エタノールアミンはガス中に含まれる炭酸ガスや硫化水素などの
酸性物質の吸収に使われていると聞きましたが、この反応機構は
どうなるのか、誰か解る方がおられたら教えてください。
酸とアミンの反応でしょうか?それとも酸とアルコールの反応で
しょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

2バイ4」に関するQ&A: 2バイ4について。

A 回答 (3件)

 補足に対してお答えします。


(1)水溶液の方が良いか?
 相手が水に溶解しやすい酸であれば、粘度が下がる分、取り扱いやすいでしょう。しかし、色々なケースが考えられるので、一概には言えません。考慮して欲しいのは、水溶液とすると、酸はヒドロキシアミンと直接反応するのではなく、一度、水に溶解してから反応するという機構になることです。ガスの場合、水温が高ければ吸収されにくくなり、全体の反応がかえって遅くなる場合もあります。また、生成した塩が不溶性である場合もあり、そうすると結晶が生成したり、2層に分離したりします。それが良い結果を招くかどうかは、ケースバイケースですね。
(2)カルボン酸との反応式
 ちょっと違っていませんか?酸と塩基の中和反応ですから次のようになると思います。

RCOOH+H2NC2H4OH
→RCOO(-) + H3N(+)C2H4OH
or →RCOONH3C2H4OH(塩)

 となると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご返答いただき、ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/09/05 17:31

 エタノールアミン等のヒドロキシアミン類は、塩基性ですので、酸性物質を吸収します。

この反応は単純に酸と塩基性のアミンとの中和反応と考えて構いません。
 この反応が重要なのは、吸収・放出が容易であるということです。このため、酸が多いガス中では、酸を吸収し、別の所では放出することにより、ガス中より酸性ガスを分離することができます。
 石油等から水添脱硫反応により硫黄分を硫化水素として分離する時、この方法が用いられます。この水添脱硫反応の生成ガスは、水素と硫化水素が混合しています。そこでヒドロキシアミン類で硫化水素を吸収し、残りの水素は循環使用するという方法が取られています。尚、分離した硫化水素は硫黄などに酸化されて使われています。

この回答への補足

酸と塩基の中和反応なんですね。解りました。
エタノールアミンは粘性のある物質なので、この反応においては水溶液にして取り扱った方がいいのでしょうか?
また質問ですが、例えばカルボン酸とエタノールアミンを反応させる場合も同様な反応機構と考えてよろしいのでしょうか?
中和反応だと下記のような反応式が考えれるのですが、これでよろしいのでしょうか?
 R-COOH + H2N-CH2CH2-OH → H3N(+)(CH2CH2-OH)R-COO(-)

補足日時:2001/08/29 09:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
色々勉強になりました。
また、補足において質問させてもらいました。
こちらの回答も是非お願いします。

お礼日時:2001/08/29 09:45

 エタノ-ルアミン(H2N-CH2CH2-OH)と硫化水素(H2S),炭酸ガス(O=C=O)の構造から考えると,次の様な反応が推定されます。



【硫化水素(H2S)】
 アミノ基と酸との酸塩基反応。
 H2N-CH2CH2-OH + H2S → H3N(+)-CH2CH2-OH + SH(-)

【炭酸ガス(O=C=O)】
 アミノ基と水酸基とカルボニル基とのオキサゾリジノン生成反応。
 H2N-CH2CH2-OH + O=C=O → O=C-O
                l l
               HN-(CH2)2

 ところで,東京化学同人の化学辞典には,エタノ-ルアミンの項に「常温で二酸化炭素や二硫化炭素を吸収するが加熱により再び放出する」とあります。この場合も,同じ反応だと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/08/29 08:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアミン類の塩基性の強さについて

初めて質問します。
有機化学の問題集に、
水溶液中の塩基性の強さは一般に:
第四級アンモニウム>第二級アミン>第一級アミン>第三級アミン>アンモニア
の順であると記載されていました。
第二級アミン以下の順位の解説は教科書で理解できましたが、第四級アンモニウムが一番強い塩基性なのか悩んでおります。どのように理解すれば良いのかご教示宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも、ここで言う「塩基性」の(ブレンステッド-ローリーの)定義を考えれば、H+を引き抜く強さということになります。
第4級アンモニウムイオンが他の物質からH+を奪うことはできませんので、塩基性を議論すること自体ナンセンスだと思います。
ただし、ご質問中の「水溶液中」の部分に注目しますと別も見方もできます。
つまり、水溶液中であれば(正しくは水溶液中に限りませんが)第4級アンモニウムイオンには何らかの対イオンが存在するはずです。それが塩化物イオンなどであれば、第4級アンモニウムイオンの塩基性の原因にはなりませんが、仮に水酸化物イオンOH-を想定すれば話は少し違ってきます。
すなわち、第4級アンモニウムの水酸化物であれば、それを水に溶かした場合にはNaOH等と同等の塩基性を示すと考えられ、それは第2級アミンよりもずっと強いものです。したがって、水酸化第4級アンモニウムに限定すれば、ご質問のような順序になります。

それならば「水溶液中の塩基性の強さは一般に:第四級アンモニウム>第二級アミン>第一級アミン>第三級アミン>アンモニアの順である」という言い方が正しいかといえば、私は正しくないと思います。
すなわち、上記の議論ではOH-が塩基性の原因になっているだけであって、第4級アンモニウムイオンそのものが塩基性を持つというわけではありません。すなわち、第4級アンモニウムではなく、水酸化物イオンの話にすり替わっています。したがって、他のアミン類と同列で比較することはできません。

蛇足になるかもしれませんが、アミンの塩基性に関してはアルキル基の立体的な要因や、アニリンの場合のようなベンゼン環との共鳴など、多くの要因が塩基性に影響を及ぼします。したがって、「第二級アミン>第一級アミン>第三級アミン>アンモニア」の順序を過信すべきではないと思います。多くの例外があります。

そもそも、ここで言う「塩基性」の(ブレンステッド-ローリーの)定義を考えれば、H+を引き抜く強さということになります。
第4級アンモニウムイオンが他の物質からH+を奪うことはできませんので、塩基性を議論すること自体ナンセンスだと思います。
ただし、ご質問中の「水溶液中」の部分に注目しますと別も見方もできます。
つまり、水溶液中であれば(正しくは水溶液中に限りませんが)第4級アンモニウムイオンには何らかの対イオンが存在するはずです。それが塩化物イオンなどであれば、第4級アンモニウ...続きを読む

Q高校化学の問題です 硫酸で酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液とちょうど反応する硫化鉄(Ⅱ)FeSO

高校化学の問題です

硫酸で酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液とちょうど反応する硫化鉄(Ⅱ)FeSO₄水溶液の反応において、過マンガン酸カリウムと硫化鉄(Ⅱ)の物質量の比はいくつになるか。

酸化還元反応の問題なんですが、反応式の立て方がわかりません(T_T)
おねがいしますm(_ _)m

MnO₄− + 8H+ 5e− →Mn²+ +4H₂Oは
わかります!

Aベストアンサー

以下,下に付く数字を「_2」のように,上に来るイオン価数を「^3+」などと書きますが,読みにくいので紙に書き直してみてください.

「鉄イオンには2価のものと3価のものがある」

と覚えてください.そうすると,Fe2+ が酸化されたときの変化は次のようになることがわかります.

Fe2^+ → Fe^3+

両辺の電荷をe-を補ってあわせると

Fe^2+ → Fe^3+ + e^-

これを酸化剤の式と組み合わせるのですが,そのとき,e^- の数が同じになるようにします.つまり

MnO_4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H_2O
5Fe^2+          → 5Fe^3+ + 5e^-   (両辺を5倍した)

辺々足し合わせて,5e^-を消去すると

MnO_4^- + 8H^+ + 5Fe^2+ → Mn^2+ + 4H_2O + 5Fe^3+

この式からKMnO_4とFeSO_4の物質量比は1:5であることが分かります.


なお,イオン式でない化学反応式を作りたいときは,イオンの元を考えると,

MnO_4^- ← KMnO_4
H^+ ← H_2SO_4 (硫酸酸性)
Fe^2+ ← FeSO_4

ですので,イオンを元の形に戻すのに必要なイオンを左辺に補い,同じものを右辺に加えます.

(K^+ + MnO_4^-) + (8H^+ + 4SO_4^2-) + (5Fe^2 + 5SO_4^2-)
 → Mn^2+ + 4H_2O + 5Fe^3+ + K^+ + 9SO_4^2-

イオンを適当に組み合わせると
KMnO_4 + 4H_2SO_4 + 5FeSO_4 → MnSO_4 + 5/2 Fe_2(SO_4)_3 + 1/2 K_2SO_4

両辺を2倍して・・・以下略(係数比は2:10).

以下,下に付く数字を「_2」のように,上に来るイオン価数を「^3+」などと書きますが,読みにくいので紙に書き直してみてください.

「鉄イオンには2価のものと3価のものがある」

と覚えてください.そうすると,Fe2+ が酸化されたときの変化は次のようになることがわかります.

Fe2^+ → Fe^3+

両辺の電荷をe-を補ってあわせると

Fe^2+ → Fe^3+ + e^-

これを酸化剤の式と組み合わせるのですが,そのとき,e^- の数が同じになるようにします.つまり

MnO_4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H_2O
5Fe^2+  ...続きを読む

Q芳香族アミンの塩基性について

こんばんは。
 p-トルイジンとアニリンの塩基性に関する問題を解いていたのですが、どうしても自分にはわからない疑問が生じたので質問させていただきます。

 p-トルイジンとアニリンではどちらが塩基性が強いかというものなのですが、p-トルイジンのpKa値は5.10で、アニリンは4.62ということがわかりました。

 このようになる理由について考えたのですがo-トルイジンについても考慮するとどうしてもわかりません。自分は以下のように考えました。考え方の違いなどご指摘いただきたいです。

 芳香族アミンの塩基性はアミンの電子供与性によるもので、ベンゼンは求電子置換反応を起こしやすく、いわば電子が不足しているものであるのでアミンの電子供与性を中和してしまう。そしてそのベンゼンによる効果を電子供与性のメチル基が軽減しているためにp-トルイジンのほうが塩基性が強くなる。

 
 しかし、o-トルイジンのpKaは4.45となっておりアニリンのほうが塩基性が強いため上記の考えでは合致しません。これはオルト位にメチル基がつくため、置換基間で相互作用がおこると考えるべきなのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

こんばんは。
 p-トルイジンとアニリンの塩基性に関する問題を解いていたのですが、どうしても自分にはわからない疑問が生じたので質問させていただきます。

 p-トルイジンとアニリンではどちらが塩基性が強いかというものなのですが、p-トルイジンのpKa値は5.10で、アニリンは4.62ということがわかりました。

 このようになる理由について考えたのですがo-トルイジンについても考慮するとどうしてもわかりません。自分は以下のように考えました。考え方の違いなどご指摘いただきたいです。

 芳香族...続きを読む

Aベストアンサー

pKaも熱力学的な平衡安定化の有利不利を表しています。
o-トルイジンではプロトン化されていない状態でアミノ基のlone pairがフェニル基と共役するためにはアミノ基がsp2にならねばなりません。
するとo-メチル基との立体反発が起きます。
つまりo-トルイジンの非プロトン化状態のエネルギーはアニリンより高いのです。
それによりプロトン化した場合と、プロトン化しない場合のエネルギー差は小さくなり、それだけプロトン化によるエネルギー差は小さくなりpKaも小さくなります。
pKaが小さいとは共役酸の酸性が強いということですから塩基としては弱くなります。

Qクロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応につ

クロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応についてお伺いします。
この反応は塩化水素が取れる反応のように思うのですが、塩基を加えてやった方が反応は進むのでしょうか。常温で両液を混合しただけでも反応は進むのでしょうか。

Aベストアンサー

>常温で両液を混合しただけでも反応は進む
もちろんある程度進みます。
塩基を入れれば反応は終点まで進みます。
乾燥空気をバブルして生ずる塩化水素を除いてやれば塩基無しでも結構進むと思います。
その場合もちろん強力な還流コンデンサーが必要ですし、空気を流しすぎないようにすることも、出てくる塩化水素をどう処理するかはドラフトの性能次第です。

Qアミンの塩基性度について

アミン、ピロールの塩基性度の違いがわかりません。
なぜ、アニリンよりもピリジンの塩基性度の方が強いのでしょうか?

シクロヘキシルアミン、ピロール、ピリジン、アニリンの塩基性度には違いが生じますが、これは共鳴構造によるものなのでしょうか?
自分で調べても曖昧な答えしかでてきませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>シクロヘキシルアミン、ピロール、ピリジン、アニリンの塩基性度には違いが生じますが、これは共鳴構造によるものなのでしょうか?


シクロヘキシルアミンのような脂肪族アミンは芳香族に比べてNの周りの電子が動かないので、Nの電子が高まり、塩基性が強くなります。
ピロールはNの非共有電子対が芳香族になるための非局在化(電子が常に動いている状態)に使われてしまい、塩基性はありません
ピリジン、アニリンは先ほど説明したとおりです。

塩基性の順番は
(強) シクロヘキシルアミン>ピリジン>アニリン>>ピロール (弱)
です。


余談ですが、S性が高いほど酸性は強くなり塩基性は弱く、S性が低いほど酸性は弱く、塩基性は強くなります。

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Qアミン 塩基性

アミン 塩基性

ピロールよりピリジンの方が塩基性度が高い理由は何なのでしょう?
教科書を読んだのですがいまいち理解できません。

Aベストアンサー

で、芳香族性についてはわかっていますか。それがわからなきゃ始まりませんけど。

Q酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

マンノースにカルボキシル基を持たせたいのです。

Aベストアンサー

結論から言いますと、できると思いますが

・マンノースの5つある水酸基のうち、どの部分に結合させるか
・アミノ酸のどの部分と結合させるか
(N-グリコシル化?それとも片方のCOOHとラクトンを形成?)

この2点を制御して、1種類の生成物を得るのは難しいと思います。

Qアミドの塩基性

問1.アルキルアミンと芳香族アミンではどちらの塩基性が強いか、理由も書きなさい。
問2.アミドが塩基性を示さない理由を説明しなさい。

問1はアニリンを考えたら共鳴の安定化で芳香族アミンの方が弱塩基だとわかるのですが、問2がよくわかりません。どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

>問2.アミドが塩基性を示さない理由を説明しなさい。
R-C(=O)-NH2: (両端矢印の記号)R-(-O^-)=NH2^+
窒素原子の孤立電子対が上記共鳴に使われるので塩基性を示さなくなる。

Q硫化ソーダと次亜塩素酸ソーダの反応

硫化ソーダ(Na2S)水溶液と次亜塩素酸ソーダ(NaClO)の反応式を教えていただけないでしょうか。この反応に関する情報のあるサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

#1ですが多分そういう事になると思います。
ただし過剰にNaClOを加えて加熱したりすると、生じたSが更に酸化されて、
最終的にはSO4^2-(硫酸イオン)が生じるかも知れません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング