Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

日本という国名は日本人自身が付けた名前です。701年(大宝元年) 大宝律令によって、国号を倭国から、日本に改めました。中国の正史『魏志』『後漢書』などでは日本は、「倭」と称され、『旧唐書』に「倭国」「日本」が登場し、『新唐書』以後は「日本」なる呼称が一般化しました。

中国は他国の名前を、中国が勝手に付けていました。例えば韓国はコリアですが、これは高句麗に由来し、高句麗(句驪)という固有名詞が登場する最も古い記録は『漢書』「地理志」に「玄菟・楽浪郡は武帝の時においた(前107年)。みな朝鮮・濊貊・句驪の蛮夷の地である」とあるもので、玄菟郡の首県として高句驪、上殷台、西蓋馬が言及されている。驪は麗と同音であり、漢人の蔑視による表現であって、意味上の差異はない。ということですから、中国が付けた名前です。

そもそも、漢字を作ったのは中国人ですから、外国を表すのに、どのような漢字を使うのかを決めるのも中国人なわけです。ですから、モンゴル、ロシア、ベトナムといった国の、国を表す漢字も、全て中国人が、何の相談も無く、勝手に決めつけて付けたのです。それはアメリカ、イギリス、フランス、ドイツなどを表す漢字についても同じです。

しかし、その中で、唯一、わが日本国のみが、自分で日本という漢字の熟語を考え出し、自分で自分の国名を付けたのです。

そもそも中国という名前も、中国人が付けたのか、怪しいものです。何故かと言うと、昔は中国人は、自分たちの国の事を中国とは呼んでませんでした。その時々の王朝の名前で呼んでいたのです。例えば清王朝が滅びるまで、中国人は自分たちの国の事を「清」と呼んでいました。

1912年に、清王朝が滅びた後、自分たちの国の名前をどうしよう?という話に成って、中国という名前を取って付けて、付けたのですが、この名前、日本語ではないですか?というのは昔から日本は、中国の事を中国とか、シナとか言うてましたから。

英語では中国は、チャイナですが、この名前の由来は秦帝国(紀元前905年 - 紀元前206年)です。しかし、今さら秦と言うわけにも行かず、中国にしたのでしょう。

というわけで、日本は中国の上を行き、つまりは、世界の上を行ってますね?

A 回答 (3件)

その通りですね


貴方の言う通りですね
間違いありません
感服致しましたッ
    • good
    • 1

そうです、あなたのお国の北朝鮮は世界の上を行っています♪


(いつから自分を日本人と錯覚してたのだ?)
    • good
    • 0

慢心に気付かず、その慢心がみえてない日本。


それどころか無いと思っているから疑いもできない。
これ慢心のかなしき姿。
残念なる国。
慢心を自覚し謙虚にし、ザックリとそれを捨てる勇気のない国。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!