【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

室内で育てているゴムの木ですが、
写真のように葉の端から黒くなり落ちます。
新芽も後ろに反り返ったままで綺麗に育ちません。
古い葉はしわしわの物が多い気がします。
病気でしょうか?
どうしたら綺麗に育ちますか?

水やりは土の表面が乾いてから底から水が出てくるまであげています。出てきた水は捨ててます。
冬の間は大体2週間に1回、今は週に1回程度です。
葉水もほぼ毎日あげています。
ベランダ近くのカーテン越しに光が届く位置に置いています。

「ゴムの木について」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 水やりのタイミングは大体です。
    決めている訳ではなく土が乾いたらあげていました。その間隔が大体そのぐらいということです。
    個人の感覚としてはちょっと間隔が長いかなと心配するぐらいでした。
    初心者のため土の乾きを判断するのが難しく、最近では土壌水分計を挿して判断しています。
    また、冬は週2回ではなく2週間に1回と記載しています。
    月1回ぐらいの時もありました。
    葉水に関してはネットで毎日あげてもいいと書いてあったのを鵜呑みにしていたので、頻度を考え直そうと思います。
    肥料はあげたことないです。
    カーテンはレースカーテン越しなのですが、レースカーテンもない方がいいのでしょうか?
    私も根に異常があると思うのですが、半年前に購入した時に植え替えをしてもらったばかりです。
    植え替えをせず復活することはあるのでしょうか?
    茶色くなった葉は全て切った方がいいでしょうか?
    改めてよろしくお願いいたします。

      補足日時:2023/05/28 13:48

A 回答 (7件)

再回答です。

おそらく柏葉ゴムかと思います。通常のゴムと比べ葉が薄いので、エアコン等の風が対流してる部屋では保水力が不足します。これからの時期、外に出し頭から水をタップリ与えて下さい。25℃以上あれば活動も活発なので根腐れの心配はありません。肥料もこれから与えて下さい。暖かい時期に冬を越す為の準備です。肥料は液体肥料とマグアンプ等の固形肥料を併用します。冬場の管理について、室内温度が18℃以上ある場合、水を与える必要があります。この時、注意しなければならないのは与える水の温度です。最低でも18℃は確保して下さい。葉水について、エアコン等の風が対流してる場合、葉水は裏にします。
    • good
    • 0

補足を見ました。

変色した葉は戻らないのでカットして下さい。ゴムは切り口から白い粘液(ゴムの元)が出ますが、気にしなくても大丈夫です。エアコン、扇風機、温風暖房等、人口の風が循環してる部屋等では葉水はNGです。画像で見る感じでは葉水の水気が蒸発する時に葉の水分も蒸発してるように見えます。水やりの間隔と量を考慮すると根腐れではないと思います。根腐れがあるとしたら、使ってる土に問題があります。
総合的に判断して、水の量が少ないと思います。水を与える時、鉢の底から流れるくらい与えなくては絶対量が足りません。
    • good
    • 0

大体では駄目です。

前にも書きましたが、必ず水遣りの前には自分
の指先で湿り気を確かめましょう。それが無理なら市販されている
バーベキュー用の長い竹串を鉢底まで差し込み、定期的に抜いて竹
串を指で触り、湿っていれば与えませんし乾いていれば与えるよう
にします。自分は竹串湿り確認法と勝手に命名しています。
再び挿す時は未使用の竹串を挿します。

土壌水分計は不要です。それより上記に書いた確認方法を実行した
方が安上がりで確実です。

記載はネットでしょうか。ネットに書かれている事は全て正しいと
は言えません。実際に実行している人の意見の方が確実です。
ネットに書いた人は、葉水の意味さえ知っていないんです。知って
いたら葉水を毎日する事はしません。

人間でも生きるためには養分が必要です。ゴムの木も生きています
ので、根出しや芽出しでも相当の体力が必要ですので、決められた
時期には忘れずに与える必要があります。
肥料は4~9月の間に、2ヶ月に1回で緩効性化成肥料マグアンプ
Kを鉢土の上にばら撒き置き肥します。

植替えをしないと根の状態は分りません。だって鉢の中で根がどの
ようになっているか見えないでしょ。それを確認する意味でも植え
替えは必要と言う事です。また土は永久使用が出来ません。
人間でも同じですが、万年床で過ごせますか。
半年前に植替えをして貰ったようですが、でもそれで状態が良い訳
ではありませんから、やはり根を確認する為に植替えを実施して貰
えますか。ちなみに人任せでは駄目です。自分で植替えをするよう
にしませんか。それであれば土管理も水管理も間違いなく出来ると
思います。方法が分からなければ教えますよ。

葉は切らないで下さい。切ると光合成が作れなくなり衰退する恐れ
があります。時期的は可能ですから、思い切って植替えをしません
か。これはゴムの木を元気にさせる方法になります。

ゴムの木は亜熱帯から温帯地域に広く分布しています。自生地では
常に太陽光線がサンサンと当たっていますので、常に強い光線に当
てる必要があります。レースのカーテン越しだと光線量は半分以下
になり光線不足になります。ただし前にも書きましたが、レースの
カーテン越しで管理をするのは真夏だけです。
    • good
    • 0

勘違いが多過ぎます。



まず水遣りですが、土の表面が乾けば鉢底から水が流れ出るまで
与えるのは正しいです。また鉢皿に溜まった水も直ぐに捨てるの
も正しいです。間違いは冬の間に週2回与えている事です。今は
週に1回と書かれてますが、基本は冬場は水遣りを控えて乾かし
気味に管理をします。もし週に2回も水遣りをされるなら、24
時間の室温は最低でも15度は必要です。24時間も15度以上
を維持させる事は不可能じゃありませんか。就寝時に暖房は止め
られるはずですから、そうなると早朝には裸足では立っていられ
ない程に寒いはずです。またどうして週に2回なのですか。
それって土の乾きを確認していないと同じになります。確認する
時は目視ではなく、必ず土を触って確認すべきです。また今も同
じで、週に1回と書かれてますが、土を触っていないから週に1
回と決めてしまうんです。冬に週2回とか、冬以外は週1回とは
決めない事です。

葉水を毎日?。葉水をする意味を知っていますか。葉水は湿度を
高めて葉の乾燥から守るために行う作業です。湿度が足りている
のに葉水をしてしまうと、葉枯れを起こす恐れもあります。
夏場はエアコンで冷気が当たり、除湿で湿度不足になりがちです
よね。冬場は暖房器具により湿度不足になりがちですよね。葉水
をするのは主に夏場と冬場だけです。それ以外の時期は行いませ
ん。これも勘違いをされているようです。

カーテン越しでは光線不足になります。ゴムの木は強い光線を好
むので、秋から春はガラス越し(カーテン越しでは無い)で直射
日光が当たる場所に置きます。ただし真夏だけは葉や毛を起こし
ますので、真夏だけはレースのカーテン越しに置きましょう。

葉がシワシワになるのは、根が傷んでいる可能性があります。
植替えは2年毎に5月中旬から9月中旬の間に行います。葉が痛
むと水分も養分も葉に供給出来ませんから、どうしてもシワシワ
になってしまいます。
画像を見るとシワシワだけでなく葉先が下に向いています。
これだけでも根に異常が出ていると判断は出来ます。
葉の縁が枯れかかっていますが、これは病気ではありません。
根に異常が出ているからこのようになるんです。

とにかく置き場所、水遣り、葉水等を改善しましょう。
    • good
    • 0

これまでの水やりの間隔、水の量、肥料等の有無、エアコンの風に直接又は間接的に当たってるか等の途中経過をお願いします。

    • good
    • 0

引き抜いて根が黒かったら、やられとりますね

    • good
    • 0

死にそうです、原因は分かりません、多分根腐れかな

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!