(高校1年でまだ習い始めたばかりなので、解くポイントを教えてください。)

『「生ひたる」の基本形と活用の種類、この場合の活用形を答えよ。』
という問題です。

答えで、基本形は「生ふ」、活用形は「連用形」というのは納得出来るんですが、活用の種類が「ハ行上二段活用」というのがどうも納得いきません。

ハ行上二段活用なので
「生ひ(ず)」「生ひ(たり)」「生ふ」「生ふる(時)」「生ふれ(ども)」「生ひよ」
が正しい答えなのだろうと思うのですが、

ハ行四段活用と考えて
「生は(ず)」「生ひ(たり)」「生ふ」「生ふ(時)」「生へ(ども)」「生へ」
でも成り立つ気がしてしまいます。(私の勝手な思いこみですが・・)

この問題集の答えの解説を見ると『一見四段活用のように見えるが、下に「ず」をつけて「生ひず」とするとイ段音になることから上二段と判断できる。』

とあるのですが、そこで「生はず」じゃダメなの?って気分になってしまいます。

一体、どうしたらしっかりと判断できるのでしょうか?何か判断するポイントがあれば教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

古文の場合,「気がする」のような感覚的な判断はしない方がいいと思います。

特に,「生ふ」のように,現代文では用いられないような単語の場合は。
上二段活用は現代文にはありません。
現代文の上一段活用は,一部は古文でも上一段で,一部は古文では上二段です。
「見る」は前者の例で,
古:み み みる みる みれ みよ
現:み み みる みる みれ みよ(みろ)
「過ぐ」は後者の例で,
古:す+ ぎ ぎ ぐ  ぐる ぐれ ぎよ
現:す+ ぎ ぎ ぎる ぎる ぎれ ぎよ(ぎろ)
下二段の場合,現代文の下一段はすべて古文では下二段です。古文で唯一,下一段とされる「ける」は現代文では五段活用になります。
このような理解はしていくべきですが,現代文では用いられないような単語は,辞典でしっかりと活用を確認していくべきだと思います。
われわれは,「書か(ない),書き(ます)」だから「書く」は五段活用だ,と考えますよね。先に「書かない」という形が出てくるわけです。でも外国人に日本語を教えるときには,「書く」は「カ行五段活用だ」とまず覚えさせて,「ない」につなげるときは,未然形で「書か」になるから,「書かない」ということになる,と考えさせるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体例を用いて説明していただき、本当にわかりやすいです。
現代文の上一段活用の場合・・
「着る・似る・煮る・干る・見る・射る・鋳る・居る・率る」が古文でも上一段活用で、他のは全て上二段活用となる。
現代文の下一段活用は古文では全て下二段活用となる。古文で唯一の下一段活用は「蹴る」しかない。
  ということですよね・・!?
この点を注意してまた、辞書を用いながら、この先も学習していきたいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 17:53

そうですね。

専門家でもないかぎり迷いますよね。

紛らわしい動詞には「ズ」をつけて判断せよ、と習いましたよね。それもわかってらしゃるようですし。

動詞の活用形などの判断には

活用形をおぼえる。
数の少ない活用の動詞を覚える。
助動詞、助詞などからのアプローチ。

などがありますが、それらを用いてもわからないものは、覚えてしまうのがいいのではないかと思います。
この問いには助動詞からアプローチしましたよね。

学校でもらった文法書などにも
「紛らわしい動詞」などの欄があると思いますが、それを使って覚えてください。
私の使った本には「生ふ」はのってませんでした。

その都度覚えるのがいいんだと思います。

判断のポイントはつかめていると思いますので、あとは知らなかったものを覚えるのがいいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(「迷う」って気持ちを分かって頂けて少し嬉しい・・デスo(^▽^)o (ぇ))

参考書に「紛らわしい語の識別一覧」というのがあったので(私のも生うは載っていませんが。)、それと辞書を使いながら、その都度覚えていきたいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 18:08

そこまで、細かく覚える必要は内容に思いますが・・


そこまで、たくさん、品詞分解して何形か答えろっていう問題はないですからね。
しかも、文中から大体は推測できますので(この場合もわかる)そこまで気にする必要はないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「細かく覚える必要はないように思いますが・・」と言われて少し安心しました。私はいちよう進学校なのですが、みんな本当頭が良く・・、「私だけ、全然理解出来てないじゃん!!!涙」という気持ちになることが多々あります。なので、こう言われると、みんなそんなモンなんかな・・と思えて、気が楽になりました。これから先そこまで神経質にならずに問題を解いていくようにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 17:46

「生ふ(おふ)」の未然形が「生はず」なのか「生ひず」なのか、辞書で見るしかないでしょう。

辞書は膨大な文献を元に、書き間違いなどを除外して一般的なものを集めたものなので、ひとまずは(古文入門段階では)信用しましょう。
私は一般人としては古典をよく読むほうだと思いますが、「生はず」は見聞きしたことがありません。質問者さんが「「生はず」じゃダメなの?」と感じるのは、もしかすると「負ふ」(四段活用)→「負はず」との混同があるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まだ、古典を読む習慣がないので「生はず」という言葉は使わない。という事が判断出来ませんでした。確かに、「負はず」と混同していたという面もあったかもしれません。
これからは、もっと辞書をどんどん使って一つ一つの語句を確実に覚えていきたいです。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 01:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【アメリカの哲学者のチャールズ・サンダース・パースの】「探究の論理学」という書籍を探しているんですが

【アメリカの哲学者のチャールズ・サンダース・パースの】「探究の論理学」という書籍を探しているんですがどこで買えますか?

Amazonでチャールズ・サンダース・パースと検索するとパース・ジェイムズ・デューイという人が出て来ます。別人ですよね?

どこに探究の論理学という本があるんでしょうか?

和訳されてないのでしょうか?

探究の論理学は書籍名ではなく何かの章、項目にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

お探しの本は、デューイの「行動の論理学 探求の理論」のことではないでしょうか?
「パース・ジェイムズ・デューイ」は一人の人物ではありません。
チャールズ・サンダース・パース,ウィリアム・ジェームズ,ジョン・デューイの三人はアメリカを代表するプラグマティズムの哲学者です。

Qハ行四段活用の送り仮名意識(古典を読んでいたら)

古典で、同じ文章でも送り仮名意識の違いがみられます
例えば、「思」なら「思」のみで送り仮名がないもの
「於毛ひ」のように送り仮名があるものがあります
この違いは一体何なのでしょうか?
特にハ行四段活用の送り仮名について調べています
自分で調べても答えが出ず困っています
すぐに回答が欲しいです。
よろしくお願いいたします!!

Aベストアンサー

ためしに「更級日記」からハ行四段動詞「給ふ」の例を拾ってみました。わざとページ・行は示しません。( )付きの部分は底本に本来無かった仮名であるということです。

さらに、ためしに私なりの基準で分類してみました。活用語尾無表記の例は、活用語尾が無くても何形かわかるような例が多いようです。逆に活用語尾が表記されている例は、もし活用語尾が無表記だと、誤解しやすいかなとも思えます。例えば「給ひぬ」を「給ぬ」と書いてあると「給はぬ」と誤解したりするとか。

ただこういう問題で、中古の仮名文を資料にするのは危険です。中古の仮名文は原典が失われ、現存するものは後世の写本がほとんどですから。さらに「更級日記」とくれば、あの藤原定家が書写したやつですからなおさらです。慎重にならざるを得ない資料です。

〔未然形〕……未然形語尾「は」の表記例

さだかには見え給はず、
かやうにのぼらせ給はましなど

〔連用形〕…連用形語尾「ひ」の表記例

御子失せ給ひぬとおぼしまどひ、
侍從の大納言の御むすめなくなり給ひぬなり。

〔連用形〕…連用形語尾「ひ」の無表記例

京にとくあげ給(ひ)て、
たゞひとり御簾のきはにたち出で給(ひ)て、
その夜この浦を出でさせ給(ひ)て、
佛の御丈六尺ばかりにて、金色に光り輝やき給(ひ)て、

同じおりなくなり給(ひ)し侍從大納言の御むすめの手を見つゝ、

宮など失せ給(ひ)にければ、

いま片つかたには、印をつくり給(ひ)たるを、

佛もあはれと聞き入れさせ給(ひ)けむかし。
このかう思し分かせ給(ひ)けむ御心ども、
春秋をしらせ給(ひ)けむことのふしなむ、

〔終止形〕…終止形語尾「ふ」の無表記例

ゆかしくし給(ふ)なるものを奉らむ」とて、
梅壷の女御ののぼらせ給(ふ)なるをとなひ、

かほる大將の宇治に隱しすへ給(ふ)べきもなき世なり。
佛の御徳かならず見給(ふ)べき人にこそあめれ。

あなかしこ、をびえさはがせ給(ふ)な。


〔連体形〕…連体形語尾「ふ」の表記例

上にものし給ふを度々呼び下すに、

〔連体形〕…連体形語尾「ふ」の無表記例

をのづから人のやうにもおぼしもてなさせ給(ふ)やうもあらまし。
たゞ宮にその國を預け奉らせ給(ふ)よしの宣旨くだりにければ、

みかどの御むすめいみじうかしづかれ給(ふ)、たゞひとり御簾のきはにたち出で給ひて、

みかど、きさき、御子失せ給ひぬとおぼしまどひ、求め給(ふ)に、
母、物語などもとめて見せ給(ふ)に、
又の年の八月に、内へ入らせ給(ふ)に、

いみじくあはれなる也」と語り給(ふ)を聞くに、
さめざめとなき給(ふ)を見れば、
秋の夜に心を寄せて答へ給(ふ)を、さのみ同じさまにはいはじとて、
透きて見え給(ふ)を、せめて絶え間に見たてまつれば、

來年の司召などは、今年この山に、そこばくの神々集まりて、ない給(ふ)なりけりと見給へし。
それ棧敷へわたり給(ふ)なるべし、


〔已然形〕…已然形語尾「へ」の表記例

額をつきし藥師佛のたち給へるを、見すてたてまつる悲しくて、
その宮の産み給へるこどもは、
めでたく書き給へるを見て、いとゞ涙を添へまさる。
親の太秦に篭り給へるにも、
いみじう氣高う清げにおはする女の、うるわしくさうぞき給へるが、
神の現はれ給へるかとおぼゆ。
かたわらに臥し給へる人聞きつけて、
宮にかたらひ聞ゆる人の具し給へると、物語して心細さを慰む。
石津に着かせ給へらましかば、
阿彌陀佛たち給へり。

この中の君のすゞろにあはれと思ひいで給へば、たゞしばしこゝにあるを、
「この鏡には、文や添ひたりし」と問ひ給へば、
いま片つ方に寫れる影を見せ給へば、
「なにしにおはしつるぞ」と問ひ給へば、


〔命令形〕…命令形語尾「へ」の表記例

物語のおほく候ふなる、あるかぎり見せ給へと、身をすてて額をつき、
源氏の物語、一の卷よりしてみな見せ給へ」と心の内に祈る。
「こと、からうじて離れて、たひらかにあひ見せ給へ」と申すは、
「三日さぶらひて、この人のあべからむさま、夢に見せ給へ」などいひて、
あなかしこ、をびえさはがせ給ふな。息もせで、臥させ給へ」といふを聞くにも、

ためしに「更級日記」からハ行四段動詞「給ふ」の例を拾ってみました。わざとページ・行は示しません。( )付きの部分は底本に本来無かった仮名であるということです。

さらに、ためしに私なりの基準で分類してみました。活用語尾無表記の例は、活用語尾が無くても何形かわかるような例が多いようです。逆に活用語尾が表記されている例は、もし活用語尾が無表記だと、誤解しやすいかなとも思えます。例えば「給ひぬ」を「給ぬ」と書いてあると「給はぬ」と誤解したりするとか。

ただこういう問題で、中古...続きを読む

Q探求(探究)?教えて!

故障探究?
故障探求?
どのように使い分けるのか(どちらが適切なのか)お教え下さい。

Aベストアンサー

探究……物事の本質・真相・哲学的な意味などを深く考えて明らかにすること
探求……(単に)探し求めること

コトバの意味は上の通りですが、
どちらも「故障」のコトバに付けるのは適切ではないように思えますね。

しいてあげれば、
「故障個所(原因)の分布についての探究」(研究をすると言う意味で)
「故障個所(原因)の探求」
ならそれほど変ではないでしょうが、やはり「探究」「探求」のコトバはそぐわないような気がします。

むしろ「故障原因の解明」「故障個所の調査」などのコトバの方がしっくり来ませんか?

Q高校の古典についてです、(傍線部の動詞の活用する行と活用形とその終止形を答えなさい)という問題です、

高校の古典についてです、(傍線部の動詞の活用する行と活用形とその終止形を答えなさい)という問題です、傍線部の動詞は(急ぎ)ガ行四段活用の急ぐ でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「枕草子」の「うつくしきものは」の一部でしょうね。「活用形」は「活用の種類」(四段活用)のことでしょう。「ガ行四段活用の『急ぐ』」でいいと思います。(傍線部は連用形です)

Q探究と探求の使い分け

「探求・・・探し求めること」
「探究・・・物事の真の姿をさぐって見きわめること」
と手元にある辞書に書いてあるのですが、具体的に以下のようなときはどちらを使うのでしょうか?

言い表したいこと:Aさんは色々なものに興味を持っている。

このとき、Aさんのことを語るときに、
(1)Aさんは探求熱心だ。
(2)Aさんは探究熱心だ。

どちらの表現が正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらの「たんきゅう」も、あんまり「たんきゅう熱心」という使い方はしないような気がしますが、それはおいといて。

いろいろなものに興味を持っていて、そのものごとに対して、“深く調べて研究する”というのであれば、「探究」でしょう。

で、その興味を持っているものを、“熱心に探し求めている”のであれば、「探求」でしょう。

言い換えれば、

Aさんが「たんきゅう」しているものが目の前にあるもので、それについて、調べたり考察したりしているのであれば「探究」。
Aさんが「たんきゅう」しているものが、目の前になく、どこにあるか探し求めているのであれば「探求」。

ということになるので、場合によってはどちらも正しいと言えるのではないかと思います。

Q五段活用を退け四段活用と言い張る理論的根拠

五段活用のことをそう呼ぶのを拒み、四段活用ということにこだわるかたもいらっしゃいます。そうした方の理論的根拠はなんなのでしょうか?
「行く」という動詞の活用の例だと、行かない、行きます、行く、行けば、行こう、とやはり五段のように思えます。

Aベストアンサー

未然・連用・終止・連体・仮定・命令

この順番で書くと
行か・ない、行き・ます、行く、行く・とき、行け・ば、行け

更に未然形にはもう一つ「行こ・う」があります。これで「かきくけこ」が揃うので「五段」活用というのですが、「行こう」は旧仮名遣いでは「行かう」です。

これをどう評価すべきかは分かりませんし、どちらがいいかは分かりませんが、五段活用は「表記の上」では仮名遣いが変わった結果発生したものです。発音上はかなり前から「五段活用」だったはずです。

推測ですが、おそらくこの「言語自体の変化というより仮名遣いの変更によって生じた」ことに引っかかりがあるのではないでしょうか。

Q「真理は探究するもの、宗教は漬かるもの」

  
これが真理の探究と、宗教についてのわしの結論や。
皆はどー思うか聞かしてくれ。
 

 
 

 

Aベストアンサー

ミュンヒハウゼンのトリレンマというものがあります。
ある命題の正しさの根拠を探求する場合、
(1)無限に根拠への問いを続ける「無限遡及」
 (なぜ?なぜ?と子供が問い詰めてくるアレですね)
(2)どこかで問いを辞めてそこに根本規範を求める「恣意的中断」
(3)問いを進めるうちに理論が循環してしまう「循環論法」
のどれかに陥ってしまうという問題です。

真理が決して到達できない辛く険しい道のりであるのに対して、宗教は擬似的な真理を我々に示して心の安らぎを与えてくれるものなのかもしれません。

そういった意味で「真理は探究するもの、宗教は漬かるもの」とは実に的確な指摘だと思います。

Q活用形の種類と活用形などを教えて下さい

1.【】の中の活用形と活用の種類

天の風雲のかよひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ
【ふきとぢよ】【とどめむ】

雀の子の、ねず鳴きするに踊り来る
【する】【踊り来る】

少しおぼえたるところあれば、子なめりと見給ふ
【あれ】【見】

2、【】の中の副詞の説明

【なほ】 【え】 【ほのぼのと】
A状態の副詞
B程度の副詞
C叙述の副詞

3.【】に入る語
ほとどきすなきつるかたをながむればただありあけのつきそのこれ【】
Aり
Bる
Cるる
Dれ

【】日に向かひても思い出でよ都は晴れぬながめすらむと
Aひさかたの
Bあかねさす
Cぬばまたの
Dからころも

うたがはしほかに渡せるふみ見ればここやとだえにならむとすらむ
これの【渡せ】【ふみ】【とだえ】は【】の縁語


一人で全ては無理だと思うので、分かるやつだけでもいいのでお願いします

Aベストアンサー

1。
    ふきとじよ  上二段活用動詞の命令形(「よ」も含めて命令形とする節もあるが『日本国語大辞典』「よ」の補注2参照。)に終助詞「よ」がついた形。
    とどめむ   下二段活用動詞「とどむ」の未然形に意志の助動詞「む」の終止形がついた形。

2。
    する         サ行変格活用    終止形
    踊り来る    カ行変格活用    終止形

3。
      あれ        ラ行変格活用    已然形
      見           上一段活用       連用形

副詞  BAC
【】に入る語 B
B

Q自己PRで「探究心深い」はありですか?

高3です

受験の面接で長所や自己PRを聞かれたとき
「探究心深い」というのはいいのでしょうか

自分の長所が全くなくて、
ゆいつ思い浮かんだのが、

興味のあることについては熱中できることでした。

趣味のゲームなんかしてると時間はあっといまですし、
攻略のためにいろんなHPを調べたりと

でもそんなエピソードじゃ、アピールにはならないし。
でも自分の長所はこのくらいしか見つからないのです。

かといってウソついてアピールできるような長所を言うのも気が進みません。
それにこの場合、深く質問されたら答えられなくなるはずだからです。

どうにかアピールできるような言い方はないでしょうか?

また、短所は長所に関連付けたものがいいと聞いたので、
探究心深いの反対の意味をもつ言葉とかはなんでしょう

興味のないことには目を向けない、でしょうか

Aベストアンサー

あなたは素直な方ですね。せっかくだから、その素直さ、ありのままに、
アピールしちゃいましょう!!!
あなたのいうとおり、嘘つきアピールはナシですよね。
面接官は、あなたのような人を求めてます。
それから、いかに、自分たちの大学を受験生は必要としているか・・・が、ミソです。
教育者魂としては、大学をキッカケに、生徒たちが成長して、成人を迎える事を望んでいるのです!
ほんとは、最初から優等生を欲してるわけではない。
育てがいのある生徒を求めているのです。


ですから、
わたしがあなただったら、こう言います。


「わたしは自分の長所と短所がよくわかりません。
今さらで、お恥ずかしい限りですが、今回の受験をキッカケに、自分について考えるようになりました。今もまだ、言葉にして自己を伝えられませんが、本校に合格できたら、学習とともに、クラスのみんなや先生方との関わりから、自分がどんな人間か考えつづけたいです。それを自分の長所にして、
短所をみつけたら少しずつ、克服していき、oo大学で(あなたの志望校)成人を迎えたいです。
よろしくお願いします!!」


少しでも参考になれば☆
あとは、笑顔です☆
がんばってください!応援してます!!

あなたは素直な方ですね。せっかくだから、その素直さ、ありのままに、
アピールしちゃいましょう!!!
あなたのいうとおり、嘘つきアピールはナシですよね。
面接官は、あなたのような人を求めてます。
それから、いかに、自分たちの大学を受験生は必要としているか・・・が、ミソです。
教育者魂としては、大学をキッカケに、生徒たちが成長して、成人を迎える事を望んでいるのです!
ほんとは、最初から優等生を欲してるわけではない。
育てがいのある生徒を求めているのです。


ですから、
わたしがあなただ...続きを読む

Q「生む」(現在形)と「生んだ」(過去形)の違い

自分が何を考えようとしていたのかが霞んでいく。ただ、恐怖が体に充ちる。苦しい。風が空気を奪う。

混乱する思考の濁流で意思だけが迸る。メアリは、涙を堪えながら、喘ぐ喉を、振り絞りながら。

ただ、ひとつのことを思う。ただ、ひとつのことを願う。

それは、事前の使命感であったはずだ。または、恐怖で麻痺した脳の”生む”狂気か。

(『漆黒のシャルノスFVR』より)


この例文の””の部分についてですが、なぜ「脳の”生んだ”狂気」ではないのでしょうか?
2つの言葉にニュアンスがあるのでしょうか?

ご解説の方、よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>「恐怖で麻痺した脳の”生む”狂気」

これは、「狂気というもの」というニュアンスです。
「恐怖で麻痺した脳はしばしば狂気を生むが、そのようにして生まれるところの、一般的な意味合いでの狂気」という意味なので、時制は関与しません。

>「恐怖で麻痺した脳の”生んだ”狂気」

こちらの場合は、過去のある時点でメアリという人物に生じた(かもしれない)特定の狂気を指しているため、過去形にすることが可能です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報