所得金額が約10万の場合(青色控除後)、
基礎控除の38万円を差し引くと
課税される所得金額」がマイナスになりますが、
この場合0の記入でいいですか?

また以降の項目の記入の必要がない場合、
そのあとの、「差引所得税額」「再差引所得税額」
「定率減税額」「深刻納税額」「納める税金」
の欄も皆0でよろしいのですか?

ちなみにこの場合赤字決算になるのですか?

御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的に、所得控除額は、所得金額の範囲内です控除すべきものですので、計算の結果がマイナスとなる場合は、0円として記載します。


(ただ、「000」と記載してありますので、計算した結果が千円未満又はマイナスとなる場合は、記載する必要はなく、計算上は0円として計算します。)

>そのあとの、「差引所得税額」「再差引所得税額」
>「定率減税額」「深刻納税額」「納める税金」
>の欄も皆0でよろしいのですか?

そうですね、上記の説明の通りで、その後については、それぞれ0円と記載していきます。
(もし、源泉徴収税額があれば、その分が還付となります)

>ちなみにこの場合赤字決算になるのですか?

赤字決算とは、やはり青色申告決算書上において、赤字になる場合を指すと思いますし、所得控除の項目については、事業の業績等とは全く関係ないものですので、いずれにしても課税所得金額をもって赤字決算とは言いません。
    • good
    • 3

所得が0や赤字の場合でも、必要な控除金額を全て正しく記載してください。


(保険、国保、年金、基礎控除、扶養控除等)

そして、「所得から差引かれる金額」の合計欄(25)に合計額を記入します。
(26)に△○○円だったかな。
(27)は0円です。

>ちなみにこの場合赤字決算になるのですか?

青申控除後にお金が残れば赤字ではありません。
(青申控除は税法上の特典なので、本来は青申控除前にお金が残っていれば黒字です。)
ですから、貴方の所得が税金を納めるだけの金額に満たなかっただけです。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイナスかけるマイナス

マイナスかけるマイナスがなぜプラスになるのか、という問いはよくあり、それに対していろいろな説明がなされますが、科学雑誌Newton の「虚数がよくわかる―“ありもしない”のに難問解決に不可欠な数」の中で、「マイナスかけるマイナスがプラスになるのは、そのように決めたからであり、必然ではない。マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学体系を作ることも可能だが、そうすると、計算が非常に煩雑になるため、マイナスかけるマイナスはプラスというルールを採用しているに過ぎない」という意味の文章が書かれていました。

以下参照
http://www.newtonpress.co.jp/qa/0812/a0801.html

また、外国人研究者が書いた「負の数学」という本でも、「マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学を作ることは可能である」と書かれているようです(読んだことはありません)。

マイナスかけるマイナスは必然的にプラスになるという説明がある一方で、それは単なる決め事に過ぎないという説明もあります
。いったい、どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 これは、「そのように決めた。」のです。

 これは、人類が発展する中で、数を数えるのに最初は、自然数ですんでいたのですが、

商業などで借金などをどう表すかという問題にぶつかり、負の数という概念を考えて、数が整数に拡大します。

そのときに、四則計算が、(この場合は引き算が)、今までの自然数と同じようにできるように整数の中でも
そうとりきめたということです。

    6-  3 = 3
    6-  2 = 4
    6-  1 = 5
    6-  0 = 6    0という数字の発見は、かなり遅いですが・・・・概念としてはありました。

         ここまで1ずつ増えている

    6-(-1)= ?
    6-(-2)= ?

 これを、現実の生活にも合うように(応用できるように)ルールとして考えたのです。

     6-(-1)= 7 つまり、6+1
     6-(-2)= 8 つまり、6+2
    
    

そして、かけ算も同様です。 マイナスというかずを認めて、掛け算を考えると

   (-3)X 4 =-12 
   (-3)X 3 =- 9 
   (-3)X 2 =- 6 
   (-3)X 1 =- 3 
   (-3)X 0 =   0  ここまで、3ずつ増えている。
   (-3)X(-1)= ?   
   (-3)X(-2)= ?? 

これらも、前と比べて、3増えるのが自然だ!!!  

   (-3)X(-1)= 3   
   (-3)X(-2)= 6

 これを、18世紀、19世紀の後の世になって、数学の体系として見直し、数と計算のルールに整合性が
でるようにしたものです。


 決め事に過ぎないので、ほかの方法も成り立つのです。ただし、生活に密着しているかどうかは別問題。

大学に入って数学を学ばれたらわかってきます。


 余談ですが、人類の歴史を考えると、数学も楽しいものになりますよ。

 ヨーロッパ(移住したアメリカも含む)は、英語のように eleven twelve と10代の数を
日本のように十一(10+1)になっていませんね。

 フランス、スペイン、イタリア、ロシアなどなどみんなそうです。どうしてなのでしょう。

 日本のように数えるのは、中国、韓国、アジアの国、南太平洋の国々です。

 そもそもどうして10進法なのでしょう?
 ヨーロッパは、長い間、10進法でないものを、たくさん使っていましたね。

 (実は、古代マヤは、20進法)

 ちょっと脱線しましたね。

 こんにちは。

 これは、「そのように決めた。」のです。

 これは、人類が発展する中で、数を数えるのに最初は、自然数ですんでいたのですが、

商業などで借金などをどう表すかという問題にぶつかり、負の数という概念を考えて、数が整数に拡大します。

そのときに、四則計算が、(この場合は引き算が)、今までの自然数と同じようにできるように整数の中でも
そうとりきめたということです。

    6-  3 = 3
    6-  2 = 4
    6-  1 = 5
    6-  0 =...続きを読む

Q年末調整における源泉所得税の差引不足額について

今年初めて従業員を雇った個人事業主です。お恥ずかしい話ですが、年末調整について本当に基本的なことで腑に落ちない点があり困っています。
支給額から交通費と社会保険料(雇用保険のみ)を引いた金額から「給与所得の源泉徴収税額算出表」(平成19年1月以降)に基づいて所得税を給与から控除していましたが、今回年末調整を行うと所得税に不足が生じてしまいました。私のイメージでは年末調整は、社会保険料や生命保険料等の控除があれば超過額が還付されますが、そのような控除が一切適用されなくても、月々の給与からの控除額に間違いがない限り不足が生じるということはないはずではないかと思っています。だとすると、今回の事態は私自身が給与から天引きすべき額を今まで少なく控除し続けていたことになるのですが、私が見直した限りではその間違いも認められません。ちなみに年金や健康保険はこちらでは加入していませんので、一部未払いの従業員は控除証明書もないため控除の対象になっていないことも関係あるのかとも思いましたが、こちらで控除していれば月々の算出税額は現在よりさらに低くなるはずだから結局同じことだと考えます。あくまで私の毎月の算出税額が間違っているのか、あるいは何もなければ不足は生じないという認識事態が違うのか、今のままでは不足額を従業員から徴収する理由が説明できないので困っています。
バカな質問であることは重々承知してますがどうかアドバイスをください。

今年初めて従業員を雇った個人事業主です。お恥ずかしい話ですが、年末調整について本当に基本的なことで腑に落ちない点があり困っています。
支給額から交通費と社会保険料(雇用保険のみ)を引いた金額から「給与所得の源泉徴収税額算出表」(平成19年1月以降)に基づいて所得税を給与から控除していましたが、今回年末調整を行うと所得税に不足が生じてしまいました。私のイメージでは年末調整は、社会保険料や生命保険料等の控除があれば超過額が還付されますが、そのような控除が一切適用されなくても、月々...続きを読む

Aベストアンサー

やはり中途採用が影響していると予想できますが、あくまで予想です。

全員の源泉徴収簿は作成されていますよね??

今の会社で支払った給与+前職の給与(受け取った源泉徴収票参照)をもとに、順を追って記入し誤りがないのであれば大丈夫でしょう。

ひとつ気になったのが、
>支給額から交通費と社会保険料(雇用保険のみ)を引いた金額
とのことですが、社会保険は雇用保険以外は加入されていないんですよね?

前職の方で、社会保険全般に加入されている方がいた場合、社会保険は全額算入して計算くださいね。

顧問税理士の方がおられるのであれば、そちらで確認していただくのがより安全でしょう。。

Qマイナスかけるマイナス

マイナスかけるマイナスがなぜプラスになるのか、という問いはよくあり、それに対していろいろな説明がなされますが、科学雑誌Newton の「虚数がよくわかる―“ありもしない”のに難問解決に不可欠な数」の中で、「マイナスかけるマイナスがプラスになるのは、そのように決めたからであり、必然ではない。マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学体系を作ることも可能だが、そうすると、計算が非常に煩雑になるため、マイナスかけるマイナスはプラスというルールを採用しているに過ぎない」という意味の文章が書かれていました。

http://www.newtonpress.co.jp/qa/0812/a0801.html

また、外国人研究者が書いた「負の数学」という本でも、「マイナスかけるマイナスがマイナスとなる数学を作ることは可能である」と書かれているようです(読んだことはありません)。

マイナスかけるマイナスは必然的にプラスになるという説明がある一方で、それは単なる決め事に過ぎないという説明もあります
。いったい、どちらが正しいのでしょうか。

Aベストアンサー

根本的には数学は、自然科学ではないので全て人が作った規則だけです。

ただ、ある規則を作るのに他の規則に矛盾しないような規則が求められます。
それで他の規則に矛盾しないように例外規則をたくさん作ると凄く計算がややこしくなります。
なので、そのような矛盾をおこさずに例外規則を最小にするためには「マイナス×マイナス=プラス」の方が都合がいいのです。

Q法人税 別表4 法人税額から控除される所得税額

別表4において仮計の下に記載される「法人税額から控除される所得税額」とはどのようなものなのでしょうか?所得にプラスのインパクトを与えていますが、所得税が所得の計算上にでてくるのは何故ですか?

Aベストアンサー

都道府県民税の法人税割と利子割の二重課税を排除するため、
法人税割額から利子割額を控除する規定があります。


地方税法

(法人等の道府県民税の申告納付)第五十三条

32 道府県(二以上の道府県において事務所又は事業所を有する法人については、
 主たる事務所又は事業所の所在する道府県)は、法人税法の(仮決算の中間申告)
(確定申告)(清算確定申告)等の規定によつて法人税の申告書を提出する義務が
 ある法人等が当該申告書に係る法人税額の課税標準の算定期間等において、その
 支払を受ける利子等につき第四款の規定により利子割額(他の道府県において
 課されたものを含む。)を課されたときは、政令で定めるところにより、当該
 利子割額を当該法人が第一項、第四項、第五項、第二十七項又は第二十八項の
 規定により申告納付すべき当該算定期間に係る法人税割額から控除するものとする。

Qプラスかけるマイナスがマイナスになる、分かりやすい説明お願いします。学

プラスかけるマイナスがマイナスになる、分かりやすい説明お願いします。学校の宿題なんです。まだ中一なので。          

Aベストアンサー

昔教わった考え方です。

「1日ごとに100円手に入るとします。

1.3日後の持ち金は今よりいくら差があるでしょうか?
⇒ 100[円/日]×3[日]=300円
⇒ +300円

2.3日前の持ち金は今よりいくら差があるでしょうか?
⇒ 100[円/日]×(-3[日])=-300円
⇒ -300円」

Q給与所得控除額と毎月の給料から引かれる所得税

給与所得控除額と毎月の給料から引かれる所得税には
どういう関係があるのでしょうか。

Aベストアンサー

直接の関係はありません。

そもそも所得税というのは、1年間の所得額が確定してからの後払いが基本で、月々引かれるのは、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用です。

1年間の所得額が確定したとき、所得税を計算するため、給与から一定の経費として課税しない分を先に引き算します。
これが「給与所得控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

「給与支払額 (諸々引かれる前)」-「給与所得控除」= 「所得」
「所得」-「(各種の) 所得控除」= 「課税所得」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
「課税所得」×「税率」= 「所得税」= (サラリーマンなら)「源泉所得税」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
「源泉所得税」-「前払いした所得税の累計」= 「年末調整 (or 確定申告) での過不足調整額」

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

直接の関係はありません。

そもそも所得税というのは、1年間の所得額が確定してからの後払いが基本で、月々引かれるのは、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用です。

1年間の所得額が確定したとき、所得税を計算するため、給与から一定の経費として課税しない分を先に引き算します。
これが「給与所得控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

「給与支払額 (諸々引かれる前)」-「給与所得控除」= 「所得」
「所得」-「(各種の) 所得控除」= 「課税所得」
http://www.nta.go.jp/t...続きを読む

Qギターにやすりをかける

ストラトのエレキを弾いているのですが、木の感触が好きなので、ネックやボディに紙やすりをかけようと思っています

そこで、不安なのですが、やすりをかけることでマイナスの効果はあるのでしょうか?
そして、実際ギターにやすりをかける人はいるのでしょうか?

回答アドバイス等お願いします

Aベストアンサー

汚れについてはNo.1の方のおっしゃるとおりですが、塗装を落とした「生木」の状態で空気にさらすと、湿気を吸ってある種の細菌が湧いてきて、木をボロボロにすることがあります。もちろん時間をかけてボロボロなっていくわけですが、木の質と保管状況によってはかなり短い期間ボロボロになることもあります。マイナス効果はここですかね。音質については、やってみないことにはわからんかと思いますので。

知り合いがギターの塗料剥ぐのを手伝ったことがありますが、塗料を剥いだ後には木質保護用のワックスを塗りました。楽器メーカーがオイルフィニッシュモデルに使う高級な物もあると思いますが、ホームセンターなどでも、木工用の保護油やワックスがありますので、そういう物でも良いかと思います。
塗料でなく保護油やワックスなら、表面に染みこんで内部を湿気等から保護するだけなので、手触りは生木とほとんど全く変わりません。ただ
完全に乾くには1ヶ月くらいかかることもあるので、それも作業工程に折り込んでおいて下さい。塗って1週間くらいで早速ライブでお披露目を…なんてことは考えない方がよいです。じっくり熟成?が必要です。

ただ、メーカーや価格ランクにもよるとは思いますが、ギターの塗膜というのは経験上「意外と分厚い」もので、私たちがやった時には、最初は手作業でしたがめちゃくちゃ能率が悪く、最終的には電動サンダーとかを使いました。それでも、ボディ外周部やネックは手作業でじっくり削らないと変な段差とか付いたらイヤですから、手でちまちまとやるしかないです。よって、思ったより相当に時間がかかります。
また、電動工具を使うと、油断すると「削りすぎ」てしまい、木質を彫り込んでしまいます。私たちがやった時は、ギターの所有者本人が、かなり木工とか塗装に知識のある人間でしたが、それでも結構ヘマをしました。
うまく上塗り部分だけを電動工具で落とし、下塗りは細かいサンドペーパーでじっくり落としていく必要があるでしょう。
しかし、下塗りが残っていると、ワックスを塗った時にその部分だけ染みこまず、斑点状のムラができてかっこわるいので、そのあたりの見極めが難しいところです。

そのほか、ギターによっては塗装を剥がしてワックスを塗ると、「板の継ぎ目」がはっきり浮き出てしまい、ルックス的にどうよ…という羽目になることもあります。私たちも一度やってみて、「なるほど、メーカーの木目仕様のギターが高いのは、ちゃんと理由があるんだな」と痛感しました。
また、びっくりするような節や傷痕が見つかって、なんかメーカーに欺された気分になることもあります。メーカーできちんとパテ埋め等がされていますので、音質的には今更どうこう…なんですが、そういう補修痕はワックスが乗らないので、場所や大きさによってはすんごくかっこわるいことも…ボディー裏等、目立たないところにしか見つからないよう祈るのみです。

ついでに言えば、この作業は、もう想像を絶するほど「削り粉」が大量に出ます。ネックの細かいところ等をちまちま削るくらいなら、室内で敷物を敷いて作業してもよいかと思いますが、ボディ等広い面積を作業する時は、手作業でも大量の削り粉が出ますので、ガレージ等の作業場があれば良いですが、室内では家族からド顰蹙を買いますね。ただ、水はもちろんのこと、オイル等を付けて磨くと、今度は削り粉が木質に染みこんで、めちゃくちゃ汚い仕上がりになるので、大量の粉が吹き飛ぶ中、完全に乾燥状態で作業しなきゃなりません。木質が表面に出てくると、下手したら汗が付いても取れないシミになります。結構しんどい作業でしたねぇ。

紙ヤスリの「目」も、上塗りから中塗りくらいは、見極めができるなら80番くらいでダーッと削っても良いですが、低い番号では油断すると木質まですぐいってしまいますので、下塗りから下は、240番くらいでゆっくり削らないとやばいです。下塗りをきれいに剥がせたら、400番以上で全体がなめらかになるよう、時間をかけて注意して削り、ワックス仕上げ前には、800番~1000番くらいで「ツルツル」にしてやらないと、後で少し後悔します。

と、昔ほんの2~3台ほどやってみた経験です。参考までに。

汚れについてはNo.1の方のおっしゃるとおりですが、塗装を落とした「生木」の状態で空気にさらすと、湿気を吸ってある種の細菌が湧いてきて、木をボロボロにすることがあります。もちろん時間をかけてボロボロなっていくわけですが、木の質と保管状況によってはかなり短い期間ボロボロになることもあります。マイナス効果はここですかね。音質については、やってみないことにはわからんかと思いますので。

知り合いがギターの塗料剥ぐのを手伝ったことがありますが、塗料を剥いだ後には木質保護用のワックスを...続きを読む

Q振込み手数料を差引いた金額への領収書

領収書の発行に関して分からないことがあります。
事業を始めたばかりで分からず困っています。。

金額は例えですが
5550円の請求をしたところ、振込み手数料が差引かれた金額の5340円が振り込まれていました。
この様な事は会社によってあり得るということでしたので
納得したのですが、この場合領収書は5550円と5340円のどちらでだせば良いのでしょうか?
 
5550円だと210円どこ行っちゃったの?って事になりますし、5340円だと請求書と違う金額の領収書って事になりますよね。
どちらでお出しすればいいのかご教授下さい。

Aベストアンサー

領収証は、金銭や有価証券の授受を証する書類です。
振込の場合は、質問者さんとお客様の間で現金の受け渡しが直接あったわけではないので、領収証など書かなくてけっこうです。
お客様は銀行で受け取る振込票で、振込先が分かるのですから、それで支払いの証明にじゅうぶんなります。ATMから出てくる紙切れでもかまいません。

それでもお客様から特に申し出があって書かざるを得ないなら書いてください。そのときは、

・領収金額 5,550円
・内訳 お振込 5.340円、振込手数料相殺 210円

と書きます。
なお、これがもう一桁多かったら、領収証を書くと印紙を貼らなければなりません。振込手数料には既に印紙代相当が含まれているにもかかわらず、印紙税の二重負担になりますが、法制度上やむを得ません。
この観点からも、振込の場合は領収証を書かないほうが利口です。

Q統計をかける値について.

統計に関して質問があります.
統計解析をする時に,計測値にプラスとマイナスの値が混在していても可能なのでしょうか?
絶対値に変換する必要があるのでしょうか?

回答よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

当然可能です。
統計解析で何を知りたいかによるでしょう。

例えば気体の平均速度を求める時は、普通に平均すればv=0になり意味がないので
この場合は二乗平均<v^2>を計算します。

Q給与所得者の保険料控除申告書の記入について

主人一人で会社をやっている妻です。社会保険料控除の欄で国民年金の合計金額ですが国民年金保険料の控除証明書を見ると平成19年4~9月まで済、10・11月が見込みです。平成18年の控除証明書を見ると平成19年1~3月済と入っています。19年の合計額が112400円となっているので保険料は112400円でいいのでしょうか?それとも平成19年1~3月分、(13300×3=39900)+112400=152300円でしょうか?
それと平成19年12月分は何故見込みにならないのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

平成19年に支払った金額を記入するので112400円です。12月分の口座振替が20年1月4日になるため、20年に支払った金額は来年の申告となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング