車の車検の時期が近づいているのですが、車検を受けてもう2年のるか買い替えかで悩んでいます。

車はトヨタのスターレットです。平成10年?に新車で購入しました。今回で4回目の車検を迎えるところです。

現在、走行距離は15万キロ越えです。ほぼ毎日のっている状態です。今のところ問題はないのですが、周りからはガソリン車は10万超えたら買い換えたほうがいいといわれているのですが、実際車の寿命?というのかわかりませんが、どのくらいのっていても大丈夫なのでしょうか?

車のことに詳しくないので、あまり詳しく説明できませんが、よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

車の寿命は一言で言えば、乗る方次第で決める物ですね。


その車が好きで一生ずっと乗ってらっしゃる方もいれば、1回目の車検で乗り換える方もいます。そう言う風に寿命と言うのはありませんね。

寿命の面から行けば、故障が多発して修理費がバカにならなくなるので入れ替えると言う方が一般的に多いですね。
周りで「10万キロ超えたら・・・」と言うのは、上記のように故障が多発し易くなるからであって、決して車の寿命ではありません。

あなたが、この車に愛情がある限り乗ってあげるのが、一番良い事ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

愛情があるというわけではないのですが、なんとなく使えるもの(乗れる)をわざわざ買い換える必要があるのかな?と疑問に思ったもので・・

故障が多発して~ということであれば、今現在特になんの問題もなければ、まだ乗っていても大丈夫ということですよね?

名前がよくわからないのですが、2万キロごとにかえるものも10万超えたら換えられないといわれたもので、やっぱり10万超えたらそろそろ乗れなくなるのかな?と思ったんです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 12:40

#1です。


>トヨタのディーラーが今の家から遠いもので、つい足が遠のいてしまって・・・

遠いのなら別にトヨタでなくても、日産のディーラーの方が近いのでしたらそちらでも構いませんよ。他メーカー車でも、きちんと整備してくれますから心配いりません。

>車の故障というのは大体止まってるときに起こるものですか?エンジンをかけようと思ったら、動かないなど・・・走ってる最中に突然タイヤがはずれる、突然とまってしまう、突然炎があがるなんてこともあるんでしょうか?

走行中でもありますよ。車輌炎上したり、タイヤが外れたりと言う事が結構あります。これらの原因は、だいたい使用者の普段の点検不足にありますね。なので法定点検や日常の簡易点検が重要なのです。

簡易点検方法:http://www.jaspa.or.jp/mycar/tenken/nitijou/n_00 …

あと故障も部品の寿命で故障が起こる場合もありますが、だいたい部品の寿命での故障は、ある程度予防する事が出来ます。
例えばタイミングベルトは10万キロ交換等という様に。

なので、ディーラー等に相談すれば、走行距離に応じて交換した方が良い部品のアドバイスが貰えます。


一番大事なのは、あなたが車に乗っていて何か変だな?(感覚・臭い、等)と感じたら直ぐにディーラー等に連絡をして見て貰うのが一番良いことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

走行中の事故もあるということで、もう少し車の勉強をしてみたいと思います。キューブを買ったお店でスターレットも一緒に面倒を見てくれるとのことだったので、いろいろ相談しにいって、今回車検を通してもう少しのろうと思います。

最後までいろいろ質問に答えていただきありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 14:00

大枯車のオーナーです。



平成3年登録日産パルサー1500ccキャブレター式ガソリン車現在19万4千キロ走行MT平均燃費14Kmです。

ユーザー車検を受け続け、クラッチ交換等の重整備のみ修理屋でオーダー整備でここまで来ましたが、12万キロ超えたあたりから数々の不調を訴えて来るようになりました。

ここいらが各種パーツの限界点ではないかと思います。
エンジンの掛かりは絶好調なのですがパワーダウンは認めます。

主な故障は…
12万キロで
1,ラジエータ電動FAN一基不動交換

13万キロで
2,冷却水ポンプ異音交換(3rdギヤ6000回転維持して京都→名古屋へ高速走行したため。←エンジン煤払いのつもりが馬鹿でした。)
3,台風が来るのに窓が上がらない…ウインドレギュレータモーター軸受け破断交換

15万キロで
4,クラッチワイヤ破断、ついでにオーバーホール。5,クラッチプレートも摩耗限界寸前

16万キロで
6,エアコンコンプレッサー軸からガス抜け再生品交換フロンR12が痛かった
7,ドライブシャフトブーツ破断

18万キロで
7,リヤサスショックアブソーバ破壊、
8,サイドブレーキランプ点灯←全体的にパッドが減った事によるフルード液面低下、キャリパーキットオーバーホール

19万キロ…
9,バキュームチューブ亀裂エンスト
10,マフラーの大穴、パテ埋めもう限界。
11,車検の排ガス検査で落ちる←裏技で対応
12,パワステリザーバタンク周辺とエンジンヘッドカバーからオイルのにじみが明らかに増えてきた←車検は来年7月…さてさてどうするか。

まるで待合室での病気自慢してる老人の様ですが、ここまでしてまだ乗っていられるのは、整備資格は無いですが最低限自分で修理出来る物は修理して、たまにはエンジンルームやホイールの中、車体の下回りをのぞいたり車検の点検整備も他人任せではなく、自分の目で部品の摩耗具合を確認して前回の車検整備データと見比べ調査、対処、判断できる事が大切です。このくらいなら”大丈夫”だと。

さもなくば距離の出ている車は、予防整備の名目で残り寿命も考えず部品交換のカモネギになってしまいます。

修理費用がかさめば買い換えが得になります。
寿命の線引きはそこでしょう。

買い替えない理由の一つに行きつけの部品供販さんと顔なじみになってしまって、新車を買ったら10万キロ超えるまで縁が遠くなってしまう事が私には問題です(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり、走行距離や年数がたつにつれて修理個所が増えていくと思っていたほうがいいですね。

もう少し自分で点検できるように覚えていきたいと思います。(今はウォッシャー液さえいれられないので)

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/06 10:03

#1です。

 たびたび失礼します。
>2万キロごとにかえるのはATFというんですね

今まできちんと交換していたならば、10万キロ越えていても交換して差し支えないですよ。
ただ、ATF(オートマオイル)交換は、これからスタンドではなくディーラーの方が良いですよ。(トラブルが起きてもきちんと対処してくれますから)
あとスタンドのアドバイスは、余り聞かない方が良いですよ。スタンドはガソリン販売での儲けが少ないので、オイル等を売って儲けを出しています。なので、綺麗な何でも無いオイルでも交換を勧めて来ますよ。ATFも本当は4万キロ事の交換で良いくらいなんですからw

>スターレットって確か販売終了になったと聞いたんですが、ちがうんですか?もし終了したってことは今度どこかがいたんで、部品交換となってもそれができないんでしょうか?

確かに販売は終了していますが、部品はまだありますよ。メーカも販売停止後約10年くらいは、必要な部品は供給するようになっています。また、トヨタって結構他のトヨタ車と共通部品を使用しているので、まだまだ心配しなくても大丈夫ですよ。

>最近燃費が悪くなったなと思うのと、ブレーキを踏むとサイドブレーキのランプがつくので、寿命がきたのかな?

燃費が悪くなって来た原因は沢山あるので、コレと言う事は出来ませんが、多少エンジンがヘタって来たのかも知れませんね。(単にタイヤの空気が少ないだけかも知れませんが・・・。)
サイドブレーキのランプは、ブレーキオイルが減少した時にも点きますよ。 サイドブレーキは戻しているのに点くのなら、早急にディーラーへ行って点検を受けた方が宜しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答ありがとうございます。

主人ともども車のことが全くわからないもので、詳しく説明していただけて助かります。

10万キロ超えていても交換できるんですね。もう一台キューブを所有していて日産のディーラーで相談したときも同じことをいわれたもので、交換はできないものだと決め付けていました。トヨタのディーラーが今の家から遠いもので、つい足が遠のいてしまって・・・

ブレーキ関係はいざというときに心配なので、早急にみてもらうことにします。

たびたびすみませんが、もう一つ。車の故障というのは大体止まってるときに起こるものですか?エンジンをかけようと思ったら、動かないなど・・・走ってる最中に突然タイヤがはずれる、突然とまってしまう、突然炎があがるなんてこともあるんでしょうか?(もしそうなら私が一人で通勤に使ってるときが心配で・・)

お礼日時:2005/04/06 09:57

1976年型のベンツ240Dと言う車で、ギリシャのおっちゃんが、23年間で460万キロ走ったそうです。


1981年に中古車として22万キロ走った車をドイツで購入
ギリシャまで自走して帰り、以降タクシーとして2004年7月まで現役でした。
この方は、2台のエンジンを使い、オーバーホールを繰り返し使っていたそうです。

15万キロなんて・・・ねっ。

オートメカニックという雑誌があります。
この雑誌は、20万キロを快適に乗ろう。を目標にしています。
おもしろいよん。

さて、10万を超えると、それなりに痛んできますが、なに、部品の固まりです。
痛んだところを替えてしまえば大丈夫

あとは、税金の問題がちょっとだけ。
11年を超えると税金が上がるので、そこさえ許容できればまだまだいけます。

うちの軽トラは、昭和63年製 現役ですよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

いたんだところを換えれば大丈夫。確かにそうですよね。

でも、スターレットって確か販売終了になったと聞いたんですが、ちがうんですか?もし終了したってことは今度どこかがいたんで、部品交換となってもそれができないんでしょうか?

税金も11年を超えるとあがるなんて知りませんでした。税金を安くするためにも軽に換えようかな?なんて思ってたところだったので・・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 15:36

#1です。


>今現在特になんの問題もなければ、まだ乗っていても大丈夫ということですよね?

大丈夫ですよ。ただ、前回も言った様に、これから故障が出て来ると思われるので、その時にあなたがどう判断するかですね。

>2万キロごとにかえるものも10万超えたら換えられないといわれたもので、やっぱり10万超えたらそろそろ乗れなくなるのかな?と思ったんです。

それは恐らくオートマのオイル(ATF)の事を言ったのでは無いかと思いますね。
オートマのオイルは、本当は新車からきちんと交換(2~4万キロ事)していれば良いのですが、10万キロ以上無交換ならば交換するのは難しくなります(交換した事で不具合が出るリスクが大きくなる為、ディーラーでも良い顔はしません)のでその事を言われたのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

2万キロごとにかえるのはATFというんですね。そういわれればそんな名前だったかも・・(笑)それは2万キロごとずっと換えていました。10万キロの時にいつもどおり換えようとしたら質問に書いたようなことをいわれたので・・・

他のみなさんもそうですが、まだまだ故障さえしなければ乗れそうな感じですね。
主人を含め、車に詳しい人がいないためとても助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 15:39

ガソリン車でも乗り方によっては長持ちします。


ちなみにウチのスカイラインは平成6年車で、来月11年目(5回目?)の車検を通す予定です。走行距離は現在19万km。あと5年くらいは乗るつもりです。

今まで交換したのは・・・
(1)エンジンオイルは5000kmごと、フィルタは1万kmごと。
(2)ATオイルは4万kmごと
 (もし長期間ATオイルを変えていなかった場合はヘタに交換するとATがすべる可能性があるので要注意ですね。)
(3)10万kmでタイミングベルト、ファンベルト
(4)10万km越えたあたりで、ダイナモ、エアコンのコンプレッサーの故障で交換
(5)エアーフィルタは4万kmくらい(いいかげんです)
(6)平均するとタイヤは5万kmあたりが限界か?

もうすぐ20万kmになるので、2回目のタイミングベルト交換ですね。
さすがにサスペンションはヘタってきてます。サスがヘタって来るとタイヤが片べりするので本当はサスも交換したいところです。FRのためか、まだハンドルのガタは出ていないので当分乗るつもりです。

オイル交換さえマメにやってれば、意外と乗れるもんですよ。私の場合は、他に乗りたくなるような車がない・・・というよりもスカイラインが好きなのでまだまだ乗るつもりです。とりあえず25万kmまでは乗りたいですね。
毎日乗ってると、おかしいところもすぐにわかるし愛着もわいてきます。

※ATオイルを交換しているかどうか・・・ここあたりが問題でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
うーん。むずかしい単語がいっぱいでよくわかりませんが・・

(1)のオイルは基本的には4000キロごとに変えていました。(ただ、去年子育てにいそがしくてすっかり忘れていて、こないだ見てもらったら全くオイルないよ~といわれ慌てて洗浄と交換をしてもらいました)
(2)は2万キロごとにかえるものですか?それなら毎回かえていました。10万になったときにいつもどおり変えてもらおうとしたら10万以上だと逆に換えると危険なので換えないほうがいいといわれ、それからは換えてないです
(3)以下はよくわからないです・・・スタンドにいってボンネットをあけて点検してもらってそのときにこうしたほうがいい。といわれたことはほとんどやってもらっていたので安心していましたが・・・

もう少し勉強したほうがよさそうですね。

また何かありましたら、質問させていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 15:32

主人がスターレット乗ってます。


平成8年に新車で買って今のところ1度も故障がないんですよ 丈夫ですよね
私がタイヤをパンクしているのに気がつかずしばらく走ってしまい車に負担かけたかなと心配してましたが
3月の車検では何も異常がなくすんだのはやっぱり
トヨタの車からなのか分かりませんけど車は丈夫に限る!
まだ故障もなく乗れる状態ならそのままでもいいと
思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

故障は確かに少ない(?)ですね。今まで一度もありませんでしたから・・

最近、妙に燃費が悪いなと思うようになりました。運転の仕方が悪いのかな?とも思っていましたが・・・

みなさんの意見を参考に考えたいと思います
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 15:26

ずいぶん走っていますね。

7年で15万キロですよ。

僕もあなたよりは少ないですが、過走行車と言われる部類の走り方しますので、気持ちはわかります。
(約2万キロ/年)

トヨタ車でしたらあまり故障はないと思いますが、やはり10万キロ超えると、故障箇所が増えるのは間違いないです。

大事に乗れば、20万でも30万キロでも乗れるでしょうが、部品の調達が難しくはなります。

特に感じるのが、足回り関係のへたりやパワーステアリング関係がそのころになると、弱くなってきます。
あとは、ミッション関係でしょうか?

エンジン自体については、長持ちはするようですが、
車体関係は置いている場所によっては、さびが発生したり色あせたりしてきます。

それらの維持費があまりにも掛かってくるようになれば、その時点で車の寿命と考えた方がよいのかもしれないです。

屋根付きの車庫で、丁寧に乗れば長持ちしますので、どうにも維持費がかかりすぎると言われるまで、乗ってあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。7年前から3年前まで通勤で1日100キロ以上のっていたものですから、走行距離がだいぶすすんでしまいました。

トヨタは長持ちするってのは聞いていたのですが、最近燃費が悪くなったなと思うのと、ブレーキを踏むとサイドブレーキのランプがつくので、寿命がきたのかな?と思って質問させていただきました。

うちは屋外の駐車場で、雨も雪も直接当たる場所においているので、考えて見ます。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧州でのガソリン車

ディーゼルが主流の欧州でガソリン車を買う人もいると思いますが、どの様な理由であえてガソリン車を買っているのですか?
勿論、ポルシェやフェラーリ等の特別な車種以外です。

Aベストアンサー

安いからですよ。
ディーゼルエンジン搭載のモデルは、ガソリンエンジンを積んでいるモデルより高いんです。
手元に具体的な値段のデータが無いのですが、この間ヨーロッパ行ったときにオペルの値段表をみたらコルサのディーゼル搭載モデルの値段は、一回り大きいアストラのガソリンエンジンのモデルと同じくらいの値段でした。
ある予算があって、小さい燃費のいいモデルを買うか、燃費は悪くても大きいモデルを買うか、これはライフスタイルとか、使用目的とか、個人の好みとか、そんなので決まってきます。

軽油の値段は、ガソリン(レギュラー/オクタン価95)と大して変わりませんから、燃費の差だけでその車両価格をうめるには、かなり走らなければなりません。
何キロ走るとペイするか、という自動車雑誌の記事をヨーロッパで読んだことがありますが、特にディーゼルエンジンがトータルで絶対に安いともいえないのです。しかも、その記事を読んだのはまだ軽油がガソリンよりずっと安い頃のことです。
因みにその記事では、一番エコノミーな選択は、ガソリンエンジンをLPGも燃やせるように改造したケースでした。

また、ディーゼルエンジンは丈夫だ、というのも過去の話で、最近はガソリンエンジンと比べて特に目立って丈夫ともいえなくなってきています。

ディーゼルが主流といっても、大雑把に言って半々くらいですよ。
まさに、決定的にどっちがいいともいえない、という事実をあらわしていると思います。

ディーゼルの場合、何百キロもドライブするとき、燃料計を気にする頻度が少なくていいというのは、中々快適です。
それに馬力は小さくても、トルクは圧倒的にガソリンエンジンより大きいですから、ディーゼルだから動力性能が足りない、という感じは全くありません。
馬力は最高速度に関係してきますが、アストラの1.7リットルディーゼルのモデルで、180キロくらいは軽く出ますからね、別にこまることもないのです(200キロは出なかった)。

フィアットの1.3リットルのディーゼルは、オペルとの共同開発のエンジンですので、コルサやアストラにも載っかっています。
たしか、スズキにも供給してるんじゃなかったかな。
かなりのヒット商品みたいですよ。

安いからですよ。
ディーゼルエンジン搭載のモデルは、ガソリンエンジンを積んでいるモデルより高いんです。
手元に具体的な値段のデータが無いのですが、この間ヨーロッパ行ったときにオペルの値段表をみたらコルサのディーゼル搭載モデルの値段は、一回り大きいアストラのガソリンエンジンのモデルと同じくらいの値段でした。
ある予算があって、小さい燃費のいいモデルを買うか、燃費は悪くても大きいモデルを買うか、これはライフスタイルとか、使用目的とか、個人の好みとか、そんなので決まってきます。

軽...続きを読む

Qすぐに車検を迎える中古車に、車検2年付きをつける

すぐに車検を迎える中古車に、車検2年付きをつける

ディーラーで数ヶ月後に車検を迎える中古車を購入しようと思うのですが、
新たに2年の車検をつけるということができたような記憶がありますが可能でしょうか?

その場合法定費用等は前払いで支払うことになるのでしょうか?
そのクルマは納車前整備があるのですが、せっかくなら車検を2年つけて購入する方が、
納車前整備とは別に、車検整備費用も再びかからなくて済むのではないのかと思います。

Aベストアンサー

何も問題なく車検は受けられます。

継続検査は、検査を受けてから2年(2年の物)と言う事になっており、車検満了日の1ヶ月前から車検満了日までの間に受ければ、次回車検満了日が、こんかいの2年先になるとなっています。

ですので、単純に本年7月20日に車検の満了を迎える車だった場合、6月19日に車検を受ければ、次の車検有効期間は2年後の6月18日になりますが、6月21日に車検を受ければ、2年後の7月20日のままになると言うだけの話です。

法定費用は、検査時に掛かりますので、車検を先に受けるのであれば、先に払わなければなりません。
手前になった分の重量税に関して、還付はありません。

また、中古車の納車整備費用と、車検費用は違いますから、その分今提示されている納車整備費用よりは金額が高くなりますので、その辺は理解されて下さい。

Q東京都にガソリン車の規制ってありますか?

東京都にガソリン車の規制ってありますか?
仕事に使う車を買おうと、中古車を探していたのですが、H17式のトヨタ・プロボックス(ガソリン車)を考えていたのですが、ある車の写真を見たところ、大阪府の「経過措置対象車」というステッカーが貼ってあるのを見て、もしかしたら規制で東京都でこの車は登録できないかもしれないと思い、ネットでいろいろ調べてみたのですが、出てくるものはディーゼル規制のことばかりで、肝心のガソリン車についての情報が見つかりません。
売っている人に聞いても、分からないみたいです。
関東と関西地域の都府県は環境省とは別にバンやトラックについての規制があるとどこかで見たのですが、この車は新規登録(と検査切れなので車検も通過)できるのでしょうか。
何か参考になるページがあれば教えてください。
検討車種はトヨタ・プロボックスバン、17年式、型式CBE-NCP51V、ガソリン車です。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

いなかのくるまや、徹底調査しました。

やはり東京都の場合はディーゼル車のみが対象です。
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/rifuretto/aramashi_18.pdf

よってプロボックスのガソリン車は東京都では問題なし。

大阪府と兵庫県にあっては一部のガソリン車をも流入規制の対象
としているというのは全国的にも異例中の異例なようであり、
そこまでやってしまうと「弊害も大きい」としか思えません。(苦笑

”だから東京都はそこまでやりません”

という結論に達したんじゃないかな・・と推測しちゃったりしてます。

by なんの規制もなくて幸せな田舎モン(爆

Q5年目且つ10万km走行車の車検にどの程度お金を掛ける?

もうすぐ、5年且つ10万kmを迎えます。
カローラ
1500X FF

恐らく、これもあれもと交換部品が出てくると思います。どうせなら、7年目の車検を迎えて後は壊れるまでもてば十分かな。仮に8年としても・・。
こんな感じで、どの程度の整備内容を頼めばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

10万kmですと、タイミングベルトの交換が必須です。ベルトだけでなく、テンショナー他タイミングベルトの張り・駆動に関係するパーツも消耗品として交換の必要があります。一旦交換してしまえば、次の10万kmまでノントラブルでいけます。ついでにエンジンマウントもみてもらったほうが、いいかもしれません。つぶれ具合を確認してもらい、必要なら交換しまよう。
1年1万kmのペースでの10万kmでしたら、ラジエターホース・ヒーターパイプ、二次エアのホース・パイプも交換をおすすめしますが、5年しか経ってないのでここは大丈夫です。
電装品関係ではダイレクトイグニッション車でなければ、プラグコードの交換をおすすめします。経年劣化により抵抗が増えることで、パワーロス、燃費悪化に、知らずのうちに陥っているかもしれませんので。プラグコードは純正にこだわる必要はありません。ですからカーショップでついでにスパークプラグも交換してもらうといいですよ。
足回りではハブベアリングをみてもらいましょう。nobinobitachanさんのカローラ、FF(前輪駆動)だと思いますが、駆動輪ではないほうのタイヤ(この場合は後輪ですね)はただ転がっているだけですが、さすがにこれだけの距離走行すると、ハブベアリングの交換(車種によってはグリースアップですむかも)が必要になります。どちらに転ぶかはディーラーに確認してください。
AT・MTどちらかわかりませんが、AT車でしたらATF(オートマのフルード)を交換をおすすめします。ただ、これは必ずディーラーで行いましょう。量の管理が厳密なため(エンジンが暖まっているかどうかでも変わる)GS,カーショップに任せるとトラブルの元です。以前中古のベンツに乗っていたときに、ディーラーにATFの交換お願いしたら、「テスト走行で高速も走ります」とのことで、交換に1日がかりで、40kmほど走られました。でもその後トラブルは出なかったので、やり方には納得しました。
MT車でしたら、ミッションオイルの交換、クラッチは減っていれば手をつける、というところでしょうか。
今の日本車なら、10年20万kmは大丈夫ですよ。私も就職して初めて買ったクルマ、追突事故で廃車にするまで9年・20万km走りましたから。大事にしてください。では。

10万kmですと、タイミングベルトの交換が必須です。ベルトだけでなく、テンショナー他タイミングベルトの張り・駆動に関係するパーツも消耗品として交換の必要があります。一旦交換してしまえば、次の10万kmまでノントラブルでいけます。ついでにエンジンマウントもみてもらったほうが、いいかもしれません。つぶれ具合を確認してもらい、必要なら交換しまよう。
1年1万kmのペースでの10万kmでしたら、ラジエターホース・ヒーターパイプ、二次エアのホース・パイプも交換をおすすめしますが、5年しか経...続きを読む

Qハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

ハイブリッド車や電気自動車がどんどん普及してくると思いますが、ガソリン車と維持費を比べた場合、どれくらい差がありますか?

電気のほうが燃費はいいのはわかりますが、蓄電する機器の交換などが必要だと思うので、それを考えてもガソリン車よりお得でしょうか?

Aベストアンサー

こういう質問があるとコンパクトカーの方がいい都おっしゃる方もいらっしゃいますが,同じ車格のクルマで比べないと意味がないので
ハイブリッド/ガソリン車両方あるシビックで比較してみます。

ハイブリッド車の燃費を A(km/L)、そうでない車種の燃費を B(km/L)、車両価格の差を P(円)、ガソリン価格を F(円/L)とする。元が取れるまでの走行距離は

AxBxP/(A-B)/F

という式が日経に乗ってました。

これにシビック/シビックハイブリッドのデータを当てはめてみます.
一番下のグレードで比べると
ガソリン車の燃費は17km/L,ハイブリッドが31km/L,価格差が約30万円で免税の分を入れると約17万、で燃料費がレギュラー130円とすると

元の取れる距離=31x17x17/(31-17)/130=49225

となり約50000キロで元が取れる計算になります。
というわけで手放すまでに50000キロ以上乗るひとならば,ハイブリッドの方がお得でしょう。
ハイブリッド車のバッテリは劣化しないよう容量の20%しか使用せず,過充電過放電しないよう制御しているのでほとんど劣化しません。
またエンジンへの負荷が小さくなるので,メンテナンスにかかる費用は通常のガソリン車より少ない傾向があります。
メンテナンスにかかる費用はガソリン車と同等かそれ以下です。

電気自動車は補助金入れても軽自動車で300万円以上なので,まだ時期尚早ですね.

こういう質問があるとコンパクトカーの方がいい都おっしゃる方もいらっしゃいますが,同じ車格のクルマで比べないと意味がないので
ハイブリッド/ガソリン車両方あるシビックで比較してみます。

ハイブリッド車の燃費を A(km/L)、そうでない車種の燃費を B(km/L)、車両価格の差を P(円)、ガソリン価格を F(円/L)とする。元が取れるまでの走行距離は

AxBxP/(A-B)/F

という式が日経に乗ってました。

これにシビック/シビックハイブリッドのデータを当てはめてみます.
一番下のグレードで比...続きを読む

Q車検切れの車の車検・重量税

4月17日に車検満了日を向かえる車があります。自賠責は、5月18日まで、有効期間がございます。暫定税率の廃止となれば、5月1日から、重量税が▲22800円近く安くなるかもしれません。

車検は、ユーザー車検で行っているので、調整はできるのですが、もしも車検切れをして、5月に車検を受ける場合、仮ナンバーをとって陸運局までいくわけですが、今まで車についている プレートナンバーは、変わってくるのでしょうか?

また、素人なので 費用面、あるいは手続面で、何か注意が必要な点があれば、お教えいただけると助かります。

Aベストアンサー

費用面・手続面で何ら変わりはありません。
ナンバーも変わりません。
仮ナンバーを借りる手間と手数料が増えるだけです。

この場合は大丈夫だと思いますが、
自賠責は車検満了日の翌日まで必要ですので・・・

Qガソリン車は1/3の燃料が軽油でも走行できますか?

ガソリン車は1/3の燃料が軽油でも走行できますか?

(1)
ガソリン車に2/3ガソリン、1/3軽油を入れても
年中続けない限りエンジンに大きな問題はないのでしょうか?

(2)
年中、これを続けた場合、エンジン等にどのような障害がでますでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

農業用エンジンで、灯油を試したことがあります、四分の一までは若干始動性は悪くなるが可能でした、
経由は発火点が低く、灯油以上に気化しにくいので、三分の一は無理でしょう、実用上はノッキングを起こして使用不可と思います。

Q車検切れの車を車検に出すときに

乗用車を車検に出すことを忘れており、満期日を越えてしまいました。この車を車検に出すときは、市町村で発行されている仮ナンバーの取得費用以外は普通に車検に出す場合と同じ料金で可能なのでしょうか。それとも、そのた別な費用が加算されるのでしょうか。
ご教授の方、いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

付け足しです。
今の車検証と自賠責保険証とを確認して
自賠責保険の方が1ヶ月分長い期間になっていれば
加入する自賠責保険は24ヵ月でもokです。
まずはそちらを確認してみてください。

Qハイブリッド車とガソリン車の燃費について

今、ガソリン車を保持しております。
今年で、車検が切れるため、ハイブリッド車にしようかなと思っているのですが、燃費のよいガソリン車とどちらがよいか迷っています。

こちらの運転状況
基本的に田舎なので毎日運転して、通勤にも使用しております。
<通勤時>
往復 60km(うち高速道路 約40km)

通勤1ヶ月で20日計算の場合ですが1年で、
高速道路 約9600km
一般道路 約4800km
くらいかな~と思っています。


誰から聞いたかは忘れたのですが、ハイブリッド車は高速道路の燃費はガソリン車とそれほどかわらないと聞いたことがあります。自分も、通勤時は高速道路の方が走行距離が大きいので、ハイブリッドよりも、ガソリン車の方がお得なのかなと思っています。

すでに購入され、自分と同じような環境で使用されておられる方、アドバイスいただけると幸いです。
また、シミュレーションできる方法もありましたら、教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ざっくり計算してみましょう。
年15000km 高速運転多し。
例として、トヨタのBセグメント。アクアとヴィッツ。

アクア(ハイブリッド Bセグメント) 25km/l
ヴィッツ(ガソリン車 Bセグメント) 16km/l

アクア
(15000km/25km/l) x 140yen/l = 84,000yen/年
ヴィッツ
(15000km/16km/l) x 140yen/l = 131,250en/年
1年で50,000yen 10年で500,000yenの差

アクア 1.5S 179万
ヴィッツ 1.3F 130万

上のあらい仮定だと、車両本体価格の差と、10年のガソリン代がどっこいどっこいの結果となりました。
しかしハイブリッドだと免税になるかもしれませんし (よい要素)、
電池の劣化で燃費が悪化したり、最低限のオプションつけただけでも高価
(悪い要素)があり、自分は差し引きガソリン車の方がお得だと思います。

 でも、お金や燃費でなく、購入する方がどんな車、どんな乗り味が好みか、
という部分が一番重要だと思います。
高価で普通は長く使うものですから、試乗して調べて興味ある車を選ばれては如何でしょうか?

ざっくり計算してみましょう。
年15000km 高速運転多し。
例として、トヨタのBセグメント。アクアとヴィッツ。

アクア(ハイブリッド Bセグメント) 25km/l
ヴィッツ(ガソリン車 Bセグメント) 16km/l

アクア
(15000km/25km/l) x 140yen/l = 84,000yen/年
ヴィッツ
(15000km/16km/l) x 140yen/l = 131,250en/年
1年で50,000yen 10年で500,000yenの差

アクア 1.5S 179万
ヴィッツ 1.3F 130万

上のあらい仮定だと、車両本体価格の差と、10年のガソリン代がどっこいどっこいの結果となりました。
しかし...続きを読む

Q東京登録で千葉に置いてある車検が切れた車の車検の取り方

東京に住民票があり住んでいます。
週末だけ千葉に部屋を借りて車は千葉に置いていました。
(ナンバーは住民票のある東京です。)
で、昨年の10月が車検だったのですが家族の入院や仕事の関係で
車検に通すことが出来なくてずっと置きっ放しになっています。
いろいろと落ちついたので車検を通したいのですがどうしたら
よいのでしょうか?
バッテリーが上がってエンジンがかからないし、トヨタのタウンエースノアだったので
トヨタに聞いたら車検が切れていたら車検は通せませんと誠意のない返答で困ってしまいました。
東京で登録してある千葉にある車検切れの車の車検の通し方をわかる方は教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

ディーラーの回答には疑問ですね。。。
車検切れの車も通す事は可能です。
ただ、車検の切れた車は臨時運行車両票?を取れば公道の走行も可能です。
お金は必要になりますよ。
ディーラーなどに事情を説明し、臨時運行車両票を取る段取りをして、ディーラーなどに持ち込めば大丈夫だと思います。
それと、自動車税は払っていますか?
もし、払っていないのであれば、管轄の県税事務所に頼めば支払い書を送付してくれます。


人気Q&Aランキング