電子書籍の厳選無料作品が豊富!

コスタリカは軍隊を廃止した、ということを一例で紹介したところ、「コスタリカと日本は前提が異なり過ぎるほど異なっていることをご存知のうえでの印象操作でしょうか。それとも、まさかのまさか知らないのですか。」と威圧的な回答をされたのですが、この手の回答者は、そのくせに日本の自衛隊と他国の軍隊の前提が異なりすぎるほど異なっていることは無視するのでしょうか?


「コスタリカと日本は前提が違う」と主張するなら、「日本と諸外国は前提が違う」という主張も成立し得ます。それなのに、日本と諸外国の前提が違うことは無視し、「世界には軍隊があるのに日本に軍隊がないのはおかしい」というように自衛隊を軍隊にすべきだと主張するのは、あまりにも自己中心的な発想ではないでしょうか?

A 回答 (3件)

自己中というより、その人自体が「物事を知らない」「知識がない」という事だと思います。



>「日本と諸外国は前提が違う」
その通りで、コスタリカは陸上の国境を持つ国、日本は島国など違いは多々あります。それ以外の国でも「前提が同じ国」なんてありえないです。

逆に近似値としての類似性はコスタリカと自衛隊の両方にあります。
・軍隊はもっていない(自衛隊や国土守備隊はある)
・軍隊を持たない、と憲法に書いてある

これらを踏まえて議論すべきですが「印象操作」と言い切るのは、その人物の知的レベルが低いといえます。
    • good
    • 1

まっ先に地政学を学習して下さい!祖国防衛有るのみ!備え有れば憂いなし!油断大敵です!さもなくば、日本は、ウクライナになるぞ!国連は

、無能!核威嚇恫喝で無力、それよりはアメリカ合衆国が反対するとか、解らん事並びに、四の五の言うが、日本は、自前の核武装する時機ですよね!
    • good
    • 2

>あまりにも自己中心的な発想ではないでしょうか?



違います。
・コスタリカと日本は軍事的ニーズが異なっていること
・日本には軍隊がなく自衛隊がある
ことは矛盾していません。
自己中心的でもありません。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!