始めまして、御存知の方ご協力お願いいたします。
 私はフィットネスジム(エグザス)の体育館をレンタルし、フットサル(少人数のサッカー)をしていました。その最中、仲間がクリアしたボールが壁に当たり、損傷してしまいました。これは全く故意ではありません。利用規約には、会員の責に任ずる場合は会員負担、という旨が承認事項として掲載されています。この場合、仲間は修繕費用を全額負担をしなくてはいけないものなのでしょうか?
 どうか教えてくださいませ。よろしく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「民法(損害賠償)に詳しい方」ではありませんが…(^^)



「教えて!gooサービス」利用規約は、本年4月1日「消費者契約法」の施行に伴い、規約の、おもに第12条を変更したことはご存知の通り。そして、ご質問のポイントもそれと同じ事だと思いますよ。当事者間に事業者と消費者の関係があるならば、この法律はとても強力な味方となります。同法第一条の「目的」は次の通り。

>第一条  この法律は、(略)、事業者の損害賠償の責任を免除する条項
>その他の消費者の利益を不当に害することとなる条項の全部又は一部を
>無効とすることにより、消費者の利益の擁護を図り、もって国民生活の
>安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

即ち、ご質問の「利用規約には、会員の責に任ずる場合は会員負担」とする事業者の規約は、このケースの場合、「消費者の利益を不当に害することとなる条項」に該当すると思われますので、同法第十条に基づき「無効」を主張できるのではないでしょうか。つまり、明らかな故意や過失が無い限り、賠償する必要はないと思います。

参考URL:http://www5.cao.go.jp/99/c/shouhi/keiyaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大変参考になりました。こういう例があると、話し合いでのカードにできますからね。本当に助かりました。重ね重ね、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 23:31

 私の結論は、フットサルに参加された方全員が連帯して修繕費用等(修繕中に体育館を閉鎖したことに伴う減収等を含む。

)の損害を賠償する責任を負うが、過失相殺等による賠償額の減額の余地はある、というものです。
1 法律構成
(1) クリアした方(Xさん)又はシュートした方(Yさん)の責任
 民法709条は、「故意又は過失」として、「故意」(≒わざと)以外に「過失」があった場合にも損害賠償責任が発生すると規定していますから、クリアの仕方が不適切(「クリアの際壁に当たると予想できたこと」+「壁に当てないようなクリアが可能だったこと」を意味します。)だったXさんは、不法行為に基づく損害賠償責任を負います。No.2でinuxxさんもご指摘のとおり、「会員の責に……」という利用規約の文言は、「故意又は過失」という意味ですので、利用規約を理由に過失行為は免責されません。
 仮に、Xさんのクリアの仕方自体は不適切といえなければ、Yさんのシュートが不適切なのでしょうから、Yさんが損害賠償責任を負います(この場合は、以下の「Xさん」を、「Yさん」と置き換えて読んでください。)。
(2) 他の参加者の方の責任
 民法719条は、「数人が共同の不法行為に因りて他人に損害を加えたるときは各自連帯にて其賠償の責に任ず」と規定しています。その意味の一つは、損害発生の原因となった行為が、数人の共同意思に基づく行為であるときは、その数人は、直接加害行為をしていなくても損害賠償責任を負う、ということ(主観的関連共同、といいます。)です。
 Xさんのクリア行為は、参加者の方全員がフットサルをプレーする中でなされた行為ですから、フットサルの参加者の方の共同意思に基づく行為であり、参加者の方全員が共同不法行為責任を負うことになります(射程としては微妙ですが、最高裁昭和62年1月22日判決。二人で相談して置き石に行った中学生のうち、事故原因となった置き石はしなかった者の責任を認めました。)。
2 過失相殺
 ただし、ジム側にも、
・ フットサルに使うという事前の申告があった。
・ (ボールが体育館の備品だった場合、)壁が破損するような堅いボールを備品として使用させた。
・ (場合によっては)壁が軟弱すぎた。
というような事情があれば、過失相殺(民法722条2項)により、賠償額が減額される可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/09 23:33

こんにちは。



利用目的をはっきり告げて使用している以上、賠償責任は無いと考えます。
例えば「バスケットボール」をするからと借りたのに、サッカーをしたなら
問題ですが、サッカーをやる目的で借りた以上、当然に予見できることですから
むしろジム側の過失と言えます。

むしろ壁の損傷により怪我人が出なかったことを、ジム側は幸運だったと
考えるべきでしょう。怪我人が出ればジム側は責任を免れません。

結論として、本来の目的に添って使用した場合、賠償責任は問われないと
思います。クリアしたボールが壁にあたるのは当たり前ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。また何かのときにはヨロシク御願い致します。

お礼日時:2001/09/09 23:32

利用規約中の「会員の責に任ずる場合」というのは、「会員に故意または過失がある場合」と考えるのが一般的だと思います。


ARBさんの仲間の方がボールを壁に当てて損傷させてしまった場合、不注意によって壁を損傷させてしまった以上、故意はなくとも、過失があることになってしまうでしょう。
とすれば、利用規約を根拠に修繕費を支払う義務が生じることになります。
仮にこのような利用規約がないとしても、民法上、不法行為責任があるでしょうね(709条)。

ただ、ジムや建物の施工業者に何らかの過失があれば過失相殺され、「全額」ではなくなることもあり得ます。例えばサッカーボールが当たった位で壊れるような、瑕疵ある壁を作った点に過失があるとか、ジムがそのことを知りながら告げなかったとか。これはちょっと無理矢理かな…(^^;
他にジム側に過失があると思われる事情がありそうならば、主張してみるのもいいかもしれませんね。

ただ、金額次第ですが…、一緒にフットサルをされていたメンバーで折半して支払ってしまうのが丸くおさまる方法じゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。民法709条の適用には「違法性」が条件になるみたいなんです。「常に」なのかは分からないんですけど・・・。非常に参考になりました。また何かありましたら、ヨロシク御願い致します。

お礼日時:2001/09/09 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広告掲載の会員登録法、利用規約の模倣は著作権に抵触しますか

広告掲載の請負をWEBで行う事業を近々に立ち上げる予定です。
広告サンプルの閲覧、会員登録(入会、退会、個人情報等)利用規約(利用料金、利用料の決済等)をプログラムシステムと諸規約は8割ほど完了しています。
過日、他の同様のWEBの広告掲載を事業としている会社を閲覧しましたが、プログラムシステムは不明ですが、会員登録方法、会員規約、利用規約、個人情報などは、ほとんど類似(沢山のWEBの事業会社を閲覧しましたが、どれも類似しています)しています。
この場合、類似しない別の方法、別の利用規約を作成しないと、著作権、商標権、財産権(知的財産権)に抵触して、訴えられる可能性があるのでしょうか。(仮にあるA社の諸規約等をひな形として模倣(プログラムシステムは独自で作成)した場合も著作権を侵すことになるのでしょうか)ご教示ください。

Aベストアンサー

規約や約款は約束ごとですから、真似をしなくても類似性が高くなり
ます。ですから、共通的な部分に多少類似があったとしてもそれで
訴えられる可能性は少ないと思います。

ただし、気をつけて欲しいのは、
1.参照先が、独自のビジネスモデルであった場合その仕組みが特許で
  保護されている可能性があります。こうした場合、規約といった
  瑣末な部分ではなくビジネスの模倣として訴えられます。
2.真似をして規約文書の体裁を整えることはできるかも知れませんが
  条文解釈とあなたのビジネスオペレーションが一致していなければ
  何の意味もなしません。
  少なくとも、条文の一字一句が自分のビジネスでどういう意味を
  もつのかということの定義はしてください。

です。
  

QJRの負担?自己負担?

静岡からJRで東京に行き、そこから成田に出て、飛行機でアメリカに行く予定だったとします。

さて、静岡ー東京間で列車のトラブルが発生し、8時間足止めをくらったために、成田発の飛行機に
搭乗できなかった場合、JRは、その飛行機に乗り遅れた客に飛行機料金を支払う義務が発生しますか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

そういう義務は発生しません。

理由は、そういう約款(免責約款)がある
からです。

乗客は、その約款を承諾して利用した、と
いうことになります。

いやも応もありません。
いやなら乗るな、利用するな、という訳です。

こういう契約を符合契約といいます。


(運行不能・遅延等の場合のその他の請求)

第290条の3 旅客は、第282条、第289条、第290条又は第290条の2に規定する事由が発生した場合は、その原因が当社の責に帰すべき事由によるものであるか否かにかかわらず、第282条から前条に定める取扱いに限つて請求することができる。

2 旅客は、列車の運行不能若しくは遅延が発生した場合又は車両の故障等により列車に乗車することができない場合は、前項に規定するものを除いて、その原因が当社の責に帰すべき事由によるものであるか否かにかかわらず、一切の請求をすることはできない。

https://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/stipulation/

Q債権者負担か債務者負担か

よく、民法で費用を債権者が負担するか債務者が負担するかという問題が出ますよね?

これは、何か明確な基準とかありますか?

やはり問題を解きまくって感覚をつかむしかないですかね?

Aベストアンサー

弁済費用のことでしょうか?

それなら、債務者負担が原則です。

(弁済の費用)
第485条
弁済の費用について別段の意思表示がないときは、その費用は、
債務者の負担とする。
ただし、債権者が住所の移転その他の行為によって弁済の
費用を増加させたときは、その増加額は、債権者の負担とする。


憲法、民法、刑法の条文は総て覚えて
おく必要があります。

Q負担付相続の、負担義務の開始時期

 Aは全財産をBに、負担付きで相続させるとの遺言を公正証書で残しました。負担の内容は、Aの配偶者Cが要介護となった場合の老人ホーム入所及びその費用負担です。

 ところでCは、Aの死亡前に要介護となりました。Bは老人ホームの費用を現在において負担する必要がありますか?

Aベストアンサー

Aさんを被相続人とする相続がまだ発生していないので、現時点では、BさんもCさんのために老人ホーム等の費用を負担する必要がありません。
現時点ではAさんの財産からCさんの費用を負担すればいいだけです。
ただし、Aさんの財産がすぐに現金化できないようなもののためにあらかじめBさんがAさんに代わって負担しておくことも可能性としてはあると思います。
その辺はAさんとBさんとの日ごろからの信頼関係でしょうね(^^ゞ

Q負担付贈与契約の負担部分について

公正証書にする予定です。
叔父と交わす予定です。叔父におまかせなのですが、
1.毎日電話をすること
2.葬儀をしてくれること
3.今後の生活について相談に乗ってくれること

この3つが書いてありました。こんな幼稚な約束、公正証書にできるのですか?書き直しなさいとか役場で怒られないですかね。叔父の希望ではあるのでが・・・・。

Aベストアンサー

公正証書とする理由は、後で、強制執行が可能であるからです。(例外あり)
摘記の3つは、いずれも強制執行できないので、現実には公証人で断ると思います。
この案件はタイトルから推測して3つの対価がありそうです。
その部分を含めれば公正証書とすることはできます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報