社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

第二次世界大戦について現代は勝利した連合国が正義とされていますが、枢軸国が勝っていたら枢軸国が正義とされていたと思うんですよね。
第二次世界大戦の大日本帝国は亜細亜植民地解放を実現するための戦争とも言われてますし、ただの領土拡大の戦争とも言われています。

結局どちらが勝っても何かしらで正義になっていたと思います。回答者さんの意見を聞きたいです。

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

そりゃ勝ったものが支配しているのだから、支配している間はその者が正義という事です。

北の将軍さまも勝って支配しているから正義。中国の歴史書も今の支配者が正義で、だから前の支配者がどれだけ間違えていたのか書いているわけです。
今、中国が周辺諸国に拡大しようとしているわけです。チベットやウイグルなんて、もう漢民族のほうが人口が多くなってたりりするんじゃなかったかな。アジア開放とか言って。そのうち日本も占領されたら、中国さま日本を開放してくださってありがとうございますって、彼らは思うのでしょうねw
    • good
    • 0

歴史、すなわち、過去の事実に対して『たられば』を言っても何も生みだしません。



『たられば』は未来を考える時に使うものでしょう。
    • good
    • 0

枢軸国が勝っていれば、今のベラルーシ、ウクライナ、ロシア西部はドイツの東方植民地となっていて、入植したドイツ人農園主がスラブ人農奴をこき使っていまして。


日本の若者も、東南アジアのジャングルで大東亜共栄圏に反対して独立を目指す「反日サヨクテロリスト」討伐戦に従事していましたよ。
    • good
    • 0

>結局どちらが勝っても何かしらで正義になっていたと思います。



戦争というものは、勝つ事を目論んで戦いを開始するのです。
当時の、日本というものは実に優秀で、勝つためのシナリオを描いていたのです。

しかし、結果は違ってしまった。
何故なのだろう??

ここなのですよ、問題なのは。
今では、色々な研究書籍がでていますからね。
    • good
    • 0

その通りです。



ドイツが勝利していればヒトラーだって
歴史に残る英雄です。
東条英機も同じく。

ルーズベルトやトルーマンは今の
ヒトラーのような悪魔鬼畜と評価
されたでしょう。

つまり、負けたから悪者になった
だけです。

これは、古今東西、同じです。

物理的占領が終わると、今度は
心理的占領に入るのです。

そうやって自らの正当性を根拠づける
んですね。

関ヶ原で勝利した徳川時代は
石田三成は悪者でした。

幕末は、情けない徳川幕府と
清冽なる勤王の志士です。


だから、日本が負うべきは、負けた
責任であり、この責任の相手は国民だけ
です。
外国に負う責任などありません。
    • good
    • 0

そうです。



戦争では勝った方が正義を叫び、認められるのです。
絶対的正義ではないです。

戦争する時は、どちらも自分が正しいと主張します。
自分が悪いですが、と言いながら戦争する国はありません。

だから、一方の言い分だけを聞いて正しいかどうかの判定などできません。
そもそも、人間が何が正しいかを決めることなどできないかもしれません。
「その時はそれが正しいと思った」というだけかもしれないです。

自分は正しい、とあまり大きな顔で言わない方がいいです。
    • good
    • 0

その通りです。


昔から勝てば官軍です。

但し枢軸国が勝っていれば、間違いなくヒットラーのナチスドイツは日本を攻めて来たでしょう。
アジア辺境の大和民族など、アーリア人から見たら人間ではありませんから!
満州に強制収容所を作り、民族浄化をしていたはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング