電子書籍の厳選無料作品が豊富!

独語登山用語で

カールバント(圏谷壁)
シュタラビ(Stauplawineの略 粉塵雪崩)
ラビーネン ツーク(雪崩道)
シュニー ライテン(スノーチューブ)
クレッター シューズ(岩登り靴)
ヴェーゲ(枝分かれ道=2つ以上道のあるところ)
シュタイン マン(ヴェーゲから通った道で、辿ったルートを忘れないようにきた道を石で記すこと)

※伯祖父(1906年8月生まれ)と祖父(1918年5月生まれ)がそれらの用語を私(1990年12月生まれ)に言ってきました。
→ 私が子どもの頃の登山アルバムに書いてありました。
はもう死語なのでしょうか?

ザイテングラート(支稜線)はまだ通じるみたいですね。

A 回答 (1件)

いいえ、これらは死語ではありません。

すべて山岳用語です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!