こんにちは。初めて投稿いたします。
私は今中国で現地採用として働いているのですが、帰国時期と帰国後の
就職活動について皆様にお尋ねしたいのです。
現在の仕事(法務・コンサルタント系で翻訳兼秘書として勤めて
います)はまだはじめたばかりですが、自分としても興味を持ってて、
自分の頑張り次第では将来コンサルタントのような仕事ができるかも
しれない、と思っています。
ただ、私は現在30歳(女性)。ここで仮に三年間勤めたとして、帰国
すれば33歳です。帰国時期と就職活動について考えると、いつごろが
よいのでしょうか?日本にいる家族からすれば現地採用で待遇もよくないし
補償もないし、帰国後就職できなかったら、ということで心配をかけています。
私としても今となったら中国関係でしか仕事できないです。英語はできないこともないのですが、相応する資格を持っていません。(中国語なら普通語も広東語も話せ、相応する資格を持っています)帰国後の進路としては、(1)対中国メインのコンサルタント会社(法律事務所を含め)(2)企業法務(3)貿易事務等を考え、企業とかも調べているところです。日本では金融の経験はあるのですが、企業法務や貿易企業での経験がありません。しかもあまり中国関係の企業は紹介されていません。「中国室」とか「中国課」のような部署のある企業ってどのホームページとか雑誌をみたらわかるのでしょうか?私はどの分野に進むのがよいのでしょうか?
皆様はいかが思われますか?アドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2のzetianです。

URLの補足です。

以下のサイトはご存知ですか?各分野の専門家による情報サイトです。
↓トップページ
http://allabout.co.jp/

その中に中国語生かした仕事に関する情報がありました。
http://allabout.co.jp/hobby/chinese/subject/msub …

法務や貿易、コンサルタントなど、他の条件で検索したい場合は、トップページから探してみてください。

参考URL:http://allabout.co.jp/hobby/chinese/subject/msub …
    • good
    • 0

私は以前、中国へ日本企業の出向社員として働いた経験があり、帰国して退職した後、現在は某会社の中国関連部署で派遣社員として働いている30歳前半の女性です。



私が登録していう派遣会社のスタッフ曰く、「貿易関連や商社などで、中国語ができる人を欲しがっているんですが、なかなかいなくて・・・」だそうです。でもこれはあくまで「派遣社員として」ということですね。
要するに「中国語に対する需要は非常に多い」しかし「不況で厳しいこの時代、高い人件費は払えない」ということだと思います。
この場合、年齢はあまり関係ないでしょう。「中国語の能力」さえあれば、企業側は「安い給料」で採用したいはずです。あとは採用される側が決めることになります。

それでもやはり正社員で勝負したいなら、厳しいでしょうがやはり自力で頑張るしかないでしょうね。
以下、参考URLをご紹介します。
「アジアネット」
http://www.asia-net.com/jp/
「翻訳求人/求職情報」
http://www.access-japan.com/kyujinkyushokujoho/i …

また>どの分野に進むのがよいのでしょうか?ということですが、これはchapaneseさんご自身が決めることだと思います。
「とにかく中国語を使いたい」のであれば、業種を問わず通訳・翻訳を募集しているところを探せばいいし、「法務・コンサルタント関連を希望」であれば、中国での経験をアピールしつつ、それに関連する資格の勉強をすればいいのではないでしょうか。

あと一つ、日本でのお住まいはどこにする予定ですか?
私は現在東京で勤務しているため「需要が多い」といいましたが、地方へ行けば恐らく状況は変わってくると思いますよ。

以上、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.asia-net.com/jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。同じ世代の、しかも女性からのご意見でとても参考になります。アジアネットは日頃から見ています。私は帰国後は東京や横浜といった首都圏で働きたいと思っています。実家は田舎なので、仕事ないし、また「需要」の数が違いますから。
あと働きながら大学院に通い、中国関係の研究も続けたいなという思いがあり、その大学も東京なので、どうしても東京に行きたいんです。ただ生活費がかかりますけどね。そのためそこそこ稼がないといけないわけです。貴方の経験やキャリアから話されることはとても役に立ち、今後ともいろいろ情報交換できればありがたいのですが。またよろしくおねがいいたします。

お礼日時:2001/09/20 12:40

 もと人事担当者です。


1.3年後は、不利になっているでしょう。女性で33才は、日本では厳しいですね。
2.日経新聞の海外版に時々、求人広告も載っています。英字新聞も含めて、早めに探す(しかし、面接等試験は日本国内だから、スムーズにいかない)。
3.中国語関係は、商社で契約社員なら可能かも知れません。伊藤忠商事とかの総合商社。
4.香港で仕事さがした方がいいのでは。モチロン、日本へは戻れませんが。

この回答への補足

maisonfloraさま、お返事ありがとうございます。やはり33歳って厳しいですか?
いくら経験があったとしても。
契約社員の道も考えてないこともないのですが、正社員から攻めたいです。
また、香港で仕事をしたら、というのは実は他の方からも言われています。
たしかに私も香港好きなんですけれど、ビザサポートと家賃の高さとで大陸を
選んだといういきさつがあります。また当時広東語もほとんど話せませんでしたし。今の私なら香港で働けないことないと思いますが、日本じゃもう復帰できないのでしょうか?

補足日時:2001/09/11 12:09
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受付の仕事って?(中国系企業)

私は派遣社員で、今まで一般事務をしていたんですが、契約が終了したので仕事を探していたら、受付の仕事を紹介してもらいました。
ただし、ここは中国系の会社で、中国語、日本語、英語も若干使うそうです。
(ちなみに私のレベルは中検準2級で、英語は高校のとき英検2級をとったくらいのレベル。)
私の受付業務のイメージは、ずーとカウンターのところに座っていて、きちんと応対している姿です。正直いって、元気だけがとりえの私はあんな落ち着いた対応ムリかなー?と考えてますが、今回は中国語ができるからと紹介された次第です。

質問ですが、受付ってどんな仕事ですか?来客応対や電話応対くらいしか思いつかないのですが、ほかにも何かやるんですか?1日の業務や注意事項などを教えてください。あと、日本企業と外資系企業には何か違いってあるんでしょうか?
なんかわからないことだらけで、すみません。

Aベストアンサー

派遣会社で営業をしています。私の担当企業にも受付の仕事で派遣しているスタッフがいますが、そこの仕事は受付兼秘書、受付のカウンターがあるわけではなく、来客は会社の玄関から内線電話で来意を告げ、スタッフは電話をとって、担当者につなぎ、応接室への案内、お茶出し、その他役員のスケジュール管理、パソコンでの資料作成、出張のチケット、ホテルの手配等もしています。一言で受付といっても、会社によって形態がさまざまだと思いますので、事前に派遣会社の担当者に詳しく業務内容を確認されるようおすすめします。

Q大学を20代後半で卒業しても、新卒として就活しても就職出来るのでしょうか? 大企業などではなく普通の

大学を20代後半で卒業しても、新卒として就活しても就職出来るのでしょうか?
大企業などではなく普通の所で事務などの仕事です。
専門学校卒業よりかは、大学卒業の方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

何で、その年で大学に行こうと思っているの?こだわるの?ここが知りたい?
大学にも寄りますよ。それと専門分野でも。

何も目的無く、大学卒の肩書欲しさだけでは意味ありません。
肩書(学歴)よりも、実質ですよ。勝負は。

せっかく親が大学を卒業させてもらっておきながら、大卒でなくてもいいような職業で働いている人たくさんいますけど。

Q内需型企業と外需型企業では今後どちらがいいのでしょうか?

内需型企業と外需型企業では今後どちらがいいのでしょうか?


内需型企業(インフラなど)や外需型企業(自動車、電機など)のどちらにも行けるとしたら皆さまはどちらに行きますか?今後、40年働くとして・・・どちらも大手企業だとします。

Aベストアンサー

内需型企業(インフラなど)外需型企業(自動車、電機など)
という切り分け方をするのはちょっと疑問ですが・・


自動車、電機なども内需を重視していたものが
昨今の不景気で国内の個人消費が落ち込んだ
(構造型不況なので今後戻ることはないと思います。)
エコポイントも一時のものですし。

安価な中国製品、中国東南アジアインドの安い人件費で
国内雇用が落ち込んでおり一層国内需要を冷え込ませています。

そこで輸出はどうかというとトヨタは売れすぎて、
アメリカでバッシングにあっております。


インフラ系は落ち込むことはあってもなくなることはないでしょう。
また、日本の環境技術は世界に先んじていますので
海外での環境エンジニアリングでも大いに活かされるでしょう。

インフラは応募者多数で大変ですががんばってください。

Q新聞社の役職でキャップとかデスクとかどういう意味なんですか?

新聞社の役職でキャップとかデスクとかどういう意味なんですか?

Aベストアンサー

デスクとは、ある部(政治部、経済部、社会部など。課やグループの場合もある)の中で、一線で取材するのではなく、普通は社の中にいて、記者に取材の指示をしたり、記者が書いた原稿を手直ししたりして、整理部に原稿を出す仕事をする役割のことです。大抵は、その部の副部長が、その任に当たります。

キャップとは、一定の取材グループの中でのまとめ役を言います。例えば、警視庁記者クラブとか日銀記者クラブといった数人の記者がいるクラブの中で、取材を記者に指示したり、記事をまとめてデスクに上げたりする役割です。支局で言えば、一般には、支局長、支局次長(デスク)の下の記者連中の最年長記者(普通は都道府県庁担当)がキャップとなります。

Qブラック企業がなぜあるのか、どうしてうまれたんでしょうか? ブラック企業がもし日本から全部なくなって

ブラック企業がなぜあるのか、どうしてうまれたんでしょうか?
ブラック企業がもし日本から全部なくなってホワイト企業だけになったら日本はどうなりますかね?あり得ない話ですが、

Aベストアンサー

ブラック企業は昔からあったと思いますが、
今の堂々とまかり通っている現状は、私は色々な要因が重なった結果だと考えます。

バブルがはじけた後の就職氷河期で新卒学生の就職が超買い手有利な市場になってしまったこと、
デフレが継続、もしくは一時的な回復はあるもののデフレ傾向のまま経済状態が続いていること、
受け入れるルールが整備されないまま、企業の中で急激な競争・成果主義を推進した結果、企業の利益のみが優先されそのしわ寄せが労働者に来てしまったこと、
規制緩和政策で派遣労働が緩和されて色々な分野に広がってしまったこと、
その規制緩和で過当競争が生じてしまい労働者にしわ寄せが来てしまったこと、

バブル景気以前からの問題で、長い労働時間が美徳の風土があったこと、
労働組合活動は70年代から退潮傾向にあったものが、派遣労働・契約労働が常態化したことで機能しなくなったこと、

まだまだブラック企業の問題が多くなったのには、原因や要因がたくさんあると思います。
100%ブラック企業をなくすことは出来ないと思いますが、
ブラックが少なくなれば、普通の企業であれば経営者が仕事の目標を明確的確に示さないと生き残れない状況に陥るので、
経営者の力量が向上し逆に競争力が高まるようにも思います。

ブラック企業は昔からあったと思いますが、
今の堂々とまかり通っている現状は、私は色々な要因が重なった結果だと考えます。

バブルがはじけた後の就職氷河期で新卒学生の就職が超買い手有利な市場になってしまったこと、
デフレが継続、もしくは一時的な回復はあるもののデフレ傾向のまま経済状態が続いていること、
受け入れるルールが整備されないまま、企業の中で急激な競争・成果主義を推進した結果、企業の利益のみが優先されそのしわ寄せが労働者に来てしまったこと、
規制緩和政策で派遣労働が緩和され...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報