以前の質問で、絶縁体における熱の伝達は、分子の振動の伝達によるものだと書いてありました。で質問ですが。
一般的に極性溶媒は熱伝達率が高く、非極性溶媒は熱伝達率が低いです。
これは極性溶媒は、水素結合により分子同士が並びあい距離的にも近くなるため、振動が伝達されやすい。非極性溶媒はその逆である。
と理解していいのでしょうか?
今、上記と仮定し、極性の強さ≒液体のソルベントパラメーターで熱伝達率の高いものを抽出していますが、差し支えないのでしょうか?
あと、極性溶媒でも、プロトン性(アルコール他)と非プロトン性(アセトン、カーボネート他)がありますが同じことが言えるのでしょうか?

A 回答 (1件)

まだ回答がついていないようなので、参考程度に...


要するに「極性が強い液体を探すのに、熱伝導率を指標として良いか?」
と、いうことでしょうか?これについては解りませんが、誘電率を参考にされてはいかがでしょうか?誘電率が高いほうが極性は強かったと記憶しています。
的を得ていないようでしたらスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃるとおり誘電率が高いものは極性が高い傾向にあります。
で、目的は熱伝導率が高いものなんですが、データとして公開されているものが少ない(溶媒便覧には多少あるんですが)ので、極性(=誘電率やSP)の高いものを探索すればいいかなと思ったわけです。

お礼日時:2001/09/13 16:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗生物質を飲むとカンジダになるのですが…

タイトルの通りなのですが、7年ほど前に手術をして以来、抗生物質を飲むとカンジダになってしまうのです。
それが分かってからは風邪の時などは漢方薬を処方してもらっているので良いのですが、膀胱炎になってしまい困っています。
膀胱炎に効くらしい漢方を飲みましたが完治せず、最近は排尿後の痛みもあるので、どうしようか困っています。
内科の先生に事情を話したら「カンジダになるのを覚悟して抗生物質を飲んで、同時進行でカンジダの治療もするように」などと訳の分からないことを言っていました。
どの抗生物質を飲めばカンジダになるのかが分かればそれを避ければ良いのですが、調べる方法はあるのでしょうか?
・抗生物質以外で膀胱炎を治す方法。
・カンジダになる抗生物質の調べ方。
同じような経験のある方、詳しくご存知の方お返事お待ちしております。

Aベストアンサー

少し回答とはづれるのですが、抗生剤を飲みながら、カンジおダの薬を飲むことは良くあることです。
だから、主治医の先生が行っていることも全くわけのわからないことではないと思います。治療方針のひとつとしては、考えられると思います。

抗生剤を飲むと体の免疫力が落ちる方はたくさん居られます。体の免疫力が落ちると、カンジダ症に成り易くなります。ただ、この抗生剤だとカンジダ症にならないと言うお薬を探すのは難しいし、その薬が膀胱炎に効くとは限りません。なかなかむづかしいとおもいます。

Q非プロトン性溶媒とプロトン性溶媒

非プロトン性溶媒(DMF,HMPAなど)はいずれもイオン性化合物を溶かし、カチオンによく溶媒和する。ちょうど、プロトン性溶媒がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する。
しかし、非プロトン性溶媒は水素結合ができないことと、溶媒の正の中心原子も立体効果によってアニオンへの接近を妨げられているために、非プロトン性溶媒はアニオンに全く溶媒和できない。

とソロモンの新有機化学に書いてあるのですが、

なぜ、「非プロトン性溶媒は、カチオンによく溶媒和する。」のでしょうか。
また、「がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する」とはどういう意味でしょうか。
また、なぜ水素結合ができないことは、非プロトン性溶媒がアニオンに全く溶媒和できないことにつんがるのでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

>なぜ、「非プロトン性溶媒は、カチオンによく溶媒和する。」のでしょうか。
「ちょうど、プロトン性溶媒がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する。」と説明されているんじゃないですか?

>また、「がカチオンに溶媒和するのと同じように、カチオンのまわりに負の末端がきて、カチオンの空の軌道にその非共有電子対を供与する」
???教科書の記述を確認して下さい。DMFやDMSOの酸素原子の孤立電子対が、カチオンの空軌道に配位する旨のことが書いてあるはずですけど。

>なぜ水素結合ができないことは、非プロトン性溶媒がアニオンに全く溶媒和できないことにつんがるのでしょうか。
溶媒和が起こりにくければ溶けにくいというのは一般的に言えることだと思いますけど。

Q抗生物質の目薬でカンジダ膣炎になりますか?

2週間ほど前に、結膜炎になってしまい
抗生物質の目薬をさしました。
その後、カンジダ膣炎になってしまったのですが、
目薬でもなることはありますか?
もともとなりやすく、抗生物質は飲まないようにしていたのですが
目薬までは気をつけていませんでした・・・。
他に思い当たる節はないのですが・・・
ご存知の方お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
目薬での使用量で膣にまで影響が及ぶことは考えられません。
抗生物質はある程度の量を血液中に維持しないと全身的には効かないので、目からの吸収量だけで膣にまで影響が及ぶ量になる事はありえないからです。

なので今回はただの偶然でしょう。

Qアセトンって極性非プロトン性溶媒?

こん○○は。
ポリマーの溶解性を調べてて、ふと気になりました。

(1)プロトン性溶媒:解離性のHを持つ溶媒。ブレンステッドの酸的発想?(H2O、アルコール等)
非プロトン性溶媒:Hが解離しない溶媒
(2)非プロトン性溶媒のうち極性を持たない溶媒:炭化水素系等
非プロトン性溶媒のうち極性を持つ溶媒:エーテル系、DMF、DMSO等

極性非プロトン性溶媒ってO、NにHを持たない溶媒で双極子モーメントを持つものですよね?
そうするとDMF、DMSO、スルホラン等の他THF、ブチロラクトンはそうですよね。

●ここからが質問なんですがアセトン、MEK、MIBK、シクロヘキサノン等のケトン類も極性非プロトン性溶媒だと思うんですがどうでしょう?

手持ちの資料では(2)で例示したものしか出てこないので非常に自信がないのですが。
このあたりあまり勉強した記憶がなく非常にアヤフヤなので考え方も間違ってたら教えてください。

Aベストアンサー

 「化学辞典」(東京化学同人)によると,「プロトン性溶媒」とは『自分自身で解離してプロトンを生じる溶媒』であり,「非プロトン性溶媒」とは『プロトンを供与する能力が著しく低い溶媒』です。

 ここで,「プロトン性溶媒」の『自分自身で解離』と「非プロトン性溶媒」の『プロトンを供与する能力が著しく低い』を考えれば,お書きの「アセトン、MEK、MIBK、シクロヘキサノン等のケトン類」も非プロトン性溶媒となります。

 何故なら,これらケトン類はケト-エノ-ルの互変異性は起こしますが,塩基の作用無しに『自分自身で解離』してプロトンは出さないと考えられますし,もし出すとしても非常に微量であり,その『能力は著しく低い』からです。


loveobo さん:
> keto-enol互変異性からプロトン性もあると考えるのか??
 こう言った記述を私も目にした気がして今回「化学辞典」を見たのですが,あまり考えなくて良いようです。また,ケトン類がプロトン性溶媒になるとすると,ケトン類だけでなく DMSO もプロトン性溶媒になってしまいませんか?

Q耳鼻科の抗生物質による カンジダ?

18歳のときにも一度あったのですが、多分耳鼻科からいただいた抗生物質を飲み始めて3日目に、また陰部に痒みが出てきました。

前回のときは、産婦人科に10回通って洗浄などを受けたのですが、今回はそれだけ通うのはどうしても不可能な事情があり、出来れば薬局の塗り薬で治したいのですが、○ェミニーナ軟膏や他のもので実際に治られた方が居られたら教えてください。近くの薬局に薬剤師は居られますが、その男性は今まであてになったことがないのです。

経緯
ハウスダストのアレルギーがあるので、症状が強くなると目から耳から痒くなり蕁麻疹までて、最終的に外耳炎になります。通常は手持ちの軟膏で外耳炎は治すのですが今回は痛みがひどくなったので、受診し十分薬についても話し合った上で、抗生剤をいただきましたが、違う薬でもはまったようです。

Aベストアンサー

こんにちは。
お加減はいかがでしょうか。

抗生物質を服用すると、ターゲットにしている菌だけではなく
体にとって必要な菌まで殺してしまいます。
そのため、良い菌と悪い菌との均衡が破れ、相対的に
悪い菌が優位になり、悪さをしてしまいます。
今回はまさにそれですね。
残念ながら『絶対にカンジダにならない抗生物質』というのも難しいものです。

さて、市販薬でということですが、
カンジダを効能効果としてうたっているものは
クロマイN、トリコマイシンG、パウゾールなどがあります
(いずれも塗り薬)。
店によって置いてあるところと無いところ、わかれるかもしれません。

抗生剤もそろそろ飲み終わる頃だと思いますが
カンジダがでたからといって服薬を中止しませんよう。
中途半端な服用は逆に耐性菌(薬の効かない菌)の発生につながってしまいますから。

早く良くなるといいですね。
お大事に。

Qプロトン性、非プロトン性溶媒

プロトン性、非プロトン性溶媒におけるハロゲン化イオンの求核性

プロトン性溶媒中では
  I‐>Br‐>Cl‐>F‐

に対し、非プロトン性溶媒中では逆になるのは何故ですか?

教えてください。

Aベストアンサー

理論的に考察した訳ではありませんが、
> I‐>Br‐>Cl‐>F‐
というのは分極性(polarizability)の小→大、言い換えるとSoft→Hardの順ですね。また水素結合性の弱→強の順でもあります。つまりこれらのハロゲン化物イオンの回りをどれだけのプロトン性溶媒が取り囲んでいるかの目安です。実質的に溶媒和されたイオンのサイズは小→大になるはずで、親電子中心には近付きにくくなるはずです。

他方非プロトン性の溶媒中では電荷の密度は小→大になるので親核性は高くなると推定されます。

Q「患者からの抗生物質の指定はどの程度可能(不可能?)

「患者からの抗生物質の指定はどの程度可能(不可能?)

よろしくお願いします。

私は抗生物質でカンジダになりやすく、よく抗生物質による治療(ものもらい等)と平行して婦人科でカンジダ治療を受けることになります。最近気がついたのですが、「抗生物質」として処方される中でも、カンジダになるものとならないものがあることに気付きました。

そこで、可能であればお医者様に「私がカンジダにならない抗生物質」を処方してもらえないだろうか・・と思ったのですが、過去の経験から、難しいのでは?また治療にもよるのでは?と心配しています。

以前、ほかの種類の薬を医師にお願いして変えてもらったものの(引越しに伴う転院で、以前の病院と同じ薬を出してもらった)、転院先病院と提携(?)の薬局で取り扱っておらず、薬剤師さんに買いに走ってもらったり、自分の足でほかの薬局をあたったことがあったので・・。

カンジダにならないのはいつもかかりつけ内科で風邪や扁桃腺炎の時に出された「クラリス」で、カンジダになるのはものもらいの時に眼科で出された「フロモックス」(お薬手帳を見ながらなので記憶違いかもしれませんが・・)などです。体感的には「抗生物質です」といわれて処方されたものでカンジダにならなかったのが「クラリス」しか思いつきません。

ただ、抗生物質ごとに得意分野(?)があるのかな、とか、なにせ素人なもので、診察ごとに医師に相談すればよいのですが、どれくらい可能(もしくは不可能)なものか予習しておきたいと思い書き込みいたしました。参考ご意見、体験談など、お聞かせ下されば幸いです。長文失礼いたしました。どうぞよろしくお願い致します。

「患者からの抗生物質の指定はどの程度可能(不可能?)

よろしくお願いします。

私は抗生物質でカンジダになりやすく、よく抗生物質による治療(ものもらい等)と平行して婦人科でカンジダ治療を受けることになります。最近気がついたのですが、「抗生物質」として処方される中でも、カンジダになるものとならないものがあることに気付きました。

そこで、可能であればお医者様に「私がカンジダにならない抗生物質」を処方してもらえないだろうか・・と思ったのですが、過去の経験から、難しいのでは?...続きを読む

Aベストアンサー

 医師、あるいは薬剤師にそのまま話せばいいと思います。

 抗生剤を「指定する」のではなく、「フロモックスでカンジダになりやすい」事を言えば、言いやすいのではないかと思いますがいかがでしょうか。予診票の薬のアレルギー・副作用のところに書いてもいいです。
 通常一言いえば、カルテや薬歴に「フロモックス×」と書かれてそれ以降フロモックスを含め、同系の抗生剤は処方されなくなる、あるいは処方されても薬剤師がチェックをかけて変更(医師と連絡をとります)してくれるようになります(かかりつけを作れと言われているのはこのためです)。理由なく薬を変えて欲しいと言うと不審に思われるかもしれませんが、この内容はちゃんとした理由になると思います。

Qt-BuOHって、非プロトン性溶媒なのですか?

OHあるからプロトン性溶媒に思えるのですが、なんか違うらしいです。その辺の説明をしていただければ大変うれしいのですが・・・。

Aベストアンサー

t-BuOHはプロトン性溶媒だと思います。
何故に、非プロトン性だと考えるのか私には理解できません。
ある目的を念頭に置いた場合に、その化学的性質がメタノールやエタノールなど、他のプロトン性溶媒と異なっているということはあるかもしれませんが、それはプロトン性とは別の問題だと思います。

Q抗生物質と抗真菌薬の使い分けについて

抗生物質と抗真菌薬の使い分けについて

いまいちよくわからないのでお聞きしたいのですが、
これら2つの薬はどのように使い分けるものなのでしょうか?

抗真菌薬は、水虫やカンジダなどに用いられることから主に皮膚科などで処方される薬なのでしょうか?

また、風邪などで抗生物質を処方されることがありますが、このとき抗真菌薬が処方されることとかはあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

抗生物質→細菌を殺す薬
抗ウィルス薬→ウィルスを殺す薬
抗真菌薬→真菌を殺す薬。


病気ごとにどんな病原体が感染しているかというのは決まっているので、それで当たりをつけて投与しています。

風邪には抗生物質はまったく不要です。

Q非プロトン性溶媒

(問)非プロトン性溶媒中でどちらが強い求核試薬となるか

(1) H2O と H2S
(2) (CH3)3P と (CH3)3N

理由もお願いします。
教科書を読んでからやっているのですが、何を考えたらよいか
混乱しています。;;;
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

H2Sと(CH3)3P。
同族元素であれば周期表の下にあるものの方が求核性は大きいんです。
それを説明するのは長くなるので省略。


人気Q&Aランキング