきます。

医療費は、悪性、良性など処置方法が違ってくると思いますので、一概にどのくらいかは分かりません。

健康保険は、国民保険でしょうか。
あらかじめ、限度額適用認定の手続きをしておけば、高額医療で支給される分を差し引いた費用を病院へ支払うことができるため、だいぶ軽減できることがあります。

Q卵巣腫瘍の開腹手術回避について

 昨年末、卵巣腫瘍で開腹手術により右側卵巣全摘出手術と診断されました。しかし、開腹をする現実へと心が追いつかず迷走しています。願いは開腹をすることなく、摘出をする方法が見つかることです。超音波治療など、傷を付けずに卵巣を摘出方法、又それに明るい病院を教えていただけませんでしょうか。愛知県周辺を希望しますが、なければ県外でも結構です。状況を知る範囲で記します。腫瘍マーカー検査、CT検査、MRI検査の結果、悪性腫瘍である可能性は低いが、開腹をしないと断定はできないとのこと。又診断の際の右側卵巣の大きさは9cm×6cm、おへその下を10cm程、縦・横どちらかでの切開、横の方が傷は目立たないが破裂の可能性もある為、それを納得の上手術に臨むようにとのことでした。過去のQ&Aを拝見しておりますが、開腹手術なしでの快復は難しい状況の様に感じてはおります。しかし、ワラをも掴む思いです。どなたか、良い回答をいただけませんでしょうか。切らなくても治して下さる病院をご存知ないでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医者でも専門家でもないのですが、私も子宮内膜症による卵巣のう腫(チョコレートのう胞と言ってチョコレートのようななった血液が卵巣に溜まるタイプの卵巣のう腫)の患者なので、あまり力になれないかなと思いつつ、書き込ませていただきました。なので、チョコレートのう胞についてはある程度調べたりしましたが、他のタイプのものだと良くわかりません。(すみません)

まず、卵巣のう腫といっても、いろんなタイプがあるみたいです。そのタイプは結局開腹してみてみないと100%の断定は難しいみたいです。また、そのタイプによっても治療法が変わってくると思います。
チョコレートのう胞の場合は、開腹手術、腹腔鏡手術、アルコール固定、薬によって卵巣の働きを止めるなどの治療法があります。私の場合は発見されたときには10センチくらいになっていたので、やはり手術を勧められましたが、決心がつかず、薬による治療をしてから開腹手術をしました。

膣式手術というものも聞いたことがあります。でもramuaaaaaさんがその適応になるかもわかりませんし、この手術を取り入れている病院は今のところ少ないようです。(不確かな情報ですみません)

腹腔鏡は傷も小さく入院期間も短いですが、私のようにすごい癒着があった場合は無理だったみたいです。

卵巣のう腫で心配なのは、卵巣が破裂したり頚捻転といって卵巣がひっくり返ったりすると激痛が起き、緊急手術になってしまうことのようです。手術は確かに怖いけど、そんなことになってしまって、何の準備ができないまま手術も嫌だと思い、がんばって手術を受けました。
決して手術を勧めるわけではありませんが、ご自分の体と希望とを照らし合わせて、納得のいく治療法が見つかることをお祈りいたします。また、信頼できる主治医に出会えるといいですね。(一応参考になるかどうかわかりませんが、調べていたら検索されてきた膣式を取り入れている病院のURLを載せておきますね。)
どうぞお大事にしてくださいね。

参考URL:http://www.toyota-mh.jp/info/info-4.html

医者でも専門家でもないのですが、私も子宮内膜症による卵巣のう腫(チョコレートのう胞と言ってチョコレートのようななった血液が卵巣に溜まるタイプの卵巣のう腫)の患者なので、あまり力になれないかなと思いつつ、書き込ませていただきました。なので、チョコレートのう胞についてはある程度調べたりしましたが、他のタイプのものだと良くわかりません。(すみません)

まず、卵巣のう腫といっても、いろんなタイプがあるみたいです。そのタイプは結局開腹してみてみないと100%の断定は難しいみたいで...続きを読む

Q脳腫瘍の特徴

脳腫瘍は頭の腫瘍が出来ている一部分に痛み、もしくは違和感があるのですか?私は24時間絶え間なく頭全体にピリピリとした締め付ける違和感があり、一定時間こめかみがギューと痛くなります。早朝頭痛や吐き気はありません。首、リンパ、肩も痛いです。こめかみの痛みが繋がっているような感覚です。脳腫瘍の可能性はありますか?レントゲンは異常なしでした。

Aベストアンサー

>脳腫瘍の可能性はありますか?レントゲンは異常なしでした。
●じゃあ、脳腫瘍じゃない。
あなた、いろいろ形を変えて脳腫瘍の質問をしているようですが、医師の診断よりもこのコーナーの診察もしていない回答者の方が信用できるとでも思っているのですか?

Q脳室周囲白質軟化症について

僕は、5歳と3歳になる子供を持つ父親です。最近、下の子が脳室周囲白質軟化症と診断されました。この病気について色々調べたのですが、情報が少ないようです。誰か詳しい方、教えてください。m(__)m

Aベストアンサー

はじめまして。
脳室周囲白質軟化症については,このあいだ小児科学のテストで勉強したばかりですので,参考までに勉強したことを記させていただきます。

脳室周囲白質軟化症(periventricular leulomalacia:PVL,以下PVL)は未熟児にみられる虚血性変化による脳の病変です。

PVLは近年の医学の進歩により,以前は助けることができなかった重症な仮死の未熟児が生存するようになったが故の病変であります。

PVLの発生因子は様々です。
在胎期間30週前後の未熟児や,出生前,出生時,出生後に起こる様々な事象が原因になりえます。

例えば,一卵性の双胎や,胎児仮死,新生児仮死,敗血症性ショック,などなど。。まだまだありますが,個々の説明をいたしますと長くなってしまうので省略させていただきます。

簡潔に申し上げますと,上記のような様々な事象に共通することに胎児の脳血管が未発達であり,その状態の時に,脳血管が未発達ゆえに,酸素の供給など栄養がされにくい部位ができてしまいます。

その部位が脳室周囲になります。
胎児の解剖学的にいって,早産や胎児への栄養が不十分などの理由,その他にも上記の様々な理由で,脳室周囲が血管の発生が遅れてしまい,その部位(無血管領域)には酸素が供給されなくなってしまい,障害されやすい部位になってしまいます。

このように,脳の血流障害が起こり,脳室周囲が障害されたものが脳室周囲白質軟化症となります。

脳室周囲は将来的に体幹や上下肢の支配をする部位となるため,脳性麻痺などになって,体幹,上下肢に麻痺が残る場合があります。
特に下肢の麻痺が強い状態になることが多いようです。(これを両麻痺と言います)

しかし,脳には可塑性(機能代償作用とでもいいましょうか・・)があるため,幼若なうちには脳が失われた部位の機能を代償しようとすることもあるみたいです。

脳の可塑性は5歳まであると聞きました。

簡単にまとめるとこんなところになります。
僕自身が大学の講議で聞いたものと,自分で調べたものを簡潔にまとめてみただけですので,実際にPVLの患者さんをみたわけではないので,御参考までに。。

やはり,本当に詳しく知りたいのでしたら,担当の小児科医に疑問のあることはなんでも聞いてみることをお勧めいたします。医師も忙しいでしょうが,熱意のある方なら応えてくれるはずです。

長々と申し訳ありませんでした。少しでも力になれれば幸いに思います。

はじめまして。
脳室周囲白質軟化症については,このあいだ小児科学のテストで勉強したばかりですので,参考までに勉強したことを記させていただきます。

脳室周囲白質軟化症(periventricular leulomalacia:PVL,以下PVL)は未熟児にみられる虚血性変化による脳の病変です。

PVLは近年の医学の進歩により,以前は助けることができなかった重症な仮死の未熟児が生存するようになったが故の病変であります。

PVLの発生因子は様々です。
在胎期間30週前後の未熟児や,出生前,出生時,出...続きを読む

Q関西で脳腫瘍の手術のうまい病院を教えて下さい

今、父親が検査のため入院しています。
問診でおそらく脳腫瘍だと言われました。
術後の後遺症のことを考えると、手術のうまい先生にみてもらいたいのです。
関西で脳腫瘍の手術のうまい病院を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配のことと胸中お察しいたします。
手術のうまい病院というのは、大変難しい質問です。医者は大学の医局の指示で病院を転々としますので、一般的な評判はあくまでその時々の風評です。
脳腫瘍の検査は、通常造影CTかMRIによる撮影で行ないます。また、悪性か良性かについては、頭に小さな穴をあけ患部の細胞を取り出し検査することにより行ないます。他方、転移の有無を調べるために内科的な検査も合わせて行なうのが普通です。
場所によっては手術できないこともありますので、その場合は免疫療法か「ガンマーナイフ」や「リニアック」による放射線治療を行なうことになります。
「ガンマーナイフ」「リニアック」を有している病院は、各県に数えるほどしかありませんのでこれらの名称でホームページを検索すると病院が特定できると思います。
また、各県には一箇所づつ成人病センターがあり、ここでは、当該設備を保有していると思います。
明確な回答でなくて申し訳ありません。

Q手術で固定されていた頭頂部が禿げました。病院のミスでは?Part2

前回同タイトルの質問に引きつづきの報告・質問になります。

4日に外来に行き、主治医に話して見せたところとても驚いていて、麻酔科にあわてて問い合わせていました。
麻酔科医の返答は「ドーナツ枕に当たっていたところならそういうこともありえる」とのこと。ありえることならなぜ手術前の説明で他の合併症などの可能性例とともに説明がなかったのでしょうか?また同じ病気・手術の患者さんを何百人も診てきている主治医・担当医ともに驚いて不思議がるほど珍しいなら「ありえない」に等しいものなのでは?

いまのところ、主治医に一般的な話ではなく、私の時にどういう状態だったのか?詳しく確認しておいて下さいとお願いしているのですが、はっきりしない場合は直接麻酔医に話を聞くことを希望するつもりですが、おかしいでしょうか?
またストレスなどによる円形脱毛症と外的要因での脱毛と区別はつくのでしょうか?術後の激痛を思うと、ていよくストレスのせいにされるのはイヤなのですが・・・。
お分かりになる方どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

仰臥位(仰向け)手術で、術中に円坐枕(ドーナッツ型枕)に接していた部分が脱毛することはあります。通常は長時間に及ぶ手術中に連続して圧迫された部分におこります。短い時間の手術でも皮膚の弱い方ならおこるでしょう。従って頭頂部と表現されているのは「つむじ」のあたりのことと想像します。(私は前回の質問は存じ上げません)手術室から退室した後に毛髪が脱落し、手術室では気づかれないことが多いようです。対策として非常にやわらかい素材の枕を使用するのはもちろん、長時間の圧迫が加わらないように定期的に術中頭を動かすこともあります。当然ですが手術内容によっては術中に頭を動かせないこともあります。枕による脱毛は少し前なら学会でも発表されていたくらいですので発生頻度は低く、非常に稀といえます。ですので当該麻酔科医の「・・・ありえる」という回答は、「可能性として否定できない」という意味では、もっともな回答だと思います。頻度から言えば、手術前の説明でこのことを説明する麻酔科医は全国でも極少数(ほぼ皆無)ではないかと思います。「ありえる」合併症の説明をすべてするなら時間がいくらあっても足りません。
「術後の激痛」とありますので想像で申し上げますと術後に
痛みで動けない→常に枕に頭の同じ部分が当たっていた
ということはなかったでしょうか。発生メカニズムは術中と同様圧迫による血流障害です。
麻酔科医に確認するのはおかしくはありませんが、ストレスも含め他の原因もありえますので、例えば脱毛経過を目撃した病棟看護師の証言などがなければ、可能性を比較した原因の想像しかできないでしょう。
同職者をかばうような投稿になって気分を害してしまったら申し訳ありません。手術内容・脱毛の経過など詳しくわかればもっとコメントできるかもしれません。

仰臥位(仰向け)手術で、術中に円坐枕(ドーナッツ型枕)に接していた部分が脱毛することはあります。通常は長時間に及ぶ手術中に連続して圧迫された部分におこります。短い時間の手術でも皮膚の弱い方ならおこるでしょう。従って頭頂部と表現されているのは「つむじ」のあたりのことと想像します。(私は前回の質問は存じ上げません)手術室から退室した後に毛髪が脱落し、手術室では気づかれないことが多いようです。対策として非常にやわらかい素材の枕を使用するのはもちろん、長時間の圧迫が加わらないよう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報