あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

 タイトルの通り観光ガイド業を始めようと思っております。規模はワゴン車を使い、2~3人のお客さんを乗せて自分の詳しい地区めぐりをしてお客さんに満足してもらおうという程度のものです。売りは普通の観光ツアー等では出来ない様なサービス(例えばお客さんの行きたい場所のリクエストやわがままを聞き入れられるサービスやバス等ではいけない狭い場所や路地裏の名店等)を売りにするつもりです。そこでお聞きしたいのが、この様な商売をするに当たって二種免許等、必要な資格はありますでしょうか?なにぶんど素人なので一からご教授をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

旅館の送迎のようにそれ自体営業行為ではない場合を除いて、移動目的で客を乗せて運行すると、旅客営業行為になります。

これにはバス・タクシー会社などを開業するのと同様に「一般乗用自動車運送事業経営免許」が必要で、事業認可も受けなければならず、運転者も二種免許が必要です。タクシー会社は「営業地域」というなわばりで既存業者が支配地域を分け合い、それに沿った行政の指導がありますから、素人でそうした事業を始めるのは不可能に近いと思います。無認可ですると「白タク」営業で即お縄となります。
また、観光ガイド業は主要観光地では地元業者保護のため、届出制や認可制をとっているようですが、旅行客に随伴するツアーガイドなどは実質無免許で、離島などは地元で勝手に始めているのが定着してとくに行政の関与はない(認可制でも実態重視で黙認かも)ようなので、タクシーなどを使ってするなら可能でしょう。但し、それでは客が付いて利益がでるような形には無理かもしれません。
10人くらいまとめてバス会社の貸切マイクロバス(もちろん運転手付き)を借りて行えば営業可能かもしれませんが、これには他のレスの通り、旅行業の免許が必要です。
結局個人で同様の仕事を始めるには、旅行会社に勤めるか、旅行会社と個人でガイドの契約をして仕事をもらうかしかないでしょう。個人の契約ガイドは語学など特技がないと難しいと思います。
同じ趣旨で「観光タクシー」が観光地にはあります。似たような事業に既存の事業者がすでに存在する事業では、免許や許認可がなくても個人で始めることは厳しいものです。もっと誰も思いつかないような、びっくりするくらい斬新なアイデアを考えてみてください。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

 ご丁寧に有りがとうございます。当方の考えは、白ナンバーで観光ガイド業をできないものかと考えているのですがそれは

>観光ガイド業は主要観光地では地元業者保護のため、届出制や認可制をとっているようですが、旅行客に随伴するツアーガイドなどは実質無免許で、離島などは地元で勝手に始めているのが定着してとくに行政の関与はない

 の形では無理なんでしょうか?ただいま斬新なアイディアを一生懸命に考えているところです。
 

お礼日時:2005/05/05 11:42

<個人の契約ガイドは語学など特技がないと



蛇足ですが、日本にて、外国語で観光ガイドをするには、通訳案内業の資格試験合格と、都道府県への届出が必要です。通称、ガイド試験といわれているものです。

http://www.jnto.go.jp/info/htmls/05_03tsuyakusik …

昔は、運輸省が直接試験を実施していましたが、独立行政法人に移りました。

このように考えると、一般的に、自由化されたといいますが、このようなちょっとした観光ガイドでも、がんじがらめなのかなーと実感します。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

 一度見てみます。ご回答有難う御座いました。

お礼日時:2005/05/05 11:43

旅行業の免許。


個人でも取得できるのかなぁ。
法人だけのような気がします
    • good
    • 3
この回答へのお礼

旅行業の免許、一度調べてみます。有難うございました。 

お礼日時:2005/05/16 10:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅行業を営むのに必要な許可ってありますか?

旅行代理店を営むのに許可というか、なんか届出みたいなものが必要でしょうか? 
そのようなものを取得するにはどうしたらいいのでしょうか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 みなさんへの補足ですが、航空券だけを売るのであれば、旅行代理店業の
免許は必要ありません。ですから、金券ショップで航空券を販売することが
できるのです。旅行業協会に問い合わせたことがありますので確かです。

 同様に、ホテルの予約代行だけなら、やはり免許はいりません。ですが、
どんな方式であれ、航空券とホテルを組み合わせた場合は違法となります。
実際2年ほど前、格安のハワイツアーを売っていた会社が倒産し、代金を
振り込んでいた人たちが被害者の会を結成したという事件がありました。

 この会社はサイトに、「パックツアーではなく、お客様のリクエストに
応じて航空券とホテルを手配しますので、代理店登録は不要です」みたいな
ことを書いていたのですが、これは明らかに旅行業法違反です。そのほか、
「第3種旅行業者代理業の登録を行なう予定です」とも告知していましたが、
とっとと逃げ出してしまったようです。

Qタクシーやバスは二種免許が必要ですが、塾や介護施設の送迎は必要ではないようですが、その線引きは?

こんにちわ。タクシーやバスは二種免許が必要ですよね。

介護施設の送迎や塾の送迎は必要ないようですが、その線引きがよくわかりません。

緑色のナンバープレートがタクシーやバスにはついていますが、介護施設などの送迎は白のナンバーなので普通免許で運転されているのだろうと思います。

しかしダンプカーでも緑色のナンバーをよく見かけるのですが、ダンプカーはバスのように人を乗せるわけではないのにバスやタクシーと同じ緑色のナンバーがついていることがあるのにも疑問があります。

塾や介護施設の送迎とバスやタクシーの扱いの線引きや、ナンバーの色のことにお詳しい方、長年疑問でしたのでどうか教えてください。ネットでいろいろ調べたんですが解決しませんでした。

緑色のナンバーのクルマでもお客さんを乗せていなければ一種の免許の方でも運転してもよいという事はネットでわかったんですが・・・

Aベストアンサー

こんにちわ
二種免許が必要なのは道路交通法上
1)旅客自動車を旅客自動車運送事業に係る旅客を運送する目的のために運転する場合。
  旅客自動車運送事業とは道路運送法上(道交法ではありません)「他人の要請に応じ有償で自動車を使用して旅客(旅客とは、乗客の事)を運送する事業」つまり、「運賃をもらって、主として、自動車で人を運ぶ」場合
2)代行運転自動車を運転する場合
  代行運転自動車とは、「運転代行業を営む者による代行運転役務の対象車両」の事で、代わりに運転してもらう車の事です
3)牽引自動車によって、1)の目的で牽引する場合、その牽引自動車の種類に合った免許と牽引二種免許が必要
となっています。

簡単に言えば、「運賃をもらって人を運ぶ事が、主である場合」と「運転代行業で代行運転する場合」に二種免許が必要という事です。
配送・宅配等、荷物を運ぶだけの場合には、二種免許は必要ありません。

塾・旅館・介護等の送迎は、本来業務に附随するものであれば、旅客自動車運送事業ではないので、二種免許は不要と思われます。
他者に依託すれば受託側は事業になりますから、運転者は二種免許が必要でしょう。
又、形式上送迎の形をとっていても、実態は旅客自動車運送事業であり無許可営業に当たるとして指導された業者もいます。

俗に言う「緑ナンバー(軽は黒)」車は事業用自動車と言い、旅客自動車運送事業・貨物自動車運送事業(人や貨物を運送し、専らその運送自体を商業的行為とする事業)において事業(営業)に使用する車として車両登録されている車です。
事業用自動車以外で自動車運送事業を行う事は、道路運送法で禁止されています。(最大積載量が、省令で定める大きさ以上の貨物自動車で、使用を大臣に届け出たものを除く)

会社で営業等に使用される車でも、社内の業務・連絡・輸送や行商等、自動車運送事業の用途以外に使用される限り、事業用自動車でなくいわゆる自家用自動車となります。
通常、配達は販売等の本来業務に附随するものなので、「緑ナンバー」車を使う必要はないと思われます。
宅配は「運送する事」が本来業務ですから「緑ナンバー」車を使わなければなりません。

実際には、社の内規として、送迎でも要二種免許としている所もあるかもしれません。

こんにちわ
二種免許が必要なのは道路交通法上
1)旅客自動車を旅客自動車運送事業に係る旅客を運送する目的のために運転する場合。
  旅客自動車運送事業とは道路運送法上(道交法ではありません)「他人の要請に応じ有償で自動車を使用して旅客(旅客とは、乗客の事)を運送する事業」つまり、「運賃をもらって、主として、自動車で人を運ぶ」場合
2)代行運転自動車を運転する場合
  代行運転自動車とは、「運転代行業を営む者による代行運転役務の対象車両」の事で、代わりに運転してもらう車の事...続きを読む

Qインバウンドのガイド業務について

最近、外国人出張者の方をアテンドする機会が増えていますが、この業務を専門に行う場合、会社として「国内旅行業」などの登録をしなければならないのでしょうか?また、メディカルツアー等を行う際も同様に申請が必要でしょうか。需要があって法人化を計画していますが、手っ取り早い方法を教えてください。

Aベストアンサー

簡単に言えば 手数料を取る と違法行為になると旅行業法には記載されています。

私も仕事の都合上月に5社以上アテンド致します。
仕事の半分はアテンドです。予約も行いますし、アポイントも取ります、予約変更やキャンセルなども承ります。
ですが、手数料を取らない為弊社は旅行業登録が不要です。

一般論で申し訳ありませんし違法行為へのお誘いであると理解されると私の解答の意図するものではありませんが、何事にもグレーゾーンというものが有ります。
例えば何かの代理店や商社の場合はこれらの手数料を商品代金などに利益として上乗せする形で人件費を回収しています。

受け取る手数料というのがお小遣い程度であればお咎めはないのではと思います(これは私的な感覚であり何かを保証するものではありません)が、質問者様が会社を設立し定款に事業目的として記載するレベルのお話であれば地域限定か三種を取られる事を推奨致します。

・メディカルツアーについて

例えばメディカルツーリズム社
http://jp.medical-hokkaido.com/

では、北海道知事登録旅行業第3-616号で登録されています。これは三種ですね。

JMHC
http://jp-jmhc.com/

では大手旅行代理店のJTBグループが設立母体の為、JTBが代理で行っているようです。
メディカルツアー等で旅行業登録していない場合というのは多くはないのではないでしょうか。

以上質問者様の参考になれば幸いです。

簡単に言えば 手数料を取る と違法行為になると旅行業法には記載されています。

私も仕事の都合上月に5社以上アテンド致します。
仕事の半分はアテンドです。予約も行いますし、アポイントも取ります、予約変更やキャンセルなども承ります。
ですが、手数料を取らない為弊社は旅行業登録が不要です。

一般論で申し訳ありませんし違法行為へのお誘いであると理解されると私の解答の意図するものではありませんが、何事にもグレーゾーンというものが有ります。
例えば何かの代理店や商社の場合はこれらの手数料...続きを読む

Q通訳案内士の資格が不要になる?

通訳案内士の資格が不要になる(なった)というのは確実なのでしょうか?

ということは、苦労して通訳案内士の資格とることは必要はなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

その話は有名ですね。
ソースは
「5月15日の朝日新聞の朝刊」です。

「「環境庁は14日開いた有識者による検討会で、資格のない人でも有償で観光案内ができる新ガイド制度を導入する方針を決めた。
これまでは「通訳案内士」の国家資格がなければ外国人観光客を相手にした有償ガイドはできなかったが、増加を見込む外国人観光客に対応しきれないとして、2年後の施行を目指して通訳案内士法を改正する。

新ガイド制度では試験は設けず、国が策定するガイドラインに沿って地方自冶体や旅行会社が独自に実施する研修を受ければ活動できる。
地方で不足する通訳案内士を補完する位置づけで、アジアの言語を話せる人を増やす狙いもある。

10ヶ国語が対象の通訳案内士の登録者数は、7割が英語に集中し重要が高まっている中国語は1割。
無資格者が有償ガイドを引き受けた場合、50万円以下の罰金が科せられるが、中国系の旅行会社が主催するツアーで、無資格の中国人ガイドが案内する例も多いという。

観光庁や旅行会社は「有資格者だけでは急増する中国人観光客に対応できない」との立場だが、通訳案内士側は「ガイドの質が下がる」などの反発も根強い。」」


通訳の試験はとても難しく、きちんと勉強した人でも中々合格しません。
言葉は交流ツールであり、そのことに一定の試験を施すのは良いと思いますが、
実情と理念が食い違っています。
こんな古臭いことを言っても現代ではもう無理でしょう。
だって話ができる人は資格を持っていようと無かろうと、
お客側依頼してきますからね。

しかし、だからと言って試験が無くなるということではありません。
存続はするでしょう。規制を緩和するだけです。

ちなみにツアコンの人達は通訳資格を持っていなくても
ガイドをし、現地の言葉を話してお金をもらってます。
特段通訳である必要なんてないんです。

医師や弁護士の資格と違って、誰でもやろうと思えばできる技能でしかないのです。

その話は有名ですね。
ソースは
「5月15日の朝日新聞の朝刊」です。

「「環境庁は14日開いた有識者による検討会で、資格のない人でも有償で観光案内ができる新ガイド制度を導入する方針を決めた。
これまでは「通訳案内士」の国家資格がなければ外国人観光客を相手にした有償ガイドはできなかったが、増加を見込む外国人観光客に対応しきれないとして、2年後の施行を目指して通訳案内士法を改正する。

新ガイド制度では試験は設けず、国が策定するガイドラインに沿って地方自冶体や旅行会社が独自に実施す...続きを読む

Q日本国内の日本語での観光案内は違法?

無資格で日本で外国人に外国語で観光案内をして報酬を得ることは違法と知りました。
下記のそれぞれは違法ですか?

・日本で日本人が日本人相手に日本語で観光案内をして、報酬を貰う

・日本で日本人が外国人に日本語で観光案内をして、報酬を貰う

あと余談ですが、報酬を貰って観光案内をしたあとに、無償で自宅に旅行者を泊めるのは違法ですか?

Aベストアンサー

これに関係する法律に旅行業法があり、(要約すると)報酬を得て次に掲げる行為を行う事業が旅行業になって、この法律の規制を受けることが第二条に書いてあります。その中に(要約すると)「旅行の目的地・日程・運送・宿泊のサービス内容と旅行者が支払う対価に関する計画を予め又は依頼により作成するとともに、それに必要な運送等サービスの提供に関する契約を、自己の計算で締結する行為」「運送及び宿泊のサービス以外の旅行に関するサービスを確実に提供するために必要な運送等関連サービスの提供に関する契約を、自己の計算で締結する行為」があります。

つまり、どういう観光サービスを予定し、それに幾ら費用がかかるかを示し、それで観光案内をする約束をし、その報酬を受け取るのであれば、旅行業法の適用を受けます。

あなたが考えている観光案内がどういうものか詳細は不明ですが、「日本で日本人が日本人相手に日本語で観光案内をして、報酬を貰う」「日本で日本人が外国人に日本語で観光案内をして、報酬を貰う」は旅行業法に引っかかる可能性があります。報酬を受け取らず、無料(完全なボランティア)で行えば、大丈夫です。

これに関係する法律に旅行業法があり、(要約すると)報酬を得て次に掲げる行為を行う事業が旅行業になって、この法律の規制を受けることが第二条に書いてあります。その中に(要約すると)「旅行の目的地・日程・運送・宿泊のサービス内容と旅行者が支払う対価に関する計画を予め又は依頼により作成するとともに、それに必要な運送等サービスの提供に関する契約を、自己の計算で締結する行為」「運送及び宿泊のサービス以外の旅行に関するサービスを確実に提供するために必要な運送等関連サービスの提供に関する...続きを読む

Q旅行代理店をひとりで経営できますか。

こんにちは。
外国人の知人らを連れてよく日帰りなどで観光地に連れていくうちに、これを仕事にできないかなと思うようになりました。
知っている旅行関係の資格と言えば旅行業務取扱の資格だけですが、こういう資格を取得したとして、個人で、旅行代理店というものをひらいて経営していくことは現実的に言って可能なのか、アドバイスをいただけませんか。
たとえば、安いツアーを売ろうと思ったら数をさばかなければダメですよね。その場合、航空会社やホテルなどとあれこれ交渉するのだろうかと憶測していますが、そうなると数をさばけない小さな代理店が単価を下げることは難しいですよね。ということは、これといった資本金なしに個人で細々とツアーやチケットを売ってもあんまりいい商売ではない・または個人で(ひとりかふたりで)さばけるような業務ではないということでしょうか。
旅行関係の会社で働いたことがあるわけではありません。こんな私が好きで始めるとして、最低限何からやっていけばいいのか、何が不足しているのか等、アドバイスお願いします。(経理や事務、営業などはできます。)

Aベストアンサー

soyrainingさん
旅行業は簡単に出来そうですが、かなり経営は難しいです。
お一人で経営されておられる方もおられますが、ノウハウンの蓄積をされて独立されております。資格の取得、行政庁に登録、保証金の手配など有ります。
海外旅行も計画されている場合、「総合旅行業務取扱管理者」の資格も必要となります。少なくても、数年の旅行業務経験が必要と思います。
直接旅行者を案内するのをお仕事にするなら、「旅行管理業務を行う者」いわゆる、「添乗員」の業務もあります。
どちらにしろ甘い仕事ではありません。

日本旅行業協会の頁を参考にして下さい。



http://www.jata-net.or.jp/

添乗員についてはこちらが参考になります。
http://www.tcsa.or.jp/

Q白タク行為について教えてください。

一般的な白タクのことではなく 以下 ↓ の行為が白タク行為にあたるのか?  あたるのであれば どこに訴えればよいのか 誰か教えてください。 (地元警察は取り合ってくれません)

屋久島という 離島の観光地です。
都会ではほとんど無いとおもわれる 山岳ガイド および ネイチャーガイドという職業が数多く存在します。  問題と思われるのは
(1)空港または観光客の宿泊先まで送迎をしているということ。
(2)その際 自家用車 普通免許であること
(3)料金の請求は 送迎に関しては あくまでもサービスであり 報酬は目的地に着いた際のガイド料としてもらっていると主張していること。
(4)目的地までの移動距離は 多くの場合 片道1時間を超えるし 大まかには特定されるが けっして 確定された場所ではないこと。
(5)現地集合としても 料金に変更は無く 一見サービスにもみえるが 土地柄 ほぼすべての客に対して送迎があること 何よりも 客はガイドそのものに対してお金を払っている意識ではなく 送迎込みで価値として ガイドを申し込む場合がほとんどだということ。
・・・という状況なのです。 もちろん 数少ないですが、緑ナンバーガイドや 送迎なしのガイドもいますが ほとんどが白ナンバーで営業してます。
私は違法行為だと思うのですが どう解釈すべきなんですか? よろしくお願いします。

一般的な白タクのことではなく 以下 ↓ の行為が白タク行為にあたるのか?  あたるのであれば どこに訴えればよいのか 誰か教えてください。 (地元警察は取り合ってくれません)

屋久島という 離島の観光地です。
都会ではほとんど無いとおもわれる 山岳ガイド および ネイチャーガイドという職業が数多く存在します。  問題と思われるのは
(1)空港または観光客の宿泊先まで送迎をしているということ。
(2)その際 自家用車 普通免許であること
(3)料金の請求は 送迎に関しては あくまで...続きを読む

Aベストアンサー

 考えられる違反としては、
   1 無免許(無許可)で自動車運送事業を経営
   2 自家用自動車で有償運送
どちらかですが・・・

 簡単に説明しますと、1が成立するには
   ア 無免許(無許可)である
   イ 他人の需要に応じるものである
   ウ 自動車で旅客を運送するものである
   エ 事業経営である
の全てが満たされる必要があります。

 特に「イ」がややこしく、例えば旅館が、最寄り駅と旅館の間を送迎することは、他人(客)の需要ではなく自家(旅館)需要なので違反が成立しません。

 幼稚園のスクールバスなども同様ですね。

 そして2の違反は、
   ア 運輸大臣の許可を受けず
   イ 自家用自動車で
   ウ 有償で
   エ 旅客の運送をする
ことで成立します。
 
 こちらは「ウ」が難しいです。
 有償での意味は「運送の対価として」お金や物を貰ったり、貰う約束をすることをいいます。

 ですから、質問者さんのおっしゃるとおり「建前はガイド料、本音は送迎代」という部分があったとしても、それを違反としてとらえることはかなり難しいと思います。

 例えば、♯2の方がおっしゃるような状況があれば、料金の差は「運送の対価」なのですから、文句なく違反成立です。 

 考えられる違反としては、
   1 無免許(無許可)で自動車運送事業を経営
   2 自家用自動車で有償運送
どちらかですが・・・

 簡単に説明しますと、1が成立するには
   ア 無免許(無許可)である
   イ 他人の需要に応じるものである
   ウ 自動車で旅客を運送するものである
   エ 事業経営である
の全てが満たされる必要があります。

 特に「イ」がややこしく、例えば旅館が、最寄り駅と旅館の間を送迎することは、他人(客)の需要ではなく自家(旅館)需要な...続きを読む

Qハイヤーの会社設立するには?

都市部で外国の高級外車(リムジンなど)の貸し出しや運転手付での運行サービスの会社を設立するには、
どのような手続きが必要でしょうか?
当然、車は業務用の緑ナンバーになると思うのですが。教えて下さい。

Aベストアンサー

 tokotaさん こんにちは

 高級外車(リムジンを含む)の貸し出し(運転者は付かず車のみ)の場合は、それが例えリムジンで有ろうとも「レンタカー業」になります。この場合は国土交通省自動車交通局旅客課でレンタカー業の許可を取る事になります。詳しくは以下のHPを参照下さい。
 http://www.tht.mlit.go.jp/yg/yg-sub24.htm

 運転手付での運行サービスをする場合は、タクシー・ハイヤー業と言う事になります。詳しくは以下のHPを参照ください。
 http://www2.netwave.or.jp/~hisazumi/page084.html

Q個人タクシーになろうか迷っています

44歳独身女性ですが、大阪市内で10年タクシードライバーをしています。

10年以上法人タクシー会社に勤務すれば、個人タクシーになれる資格があるそうです。
(3年以内無事故無違反で自己資金300万円ぐらいいるそうですが、なんとか満たしています)

法令試験と地理試験があり、5年間無事故無違反だったら地理試験は免除されるそうです。
(私は3年半ぐらい前に2点違反があったので地理試験免除されません)

試験はその3か月ぐらい前から勉強会があって、真剣に取り組まないと合格しないそうです。

今、勤めている法人の会社は、有給もくれないし(土日出勤して振り返るようにいわれます)、
盆、正月、日、祝日も休みなしでだいたい毎日6時~18時勤務(2時間休憩してもいい事になっているけど給料にならないのでほとんどできない、タクシー乗り場に30分~1時間ぐらい並ぶのでそれが休憩になる)、手取り20万円もないです。(歩合制なので人によってはある人もいますが)ボーナスもあるけど年間30万円ぐらいです。

それに少しでも車に傷をつけたりしたら、事故扱いで説教され始末書を書かされ、些細な事でも客からクレームの電話がかかってきたりして、説教されし始末書書かされます。(乗車されたお客様には名前入りのティッシュを渡さなければならない会社なのですぐにわかるのです)

無線配車も多いのですが、超狭い道路の奥の家とかも結構あってお年寄りのお客様で重い車いすをトランクに積んでワンメーターの病院までなんてのも普通にあります。

消費税が上がりましたが、消費税分(5%から8%になりましたね)も運転手の給料から引かれています。

年間1000万円以上の売り上げがあった場合、消費税は納める決まりなのだそうですが、運転手の給料から引き去るっておかしくないですかね?

個人タクシーの場合はいらないそうです(年間1000万円超えない限り、、、)


とにかく今の法人会社にはうんざりしています。

それで個人タクシーに行きたいと思っていたのですが、いざとなるとちょっと躊躇してしまいます。

経費(車の保険、ガレージ代、LPガス代、組合費)も結構かかるようだし、厚生年金から国民年金、健康保険も国民健康保険になるしどうなのかなって感じですね。

同僚のMさんという女性(39歳独身)がいるのですが、私より半年ぐらい前に入社していたので今年の5月にある試験(彼女は5年間無事故無違反なので地理免除です)を受けて個人タクシーに行くそうです。

Mさんは、入社した時から、「10年勤めて絶対に個人タクシーになる」と宣言していました。
ご両親も賛成していて「タクシードライバーになるなら個人タクシーにならないと意味がない」とか仰ってるそうです。

厚生年金の事とか相談したら「厚生年金なんてあてにならない、私たちが老人になる頃には破綻してるかもしれないよ、一応国民年金は続けるけど、個人年金もしてるしタンス貯金もしておく」とか言ってケロッとしています。

(一応私も第一生命の個人年金はしています、26歳から毎月1万円、60歳満期で総額約400万円
が800万円もらえる予定です)

結局自分次第なのですが、どうでしょうか?

個人タクシーっていいものなのですかね?

44歳独身女性ですが、大阪市内で10年タクシードライバーをしています。

10年以上法人タクシー会社に勤務すれば、個人タクシーになれる資格があるそうです。
(3年以内無事故無違反で自己資金300万円ぐらいいるそうですが、なんとか満たしています)

法令試験と地理試験があり、5年間無事故無違反だったら地理試験は免除されるそうです。
(私は3年半ぐらい前に2点違反があったので地理試験免除されません)

試験はその3か月ぐらい前から勉強会があって、真剣に取り組まないと合格しないそ...続きを読む

Aベストアンサー

実際にタクシー業界で働いておられる質問者様にお話しするのは釈迦に説法のようで恐縮なのですが、かつて私が聞いた話です。

東京でタクシー運転手をしていて、諸事情で大阪に移り住んだ中年男性の話ですが、個人タクシーになれば、タクシー会社での給料の2倍から3倍になると言っていました。勿論、それよりも少ないか多くなるかは個人の働き次第だと。
しかし、個人タクシーの資格を取るためには、東京と大阪だけは地理試験があって、東京でタクシー運転手をしていたその中年男性にとって、大阪の地理試験が大きな壁になっていると。しかも、大阪のどこの地理が試験に出るか分からないので、その男性は諦めていました。

最終的には安定と言えるかどうか分かりませんが、会社に所属していればある程度の給与と、トラブルや事故が起こっても会社が対応してくれますよね。
対して、個人になれば所得は多くなると思いますが、色んな対応も自分でしなければいけませんよね。ですから、どっちを取るかしかないのではないでしょうか。

すみません、何のアドバイスにもなっていませんが、野球で言えばFA(フリーエージェント)の権利を得たようなものですから、行使するかしないかは質問者様次第だとしか言えないですね。

実際にタクシー業界で働いておられる質問者様にお話しするのは釈迦に説法のようで恐縮なのですが、かつて私が聞いた話です。

東京でタクシー運転手をしていて、諸事情で大阪に移り住んだ中年男性の話ですが、個人タクシーになれば、タクシー会社での給料の2倍から3倍になると言っていました。勿論、それよりも少ないか多くなるかは個人の働き次第だと。
しかし、個人タクシーの資格を取るためには、東京と大阪だけは地理試験があって、東京でタクシー運転手をしていたその中年男性にとって、大阪の地理試験が大...続きを読む

Q道交法について教えてください。旅行社

あるリゾート地に観光で行った時、ある会社の(旅行会社としての認定も受けていない)ツアーに参加しました。ツアー中、交通事故にはならないまでもヒヤリとした事が何度かありました。嫌な思い出です。

ガイドさんは二種免許をお持ちでないらしく、車は白ナンバー(しかもなぜかその地域とは程遠い県のナンバー)
その会社の主張としては、ABCDEFと沢山の観光地を回るなかで Aと言う観光地ーBと言う観光地までの間の送迎は無料にしている、Aについた時点でガイドをするので、緑ナンバー、二種免許は必要ない(あくまでツアーを売っているのではなく、ガイドを売っている) との考えのようですが、果たしてこんな営業許されるのでしょうか。
最近、代行会社の運転手が二種免許なしの無免許で現行犯逮捕されたりしていますが、同じような気がしますがどうなんでしょうか。

ダイビングの会社が船着場まで送迎を白ナンバーでする位は、問題ないと言うのは聞いたことがあります。

旅行会社としての登録がないのにツアーを催行するのは違法ではないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは
まず第二種免許とは
路線バス、タクシーなどの旅客自動車を、旅客運送のため運転しようとする場合や、自動車運転代行業として他人の普通自動車を代行運転する場合に必要な免許です。

>Aと言う観光地ーBと言う観光地までの間の送迎は無料にしている
>ダイビングの会社が船着場まで送迎を白ナンバーでする位は、問題ないと言うのは聞いたことがあります。
送迎が無料なら問題がありません。

>あくまでツアーを売っているのではなく、ガイドを売っている
もし、送迎が無料でガイド料のみなら問題がありません。(高額なガイド料だと思いますが・・・)

ここからは専門外ですが・・

>ツアーに参加しました。
ツアーとは
「往復の交通」と「宿泊」などがセットになった、旅行会社が販売する、"パッケージツアー"のこと。

>旅行会社としての登録がないのにツアーを催行するのは違法ではないのでしょうか。
もしもツアーと謳ってあれば交通費も入るので違法になると思います。

とりあえず、災難でしたね。せっかくの観光がぶち壊しですね。
私も、mkdmkgさんの質問が良い勉強になりました。
観光を計画する場合は、私もちゃんとした旅行会社にツアーを組んでもらいます。

こんにちは
まず第二種免許とは
路線バス、タクシーなどの旅客自動車を、旅客運送のため運転しようとする場合や、自動車運転代行業として他人の普通自動車を代行運転する場合に必要な免許です。

>Aと言う観光地ーBと言う観光地までの間の送迎は無料にしている
>ダイビングの会社が船着場まで送迎を白ナンバーでする位は、問題ないと言うのは聞いたことがあります。
送迎が無料なら問題がありません。

>あくまでツアーを売っているのではなく、ガイドを売っている
もし、送迎が無料でガイド料のみな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング