ミニテニスって結構面白いですね。

フラットで打てば、当然オーバーします。
それで最初はフワーっとしたボールを打つために、
面を上に向けて羽突きのようにして打っていました。

そのうちにトップスピンで打つことを覚えました。
でも、自分のフォームをビデオに撮ってみたらすごく変でした。

結局、面をフラットにして、ゆっくりなスイングで
回転を掛けるとボールが下に
飛んでいくので、すごく高い打点で打っていました。
打点が高いので、結果的にボールはネットに掛からず、
ちゃんとサービスエリア内に収まります。

普通の打ち方にフォームを変えようとして、
腰の高さ辺りでボールを打ってみましたが、今までの
スイングスピードではまったく駄目でした。

そこで、スイングスピードをメチャクチャ上げました。
もちろん、ボールが飛び過ぎず、しっかり回転を
掛ける為には、ラケットをまっすぐ上に振り上げる
必要がありました。
でも、残念ながら、ザッというトップスピン独特の
音が出て回転はしっかり掛かりますが、
想像の如くボールは斜め上には飛ばず、斜め下に落ちて
しまいます。

なかなか文章での説明は難しいと思いますが、
どうすればうまくトップスピンを掛けて、
ミニテニスをすることができるか教えてください。

ラケットの面はあくまでも、地面に対して垂直にスイング
するのでしょうか?

それとも、気持ち上向きでしょうか?
また、スイングスピードはボールを遠くに飛ばす必要

ないので、ゆったりという感じでよいのでしょうか?
また、なにか良い練習方法は有りますでしょうか?

ボールを自分で落として、こすり上げるスイングで
相手コートに入れる練習をすれば
トップスピンが打てるようになるのでしょうか?

なんでもいいのでアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ミニテニスでフォアをトップスピンで打てるようになるには


色んなアプローチがあります。
その一例として

VitaminBBさんは卓球の経験がありますか?
あればドライブ打ちをしたことがあると思います。
ミニテニスもそれに近いところがあります。
まずラケットを短めに持ち、卓球のドライブを打つような感じで
振ります。ティクバック時にはラケット面が斜め45度位下向きの
状態から面が徐々に起きてフラットになったところがインパクトで
最後のフィニッシュは前腕がロールしラケットは左上側になります。
卓球のスイングで打つとこんな感じとなると思いますが...

この一連のスイングで重要な事はラケットヘッドが右下から左上へ
大きな弧を描くようスイングすることです。

その為には
インパクトの50~60cm手前で肩を止める。
肩を支点にして肘、前腕及びラケットが一体化して、その先端の
ヘッドを加速させるのです。

剣の振り、野球のスイングでもヘッドを利かせる事がスイング
スピードがUPする要素なのです。

そういことからすると「く」の字を意識したミニラリー の
ムービーの解説と違ってしまいます。
私の考えでは上の打ちかたではナチュナルなスピンのかけ方だと
思います。積極的にスピンをかけるならヘッドを利かすスイング
ですね。ただタイミングがやや難しいので最初は短めに持った
方が取り組み易いでしょう。

トップスピンを打つには身体全体を使って打ちますが、解説が
長くなるのでスイング軌道だけにとどめておきます。

ラケットの握りによってバックスイングのラケット面が変化します。(手首は”く”に固定:相撲の張り手と同じようにして握る)

イースタンだと斜め45度下向き、フルウエスタンだと完全に下向き
セミウエスタンだと中間位です。

その状態からインパクトに向かって伏せた面が徐々に起きてきて
ラケット面が垂直になった付近がインパクトです。
そうしますとグリップの握りによってインパクトのポイントが違う
はずです。厚くなるほどネット寄り(前)になります。
その垂直になるポイントまで足を運び常にインパクトするよう
心がけます。
(注意:インパクト前では手首を固定し、その後は解放します。
 前腕をロールさせながら)
 (ロールの速さ=ボール回転に関連する)

上に書いた文の中にVitaminBBさんが色々お尋ねになっている
事のヒントがあるかも知れません。

いずれにしても
動きを言葉で説明するのは難しく、分りにくい文となってしまい
ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも回答ありがとうございます。

卓球はもちろんしたことありますよ。
今の打ち方がまさに高い打点からの卓球の打ち方のに似ています。

この打点を少しずつ下げていけば良いのかも。
色々試してみます。

お礼日時:2005/04/19 21:57

ラケットの持ち方を変えてみるのはどうでしょうか?



以前、私もトップスピンにあこがれていろんな方法を試しましたが、なかなか上手くいきませんでした。VitaminBBさんと同じようにスイングスピードを上げたり、フォロースルーを変えたり・・・(笑)
でも、あるときラケットの握り方を変えたら面白いようにスピンがかかりました。

地面に対し45度くらいに、少し寝かせるようにしてラケットを持って、スイングしてみてください。スピードは普通でいいと思います。振りぬき方向はラケットと同じ、地面に対して45度程度かな。
あとは、最後まで振りぬく!

上手くいくことを祈ってます(^-^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ようは、ウエスタンで握ったと言う事ですよね。

お礼日時:2005/04/22 06:57
  • テニス肘<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    テニス肘とはどんな障害か  テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害で、バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘があります。  どちらもボールがラケットに当たる時の衝撃が、手首を動かす筋肉の肘への付着部に繰り返し加わることによって、微小断裂や損傷を来し発生するものと考えられます。  前者...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミニテニスの狙いは何ですか?

硬式テニスの練習の1つにミニテニスがありますよね。
ミニテニスをするとどのようなメリットがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ミニテニスは重要な練習プログラムの一つだと思います。初心者からベテラン(上級者という言葉に抵抗感があるのです)まで目的は違えど積極的に取り入れてほしいと思います。

まず初心者やご年配の方、あるいはしばらくテニスから離れていた方がテニスを始める際など、ラインなど気にせず短い距離でボールを打ってもらいます。こうすることにより脳や筋肉や関節のウォーミングアップをすることができます。突然力いっぱいラケットを振るのではなく、ボールの当たる感触やグリップを確認しながら、とにかく弱い当たりで続けることに留意します(実際初心者にとっては難しいことです)。このとき会話をしながらというのも良いと思います。基本は楽しくやることです。もちろんバリバリのトーナメントプレイヤーでも練習はここから入るべきです。

一方、一通りの練習の中で取り入れる場合、特に球種も豊富に打てるレベルの方にはサービスラインをきっちり意識してもらい、スピンやバックスピンを多用したボールは山なりで緩いが回転を意識させた玉脚の短いストローク(非常に高度なテクニックです)、あるいは柔らかなタッチのアングルボレーやハーフボレー等の練習に使います。
これらは実際の試合などではなかなか使えない(つまり厳しい局面では打つ気になれない)ショットですが、例えば相手のドロップボレーに対するパッシングショット、あるいはファーストボレーで相手をコートからはじき出した次のオープンコートへの確実な決めボレー(といってもボールはやさしいドロップ気味のボレーでマッケンローが散々やっていました)として有効なショットとなり得ます。

つまりメリットとしては、

1.テニスのウォーミングアップとして万人が使うべき安全な練習法
2.ボールのスピードや回転をコントロールして多彩なショットが打てるプレイヤーの育成に効果がある高度な練習法

あたりが大きいでしょうか。
ミニテニスで7ポイントゲームをするのも息抜きに良いかもしれません。

ミニテニスは重要な練習プログラムの一つだと思います。初心者からベテラン(上級者という言葉に抵抗感があるのです)まで目的は違えど積極的に取り入れてほしいと思います。

まず初心者やご年配の方、あるいはしばらくテニスから離れていた方がテニスを始める際など、ラインなど気にせず短い距離でボールを打ってもらいます。こうすることにより脳や筋肉や関節のウォーミングアップをすることができます。突然力いっぱいラケットを振るのではなく、ボールの当たる感触やグリップを確認しながら、とにかく弱い...続きを読む

Qフォアハンドは力で打つかスイングスピードで打つか

ずっとフォアで悩んでました。
特にスクールに通いだして、コーチの勢いのない球出しのボールを打ち始めてから、ますます悩むようになりました。
いくらがんばって打ち込んでも、まったくパワーがボールにダイレクトに伝わる感じがしないのです。
球出しのボールはバウンドの高さも低いので、そのボールを相手コートに打ち込むのは至難の業でした。
力いっぱい打てばオーバーだし、下に打てばネットです。

そこで漸く分かったのですが、ボールは力で打つのではなく、スイングスピードで打つものなんじゃないかと。

実際に試してみたら、スイングスピードが有るのでしっかりとトップスピンが掛かります。また、ボールを力で打ち返してる感じはしないのですが、結果的にはかなりダイレクトにパワーが伝わり、鋭いボールがコートに突き刺さるように打てます。

昔からよく言われているボールを押す感じはまったくありません。また、本やテニス雑誌にしばしば書かれてるように、腕を伸ばしてボールに押しを加える感じもありません。単にスイングスピードでボールをはじき返す感じです。
手首を固定する感じもなければ、ラケットをしっかり握る感じもありません。

コーチ曰く、フェデラーなどがこうやって打ってるそうです。
みなさんはフォアをどうやって打ってますか?
どうして、フォアはスピードで打ち返すものだということが、本などに書かれていないのでしょうか?
それとも、私が何か大きな勘違いをしてるのでしょうか?
まあ、ラリーのような相手のボールに勢いがある場合は、スイングスピードがなくても打ち返せますが。

ずっとフォアで悩んでました。
特にスクールに通いだして、コーチの勢いのない球出しのボールを打ち始めてから、ますます悩むようになりました。
いくらがんばって打ち込んでも、まったくパワーがボールにダイレクトに伝わる感じがしないのです。
球出しのボールはバウンドの高さも低いので、そのボールを相手コートに打ち込むのは至難の業でした。
力いっぱい打てばオーバーだし、下に打てばネットです。

そこで漸く分かったのですが、ボールは力で打つのではなく、スイングスピードで打つものなんじゃな...続きを読む

Aベストアンサー

Vitaminさんの感覚が正しいものだと思います。

テニスのボールは力で打つものではありません。(当たる瞬間必要な最低の筋力はいりますがね)
前回も書きましたが脱力し打つ瞬間グリップを握る。表現は違いますがたぶん今感じている感覚がまさにそれに近いものだと思います。

30年近く前に紹介された技術が今ようやく
一般的な技術になってきましたね。

肘を伸ばして押すように打つこれはイースタングリップの時代の打ち方です。(面のぶれを少なくし回転をそれほど重視しない時代、ふらっとまたはスライスが中心となります)
現在のトップスピンを中心の打法はグリップはセミイースタンからウエスタンが適しています(トップスピンをかけやすい)また打点も高くなりますので当然肘は軽く曲がります。
スピンをかけるにはボールの反発よりラケットのヘッドスピードの方が早くないといけません。従ってスイングアークは当たってから小さくなります(押さないと言うことです)。
押していてはヘッドスピードが上がりません。(スケートの回転をみてるとわかりますが、ゆっくり回転するときは腕が伸びてますが回転が速くなるにつれ腕が体の近くに来ます。)

大昔、テニスの指導者として、日本のトップレベルの指導者達との交流でわかったことは、あまりにも世間で言われていることと違うと言うことです。(腰を落とせとか、膝を曲げろとか、ラケットを早く引いて待てとか)
彼らは自分の指導のノウハウは決して公開しません。
お互いに得るものがあるレベルのもの同士は今どうやっているか情報交換の形ではしますがね。

技術の進歩が遅い理由は日本独特の体育会系のつながりが一つの理由に挙げられます。
先輩から教わった事を否定し全く違うことを教えるのはかなり勇気がいるものです。
また、本なんかに書いてあるのは当たり障りのないことが多いです(私もかって大学の先生が出版したテニスの本の一部に参考意見を述べさせてもらいましたができあがったものをみると一番肝心な部分はカットされて当たり障りのない部分が採用されてましたね。)

Vitaminさんの感覚が正しいものだと思います。

テニスのボールは力で打つものではありません。(当たる瞬間必要な最低の筋力はいりますがね)
前回も書きましたが脱力し打つ瞬間グリップを握る。表現は違いますがたぶん今感じている感覚がまさにそれに近いものだと思います。

30年近く前に紹介された技術が今ようやく
一般的な技術になってきましたね。

肘を伸ばして押すように打つこれはイースタングリップの時代の打ち方です。(面のぶれを少なくし回転をそれほど重視しない時代、ふらっとまたはス...続きを読む

Qミニテニスでフォアをトップスピンで打てるようになりたいのです。

ミニテニスって結構面白いですね。

フラットで打てば、当然オーバーします。
それで最初はフワーっとしたボールを打つために、
面を上に向けて羽突きのようにして打っていました。

そのうちにトップスピンで打つことを覚えました。
でも、自分のフォームをビデオに撮ってみたらすごく変でした。

結局、面をフラットにして、ゆっくりなスイングで
回転を掛けるとボールが下に
飛んでいくので、すごく高い打点で打っていました。
打点が高いので、結果的にボールはネットに掛からず、
ちゃんとサービスエリア内に収まります。

普通の打ち方にフォームを変えようとして、
腰の高さ辺りでボールを打ってみましたが、今までの
スイングスピードではまったく駄目でした。

そこで、スイングスピードをメチャクチャ上げました。
もちろん、ボールが飛び過ぎず、しっかり回転を
掛ける為には、ラケットをまっすぐ上に振り上げる
必要がありました。
でも、残念ながら、ザッというトップスピン独特の
音が出て回転はしっかり掛かりますが、
想像の如くボールは斜め上には飛ばず、斜め下に落ちて
しまいます。

なかなか文章での説明は難しいと思いますが、
どうすればうまくトップスピンを掛けて、
ミニテニスをすることができるか教えてください。

ラケットの面はあくまでも、地面に対して垂直にスイング
するのでしょうか?

それとも、気持ち上向きでしょうか?
また、スイングスピードはボールを遠くに飛ばす必要

ないので、ゆったりという感じでよいのでしょうか?
また、なにか良い練習方法は有りますでしょうか?

ボールを自分で落として、こすり上げるスイングで
相手コートに入れる練習をすれば
トップスピンが打てるようになるのでしょうか?

なんでもいいのでアドバイスをお願いします。

ミニテニスって結構面白いですね。

フラットで打てば、当然オーバーします。
それで最初はフワーっとしたボールを打つために、
面を上に向けて羽突きのようにして打っていました。

そのうちにトップスピンで打つことを覚えました。
でも、自分のフォームをビデオに撮ってみたらすごく変でした。

結局、面をフラットにして、ゆっくりなスイングで
回転を掛けるとボールが下に
飛んでいくので、すごく高い打点で打っていました。
打点が高いので、結果的にボールはネットに掛からず、
ちゃんとサー...続きを読む

Aベストアンサー

ミニテニスでフォアをトップスピンで打てるようになるには
色んなアプローチがあります。
その一例として

VitaminBBさんは卓球の経験がありますか?
あればドライブ打ちをしたことがあると思います。
ミニテニスもそれに近いところがあります。
まずラケットを短めに持ち、卓球のドライブを打つような感じで
振ります。ティクバック時にはラケット面が斜め45度位下向きの
状態から面が徐々に起きてフラットになったところがインパクトで
最後のフィニッシュは前腕がロールしラケットは左上側になります。
卓球のスイングで打つとこんな感じとなると思いますが...

この一連のスイングで重要な事はラケットヘッドが右下から左上へ
大きな弧を描くようスイングすることです。

その為には
インパクトの50~60cm手前で肩を止める。
肩を支点にして肘、前腕及びラケットが一体化して、その先端の
ヘッドを加速させるのです。

剣の振り、野球のスイングでもヘッドを利かせる事がスイング
スピードがUPする要素なのです。

そういことからすると「く」の字を意識したミニラリー の
ムービーの解説と違ってしまいます。
私の考えでは上の打ちかたではナチュナルなスピンのかけ方だと
思います。積極的にスピンをかけるならヘッドを利かすスイング
ですね。ただタイミングがやや難しいので最初は短めに持った
方が取り組み易いでしょう。

トップスピンを打つには身体全体を使って打ちますが、解説が
長くなるのでスイング軌道だけにとどめておきます。

ラケットの握りによってバックスイングのラケット面が変化します。(手首は”く”に固定:相撲の張り手と同じようにして握る)

イースタンだと斜め45度下向き、フルウエスタンだと完全に下向き
セミウエスタンだと中間位です。

その状態からインパクトに向かって伏せた面が徐々に起きてきて
ラケット面が垂直になった付近がインパクトです。
そうしますとグリップの握りによってインパクトのポイントが違う
はずです。厚くなるほどネット寄り(前)になります。
その垂直になるポイントまで足を運び常にインパクトするよう
心がけます。
(注意:インパクト前では手首を固定し、その後は解放します。
 前腕をロールさせながら)
 (ロールの速さ=ボール回転に関連する)

上に書いた文の中にVitaminBBさんが色々お尋ねになっている
事のヒントがあるかも知れません。

いずれにしても
動きを言葉で説明するのは難しく、分りにくい文となってしまい
ました。

ミニテニスでフォアをトップスピンで打てるようになるには
色んなアプローチがあります。
その一例として

VitaminBBさんは卓球の経験がありますか?
あればドライブ打ちをしたことがあると思います。
ミニテニスもそれに近いところがあります。
まずラケットを短めに持ち、卓球のドライブを打つような感じで
振ります。ティクバック時にはラケット面が斜め45度位下向きの
状態から面が徐々に起きてフラットになったところがインパクトで
最後のフィニッシュは前腕がロールしラケットは左上側になります...続きを読む

Qトップスピンの掛かった強いボールを打つには?

ここ数ヶ月でかなり腕が上がった気がします。
ストロークでもトップスピンの掛かったボールが打てるようになりました。
ストロークの練習では、馬鹿みたいに力任せに打つのではなく、
大きくゆったりしたフォームでラリーを続けることが重要だと考えて
練習して来ました。

ところが最近、上級者の練習を見たところ、すごく力強いボールでラリーを
していました。
結局、力強いボールはスピードもさることながら、ものすごくトップスピンが
掛かっているのですね。

当たりそこねのスイングでも、ものすごい回転が掛かっているため、
バウンドが高く非常に返し辛いボールになっていました。

私も大分腕が上がったし、こういうボールを打ちたいと思って試してみたら
全然打てませんでした。

結局、力みすぎでフォームが乱れて、腕の振りが曲線的な動きから
直線的なつっぱった動きになり、ボールのスピードは上がっても、
回転が掛からないボールになった気がします。

コツというものは無いのでしょうが、どのようにすればトップスピンが
しっかり掛かった強いボールが打てるようになるのでしょうか?

ちなみに、腕力や筋力はかなりありません。
女性よりはあるとは思いますが。

確かに昔は自分も出来なかったけど、今は打てるようになったという方が
みえたら、ぜひ教えてください。

ここ数ヶ月でかなり腕が上がった気がします。
ストロークでもトップスピンの掛かったボールが打てるようになりました。
ストロークの練習では、馬鹿みたいに力任せに打つのではなく、
大きくゆったりしたフォームでラリーを続けることが重要だと考えて
練習して来ました。

ところが最近、上級者の練習を見たところ、すごく力強いボールでラリーを
していました。
結局、力強いボールはスピードもさることながら、ものすごくトップスピンが
掛かっているのですね。

当たりそこねのスイングでも、もの...続きを読む

Aベストアンサー

誰もが経験する道ですので心配は無用です。
私の場合も同じような経緯を辿り、現在に至っています。

中学生~高校生の頃は、「強いボールを打つ」=「力強くスイングする」だと思っていたために、速い球を打とうとすると、

力任せにスイングする→フォームが崩れる→当たり損ない→ミスショット

という悪循環。

さて、レベルが上がってくるとともに、しっかりスピンのかかった強いボールを安定して打てるようになりましたが、そのためには、

1.フォームを崩さずにボールを捕らえられるフットワーク
2.崩れにくいコンパクトなフォーム
3.力を効率よくボールに伝える(無駄のない)スイング
4.体全体を使ってボールを打つ「打ち方」
5.ミスをしにくいコース選択

こういったことを習得する必要があります。

1はとても重要なことで、ある意味で上級プレーヤーと初級~中級プレーヤーの一番の違いだと思います。球出しと違い、相手とラリーをする中で練習どおりのフォームでボールを打つためには、練習のときと同じような体勢でボールを迎えなければなりません。そのためには一にも二にもフットワークです。

次に重要なのが2のコンパクトなフォーム。上級者になればなるほど、どんな状況でボールを打っても体のバランス、体の軸が崩れません。これは1と3の複合的な結果であるとも言えます。

3の無駄のないスイングはコンパクトなフォームとほぼ同じ意味です。初~中級者の多くの人はハードヒットするときにフォーム自体を大きくしないと打つことができませんが、小さなスイングであっても、腰の回転や体重移動など、腕そのものの動きとは違う部分でパワーを調節できるようになれば、小さいスイングで効率よくパワーをボールに伝えることができるようになります。

4は3に書いたことの発展的な意味です。テイクバック~フォロースルーまでの「スイング」の部分はもちろん、ボールを追いかけるときの動きや、打ち終わった後の戻るときの動きなど、総合的な意味で「手打ちにならない」打ち方が大切です。

5はなかなか気付かない点ですが、状況(自分の体勢、相手の打ったボールの球種・スピード・高さ・コース、自分の立っている位置など)に応じて、どこを狙ってどの程度の強さ(速さ)でどういう回転をかければミスをしにくいかを体が覚えているのが良いストローカーです。


練習を積んで「できなかったこと」ができるようになってくればくるほど、様々な要素がテニスには必要であることに気付くはずです。筋力や腕力はまったく必要ないとは言いませんが、上級プレーヤーにとって必要な数ある要素のうちのごくごく一部に過ぎません。広い視野と柔軟な考えを持って、地道に練習に望むことが上達への一番の近道です。

誰もが経験する道ですので心配は無用です。
私の場合も同じような経緯を辿り、現在に至っています。

中学生~高校生の頃は、「強いボールを打つ」=「力強くスイングする」だと思っていたために、速い球を打とうとすると、

力任せにスイングする→フォームが崩れる→当たり損ない→ミスショット

という悪循環。

さて、レベルが上がってくるとともに、しっかりスピンのかかった強いボールを安定して打てるようになりましたが、そのためには、

1.フォームを崩さずにボールを捕らえられるフットワーク...続きを読む

Q宮崎空港線について

特急料金のいらない宮崎~宮崎空港間で、宮崎駅から南宮崎駅までの切符を買い宮崎空港駅まで乗って改札を出ずに南宮崎駅まで戻り降りるということは可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

宮崎→宮崎空港→南宮崎を切符を買って移動する場合、
宮崎→宮崎空港 と 宮崎空港→南宮崎 の運賃が必要です。

これは南宮崎~宮崎空港間で同じ路線を往復で利用するからです。例え、宮崎空港駅で改札を出ないとしても上記運賃が必要です。

宮崎空港駅で改札を出て買い直すのが一番ですが、時間の都合などで改札を出ない場合は宮崎駅のみどりの窓口で 宮崎→宮崎空港→南宮崎 の乗車券(連続乗車券といいます)を購入するか、宮崎空港までの乗車券を買って宮崎空港からの帰りの車内または南宮崎駅で宮崎空港→南宮崎の運賃を払う(精算する)ようにしてください。

宮崎空港で降りずに戻ってくることは可能ですが、運賃の精算は絶対に必要です。精算をせずに南宮崎駅で降りると不正乗車となりますのでご注意ください。これは乗車するのが特急列車でも普通列車でも同じです。何に乗るにせよ上記運賃を払う必要があります。

Qテニスの高い打点になる球にスピンのかけ方て

テニス初心者です。
打点の高い球にスピンがかけられず悩んでます。打点の低い球は持ち上げる形でスピンがかけられるのですが、打点の高い球はどのようにすればスピンがかかるのか教えてください。

Aベストアンサー

スピンの基本はあなたが打点の低いところでされている下から上に持ち上げる形となります。ですから高いところでも下から上にラケットをブラッシュアップできるように練習されれば良い訳でありますが。フォアハンドの場合は八角形のグリップの3時から6時のところに人差し指の関節を当てるセミウエスタンか思い切って6時のところに当てるウエスタングリップを使用するといいでしょう。グランドスマッシュになるような高いところとなるとスピンサーブのイメージですね。これもラケットを下から上にブラッシュアップして高いところに持ち上げるイメージでラケットとボールをこすり上げてください。

Q宮崎空港

宮崎刑務所は宮崎空港からどのように行けば良いですか。
日帰りは厳しいのでツアーを申し込んでセントレアから宮崎空港の近くで泊まろうと考えています。
自由行動のツアーで宮崎刑務所に行くには宮崎空港の近くのホテルに泊まった方が良いですか。
宮崎空港から刑務所まで時間はどれぐらいですか。交通機関はありますか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

場所
http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/KEIMUSAGYO/sagyo/sisetu_miyazaki.html
宮崎市街から、かなり山の方に行ったところにあります。遠いです。

バスは、あやめ号が月水金のみの運行 一日3本。
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1239946340478/index.html
これさえ予定が合えば、宮交シティ(宮崎空港からバスで15分ぐらい)から、2-03 のバスに乗って、組合下 下車で乗り継ぎ。
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/20101.html

実際使えるのは、組合下10:43→刑務所10:57 、 刑務所14:08→組合下14:20 のパターンのみでしょうか。 

月水金に行けないなら、タクシー利用となりますが、宮崎駅からタクシーを使ったとすると、片道4500円ぐらいとなります。

手段としては、
・宿泊せずに、宮崎駅からタクシー往復利用の日帰り
・月水金の前日に宮崎で一泊してから、2日目にバス乗り継ぎで刑務所に行って、飛行機で帰る
の、どちらかかと思います。

場所
http://www.moj.go.jp/KYOUSEI/KEIMUSAGYO/sagyo/sisetu_miyazaki.html
宮崎市街から、かなり山の方に行ったところにあります。遠いです。

バスは、あやめ号が月水金のみの運行 一日3本。
http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/www/contents/1239946340478/index.html
これさえ予定が合えば、宮交シティ(宮崎空港からバスで15分ぐらい)から、2-03 のバスに乗って、組合下 下車で乗り継ぎ。
http://www.miyakoh.co.jp/bus/rosen/20101.html

実際使えるのは、組合下10:43→刑務所10:57 、 刑務所14...続きを読む

Qソフトテニスについてです。 スイートポイントでボールを打つにはボールを最後まで見ないといけないと本に

ソフトテニスについてです。
スイートポイントでボールを打つにはボールを最後まで見ないといけないと本に書いてありました。それだと相手がポーチボレー出るか出ないかは見て対応するのではなく予測して対応するのですか?

Aベストアンサー

相手前衛との駆け引きの問題ですが、「駆け引き」ですから正解はありません。

前衛がポーチに出る場合、相手後衛がコートのどの場所で打つか、打つコースの癖、打つリズム、フォーム自体の癖、クロスとストレートのスタンスの違い、現在のカウント、自分の存在を相手後衛にイメージさせておきたい、というようなことが考えられます。

また、ポーチの動き出しのタイミングとしては、相手後衛のショットのスピードと自分の動くスピードが大きく関係します。

相手前衛がまったく動かない前衛であれば何の問題もないのですが、動いてくる前衛であれば、自分のショットと、相手前衛のポジション、動き出しのタイミングとの兼ね合いになってきます。

このとき、相手前衛を意識してしまうと、スイートポイントを外してしまって正確なショットが打てなくなり、ミスしてしまったりコースが甘くなって簡単にポーチされたりするのです。

問題なのは、自分が狙ったコースに打てたのかどうかです。
自分としてはキチンと狙ったコースにしっかり打てたのにポーチされたのであれば、その時考えれば良いことなのです。

前衛とすれば、1本ポーチを決めると、「次は外してくるのではないか」と考えますから。

いつでも同じフォームで同じタイミングで同じコースへ打っていれば、相手前衛とすればとても読みやすいということになりますが、そうでなければ、そこからが駆け引きとしての勝負なのですね。
この時点で、「出るか出ないかは見て対応」とか「予測して対応」という問題ではなくなるのです。

自分が狙ったコースにどれだけ正確に打てるか、それをポーチできるか、の問題になります。

ただ、相手後衛のショットの厳しさの問題がありますから、いつでも狙ったコースに打てるとは限りません。
その時は、どのようにして繋ぎや逃げのショットを打っておくか、という別の問題も発生しますが。

まあ、自分の前衛を活かすことを考えると、いつも相手前衛をかわすショットばかりを打っているわけにはいきませんから、相手前衛を意識することなく、自分が決めたコースにキッチリ打つことが必要になるのです。

自分が決めたコースにキッチリ打つためには、相手前衛を意識することなくボールに集中することが重要になるのです。

相手前衛との駆け引きの問題ですが、「駆け引き」ですから正解はありません。

前衛がポーチに出る場合、相手後衛がコートのどの場所で打つか、打つコースの癖、打つリズム、フォーム自体の癖、クロスとストレートのスタンスの違い、現在のカウント、自分の存在を相手後衛にイメージさせておきたい、というようなことが考えられます。

また、ポーチの動き出しのタイミングとしては、相手後衛のショットのスピードと自分の動くスピードが大きく関係します。

相手前衛がまったく動かない前衛であれば何の問題もな...続きを読む

Q宮崎県に関する率直な意見、求めます。

宮崎県の住民です。
半年前の東国原知事就任で宮崎県の全国的な知名度は少なからず上昇したとは思いますが(何せそれまでは、宮城県と一緒くたにされていたような有様でしたから……)、それから半年が経った今、県外の人たちは宮崎県に対してどういう印象を抱いているのでしょうか。
もしよろしければ、下記の質問に答えていただきたく思います。(県外の方向けですが、宮崎県民の回答も大歓迎です)

(1)宮崎県と聞いて真っ先に思い浮かぶのは何でしょうか?
(2)宮崎県に行ってみたい(来てもらいたい)と思いますか? 行ったことのある方は、回数も教えてもらえたら嬉しいです。
(3)宮崎県名物で食べてみたい(食べてもらいたい)食べ物は何ですか?
(4)宮崎県に行ったとしたら、どこか行ってみたい(行ってもらいたい)ところはありますか?
(5)宮崎県のお土産として買っていきたいものは何でしょうか?
(6)ここをこうしたら、宮崎県はもっと良くなるのではないかという意見がありましたら、ぜひ書いていただきたく思います。

今は東国原知事のおかげで注目を浴びている宮崎県ですが、本当に宮崎県を「どげんかする(どうにかする)」べきなのは宮崎県民である自分たちなので、宮崎をよくするための力を貸していただきたく思います。

宮崎県の住民です。
半年前の東国原知事就任で宮崎県の全国的な知名度は少なからず上昇したとは思いますが(何せそれまでは、宮城県と一緒くたにされていたような有様でしたから……)、それから半年が経った今、県外の人たちは宮崎県に対してどういう印象を抱いているのでしょうか。
もしよろしければ、下記の質問に答えていただきたく思います。(県外の方向けですが、宮崎県民の回答も大歓迎です)

(1)宮崎県と聞いて真っ先に思い浮かぶのは何でしょうか?
(2)宮崎県に行ってみたい(来てもらいたい...続きを読む

Aベストアンサー

(1)(九州内で)陸の孤島。高速道路などの整備が遅れている。おまけに県内のアクセスがものすごく不便ですよね。こっちのほうが大問題かも。少し山間部になると天草よりも不便に感じます。鉄道やバスでは時間がかかりすぎて仕事にも旅行にも使いにくい。お金をかけて高速はすぐに無理でも10号線をもう少し走りやすく。一ツ葉有料道路とか、何のためにつくったんだか。距離が中途半端ですよね。
(2)仕事で毎月何度も行っていましたので、何回か不明
(3)牡蠣や魚が美味しい。知事も水産加工品のアピールはあまりしていないですね。世間に広く売りに出せるような商品の開発も必要かも。博多明太子みたいなものを作っていくには少し時間がかかるとは思いますが。時間がかかることこそ、官主導で取り組んで欲しいです。
(4)高千穂。
たくさん人が訪れるようになって高千穂鉄道が復活してくれたら。復活は無理でも何かしら歴史が残せないかと思います。宿泊施設などが高いし少ないのが難点ですが、旅行で行く人が増えれば、改善していかないかなあ。
(5)リピートで買っていたのが都城の緑茶。日向夏。高千穂のかぼす果汁。
(6)良くも悪くも、本当にのんきでなあなあだなあ~と。
県庁職員や県議会について厳しい意見も出ているようですが、たぶん悪気のある人はいないと思う。でも危機感が薄いのと他県から見たら「ものぐさ」「なまけもの」の雰囲気があるので、きっと口火を切って改革しようとする人がずっといなかったのでしょう。欲が無いのは良いことだけど、少しでも県の将来に影響がある人たちには、自らを律する厳しさをもっともっと持って欲しいです。東国原知事になっていろんな問題提起はあるけど、本当に変わっていくのかどうか。マスコミの作ったブームと知事の問題提起で一時だけ盛り上がってあとは尻すぼみになりそう~。個人的な印象で申し訳ないのですが、ひとつところでひとつのことに継続して努力するのが苦手な県民性?かしらと思う。知事も一期やって国政に転身とか考えていそうで。九州のほかの県より年配の男性でも言葉や人当たりが良く、優しく、女性の身には訪れて心地よい土地ではありますけど。豊かでおっとりした昔懐かしい普通の田舎の良さを生かして頑張って欲しい。北海道での食品関係の不祥事が相次いでいる今、純粋・素朴イメージは貴重な財産になると思います。

(1)(九州内で)陸の孤島。高速道路などの整備が遅れている。おまけに県内のアクセスがものすごく不便ですよね。こっちのほうが大問題かも。少し山間部になると天草よりも不便に感じます。鉄道やバスでは時間がかかりすぎて仕事にも旅行にも使いにくい。お金をかけて高速はすぐに無理でも10号線をもう少し走りやすく。一ツ葉有料道路とか、何のためにつくったんだか。距離が中途半端ですよね。
(2)仕事で毎月何度も行っていましたので、何回か不明
(3)牡蠣や魚が美味しい。知事も水産加工品のアピー...続きを読む

Qフォアハンドで高い打点で打つときのフォーム

バックハンドの両手打ちの場合、高い打点で打つときは
ラケットヘッドが手首より上にくると思います。

一方、シングルのフォアハンドの場合は、通常の打点の時も
高い打点の時も必ずと言って良いくらい、ラケットヘッドが
手首より下になっている写真ばかり見かけます。
(有っても水平くらいまで)

フォアで高い打点で打つときに、ラケットを手首より上に
上げて打つことは難しいのでしょうか?

ちなみに私はフォアも両手打ちです。

何年か前にインターネットで見かけたのですが、フォアも
ラケットを立てて打つのが、最新式みたいなことが書いてましたが、
今もそんな人はほとんど見かけません。
打つのが、

Aベストアンサー

BBさん、お久しぶりです。 大分研究熱心な方で、案外私より
詳しくなっておられるのかもしれませんね。 

【質問:インパクト直後のラケット面が地面と平行になるのは?】
の回答(No4,5)は『若干冗談』を込めて投稿したのですが、好意的
に理解して戴いた様で、ありがとうございました。 裏拳は遊び
範囲で打ってみる程度と思います。 正解は回答1だと考えます。
 グリップはフォアイースタン気味のコンチネンタルだと思いま
す。 このグリップで回答1の様に打っていると考えます。

 それはさておき、さて本質問ですが

まず、野球のバットスイングに例えて考えてみれば分かりやすい
と思います。 テイクバック時の構えは通常バットを立て気味に
します。 ここから
【低めを打つ】時は、
   そのまま手首位置を脇下へ下げながら、バットヘッドを下
   へ落とすに様して、ボールにバットヘッド(←ボールを打つ
   ポイント)を合わせます 詳細は略します、さて本題。


【高めを打つ】時ですが、
   手首を肩位置にて、バットをそのまま寝かせます。 する
   とバットヘッドが下がります。 この結果、バットは地面
   と水平か、又は手首位置の方が高くなります。
    このまま腰を回転させると、(手首)より高い位置に来
   たボールをバットヘッドで捕らえる事ができます。 腰を
   回転させた結果としてボールを捕らえる位置は体より前に
   なるでしょう。 この時はさらに手首より高い位置のボー
   ルもバットヘッドで捕らえることもできます。

   テニスラケットのグリップを両手で持ち(厚めウェスタン)
   、上記までを実際に試し確認して下さい。


   テニスの場合、構えはコンチ → フォア・テイクバックで
   イースタン・グリップ → 打点高めと判断した段階(テイク
   バック状態)でウェスタン・グリップに片手チェンジします。
   これができないと高めに浮いたボールを体の前で打てません。

   もちろんこのうち方で、頭より、さらに手首より高い位置の
   ボールをたたき落とすことができます。 実際軟式では、
   姿勢を低くしてわざと高い位置で打つ人もいます。
 
   構えは、軸足を前にし、(反対側の)肩を入れます。 ここ
   から前足を振り出してからボールに向かって腰を回転させま
   す。 片手グリップチェンジが若干狂ったとします。 この
   場合でも、グリップを指側(薬指中心)に持ち、肩腕に力を入
   れず、ラケット面をボールに合わせる様に振り、さらに面を
   ボールにぶつける瞬間に握力をかけます。


   【 これがフォアハンド高め打ちの基本です 】

    現代テニスでも古い方法では無いと思います。 私は中高
   時代軟式でしたから、硬式変更して、いきなり上記で打てて
   ます。 
   正確・微妙なグリップ感覚も必要です。 これもテニスの基本



『ちなみに私はフォアも両手打ちです』
   それも良いのですが、まず上記の【高め打ちの基本】をしっか
   り身に着けた方がプレーの幅ができます。

   特に相手のボールが浅い位置で高めに浮いた場合を逃さず、

   決定打を打てます。 両手で高め打ちをするとチャンスを逃が
   す場合があるのではないでしょうか?


疑問がありましたら、又(お礼覧で)御質問下さい。

BBさん、お久しぶりです。 大分研究熱心な方で、案外私より
詳しくなっておられるのかもしれませんね。 

【質問:インパクト直後のラケット面が地面と平行になるのは?】
の回答(No4,5)は『若干冗談』を込めて投稿したのですが、好意的
に理解して戴いた様で、ありがとうございました。 裏拳は遊び
範囲で打ってみる程度と思います。 正解は回答1だと考えます。
 グリップはフォアイースタン気味のコンチネンタルだと思いま
す。 このグリップで回答1の様に打っていると考えます。

 それはさ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報