【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

業者がスイッチの交換を何箇所かしてるのを見てたんですが片切スイッチ一個のところへのケーブルが二線式の白黒だけが一本きてるところがあり、スイッチの左右の穴に挿してありました。
一般的には電源線は白黒で白が接地側、黒が非設置側でしたよね。
スイッチの場合は違うこともあるんでしょうか。

A 回答 (2件)

>一般的には電源線は白黒で白が接地側、黒が非設置側で…



コンセントなら確かにそのとおりです。

>スイッチの場合は違うことも…

スイッチ配線は、入口も出口も非接地側電線です。

[電源プラス線]―[スイッチ入口]―[スイッチ出口]―[電灯入口]―[電灯出口]―電源マイナス線]

と電気は流れますが、[電灯入口] までが「非接地側電線」、[電灯出口] より後が「接地側電線」となります。

>片切スイッチ一個のところへのケーブルが二線式の白黒だけが一本…

[スイッチ入口] が黒線、[スイッチ出口] を白線につなぎます。

1 個所に片切スイッチが2個、3個となる場合や、三路・四路スイッチなどの場合は、必ずしも入口が黒、出口が白ではないことも多々あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ある程度成り行きってことですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2022/10/03 17:43

まず天井灯に向かって、Fケーブルの白黒線が行き、そこから


スイッチにおろす線も、普通Fケーブルなら、白黒になります。

器用な人は電球シーリングソケットの2線差しにFケーブルの
片線むき出して切って刺し、そのまま延長してスイッチに
下ろします。

当然、スイッチには白黒が入ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2022/10/03 17:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!