先日、平成10年型の中古車を購入しました。
以下長い文章が苦手なので、箇条書きにします。

・購入前に、車内のオーディオ本体を見たらCDチェン ジャーのスイッチが付いていた。

・購入者の私はチャンジャーが付いているものだと思っ ていた。

・オーディオに関しては、売主からの説明なし。また、 私は業者への確認をしていない。説明書きも無い。

・購入後、よくみたらスイッチが付いていただけで、そ れ自体が何処にもなかった。

・カーショップで新品のオーディオと取り替えようとし たら、車にアンプが増設されているため、配線の引き 直しが必要かもしれないと言われる。また、配線の状 況によってはアンプを丸ごと取り替えることが必要か もしれないとも言われる。引き直しには、非常に高い 工賃と長い時間がかかる。アンプを取り替えれば、さ らに費用がかかる。売主から事前に説明なし。

・オーディオ自体が純正のものでなく、同メーカーの古 い別車種のものであることが判明。その説明も売主か らは無い。

・カーショップ店員の見解として、増設されているアン プが有名メーカーであることから、もともと同メー  カーのオーディオか、カーナビが取り付けてあった可 能性が高く、売主自身で古いものと交換して、元々つ けてあったものを、別で売ってしまった可能性が高い とのこと。
 
以上のことから私としては、売主に工賃の負担と工事期間中に代車の用意か、代車費用の負担をして欲しいと考えています。費用の請求は正当であり、可能でしょうか? こういった問題に詳しい方に教えて頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



アンプが増設されていたために配線の引きなおしが必要ととなった場合、通常の工賃との差額(つまり余分にかかった費用)は請求できると思います。

また、CDチェンジャーのスイッチについては、普通スイッチがあれば、本体も有ると思うでしょうから、本体が無かったことの損害を請求できます(しかし、時価だから数千円無いでしょう。争わないほうが得かも)。


これに対し、オーディオが古いものであったこと、カーナビがついてたかもしれないこと、については何も請求できません。


これらの請求の根拠は「瑕疵担保責任」(カシタンポセキニン)と呼ばれるものです。普通に注意していて気が付かないような欠陥があったとき、損害賠償とかができますよ、というものです(民法570条、566条)。

配線の引き直しが必要かどうかは、素人には普通、気がつかない欠陥ですから、損害賠償できます。このとき、工賃の全額ではなく、その欠陥のために余分にかかる額だけ請求できるでしょう。

また、代車も場合によっては可能ですが、どこで借りるかにもよるでしょう。レンタカーは無理です。オートバックスみたいなところの代車なら、余分にかかった費用の1つとして請求可能です。


以上ですが、すんなりいくとは限りません。中古屋さんが「いや」と言ったら裁判になりますが、その費用や手間はおそるべしです。

できるだけ冷静に、いくら余分にかかったのかを紙に書いて請求してみてください。そのさい、条文も書くと効果的です。その交渉がすべてです。

某テレビ番組ふうに言うと、「あなたの請求が認められる可能性は、40%です」。中古屋さんの説得がカギでしょう。
    • good
    • 0

その請求は認められないでしょう。



説明をしなかったことについて、不満を持たれていますが、販売会社が自ずから説明をする義務はありません。

貴方が説明を求めたのに回答しないでそのまま後日になっているのであればそれは説明しなかった事に落ち度がありますが、実際はそういったことではないですよね?
貴方の解釈は貴方の都合の良いようにまとめられています。逆に不思議に思っても聞かなかった貴方に落ち度があります。
    • good
    • 0

専門家ではありませんが、その費用の請求は正当とは思えません。

仮にその請求をしても、支払ってくれる可能性はほとんどないと思えます。

客観的に見れば、オーディオについてなにも確認しないで買った中古車に関して、あとから自分の都合のいいように解釈して言いがかりをつけてお金を要求している。としか思えない行動です。

一つの意見として、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報