エタノールアミンはガス中に含まれる炭酸ガスや硫化水素などの
酸性物質の吸収に使われていると聞きましたが、この反応機構は
どうなるのか、誰か解る方がおられたら教えてください。
酸とアミンの反応でしょうか?それとも酸とアルコールの反応で
しょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

2バイ4」に関するQ&A: 2バイ4について。

A 回答 (3件)

 補足に対してお答えします。


(1)水溶液の方が良いか?
 相手が水に溶解しやすい酸であれば、粘度が下がる分、取り扱いやすいでしょう。しかし、色々なケースが考えられるので、一概には言えません。考慮して欲しいのは、水溶液とすると、酸はヒドロキシアミンと直接反応するのではなく、一度、水に溶解してから反応するという機構になることです。ガスの場合、水温が高ければ吸収されにくくなり、全体の反応がかえって遅くなる場合もあります。また、生成した塩が不溶性である場合もあり、そうすると結晶が生成したり、2層に分離したりします。それが良い結果を招くかどうかは、ケースバイケースですね。
(2)カルボン酸との反応式
 ちょっと違っていませんか?酸と塩基の中和反応ですから次のようになると思います。

RCOOH+H2NC2H4OH
→RCOO(-) + H3N(+)C2H4OH
or →RCOONH3C2H4OH(塩)

 となると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご返答いただき、ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/09/05 17:31

 エタノールアミン等のヒドロキシアミン類は、塩基性ですので、酸性物質を吸収します。

この反応は単純に酸と塩基性のアミンとの中和反応と考えて構いません。
 この反応が重要なのは、吸収・放出が容易であるということです。このため、酸が多いガス中では、酸を吸収し、別の所では放出することにより、ガス中より酸性ガスを分離することができます。
 石油等から水添脱硫反応により硫黄分を硫化水素として分離する時、この方法が用いられます。この水添脱硫反応の生成ガスは、水素と硫化水素が混合しています。そこでヒドロキシアミン類で硫化水素を吸収し、残りの水素は循環使用するという方法が取られています。尚、分離した硫化水素は硫黄などに酸化されて使われています。

この回答への補足

酸と塩基の中和反応なんですね。解りました。
エタノールアミンは粘性のある物質なので、この反応においては水溶液にして取り扱った方がいいのでしょうか?
また質問ですが、例えばカルボン酸とエタノールアミンを反応させる場合も同様な反応機構と考えてよろしいのでしょうか?
中和反応だと下記のような反応式が考えれるのですが、これでよろしいのでしょうか?
 R-COOH + H2N-CH2CH2-OH → H3N(+)(CH2CH2-OH)R-COO(-)

補足日時:2001/08/29 09:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
色々勉強になりました。
また、補足において質問させてもらいました。
こちらの回答も是非お願いします。

お礼日時:2001/08/29 09:45

 エタノ-ルアミン(H2N-CH2CH2-OH)と硫化水素(H2S),炭酸ガス(O=C=O)の構造から考えると,次の様な反応が推定されます。



【硫化水素(H2S)】
 アミノ基と酸との酸塩基反応。
 H2N-CH2CH2-OH + H2S → H3N(+)-CH2CH2-OH + SH(-)

【炭酸ガス(O=C=O)】
 アミノ基と水酸基とカルボニル基とのオキサゾリジノン生成反応。
 H2N-CH2CH2-OH + O=C=O → O=C-O
                l l
               HN-(CH2)2

 ところで,東京化学同人の化学辞典には,エタノ-ルアミンの項に「常温で二酸化炭素や二硫化炭素を吸収するが加熱により再び放出する」とあります。この場合も,同じ反応だと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/08/29 08:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応につ

クロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応についてお伺いします。
この反応は塩化水素が取れる反応のように思うのですが、塩基を加えてやった方が反応は進むのでしょうか。常温で両液を混合しただけでも反応は進むのでしょうか。

Aベストアンサー

>常温で両液を混合しただけでも反応は進む
もちろんある程度進みます。
塩基を入れれば反応は終点まで進みます。
乾燥空気をバブルして生ずる塩化水素を除いてやれば塩基無しでも結構進むと思います。
その場合もちろん強力な還流コンデンサーが必要ですし、空気を流しすぎないようにすることも、出てくる塩化水素をどう処理するかはドラフトの性能次第です。

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Q酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

酸性アミノ酸である、アスパラギン酸やグルタミン酸とマンノースは結合できますか?

マンノースにカルボキシル基を持たせたいのです。

Aベストアンサー

結論から言いますと、できると思いますが

・マンノースの5つある水酸基のうち、どの部分に結合させるか
・アミノ酸のどの部分と結合させるか
(N-グリコシル化?それとも片方のCOOHとラクトンを形成?)

この2点を制御して、1種類の生成物を得るのは難しいと思います。

Q硫化ソーダと次亜塩素酸ソーダの反応

硫化ソーダ(Na2S)水溶液と次亜塩素酸ソーダ(NaClO)の反応式を教えていただけないでしょうか。この反応に関する情報のあるサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

#1ですが多分そういう事になると思います。
ただし過剰にNaClOを加えて加熱したりすると、生じたSが更に酸化されて、
最終的にはSO4^2-(硫酸イオン)が生じるかも知れません。

Q硫化水素の反応

Zn+ は酸性では硫化水素では沈殿しないが、アルカリ性では沈殿する。
この沈殿を硫化物と考えた時、アルカリ性で沈殿する理由は??

この理由がよくわかりません…。
誰か教えてください!!

Aベストアンサー

すいません、大学生の方でしたか・・・。
それではズバリ答えの方にいきます(笑)

まずZn2+(亜鉛イオン)と硫化水素(H2S)の反応ですが中性・アルカリ性でZnSの白色沈殿を生じます。
これが沈殿する硫化物です。
つまりZn2+とS2-(硫化物イオン)の反応というわけです。

ではなぜ酸性下では沈殿ができないかというとS2-の存在する量が減ってしまうからです。

これは酸性溶液ということでH+が増えるというところからきています。
H+が増えすぎると、増えすぎたH+はS2-とくっつこうとします。
つまりおおまかに言うと硫化水素は中性・アルカリ性では2H+とS2-として存在し、酸性ではH2Sとして存在していることになります。

そういう訳でS2-が減るため、酸性では沈殿ができません。

以上、わかりづらい文章ですみません。
補足があったらまたどなたかお願いします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報