所得金額が約10万の場合(青色控除後)、
基礎控除の38万円を差し引くと
課税される所得金額」がマイナスになりますが、
この場合0の記入でいいですか?

また以降の項目の記入の必要がない場合、
そのあとの、「差引所得税額」「再差引所得税額」
「定率減税額」「深刻納税額」「納める税金」
の欄も皆0でよろしいのですか?

ちなみにこの場合赤字決算になるのですか?

御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的に、所得控除額は、所得金額の範囲内です控除すべきものですので、計算の結果がマイナスとなる場合は、0円として記載します。


(ただ、「000」と記載してありますので、計算した結果が千円未満又はマイナスとなる場合は、記載する必要はなく、計算上は0円として計算します。)

>そのあとの、「差引所得税額」「再差引所得税額」
>「定率減税額」「深刻納税額」「納める税金」
>の欄も皆0でよろしいのですか?

そうですね、上記の説明の通りで、その後については、それぞれ0円と記載していきます。
(もし、源泉徴収税額があれば、その分が還付となります)

>ちなみにこの場合赤字決算になるのですか?

赤字決算とは、やはり青色申告決算書上において、赤字になる場合を指すと思いますし、所得控除の項目については、事業の業績等とは全く関係ないものですので、いずれにしても課税所得金額をもって赤字決算とは言いません。
    • good
    • 4

所得が0や赤字の場合でも、必要な控除金額を全て正しく記載してください。


(保険、国保、年金、基礎控除、扶養控除等)

そして、「所得から差引かれる金額」の合計欄(25)に合計額を記入します。
(26)に△○○円だったかな。
(27)は0円です。

>ちなみにこの場合赤字決算になるのですか?

青申控除後にお金が残れば赤字ではありません。
(青申控除は税法上の特典なので、本来は青申控除前にお金が残っていれば黒字です。)
ですから、貴方の所得が税金を納めるだけの金額に満たなかっただけです。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告書を作成中・なぜか「課税される所得金額」の値がマイナスになってしまいました!

昨年3月末で退職した者で、現在、確定申告書を作成しております。
ネット等で「年の途中で退職した人」の申告書の書き方を調べ、自分で記入していたところ、途中でおかしなことになってしまったのでお尋ねする次第です。
確定申告書Aを用い、第一表の「収入金額等」、「所得金額」、「所得から差し引かれる金額」、及び、第二表の「○所得の内訳」、「○所得から差し引かれる金額に関する事項」まで問題なく記入しました。ところが、最後に第一表の「税金の計算」をしようとしたところ、課税される所得金額(「所得金額」ー「所得から差し引かれる金額」)の値がマイナスになってしまいました(つまり、「所得金額」の方が「所得から差し引かれる金額」より少ない)。
何かがおかしいのでしょうか?それとも、私の場合、還付される税金はないということになってしまうのでしょうか?
ちなみに「課税される所得金額」の値がマイナスになってしまった原因として、漠然と次のようなことを考えています。私は昨年3月末で退職していますので、3ヶ月分程度の給与しかもらっていません。これに対し、国民健康保険料、国民年金は昨年の4月~8月分までを支払っており、この合計がそこそこの額になっています。ネットなどで、「年の途中で退職した人の確定申告書」として載せられている例と比較すると、このあたりのバランスが異なるように思います。
不慣れなもので戸惑っております。何卒、よろしくお願い致します。

昨年3月末で退職した者で、現在、確定申告書を作成しております。
ネット等で「年の途中で退職した人」の申告書の書き方を調べ、自分で記入していたところ、途中でおかしなことになってしまったのでお尋ねする次第です。
確定申告書Aを用い、第一表の「収入金額等」、「所得金額」、「所得から差し引かれる金額」、及び、第二表の「○所得の内訳」、「○所得から差し引かれる金額に関する事項」まで問題なく記入しました。ところが、最後に第一表の「税金の計算」をしようとしたところ、課税される所得金額(「所...続きを読む

Aベストアンサー

年の途中で退職した人の場合、年のわりに最初の方で退職したことで収入が少ないと、場合によっては給与所得控除の方が高いこともあるし、そうでなくても社会保険控除とか差し引くネタがあると、課税される所得金額がマイナスになるのは、充分にあり得ます。

収入は3か月分程度で、ここから給与所得控除を差し引きます(=所得)
ここから差し引かれる金額としては、基礎控除、在職中の社会保険、退職後の社会保険(国民健康保険、国民年金)、あれば他の控除ネタ(生命保険控除など)、等たくさんあります。
この場合、差し引かれる金額の方が多くなる可能性は、あります。
同じ「年の途中で退職した人」とは言っても、10月くらいに退職した、1年分に近い収入がある人とは、わけが違いますので、比較したらバランスが異なるのは、当然です。

質問者さんの場合、還付される税金が無いのではなく、納税すべき税金が無いだけです。
還付される税金が、あるかないかは、どれだけ源泉徴収(税金の前払い)をされていたかで決まります。

Q青色申告の事業所得が赤字の場合について

■事業所得が赤字の場合、申告書Bの所得金額欄にはマイナス表示で記入するのでしょうか?
※マイナスではなく「0」と記入する場合、翌年所得が出た場合どう処理したら良いのでしょうか?

■赤字の場合、所得から差引くことのできる社会保険料等の控除額は未記入でよろしいのでしょうか?

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

青色申告の場合は、当該年の決算の結果赤字になった場合特典として3年間損失を繰り越すことが出来ます。
この場合、確定申告用紙は損失申告用の第4表を使用してください。要するに確定申告書Bと併せて確定申告書(損失申告用)を提出することで、今年の決算が損失で翌年に繰り越すことが出来るようになります。

各控除については、当該年の分としてしか使用できないので、記入しなくてもいいように考えがちですが、申告後に所得の参入漏れなどがあった場合、修正申告等を行いますが、このとき必要になるのが当初の申告時における控除額等の記載内容です。
通常の確定申告時に控除する必要がないからといって省略すると不測の事態の場合に対処できなくなりますので、こうしたことも見込んで記入しておくことがよろしいと思います

Q確定申告を書き間違えた時の訂正方法

生まれて初めての確定申告をしています。
2箇所ほど書き間違えてしまいました。
訂正は 2本線を引いてその個所に 捺印すれば良いのでしょうか? 御指導くださいませ。

Aベストアンサー

以前申告書の内容が間違っているという理由で、税務署から呼び出しを受けた経験があります。その時は署員の人に言われて2本の訂正線で消して、捺印させられました。あなたのおっしゃっている方法で正解です。訂正印は申告書の上の欄に捺印するものと同じ印鑑を押してください。

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q確定申告の再差引所得税額

確定申告の再差引所得税額が、マイナスになるのですが、計算間違いでしょうか?
年収約500万で、給与所得者で、15年に家を立てて、借入金年末残高が、約3000万です。他の収入はありません。
借り入れが大きい為、マイナスになるのですが、マイナスでも、いい場合、マイナスいくらって、記入するのか、赤字で記入すのものでしょうか?

Aベストアンサー

マイナスになったときは、0と書けばいいと思います。

Q医療費控除の確定申告をしようとしたら、計算の結果申告納税額がマイナス(

医療費控除の確定申告をしようとしたら、計算の結果申告納税額がマイナス(納税)になってしまいます。
まさか年収が多いからなんてことはないと思っていますので、なぜかわかりますでしょうか?

・年収780万円
・年末調整の結果源泉徴収は51000円でした。住宅ローン減税20万円は年末調整で減税済みです。
・支払い医療費は13万円。


住民税を減らすため、医療費控除は意味があるのでやろうと思っています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3です。

>差引所得税額が245100円…
というのは、ローン控除の額が引かれていませんのでその数字は間違っています。
国税庁のHPからの入力したことないので入力の仕方ははっきり言えませんが、「差引所得税額」はローン控除20万円を引いた額にならなければおかしいです。
その税額はローン控除前の額ですね。
ローン控除の額は入力しましたか。

当然、「差引所得税額」の額は、「源泉徴収税額」の51100円より少ない額になります。
245100円からローン控除20万円を引いた額、45100円にならないといけません。

その数字が入れば、「源泉徴収税額」が51100円なので、「還付される税金」欄に6000円が入るでしょう。
6000円が還付されます。

Q所得がマイナスの場合の医療費控除

夫は個人で仕事をしている所謂一人親方です。
昨年度仕事があまりなく収入が激減し、
収入-経費=マイナスの所得となりました。
昨年私が出産したので、医療費がかなりかかっているのですが、
所得が無い場合、確定申告時の医療費控除は無意味なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

収入がマイナスの場合所得0になります
医療費控除は、医療費がかかった人の税金をその分減らしてあげますよ、という制度なので
税金を払わない、払っていない人は減らしようがないです。
(高額医療費の助成ではなく、税金の控除なので。税金がなければ返しようがないです)

もし少しでも所得があるなら所得税が0でも
住民税のほうへの影響が出ることがあるので申告する意味がある場合もありますが
所得0なら意味ないのでは

http://okwave.jp/qa895648.html

の説明が詳しいかもしれません

Q赤字の場合の個人事業主の住民税はいくらぐらいでしょうか?

これから個人事業主で開業しようと考えています。
調べたところ、個人事業主に関係する税金は4種類。

1.所得税
2.住民税
3.個人事業税
4.消費税

以上の4種類だとわかりました。
そして、赤字でも払わなければいけない税金が住民税のようです。

個人事業主に関係する税金の認識はコレであっているでしょうか?
赤字でも住民税を払う場合、だいたいいくら位でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>個人事業主に関係する税金の認識はコレであっているでしょうか?
規模によります。
自宅に事務所を設けて文字通り個人で
こじんまり1000万以下の売上でやる分には
1,2だけで済みます。

>赤字でも住民税を払う場合、だいたいいくら位でしょうか。
非課税だと思いますけどね。
地域によるかもしれません。

例えば東京だと所得が下記以下なら非課税です。
所得とは、収入ー経費の金額です。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html
(4) 個人住民税の非課税
ウ 前年中の合計所得金額が区市町村の条例で定める額以下の方
〈東京23区内の場合〉
・控除対象配偶者又は扶養親族がいる場合
35万円×(本人・控除対象配偶者・扶養親族の合計人数)+21万円
・控除対象配偶者及び扶養親族がいない場合
35万円

住民税には均等割というのは5000円一律あります。
これが所得控除(基礎控除、社会保険料控除)
で課税所得が0以下でも課税されます。

そのあたりが赤字でも払うと言われている
ところですかね。

しかしその前に所得の条件による上記(4)が
あります。(地域による)

いかがでしょう?

>個人事業主に関係する税金の認識はコレであっているでしょうか?
規模によります。
自宅に事務所を設けて文字通り個人で
こじんまり1000万以下の売上でやる分には
1,2だけで済みます。

>赤字でも住民税を払う場合、だいたいいくら位でしょうか。
非課税だと思いますけどね。
地域によるかもしれません。

例えば東京だと所得が下記以下なら非課税です。
所得とは、収入ー経費の金額です。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.html
(4) 個人住民税の非課税
ウ 前年中の合計所得金額が区市町村の...続きを読む

Q確定申告書の「続柄」欄について

 私ghq7xyは来年の春、確定申告(還付)をする予定でいます。
 さて、確定申告書の本人氏名を書く欄の下には、「世帯主の氏名」と「世帯主との続柄」を書く欄がありますね。私の家の世帯主は私の父ですが、父から見て私は長男です。
 そこで、こういう場合、「世帯主との続柄」欄には、私を基準として「父」と書くべきなのか、それとも世帯主である父の立場を基準として見た「長男」と書くべきなのか、どちらでしょうか?
 確定申告はまだ先のことですが、気になりました。国税庁のHPで確定申告書の見本をプリントしてみたので、気になった次第です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「世帯主との続柄」というのは、「世帯主からみたあなたの続柄」なので、
世帯主がお父様であれば、「お父様からみたあなたの続柄」です。
なので、この場合は「子」または「長男」です。

世帯主があなたであれば「本人」です。

#1の方と回答がことなりましたが、下記のHPを参考にしてみてください。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/zokugara2.html

Q課税される所得金額について

個人事業を営んでおり、確定申告書Bを作成しています。

「所得金額」の合計より、「所得から差し引かれる金額」の合計が
多いため、「課税される所得金額」が「0」になっています。

そのため、「税金の計算」の各欄は全て空白になるのですが、こういう
ものなのでしょうか?

Aベストアンサー

そういうものです。

もし、あなたが青色申告であれば、
マイナス分は、来年(昨年)の所得と相殺できます。

3年まで繰り越せることになります


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報