【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

パキラの葉がどんどん黄色くなってしまいます。

栄養不足と思って活力剤をあげても変わらず、
根詰まりかと思い鉢をひとまわり大きくして新しい土を入れました
でも植え替え後3日くらいは落ち着いてたのですがまた黄色くなってきました。
その速度が速いので焦ってます。
(今週火曜日(13日)に植え替えをしてたっぷりお水をあげたのでまだ土は湿っています。)

原因がわかる方アドバイスお願いします。

ちなみに根腐れはなさそうでした。臭いもないし
かなり根が伸びてぐるぐるしてたので苦しかったと思うけど、植え替えても変わらないのはもっと鉢を大きくしないといけないんでしょうか。
室内なのでこれ以上は大きくしたく無いのですが…
黒ずんですぐに取れてしまう根だけ取り除きました。主根は長くて元気でしたが、鉢のサイズに合わせて短く整えた方が良かったのでしょうか?切っていいものかわからなくて…

また、土が100均の軽くてパラパラしたものだったので水を含んでぎっしりすぎて苦しいのかもと思い、室内向けプロトリーフを先程ネットで購入しました。
おそらく来週中頃には届くはずなのでそれまでパキラには我慢してもらうしか無いですが、見る見るうちに黄色くなり葉が落ちてしまうのでかわいそうで…おそらくすでに10枚くらいは葉が落ちました。

来週また土を入れ替えますがそれまでの応急処置や、土入れ替えの時のアドバイスなどありましたらお願いします!

「パキラの葉がどんどん黄色くなってしまいま」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • マグネシウムが入った活力剤です
    土に刺すアンプルですが、葉にスプレーした方がいいでしょうか

    「パキラの葉がどんどん黄色くなってしまいま」の補足画像1
      補足日時:2023/06/17 17:28
  • 購入したプロトリーフの観葉植物用土の詳細です

    「パキラの葉がどんどん黄色くなってしまいま」の補足画像2
      補足日時:2023/06/17 20:01

A 回答 (5件)

水のあげ過ぎということはないでしょうか。


あとマグネシウムが足らない場合も黄色くなるようです。手っ取り早いのは石灰を水で薄めて透明な石灰水を葉に直接書ける方法です。
大きさは根っこをある程度切って調整したら行けるかとは思います。あまり徒長しすぎてるのなら成長点を気をつけて切ってしまっても良い気はしますが、土は速やかに変えたいですね。100均のはヤバいと個人的には思ってますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

水やりは1週間は空けてやってたのですが、根詰まりのせいで水捌けが悪かったのでしょうか…
マグネシウム不足があるんですね。
手元に石灰はないので、活力剤の内容物を見たらマグネシウムも入ってるようです。
植え替え後は肥料などはあげない方がいいと聞きましたが、これあげても大丈夫でしょうか。写真を捕捉にあげました
画像投稿反映に時間かかると思うので念のため内容は「窒素・りん酸・加里・マグネシウム・マンガン・銅・亜鉛・ホウ酸・水」です

枝の方は成長し過ぎということはなくちょうどいいと思います。むしろ鉢サイズ6号にしては少し小さい子かも。
新芽も今シーズンにょきにょき出てて生命力もあるんですけどね…

お礼日時:2023/06/17 17:30

まず理解して頂き感謝します。



市販されている肥料には、粒状と液体があります。粒状の肥料を
固形肥料と言います。袋を見れば粒状である事が分かります。
ほとんどの粒状肥料は化成肥料ですが、化成肥料の場合は直に根
に触れると根枯れを起こし枯れます。しかしマグアンプKなどは
緩効性化成肥料と言われ、根に直に触れても根枯れを起こす事は
ありません。袋等に化成肥料か緩効性化成肥料と書かれている事
良く見て購入するようにします。
他にも油粕と骨粉を水で練って、乾燥させた粒状の肥料がありま
す。これらを有機質肥料と言います。これらは土に混ぜないで、
土の上に置きます。これを専門用語で置き肥と言います。

ハイポネックス等の液体肥料を液肥と言いますが、これらを速効
性肥料と言います。早く効きますが、持続性が短いのが特徴の肥
料です。持続期間は長くて1週間程度ですから、何度でも施す事
になります。通常は1ヶ月に1~2回で水遣りの代わりとして与え
ます。ただ頻繁に与えると肥料過多となり生育不良を起こす危険
性があります。ただ観葉植物に液肥を使う事は稀です。

活力剤を市販名で言うとアンプルと言います。新に説明書を添付
されてますが、これを見ても成分は明記されてますが、含まれて
いる成分量までは明記されていません。
含まれている量としては極僅かです。1本に対してスポイトで1
滴も入っていないでしょう。耳かきに1杯程度と考えて間違いは
ないでしょう。それだけ成分は多く含まれていない訳です。
色は着色剤で色付けされているだけで、ほとんどが水と考えまし
ょう。
前回も説明したように、アンプルを使うなら前もって肥料を施す
必要があります。植物に肥料を与えると、含まれている成分から
必要な量だけを摂取します。と言う事は摂取した成分が足りなく
なりますので、それを補うためにアンプルが必要と言う事です。
だからアンプルだけでは全ての植物は育ちません。

では無理を言って書いて貰った事を説明します。

➀古い土を落としたのは正しいです。しかし全ての古い土を落と
すのは好ましいとは言えません。根の乾燥を防ぐため、出来るだ
け半分程度に留めるようにします。

②鉢内で根詰まりを起こすとどうなるか。水分や養分は根先や細
根から吸収しますので、長過ぎるねでは吸収率が極端に悪くなり
ます。根を切る事で根が再生され、新しい細根が出るようになり
ますので、思い切って長過ぎる根は半分程度に切り詰めます。
切っても新たに細根が出ますので、心配は御無用です。
黒くなった根は根の役目を終えていますので、この根は付け根か
ら切り去ります。もし切らないと腐敗が進み生きている根も腐敗
してしまいます。

③使用する場合は1種類にしましょう。混ぜると本来の効力を失
う恐れがあります。これを使うより、前回に書いた事を試して見
てはどうですか。経験上から申しますと、まず生育不良になる事
はありません。
経験上から言うと、そのまま使える土は軽過ぎます。場合によっ
ては植替え後に本体が倒れてしまう事もあります。保水性と排水
性は良いのですが、植物を支えるだけの力はありません。

④開いているのですね。安心しました。鉢底穴が開いている理由
は、不要な水を排泄するだけではありません。鉢底穴から酸素も
供給しています。
50㎝は深過ぎますね。市販の駄温鉢(縁が茶色の釉が塗られて
いる物)で、深鉢で深さが30cmもあれば十分です。
鉢の種類は何でも構いませんが、鉢の側面からも酸素が供給出来
る駄温鉢のような焼物鉢の方が好ましいです。

⑤置き場所が好ましくありませんね。パキラは耐陰性が高いので
部屋の奥でも管理は出来ます。しかし本来は強光線を好みますの
で、屋外か室内であればガラス越しで直射日光が当たる場所に置
きます。ただしガラス越しで直射日光に当てるのは真夏以外だけ
です。真夏は光線量が極端に強いので、場合によっては葉焼けを
起こし危険があります。真夏だけはレースのカーテン越しで光線
に当てます。それ以外の時期はレースのカーテン越しでは光線不
足になりますので、年間を通してレースのカーテン越しでは無い
事を覚えて下さい。

⑥他の観葉植物と同じに考えないで下さい。観葉植物によっては
水遣り方法が違う場合があります。
パキラの場合は、春から秋までは鉢土の表面が乾いてから与えま
す。鉢土が完全に乾いてからでは遅すぎます。
また1週間に1回と言う与え方は今後はしないで下さい。これを
機械的水遣りと言い、自分が決めた日に決めた量の水を与える事
を言い、植物を栽培する上で絶対にしてはいけない行為です。
鉢土の乾きは誰でも分かりません。それを知る方法は一つだけあ
ります。それはバーベキュー用の竹串を鉢底付近まで挿す方法で
す。定期的に抜いて、自分の乾いた綺麗な指先で触り、湿ってい
るなら与えず、乾いているなら与えるようにします。次に刺す時
は未使用の竹串を挿します。自分はこれを竹串水分確認法と勝手
に命名しています。
与える時は必ず鉢底穴から水が十分に流れ出るまで与え、鉢底穴
から水が滴り出なくなってから鉢皿に乗せます。

⑦教えられた園芸屋さんはド素人です。観葉植物だけでなく他の
植物の栽培方法なんて全く知っていないんです。その店員さんも
活力剤が液体肥料と勘違いしているんです。
これで活力剤は液体肥料ではない事が分かりましたよね。今後は
知識のない店員さんのアドバイスは聞かないようにしましょう。

ちなみにホームセンターが近くに無い場合、ダイソー等の100
均にも小袋で赤玉土、鹿沼土、日向土、軽石、鉢底石等は売られ
ています。

他に質問があれば答えます。
    • good
    • 0

世代交代で、下の方の古い葉が順次枯れます。


それとは違いますか。
葉先が丸まっているので水分不足でしたのかなとも思うのですが、今、たっぷりあげたところというお話ですので、そのまま様子を見てはいかがでしょか。
植え替えて直ぐはアンプルは刺さない方がいいと思います。
新しい芽が出てきているのも見えますし、根も元気という話ですからもう少し様子を見られてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

3年くらい育ててるのですが、こんなに早い勢いで黄色くなって落ちていくのが初めてなんです。
世代交代で落ちる時はこんな感じなのでしょうか?

おっしゃる通り新芽もぐんぐん凄い勢いで出てくるので、その分まだ大丈夫かなとは思うんですが…ちょっと様子見てみます

お礼日時:2023/06/18 15:27

まず、変色した葉はカットして下さい。

元に戻りません。次に環境です。パキラのある部屋で、扇風機やエアコン作動させてませんか?これらの風は直接はもちろん、間接的でも表面を乾燥させ枯らします。又、エアコンにより必要以上に温度が低いと画像のような状態になります。今なら、外に出して、日に当てタップリ水と肥料を与えて下さい。肥料はハイポネックスを規定通り薄め、鉢の縁から流し回すように与えます。根元に直接与えないように、又、ハイポネックスジャパンから、観葉植物用の液肥が出てます。総体的に見て日光不足もあります。日焼けは気にしないで外で強くしましょう。液肥は週1位、水は外なら毎日でも大丈夫です。パキラは今の時期では、非常に成長が早いです。但し室内の場合、エアコンや扇風機の影響がある場合、水やり、肥料の与え方が変わります。
    • good
    • 0

まず勘違いされていますよ。



活力剤を与えていると書かれてますが、もしかして活力剤を肥料と
思っていませんか。実は肥料じゃないんです。
肥料には人間で言う主食となる燐酸、窒素、カリの3つがあります
が、他には副食のカルシウム、マグネシウム、硫黄。ビタミンであ
る鉄、銅、亜鉛などがあります。これらが植物の生育を考えて配合
されています。活力剤にはこれらの成分が含まれてはいますが、た
だ含まれている量は極僅かです。だから活力剤だけでは生育に必要
な量は含まれていないので、与えても何も変わらないと言う事にな
ります。活力剤を与えるのであれば、まず最初に肥料を与える必要
があります。活力剤を正確に言うと、微量要素を補うための補助剤
となります。

何でも土を使えば良いと考えるのは止めませんか。プロトリーフは
知りませんが、こんな物をネットで購入する金があったら、普通に
ホームセンターで買える土を買いませんか。そのプロトリーフを買
って植え替えて、今と何も変わらなければどうしますか。
勿体ないかも知れませんが、プロトリーフは使用しないで下さい。
使用する推奨する土は後から説明します。

画像の左下にあるのが鉢でしょうか。そうであれば小さ過ぎます。
鉢のサイズはパキラの背丈を考えて決めるべきです。今の背丈なら
もう一サイズ大きくても構わないと思います。確認ですが、使用さ
れている鉢には、間違いなく鉢底穴が開いていますよね。

根がグルグル巻いていたのは、根腐れではなく根詰まりです。では
その根はどうされましたか。グルグルを解消せずそのまま鉢に植え
てませんか。もしそうであれば植え替えた意味がありません。
グルグル巻いた根は根詰まりを起こしていますので、ある程度は切
って整理をしてから植え替えないと、何の意味もありません。

自家配合であれば赤玉土(小粒)6:バーミキュライト(小粒)2
:日向土または軽石(小粒)2の割合で混ぜ合わせ、根腐れ防止剤
としてミリオンAを土の全体量の0.5%だけ混ぜ合わせます。
ミリオンA以外は100均でも売られています。

質問されているのに質問するのは恐縮ですが、あえて知るために次
にかく事に答えて貰えませんか。
➀植替えの際に古い土は落としたか。
②植替えの際にグルグル巻いた根は切って整理をしたか。
③100均のパラパラした土の名称は。
④現在の鉢のサイズと底穴が開いているか。
⑤現在の置き場所は。その置き場所の日当たり具合は。
⑥水遣り方法と頻繁度は。
⑦活力剤の他に与えている肥料は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

わあ、おっしゃる通りで活力剤と肥料は同じと思っていました…肥料はハイポネックスとかでしょうか?原液を薄めるタイプの。

「何でも土を使えばいい」とは思っていないのですが、プロトリーフはパキラを買ったときに園芸屋さんに勧められてその場で植え替えてもらったものです。
100均の土は別の植物用に使ってて、今回パキラに使ったのはプロトリーフが足りなくなってしまったので混ぜて使った感じです。
重い土を買って帰る足がないので(生活圏内にホームセンターも無く)ネットで購入したのですが、園芸屋さんからこれだけで十分と言われてました…


①植替えの際に古い土は落としたか。
→はい

②植替えの際にグルグル巻いた根は切って整理をしたか。
→投稿文にある通り、切っていいのか分からず長い主根はそのままにしてました。周りの黒ずんですぐに取れてしまう根だけ取り除きました。

③100均のパラパラした土の名称は。
→ダイソーの2種類で「このまま使える観葉植物の土」と「かるーい観葉植物の土」という商品名です。使い切り、袋は捨てたので詳しい成分は分かりません。

④現在の鉢のサイズと底穴が開いているか。
→元々5号だったのを今回6号にしました。底穴は空いてます。(陶器)
写真の左下の鉢は違う植物のものです。
パキラはいま、土上からてっぺんまでで大体50cmの高さです。
ほかの人のパキラの写真を見ると、背丈に比べて鉢が意外と小さかったりするので、この子に対して6号はちょっと大きいんじゃないか?と思ってましたが、イキイキとしてる根を切っていいか分からなかったので大きくした感じです◎

⑤現在の置き場所は。その置き場所の日当たり具合は。
→居間の南側窓の近くで常にレースカーテンがしてあるので強すぎることはないと思います。サーキュレーターで空気が回るようにはしてあります。

⑥水遣り方法と頻繁度は。
→ほか4つの植物もあるので、みんなの土が乾いた頃(大体1週間ちょっと)に。

⑦活力剤の他に与えている肥料は。
→園芸屋さんからパキラは特に必要ないと言われて、買って3年ほどですがずっと活力剤しか与えたことがありませんでした。土に混ぜ込む粒状のものはこの子に一切使ってません。

お礼日時:2023/06/17 19:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!