実家が昔ながらの大家さんで、不動産屋さんを通さずに貸家を何軒か貸しています。
実家の親が、実家にもこの貸家にも火災保険を掛けていないことを知り、加入を勧めたところ、「いい保険を探して」と言われて年寄りに代わって急遽勉強中です。
入居者さん(昔から長年住んでいる家が多いです)には、借家人賠責付帯の火災保険などへの加入は当方からは今まで言ったことはないそうで、今後も特にこちらからお願いする考えはないそうです。現在まで何事も無かったことは幸いですが、自然災害も多発していますので、当方でこれから掛ける保険はとても重要だと感じています。

こちらの書き込みや保険会社のHPで、火災保険・地震保険のしくみや個人住宅の保険についてはある程度理解できたのですが、大家さん用の保険というのがありそうでなかなか見つけられないでいます。世の中の大家さんは貸家にどんなふうに火災保険を掛けているのでしょうか。。

今のところの考えとしては、地震保険(特約)にも加入し、地域柄、「水害」「地震」「地震による火災」の順で重点を置きたいと思っています。貸家に掛ける場合はどんなことに気をつけて保険を掛ければ良いか、アドバイスを頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的に、建物そのものの保険は家主、中身の家財は借家人というのが一般的です。



複数軒お持ちなら、自分で保険の代理店をやって、借家人にも家財の保険に加入してもらう、ということで多少のお小遣い程度の収入を得られますよ。
資格試験に合格するなど、簡単にはいきませんけどね。

積み立て保険があります。
貸家といっても、定期的に外壁の塗装など、修繕が必要ですよね。そういう費用を、月々の保険料とともに積み立てておく、というプランです。どこの保険会社でも「積み立て総合保険」という名前で売っていると思います。

この回答への補足

今回はアドバイス有難うございました。

補足日時:2005/04/08 18:23
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。
保険もいろいろ調べてみると結構面白いので、代理店の勉強というのもちょっと面白そうですね。
そういえば修繕というのがありましたね。すっかり忘れてしまっていました。いつも修繕に備えて家賃の何割かを貯蓄していたようです。「積み立て総合保険」さっそく探してみます。良いアドバイスをありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 20:16

物に保険を書ける場合、原則として契約者はその所有者になります。


つまり借家の場合、建物の補償がほしいという場合は建物は、通常大家さんの所有物なので大家さんが契約することになります。
他に考えられるとすれば、家賃の補償のための保険や、建物の管理等に起因する賠償事故時に機能する賠償保険などが考えられます。

「水害」「地震」「地震による火災」ということですが、水災については火災保険でカバーすることも可能です。地震による損害に対しては、やはり地震保険が必要になります。質問の表現から勘違いされているような印象を受けましたが、地震による火災というのは火災保険では補償されません。地震保険でしか対象にはなりません。その他噴火や地すべり、なだれや火砕流、津波といった場合の災害についても火災保険ではカバーできません。

この回答への補足

全員の方にポイントをつけたかったのですが、回答順番にさせて頂こうと思います。心の中で20ポイントつけさせて頂きます。ありがとうございました。

補足日時:2005/04/08 18:15
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。火災保険と地震保険それぞれの補償範囲をしっかり確認してから掛けないといけませんね。大変重要な点、参考になりました。アドバイス頂きありがとうございました。良い保険を探せればと思います。

お礼日時:2005/04/06 02:13

かゆいところまで手の届くというのは、結局は保険料が割高ですから、火災だけではない「火災の総合保険」を、新価で付けて、更に地震保険をつけるというのがオーソドックスです。



どうせ経費でおちるから、というなら、長期総合保険にして、保険料が戻ってくるというのが良いかもしれません。

家財はもちろん不要です。

この回答への補足

全員の方にポイントをつけたかったのですが、回答順番で対応したいと思います。心の中で20ポイントつけさせて頂きます。ありがとうございました。

補足日時:2005/04/08 18:21
    • good
    • 6
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。総合保険を新価ベースで、地震保険もというのがオーソドックスなのですね、大変参考になります。税金のことは父親と税理士さんとでやっているようなので、そのへんもちょっと確認してみようかと思います。まだまだ知らないことだらけで、大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 01:42

昨今では各損害保険会社には大家さん向けの火災保険があったりします。


結構あれこれオプションを付帯すれば、結構かゆいところまで補償が届くようなイメージで思われるといいかと思います。
電気・機械的な故障を補償したり、何者かが建物の一部を壊したり、建物自体の管理の責任で他人がケガもしくは他人の物の損害まで補償できたりも可能だったりします。
また火災等で家賃の収入減に対しての補填してもらえるような補償もあったりします。
この種の保険には「水害」はもともと付帯されております。
「地震」「地震による火災」・・・地震保険の付帯でいずれも補償可能です。
地震保険で掛けれる保険金額は火災保険の半分までです。
通常よくある1戸建てでは5,000万円(そのときは火災保険の保険金額が1億円以上)までが限度ですが、アパート・マンションのような集合住宅の場合、延床面積を基準にするやり方を採用すると、例えば3億の物件でも1億5,000万円までの地震保険に加入することが可能です。
※ 気をつける点ってほどでもないかもしれませんが、地震保険を掛けたい物件の新築年月日が昭和56年6月以降であれば登記簿コピー等を申し込み時に添付されると地震保険料が10%割引き可能です。(各保険会社共通)
※ 借家人にもできれば何らかの形で火災保険(借家人賠償責任付帯)に入ってもらえればほぼ完璧な感じにはなりそうです。

この回答への補足

全員の方にポイントをつけたかったのですが、回答順番で対応したいと思います。心の中で20ポイントつけさせて頂きます。ありがとうございました。

補足日時:2005/04/08 18:23
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しくご説明ありがとうございます。大家さん向けの保険があるとのお話で安心致しました。一戸建てなので一つずつ掛けるようになりそうです。昭和56年頃の建物がちょうどあるので10%割引が微妙なところですね、すぐ確認してみようと思います。細かく教えて頂けて大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分譲マンションを購入された方、火災保険についてお聞きします

この度分譲マンションを購入しました
(ローン開始・入居予定今年6月
 ローン契約3月頃です)

ローンは不動産の提携銀行で契約予定です。
そこで火災保険についてお聞きしたいのですが、

1.火災保険は銀行で取り扱っていますよね?
提携銀行でローンを組む場合はこの銀行と提携している火災保険に加入するのでしょうか?もしくは自分で色々な保険業者から見積りをとって比較検討したほうがいいのでしょうか?

不動産からは火災保険について何も聞いていなく、「火災保険はローンの契約時に説明があると思いますよ。」とだけ言われていて、何だか曖昧な返事なので不安です。

2.今から自分で色々な所から見積りを取ったほうがいいのでしょうか?
しかし火災保険の保険料などは建物によってまちまちですよね?
登記が済んで、マンションの規模(評価額?!)などが確定してからでないと保険料は見積りしてもらう事が出来ないのでしょうか?

いつ、どのタイミングで、どのように火災保険を選べばいいのか教えて下さい。宜しくお願いします。
全然無知なのでわかりやすく教えていただけるとありがたいです。

この度分譲マンションを購入しました
(ローン開始・入居予定今年6月
 ローン契約3月頃です)

ローンは不動産の提携銀行で契約予定です。
そこで火災保険についてお聞きしたいのですが、

1.火災保険は銀行で取り扱っていますよね?
提携銀行でローンを組む場合はこの銀行と提携している火災保険に加入するのでしょうか?もしくは自分で色々な保険業者から見積りをとって比較検討したほうがいいのでしょうか?

不動産からは火災保険について何も聞いていなく、「火災保険はローンの契約時に説明...続きを読む

Aベストアンサー

先日火災保険を契約しました。(今年3月入居・ローン契約1月)

各銀行でも火災保険は取り扱っていると思います。
不動産会社(デベロッパー)から提携会社となっている保険会社から
火災保険料の概算などの通知はありましたか?
うちは事前に提携保険会社の保険料(概算)が記載されていました。

うちは大規模マンションのため、保険会社は「○○マンション様は団体扱いになっており多少ですが割引しています」といわれました。
なので提携会社で契約しました。
でも家財は旦那の会社の保険の方が単価が安かったので、契約しませんでした。

ご自身で色々な保険会社にあたり、見積もり依頼するのは大丈夫だと
思いますが、もしかしたら提携の保険会社の方が価格が
安いかもしれないです。

Q地震保険に加入しようと思ってますが火災保険とセットでしょうか?

地震保険に加入しようと思ってますが火災保険とセットでしょうか?
おすすめの保険会社ありますか?

Aベストアンサー

時間が過ぎてしまいお役に立つか分かりませんが…


「地震保険」は火災保険とセットでの加入となります。
他の方も仰っている通り、保険料と補償内容は各社同じになります。
保険金額は火災保険の50%が限度となりますが、
火災保険金額は各社で多少差がありますので、
その分地震保険金額の上限も変わります。

また、支払い基準も特約によって違っており、
場合によっては満額が支払われない(保険料過払い)ことがあるので
価額協定特約(再調達価額を協定する特約)をオススメします。


東京海上日動の「超保険」など、特約によって100%の補償を可能にしている
損保会社もいくつかあるようです。特約の名称は各社違います。
保険料も単純に50%時の保険料を2倍するより安くなるようです。
AIUでは地震による火災を、火災保険金額の100%補償する特約があります。
(地震による火災は火災保険では一切補償されません)


また「地震保険」とは別の保険商品で「地震費用保険」というものがあります。
住宅ではなく生活再建を補償する保険で
扱っているのは現在日本震災パートナーズの一社のみです。
こちらは火災保険とセットにする必要がなく、「地震保険」と同時に加入できます。
保険金支払いも「地震保険」とは別に行われるため、
組み合わせることでの減額の心配はありません。

保険金額上限が住宅の時価によらず世帯人数で決まったり
支払い基準を地方自治体発行の罹災証明のみにしていたりと
「地震保険」とは大きく違う保険ですので、一度ご確認ください。

こちらも住宅再建に充分な額とは言えませんので、
使うとすれば「地震保険」との組み合わせをオススメします。
実際に大地震に遭った場合どの程度の金額が必要になるのかをよく考え
その金額にあったもの(または組み合わせ)を選ぶのが良いと思います。

時間が過ぎてしまいお役に立つか分かりませんが…


「地震保険」は火災保険とセットでの加入となります。
他の方も仰っている通り、保険料と補償内容は各社同じになります。
保険金額は火災保険の50%が限度となりますが、
火災保険金額は各社で多少差がありますので、
その分地震保険金額の上限も変わります。

また、支払い基準も特約によって違っており、
場合によっては満額が支払われない(保険料過払い)ことがあるので
価額協定特約(再調達価額を協定する特約)をオススメします。


東京海上日動の「超保険」...続きを読む

Q携帯電話が、自宅屋内で、不測かつ突発的に破損した場合の火災保険適用

ネットで探すと保障されるという話と対象外という話があります。
会社や契約内容によるのだと思います。

携帯会社の保障プランと火災保険を比較したいと思っています。
携帯電話やタブレットを破損した時に、保険金が出る火災保険を、ご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

火災保険ではないけど、携帯電話、タブレットについて
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4518486.html
には「アメリカンホームダイレクトの
お手軽ガードっていう保険なら怪我の保証までついて
980円でありました。・・
http://www.americanhome.co.jp/active/index.html
」はどうでしょうか。自宅内事故の保証はありやなしやわからないけど、聞いてみたらいかがでしょう。

Q地震保険はなぜ、火災保険とセットで無いと加入できないのでしょうか?ほと

地震保険はなぜ、火災保険とセットで無いと加入できないのでしょうか?ほとんどの保険会社や共済がそうなっているようですね。

地震保険単独では加入できないのが多いようですが。

Aベストアンサー

それはそのように法律で定められているからです。

「地震保険」は万一被災した場合の被害額が甚大で、
かつ国民にとっては必要性が非常に高い保険なので、
政府が地震保険法を制定し、各損保会社と共同で運営しています。
ですので、「地震保険」は各社共通の保険料、補償内容となっています。

共済の場合もほとんどはこの法律の対象となるため、同様に火災共済とセットになります。

では何故セットにするよう法律で定めているかと言うと
セットにすることで、当時加入率が低かった地震保険を普及させる狙いと、
契約の募集や維持・管理等、運営にかかる費用を削減し、
より低価格で安定して地震保険を提供するという目的がありました。

厳密には法律で定められているのは「損害保険」とセットということだけなのですが
住宅にかける保険で最も広く普及しているのが火災保険であり、
またTurbo415さんの仰るように、地震と火災は連動して起こることが多く
火災保険では地震による火災は補償されないことが、
地震保険への加入の大きな動機になることもあり、
現状では火災保険とセットにしたものしかありません。


ただし「地震費用保険」という火災保険とは独立した保険もあります。
こちらは被災者の“生活再建費用”を補償する保険とのことで
火災保険や地震保険の契約の有無に関わらず加入できるようです。
「地震保険」とは異なる保険商品ですので、補償額も支払い事由も異なりますが
地震に備える保険としては、火災保険への加入義務のない唯一の選択肢です。

それはそのように法律で定められているからです。

「地震保険」は万一被災した場合の被害額が甚大で、
かつ国民にとっては必要性が非常に高い保険なので、
政府が地震保険法を制定し、各損保会社と共同で運営しています。
ですので、「地震保険」は各社共通の保険料、補償内容となっています。

共済の場合もほとんどはこの法律の対象となるため、同様に火災共済とセットになります。

では何故セットにするよう法律で定めているかと言うと
セットにすることで、当時加入率が低かった地震保険を普及させる狙いと...続きを読む

Q賃貸併用住宅の火災保険はどのようにしたら?

賃貸の一軒家で1Fが事務所(法人)、2Fが住居となっています。
法人と言っても夫婦だけの家族経営、住居には家族4人が住んでいます。
38年物の古い鉄骨の住居で、これまでは不動産で火災保険をかけていたのですが、
法人化したため同じ火災保険の更新でも倍を請求されました(2年で約4万円)

一度自分達でもう少し安い火災保険が無いかどうかを調べてみたいのですが、
何をどうやればいいのか全く分からずにいます。
火災保険の比較をして資料を請求するのがいいのか、
代理店と言ってもいくつもの火災保険を扱っている代理店をどう探せばいいのか、
共済が安いみたいですが、共済でも大丈夫なのか・・・等々。

大家は個人ではこの家の保険には今までに何も掛けてこなかったそうです。

恐縮ですが、どなたかどのようにすれば良いか一からご説明いただけると
本当に助かります。

Aベストアンサー

追伸

>損保保険会社というのは大手の保険会社ということですか?
国内代理店型損保 三井住友、東京海上、損保ジャパン、日本興亜、あいおい、日新火災、

中立という意味がわかりません。保険選びは、顧客の立場も考慮 何が必要で何がムダか、保険内容、特約を吟味 説明を聞くことで顧客が選択することです。

すべてを網羅する補償加入になれば保険料は当然高くなります。
どのようにするかは、直接代理店の説明を受けながら加入することです。

このような場で、文字で詳細説明、理解して貰うには少々しんどいもので、限りがあります。

Q火災・地震保険加入

5000万円で土地付き建売物件を9月末に購入します。
本物件の火災・地震保険加入ですが、地元の付き合いのある保険屋さん(個人経営)と自分の会社の子会社が扱っている保険(団体扱い月払い)の加入で迷っております。保険会社はどちらも東京海上日動さん。地元の付き合いのある保険屋さんは旧日動さん系です。
アドバイスいただきたく存じます。

Aベストアンサー

こんにちは。
それでは折衷案をば。同じ保険会社の代理店の場合、代理店分担という事が可能です。(イメージで言うと建設会社のジョイントベンチャーみたいな)
団体扱いの方が負担が少なく済みますから、契約の窓口(幹事)はそちらとし、元々付き合いのあるところを非幹事代理店とし、50%づつ分担すれば如何でしょうか。(分担表というものがあり、これにそれぞれの代理店コードと分担率を書けば良いです。内部処理みたいなものです。)
どちらにも顔が立ちますし、どちらもうまく使えるかもしれません。

Q新築住宅の火災保険

新築の一戸建てを購入します。
不動産屋から、火災保険については好きに検討しても構わないと言われたので、ネットで比較などして決めようかと思っています。(地震保険や水害などにも対応出来るように加入したいと思っています。)
しかしネットで色々見ていた所、「住宅金融公庫を使った場合は特約火災保険しか加入出来ない」と知りました。
今回ローンはフラット35と民間ローンを併用して契約しました。フラット35も金融公庫になると思うのですが、特約火災保険でなくても良いのでしょうか?
無知でお恥ずかしいのですが、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ちょっと誤解があるようなので勝手ながら補足します。
確かに住宅金融公庫を使った場合は特約火災保険しか契約できませんが、これは「直接」金融公庫から融資を受けた場合です。
フラット35は債権を公庫が買取るので直接公庫が融資しているわけではありません。逆に公庫の特約火災保険は付保できません。
この為一般の火災保険を探す事になります。
火災保険の注意点としては、「新価払」になっているかどうかです。従来期間10年超の火災保険は「時価払」でした。時価払というのはその時々の価値での支払いしか受けられませんので、例えば全焼しても火災保険の保険金だけで再築する事はできません。(特約火災保険も時価払)
新価払はどの時点でも再築価格で保険金が支払われる方式です。

Q地震保険加入時に地震保険割引の資料を添付するのに、登記簿謄本をインター

地震保険加入時に地震保険割引の資料を添付するのに、登記簿謄本をインターネットで取得しましたが、登記簿に建築年(新築)の記載がありません。
他、マンション購入時の書類を確認しましたがみあたりません。

昭和56年6月以降の建物なのは、間違いないのですが、添付資料は、どうしたら入手できますか?
法務局へ行けば、建築年が記載(登録)されているものは、取得できますか?

大変困っています。ご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

>固定資産税納付書には、建築年次としか記載がありませんが。。。役所に確認すれば大丈夫なのでしょうか?

私が扱っている保険会社はそれでOKでしたが、念のため加入保険会社に問い合わせてみてください。

>法務局で、謄本を取得した場合、登記簿謄本、登記事項要約書には、必ず建築年が記載されているのでしょうか?

登記簿謄本及び登記事項要約書の「表題部」には、「平成(昭和)○年○月○日新築」という記載があります。
なお、コンピューター化されている法務局では、登記簿謄本ではなく「登記事項証明書」というかたちで、機械印字された証明書が発行されます。

Q火災保険の長期一括契約について

火災保険について教えてください。
このたび住宅購入に伴い火災保険に加入しなければならなくなりました。
これまでは賃貸住宅だったので年払契約あるいは更新ごと払契約(2年)しか加入して知りませんでしたが、住宅ローンを組む金融機関から「返済期限+1年」の長期一括で契約しなければいけないと言われ、見積もりをいただいております。
しかし、たぶん同じ保障内容でも各社の保険料は多少でも違うものなのかなぁと、他の会社も比較したいと考えています。
そこで皆様、比較的「保険料が安い」とか「サービスが良い」などご存知ありませんでしょうか?
もしくは火災保険の比較見積りができるサイトなどご存じないでしょうか?
比較サイトを探しても「長期一括」での見積もりは難しいようで、あまり見当たりません(努力が足りないのかも知れませんが…)。

Aベストアンサー

火災保険は各社ごとの金額差はほとんどないと思います。
地震保険をつけるかどうかで、大きく変わってきます。
また、ローンに必要なのは建物部分だけですので、家財部分は短期で別にかけてもいいでしょう。

Q保険については詳しい方教えて下さい。 賃貸住宅だと地震保険に入っても地震による火災での保障はつかない

保険については詳しい方教えて下さい。
賃貸住宅だと地震保険に入っても地震による火災での保障はつかないのですか?保障がつくのは壊れた家財だけですか?
火災保険に入っても地震による火災の保障はつかないのですか?
賃貸だと地震による火災が起きた場合の保障の保険は無いってことですか? 
都内在住なのですが地震があると倒壊って意識でいましたが 首都直下地震(に限らずですが)は火災も多くあるだろうと保険を調べ始めたのですが↑↑↑の様な疑問でよくわかりません。
火災保険に地震保険をつけると保障されるのは家財だけで賃貸住宅の地震による火災の保障の保険は無いって事でしょうか?

Aベストアンサー

私もそろそろ火災保険の更新時期なので、
どうしようか悩んでいます。

私は分譲マンションですが、結局は契約を
誰がするかの違いだけで、賃貸でも保険料
は、間接的に借主が払うことなるわけです。

家財はあなたのものだから、あなたが
自分の財産がどのぐらいあるかを判断し、
契約して、保険料を払うということだと
思います。

地震保険を掛けて補償される内容について
は、留意点を参考までに上げておきます。

①火災保険の保険金の30~50%が上限。
 家財は1000万が限度額

②家財は家具、家電、服飾品、食器等の
 生活用動産の損害割合が
 10%以上で一部損  契約金額の5%
 30%以上で小半損  契約金額の30%
 60%以上で大半損  契約金額の60%
 80%以上で全損   契約金額の100%
 となり、
※10%未満では保険金の支払いはない。
 自動車、有価証券、美術品や貴金属等の
 明記物件は対象とならない。

③保険金は家財のために使う必要はない。

いろいろみていると、地震後の不注意から
火災が発生したケースでは本来は保険金は
出ないそうですが、これまでの大震災では
そうした場合も保険金が払われたようです。
(このあたりは不確かな情報です。)

参考 財務省 地震保険制度の概要
http://www.mof.go.jp/financial_system/earthquake_insurance/jisin.htm

私もそろそろ火災保険の更新時期なので、
どうしようか悩んでいます。

私は分譲マンションですが、結局は契約を
誰がするかの違いだけで、賃貸でも保険料
は、間接的に借主が払うことなるわけです。

家財はあなたのものだから、あなたが
自分の財産がどのぐらいあるかを判断し、
契約して、保険料を払うということだと
思います。

地震保険を掛けて補償される内容について
は、留意点を参考までに上げておきます。

①火災保険の保険金の30~50%が上限。
 家財は1000万が限度額

②家財は家具、家電、服飾品、食...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング