(高校1年でまだ習い始めたばかりなので、解くポイントを教えてください。)

『「生ひたる」の基本形と活用の種類、この場合の活用形を答えよ。』
という問題です。

答えで、基本形は「生ふ」、活用形は「連用形」というのは納得出来るんですが、活用の種類が「ハ行上二段活用」というのがどうも納得いきません。

ハ行上二段活用なので
「生ひ(ず)」「生ひ(たり)」「生ふ」「生ふる(時)」「生ふれ(ども)」「生ひよ」
が正しい答えなのだろうと思うのですが、

ハ行四段活用と考えて
「生は(ず)」「生ひ(たり)」「生ふ」「生ふ(時)」「生へ(ども)」「生へ」
でも成り立つ気がしてしまいます。(私の勝手な思いこみですが・・)

この問題集の答えの解説を見ると『一見四段活用のように見えるが、下に「ず」をつけて「生ひず」とするとイ段音になることから上二段と判断できる。』

とあるのですが、そこで「生はず」じゃダメなの?って気分になってしまいます。

一体、どうしたらしっかりと判断できるのでしょうか?何か判断するポイントがあれば教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

古文の場合,「気がする」のような感覚的な判断はしない方がいいと思います。

特に,「生ふ」のように,現代文では用いられないような単語の場合は。
上二段活用は現代文にはありません。
現代文の上一段活用は,一部は古文でも上一段で,一部は古文では上二段です。
「見る」は前者の例で,
古:み み みる みる みれ みよ
現:み み みる みる みれ みよ(みろ)
「過ぐ」は後者の例で,
古:す+ ぎ ぎ ぐ  ぐる ぐれ ぎよ
現:す+ ぎ ぎ ぎる ぎる ぎれ ぎよ(ぎろ)
下二段の場合,現代文の下一段はすべて古文では下二段です。古文で唯一,下一段とされる「ける」は現代文では五段活用になります。
このような理解はしていくべきですが,現代文では用いられないような単語は,辞典でしっかりと活用を確認していくべきだと思います。
われわれは,「書か(ない),書き(ます)」だから「書く」は五段活用だ,と考えますよね。先に「書かない」という形が出てくるわけです。でも外国人に日本語を教えるときには,「書く」は「カ行五段活用だ」とまず覚えさせて,「ない」につなげるときは,未然形で「書か」になるから,「書かない」ということになる,と考えさせるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体例を用いて説明していただき、本当にわかりやすいです。
現代文の上一段活用の場合・・
「着る・似る・煮る・干る・見る・射る・鋳る・居る・率る」が古文でも上一段活用で、他のは全て上二段活用となる。
現代文の下一段活用は古文では全て下二段活用となる。古文で唯一の下一段活用は「蹴る」しかない。
  ということですよね・・!?
この点を注意してまた、辞書を用いながら、この先も学習していきたいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 17:53

そうですね。

専門家でもないかぎり迷いますよね。

紛らわしい動詞には「ズ」をつけて判断せよ、と習いましたよね。それもわかってらしゃるようですし。

動詞の活用形などの判断には

活用形をおぼえる。
数の少ない活用の動詞を覚える。
助動詞、助詞などからのアプローチ。

などがありますが、それらを用いてもわからないものは、覚えてしまうのがいいのではないかと思います。
この問いには助動詞からアプローチしましたよね。

学校でもらった文法書などにも
「紛らわしい動詞」などの欄があると思いますが、それを使って覚えてください。
私の使った本には「生ふ」はのってませんでした。

その都度覚えるのがいいんだと思います。

判断のポイントはつかめていると思いますので、あとは知らなかったものを覚えるのがいいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(「迷う」って気持ちを分かって頂けて少し嬉しい・・デスo(^▽^)o (ぇ))

参考書に「紛らわしい語の識別一覧」というのがあったので(私のも生うは載っていませんが。)、それと辞書を使いながら、その都度覚えていきたいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 18:08

そこまで、細かく覚える必要は内容に思いますが・・


そこまで、たくさん、品詞分解して何形か答えろっていう問題はないですからね。
しかも、文中から大体は推測できますので(この場合もわかる)そこまで気にする必要はないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「細かく覚える必要はないように思いますが・・」と言われて少し安心しました。私はいちよう進学校なのですが、みんな本当頭が良く・・、「私だけ、全然理解出来てないじゃん!!!涙」という気持ちになることが多々あります。なので、こう言われると、みんなそんなモンなんかな・・と思えて、気が楽になりました。これから先そこまで神経質にならずに問題を解いていくようにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 17:46

「生ふ(おふ)」の未然形が「生はず」なのか「生ひず」なのか、辞書で見るしかないでしょう。

辞書は膨大な文献を元に、書き間違いなどを除外して一般的なものを集めたものなので、ひとまずは(古文入門段階では)信用しましょう。
私は一般人としては古典をよく読むほうだと思いますが、「生はず」は見聞きしたことがありません。質問者さんが「「生はず」じゃダメなの?」と感じるのは、もしかすると「負ふ」(四段活用)→「負はず」との混同があるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ、古典を読む習慣がないので「生はず」という言葉は使わない。という事が判断出来ませんでした。確かに、「負はず」と混同していたという面もあったかもしれません。
これからは、もっと辞書をどんどん使って一つ一つの語句を確実に覚えていきたいです。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 01:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古今著聞集に収録されている【塞翁が馬】現代語訳

色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした;
意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv*

唐土に北叟といふ爺ありけり。かしこく強き馬をなんもちたりける。これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。
あやしと思ふほどに、この馬、同じさまなる馬を、あまた具して来にけり。いとありがたきことなれば、親しき疎き、喜びを言ふ。かかれど、また、「喜ばず。」と言ひて、これも驚く気色なし。
かくて、この馬あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、爺が子。今出で来たる馬に乗りて、落ちて、右の腕を突き折りて、聞く人、また驚き訪ふにも、なほ、「悔いず。」と言ひて、気色変はらず。
さるほどに、きはかに国に戦起こりて、兵を集められけるに、国の内にさもある者、残りなく戦に出でて、皆死にけり。この爺が子、この中に洩れにければ、片手は折れども、命は全かりけり。これ、かしこき例に言ひ伝へたり。唐土のことなれども、いささかこれを記せり。

色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした;
意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv*

唐土に北叟といふ爺ありけり。かしこく強き馬をなんもちたりける。これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。
あやしと思ふほどに、この馬、同...続きを読む

Aベストアンサー

ズバリ、回答そのものです。「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。本文の訳は以下の通り。

唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。それを聞いた人は、お爺さんがどれほど嘆いているだろうと思って訪ねていってみると、お爺さんは「惜しくはないよ」とばかり言って、少しも嘆いていなかった。不思議だなぁと思っていると、この馬が同じような立派な馬をたくさん連れて戻って来た。たいそう珍しくありがたいことなので、親しい人も疎遠な人もみなおじいさんにお祝いの言葉を言う。しかしお爺さんはこの時もやはり「うれしくない」と言って、このおめでたい出来事にも心を動かされる様子がない。こうして、そのたくさんの馬を飼って色々なことに使ううちに、お爺さんの息子が、ちょうど出て来た馬に乗って落ち、右の腕を突き折って、それを聞いた人は、また驚いてお見舞いに訪れたのにも、やっぱり、「かまわないのだ」と言って顔色も変えない。そうしているうちに、突然、国で戦争が起こって兵隊を召集されたので、国内の若く健康な男子は一人残らず戦争に出て、皆死んでしまった。ところがこのお爺さんの息子は、怪我をしていたために召集されなかったので、片手は折ったけれども命は失わずに済んだ。これをすばらしいことのたとえとして中国では語り伝えられている。よその国のことではあるが、ほんの少しそのことを記した。

ズバリ、回答そのものです。「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。本文の訳は以下の通り。

唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。そ...続きを読む

Q活用形について教えてください!!

(1)ありけり。 (2)ありず、 (3)あり。 (4)ありける。 古典の質問で、「あり」をそれぞれ適当な形に活用させよ。という問題
があります。私は、(1)あり(2)あら(3)あり(4)あり にしたのですが・・・(4)が特にわかりません。

また、それぞれの活用形を答える問題で、(1)連用形(2)未然形(3)終止形(4)連用形 にしたのですが、
昔から古典が苦手で、わからなくて・・本当にすいません。詳しく教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

ご質問中の解答はすべて正解です。
「あり」は以下のように活用します。

あり(自動詞・ラ行変格活用)
形式名 活用形 {下接語例}
未然形 あ・ら {ズ}
連用形 あ・り {ケリ}
終止形 あ・り {。}
連体形 あ・る {コト}
已然形 あ・れ {ドモ}
命令形 あ・れ {。}

(4)の「ける」は助動詞「けり」の連体形ですから、(1)と同じで連用形につきます。ですから「ありける」で正解です。

Q「汚名を挽回する」という表現は間違いでしょうか

「汚名を挽回する」という表現は間違いでしょうか。

「汚名」という言葉には「悪い状態を抜け出して良い状態を取り戻す」という意味があると思います。

そして「劣勢を挽回する」のように悪い言葉を目的語にする場合は「抜け出す」の意味が強くなり、「名誉を挽回する」のように良い言葉を目的語にする場合は「取り戻す」の意味が強くなるのではないでしょうか。

「汚名をは挽回する」は前者のケースに当たるので、使い方として間違っていないように思うのですが、この考え方のどこに問題があるかお分かりの方はお教えください。

Aベストアンサー

畳み掛けるように何度も回答してすみません。

あれだけ長い回答を書きながら言い忘れたことがありました。
「汚名」という言葉の意味です。

「汚名」の「名」とは自分に付けられた「印」のことです。「レッテル」と言ってもいいでしょう。英語で言う bad name (“ボン・ジョビ”の歌の歌詞にもありますが)が「汚名」に当たります。
「汚名」は自分に付けられた「悪い印」ですから「すすぐ(洗い落とす)」あるいは「そそぐ(取り去る)」という言葉がそれに続くのです。

一方「劣勢」は、例えば天秤ばかりの針が「劣っている」方向に傾いただけであって、“「劣っている」という「レッテル」を貼られた状態”とは違うのです。針の傾きを「優勢」の方向に持っていけば「優勢」にすることも可能です。だから「劣勢挽回」が使えるのです。もっと単純に言えば、「挽回」するのは「劣」ではなくて「勢」なのです。「劣っている“勢い”を取り戻す」というのが「劣勢挽回」の意味です。

しかし、「汚名」という言葉の中には「劣勢」と違って、「取り戻す」べきものがありません。「汚名」の場合は一旦それを洗い流すか、取り去るかしないと「名誉」が挽回できないのです。もちろん順番が逆になって、ほかのことで「名誉」を挽回することによって「汚名」を取り去ることもできます。とにかく「汚名」は洗い流すか取り去るかしないと「挽回」というところまではいかないので、「汚名」と「挽回」を直接くっつけるわけにはいかないのです。

また「汚名返上」の「返上」は謙譲語であることからして、自分より目上のもの、あるいは自分より強いものに「お返しする」という意味です。なぜ「返上」かというと「汚名」というものが世間から与えられた「悪い評判」であることから、それを「世間」にお返しするという意味で「返上」という言葉が使われているのです。

たぶん、質問者さんの頭の中には、先ほど上述した「劣勢挽回」のように「汚れた“名(名誉の名)”を取り戻す」のだから、正しいのではないか、という疑問があるかと思います。それは元々の意味から離れてしまっていて間違った解釈ですが、私もそういう拡大解釈の可能性は「言葉の変遷」という意味においては否定はしません。しかし現状では、No.17の最後の方で書いた理由によって「汚名挽回」がすぐに一般化した表現になるとは思えないのです。

畳み掛けるように何度も回答してすみません。

あれだけ長い回答を書きながら言い忘れたことがありました。
「汚名」という言葉の意味です。

「汚名」の「名」とは自分に付けられた「印」のことです。「レッテル」と言ってもいいでしょう。英語で言う bad name (“ボン・ジョビ”の歌の歌詞にもありますが)が「汚名」に当たります。
「汚名」は自分に付けられた「悪い印」ですから「すすぐ(洗い落とす)」あるいは「そそぐ(取り去る)」という言葉がそれに続くのです。

一方「劣勢」は、例えば天秤ば...続きを読む

Q古文の活用形が全く理解できない

高校生です、中学から授業は全く身につかず、
今、古文の勉強をしているんですが、国語の先生に「~であるから、下二段の連用形なので~」と言われても一人「?」と理解できてません
四段活用とか、す、さし、す、すれとか何の事か全くわかりません
先生に聞こうにも「このレベルも理解できないなら塾や家庭教師を頼んだ方が・・」といわれる始末です。
独学で学べたらいいのですが・・・活用形っていったいなんですか?四段活用とか・・。教科書に表が掲載してるだけで意味が全く分かりません
また。古文初心者でも理解できるサイトはないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:あとに「たり」「て」がつく。
   例:書き「たり」
終止:その言葉でおわる。
   例:書く「。」
連体:あとに名詞が続く。
   例:書く「人」、書く「物」など
已然:あとに「~バ」がつく。
   例:書け「ば」
命令:命令の言葉をあらわす。
   例:書け「!」

とまあ長い説明になってしまいましたが、これは

四段活用  

です。

これも覚えてしまってください。

「書く」の「か」のあとに

か き く く け け

これを四段活用とよぶきまりがなりたっているのでどうしようもありません。

これは教科書にもかいてあるとおもいますので、あとは同様にして下二段とかナ行変格活用などなどおぼえることです。

あと、四段活用と下二段、上一段などなどを見分ける方法は教科書にかいてあるのでそれをよめばいいかとおもいます。僕も古典は得意ではないです。お互いがんばりましょうね!

以上参考までに。 

こんにちは。僕も高校生です。

これは覚えるしかないとおもいますよ。ほら、英語であるじゃないですか。fast-faster-fastestみたいな。そういう感覚で、たとえばもともと「書く」とあるのが

書か 書き 書く 書く 書け 書け

と変化するものだ!と覚えるんです。

ちなみに上の例では

未然 連用 終止 連体 已然 命令

の順ですが、何でこんな「未然」とか「連体」とか決まるのかというと

未然:あとに「~ズ」がつく。まだ起こってない事柄をあらわす。
   例:書か「ず」
連用:...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報