私は、今家庭教師で中学3年生を教えています。そこで、国語の問題集を解いている時に問題が発生しました。音読み・訓読みについてです。
問)次の1~3の漢字の、読みの組み合わせとして正しいものはどれか。
1.素直 2.油絵 3.生地 

ア.音+訓 イ.訓+音 ウ.訓+訓 エ.音+音


解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。」と書いてありました。
つまり「油」は、「あぶら」と読めば意味が分かるので訓読み。
        「ゆ」と読めば、意味分からないから音読み。
と言うわけです。
3番の「生地」は、答えではイの「訓+音」となってました。
しかし、「生」を「き」と読んでも意味は分かりません。だったら音読みなんじゃないか、と生徒に言われて困ってしまいました。確かにそうだと思うのです。

前置きが長くなりました。ゴメンナサイ。私の質問は、
音読み・訓読みは、どう見分けたらよいのか。また、「生地」の「訓+音」はどう説明したらよいのか。
です。

今度の土曜日にその生徒と会うので、それまでに解決したいのです。どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>解説には、「読んでみて意味が分かるものは訓読み。


解説がイマイチ不完全です。
たしかにそれで、訓読み、音読みがあたる確率が高いが、それが定義ではありません。
訓読みはやまとことば(本来の日本語)に漢字をあてはめたもの。音読みは中国語の音を日本語で無理なく発音できる形に直したもの。です。

「生」(き)は、やまとことばですね。したがって「訓+音」。お酒で「灘の生一本」(なだのきいっぽん)て、知りませんか?だめかなぁ。

中学3年生なら、このような訓読み、音読みの由来や、湯桶読み・重箱読み、また、これらが昔は、無学のものの読み方と卑しめられていたなどのエピソードも教えてあげていいのではないでしょうか?

中3でご質問のようなレベルの反駁が出ること自体少々嘆かわしいですが、今の子は5歳くらい遅れているとして、その疑問を勉強に対する興味に変革させて行くよう助けてあげましょう。

不完全な説明は、誤解を招きます。(そのままで、「湯」(ゆ)と「油」(ゆ)は、説明できますか?)

ちなみに私は、上記のことを小学校で習いましたよ。
    • good
    • 0

●皆さんの回答の通りですが補足的に。


まあ、大体は慣れれば感覚で、それこそ「意味が分かるか」で、判断できるようになるでしょう。しかし、細かいところは覚えるしかありません。
中学・高校なら常用漢字くらいしか出ないし、引っかかるような問題は決まっているので、常用漢字表でチェックさせればよいと思います。
常用漢字表は、多くの漢字辞典に載っています。

●というのも、本当に厳密に言うと音訓の定義もちょっと怪しいので、中学・高校のうちは文部科学省に従っておきましょうということです。
「うま」という言葉は漢語「マ」が変化したものだけど和語化したから訓読み。
「きく」という言葉は漢語「キク」から和語化してるけど音読み。
など。
    • good
    • 0

失礼しました。

下の回答中にある山田忠雄氏と俊雄氏の関係は、兄弟でした。どちらも山田孝雄氏のご子息で国語界の重鎮には、間違いありません。板を汚してすみません。
    • good
    • 0

 和語と漢語を含む外来語を明確に区別している辞書に『新潮現代国語辞典』があります。

和語はひらがな、それ以外はカタカナ表記になっているので、音訓混じりの言葉で判断が難しいものもとりあえず、引けばわかります。中判辞書で音訓区別を見出しでしているのはこの辞書ぐらいです。古語を含むと姉妹書の『新潮国語辞典現代語・古語』がありますが。編者の山田俊雄氏は音訓読みへのこだわりでも定評のある人なので、かなり信頼できると思います。確か、あの『新解』さんの編者の山田忠雄氏のご子息だったと思います。もし、よければ手元に1冊置いておくことをお奨めします。
    • good
    • 0

まず、


>読んでみて意味が分かるものは訓読み
という解説は不十分です。
音読みは、もともとの中国での読み方。
訓読みは、日本に漢字が伝わる前からあった言葉に、
意味を考えて当てはめたものです。
「読んでみて意味が分かる」というのは主観的なものなので、
生徒さんの疑問ももっともです。
ちなみに「生地」の「き」は「生きる」の「き」だと思うのですが、
どうでしょうか。
先に言いましたように、訓読みはもともとの日本語(やまとことば)に
中国の文字(漢字)を当てはめたものなので、漢字を見ただけではわかりにくいものも多いです。「今日」(きょう)など。
音読みは、だいたい決まっていると思うので、音読み以外は訓読み、という判断でも、中学生なら大丈夫かと思います。
    • good
    • 0

国語辞典で「生」(き)を引いてみると・・・


1・に「交じりけの無いこと」とあり、
用法に「生で飲む」(きでのむ)とあるので
「生」(き)は単独でそのまま意味のとおる言葉だと
思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音読みと訓読み

私はもう少しで漢検を受けるのですが、音読みと訓読みがいまいちわかりません。学校では「音っぽい読み方をするのが音読み」と習ったのですが、全然わかりません。何か音読みと訓読みの違いを教えてください。

Aベストアンサー

カタカナで書きたくなるのが音読み
ひらがなで書きたくなるのが訓読み

意味を表すのが訓読み、表さないのが音読み

日本語っぽいのが訓読み、中国語っぽいのが音読み

Q山は音訓混在、川は音読み、海は訓読みなのはなぜ?

 高速道路で看板を見ていたら、ふと疑問に思いました。


 山の場合は、「○○サン(ザン)」だったり、「○○ヤマ」だったりします。
 川の場合、「△△カワ(ガワ)」しか聞きません。
 海の場合、「□□カイ」しか聞いたことがありません。

 固有名詞として「○○山」「□□海」「△△川」を発音する場合、なぜ、山の場合は音読み訓読みが混在し、海の場合は音読みのみとなり、川の場合は訓読みのみとなったのでしょうか?

 ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

 (面白い回答もお待ちしています(^_^;))

Aベストアンサー

えーと、ご質問を読ませていただき、ボンヤリと思ったことを書きます。いつもは裏付けをとって確認するのですが、今夜はそろそろ寝ようかなという所でそうするだけの気力がありませんので、いい加減な話でお許し下さい。

海が音読みのみということについて。
訓読みが日本人の古来の読み方であり、身近なものにつけた名前であることはご存知ですよね。で、古代の日本人にとって「海」・・今の私たちが世界地図を見て例えばベーリング海とかバルト海とかいう名前で呼ぶような海は身近ではなかったのでしょう。彼らにとって身近であったものは「入り江」であり、「入り海(いりうみ)」であり、「潟」であり、「瀬戸」や「灘」といったものだったのでしょう。つまり、広く一般的な名称としての海ではなく、もっと身近な海のあらわれ方が日本人にはあったと思われます。熊野灘とか玄界灘とか音戸の瀬戸とかそういう形での固有名詞はたくさんあることがその証拠であると思えます。明治維新後、日本人にとっての世界が広がり、世界の海を知ったときにはじめてそれらを「○○かい」と呼ぶようになったのでしょう。(ついでながら、このような海関連の地名については、高速道路の標識に出てくることはありえませんね。)

「川」や「池」や「沼」などの水関係の地名についても同様でしょう。これらは生活していく上で身近であったからこそ「○○せん」と読んだり「××ち」と読んだり「△△しょう」と呼ぶことは無かったと思われます。

また、「山」については説明が難しいですが、基本的には山は見るものであったことが大きいと思います。日本人にとって「山(やま)」とは里山であるか、おじいさんが芝刈りにいく所のことであって、風景の遠くにあってそびえ立っているものはおそらく「山(やま)」ではなく「山(さん)」であったのでしょう。この場合は「岳」と呼ぶ方がふさわしいのかもしれません。一例を羽黒三山という、修験道でなじみの山を考えますと、実際に修験者たちが修行の場とし、慣れ親しんでいたのは「羽黒山(はぐろやま、今では、はぐろさんとも言います)ですが、遠くにあって見るものとして「鳥海山(ちょうかいさん)」「月山(がっさん)」があります。

もう一つ「山」に関しては名前の呼び変えもあるような気がします。いつのころからか「××やま」というよりは「××さん」と呼ぶ方がかっこいいというような感覚ができて名前を呼び変えて行ったということも考えられます。それでもあまりにも身近なものは天香具山(あまのかぐやま)とか畝傍山(うねびやま)のように「やま」のままで残るということでは無いかと思います。

以上、例にあげた地名の変遷などについて、チェックしたわけではありませんので自信なしにいたします。

えーと、ご質問を読ませていただき、ボンヤリと思ったことを書きます。いつもは裏付けをとって確認するのですが、今夜はそろそろ寝ようかなという所でそうするだけの気力がありませんので、いい加減な話でお許し下さい。

海が音読みのみということについて。
訓読みが日本人の古来の読み方であり、身近なものにつけた名前であることはご存知ですよね。で、古代の日本人にとって「海」・・今の私たちが世界地図を見て例えばベーリング海とかバルト海とかいう名前で呼ぶような海は身近ではなかったのでしょう。...続きを読む

Qあなたの名前は、音読み?訓読み?それとも重箱読み?

あなたのお名前は、音読みですか、訓読みですか、或いは重箱読みですか?

私(男性)は漢字一文字の名前で、音読みです。
因みに訓読みにすると、女性風になります。

Aベストアンサー

50代のオバちゃんです。

音読みと一つしか読みが無い漢字の二文字です。

初めて会った人にちゃんと読まれた事一度も無いです。

最近は少し聞く名前になってきました。

しかし同じ漢字の人には会った事ないです。

初めの漢字一文字は男性の名前にたまに見かけます。

なのでよく男性に間違われてダイレクトメールがきたりします。

Q颯の音読みと訓読みを教えていただけますか?

颯の音読みと訓読みを教えていただけますか?

Aベストアンサー

音読み サツ、ソウ

訓読み はやて

http://kanji.jitenon.jp/kanjii/4364.html

Q音読みと訓読みについて

恥ずかしい話ながら度忘れしてしまいました。
音読みがカタカナで訓読みがひらがなだったでしょうか?
例えば「飛」という感じなら、
音読みは「ヒ」で訓読みは「とぶ」の「と」でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

念のため,gooのトップページからひける三省堂の『大辞林』で調べてみたところ,

くん【訓】 漢字に、それが表す意味に相当する日本語を当てた読み方。「山」を「やま」、「飲」を「のむ」と読む類。字訓。

と説明されていましたので,やはり送りがなまで含むと考えた方が良さそうです。

ところで,質問者さんがお聞きになりたいのは,結局どういうことなのでしょうか?
回答No.1…音・訓の定義。
No.2…辞典などで両者を区別して表記する方法。
No.3…音と訓の見分け方。
私は質問欄に書かれた質問文に対して,素直に回答したのですが,ずれてましたかね。

ちなみに,No.3で書かれた方法は,大体は当てはまりますが,万能ではありません。
たとえば「絵」(エ)は,小さい子でも意味はよく分かるし,単独で使いますが,音読みです。(カイももちろん音読みです)
したがって,きちんと音訓を見分けようとしたら,中国語ではどう発音するか(それも,現代の中国語でもいいけれど,できればむかしの中国語)を知る必要があります。
でも,小学生に(いや,大人でも)要求するのはむちゃなので,一種の便法としてそういった教わり方をすることが多いですね。

念のため,gooのトップページからひける三省堂の『大辞林』で調べてみたところ,

くん【訓】 漢字に、それが表す意味に相当する日本語を当てた読み方。「山」を「やま」、「飲」を「のむ」と読む類。字訓。

と説明されていましたので,やはり送りがなまで含むと考えた方が良さそうです。

ところで,質問者さんがお聞きになりたいのは,結局どういうことなのでしょうか?
回答No.1…音・訓の定義。
No.2…辞典などで両者を区別して表記する方法。
No.3…音と訓の見分け方。
私は質問欄に書かれた質問文に...続きを読む

Q因数分解を教えて下さい。 ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc 途中式、解説

因数分解を教えて下さい。

ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+3abc

途中式、解説を付けて頂けると助かります。
中3です。明日がテストで…
助けてくださいm(._.)m

Aベストアンサー

素直に一度全部を展開しましょう。

a^2b+ab^2+b^2c+bc^2+c^2a+ca^2+3abc  次にaについて整理します。

(b+c)a^2+(b^2+3bc+c^2)a+bc(b+c) 

たすき掛けで、 左が b+1と1 右側が bc b+c になれば良いので、
{(b+c)a+bc}{a+(b+c)} =(ab+bc+ca)(a+b+c) となります。

参考まで。

Q音読みと訓読みの見分け方

学校の漢字のテキストの中に、音読みか訓読みか判別せよ。のような問題があるのですが、音読みと訓読みの判別方法がわかりません。
歯がたたないので分かる方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音読みの末尾に来る字は「ツ、チ、ク、キ、イ、ウ、ン」の七種類しかありません。
(「ツチクキイーウン〔土茎いい運〕」などの語呂合わせで覚えてください。)
したがって、「夢(ゆめ)」、「里(さと)」、「春(はる)」などは音読みではあり得ません。
紛らわしいのはその条件に当てはまっているものです (「ん」はA-1により音読み)。
下記の例の場合、括弧内の読みから錯覚しやすいと思います。
 「蜜(みつ)」は音読み、「辰(たつ)」は訓読み (「蜜豆」「蜂蜜」)
 「鉢(はち)」は音読み、「蜂(はち)」は訓読み (「鉢巻」「すり鉢」)
 「幕(まく)」は音読み、「枠(わく)」は訓読み (「黒幕」/「枠外」)
 「席(せき)」は音読み、「関(せき)」は訓読み (「関所」)
 「塀(へい)」は音読み、「灰(はい)」は訓読み (「板塀」/「灰褐色」)
 「塔(とう)」は音読み、「夕(ゆう)」は訓読み (「夕刊」「夕食」)

(B) 読みが一拍の場合
これが難しいのです。
A-2、A-3により「社(しゃ)」、「碁(ご)」、「櫓(ろ)」などは音読みと判定できますが、それ以外はどちらもあり得るからです。
* 特に間違えやすいのは「場(ば)」で、例外的に濁音でも訓読みです。
 「場所(ばしょ)」、「職場(しょくば)」などにより、音読みと錯覚しやすいのです。
 「絵(え)」は音読み、「江(え)」は訓読み
 「夜」の「や」は音読み、「よ」は訓読み
 「戸」の「こ」は音読み、「と」は訓読み

◇最終的には漢和辞典で確認するしかありませんが、
 ・同じパーツを含んだ同音、類似音があるものは音読み
 「職(しょく・しき)」と「織(しょく・しき)」、「馬(ば・ま)」と「罵(ば)」
 「塀(へい)」と「併(へい)」、「蜜(みつ)」と「密(みつ)」
 ・もう一つの読みと比べてみる
 「関」は「せき」のほかに「かん」の読みがあり、「関係(かんけい)」などの熟語から、「かん」が音、「せき」は訓と判定。
 「場」は「ば」のほかに「じょう」の読みがあり、「戦場(せんじょう)」などの熟語から、「じょう」が音、「ば」は訓と判定。

「絵」は、「絵画(かいが)」の「かい」が音で、「絵巻(えまき)」「墨絵(すみえ)」などの「え」は訓だと考えがちですが、
これは漢音「クワイ」、呉音「ヱ」に由来し、どちらも音なのです。
「会社(かいしゃ)」と「法会(ほうえ)」「一期一会(いちごいちえ)」
「回転(かいてん)」と「回向(えこう)」
とくに「絵」のほうは適当な訓がないため、音に訓のはたらきをもたせて使います。
「菊の絵」の「きく」も「え」も音ですが、訓のはたらきをしています。

これは余談ですが、「当用漢字音訓表」では「奥」の読み「オク」を誤って音としていました。
「ツチクキイウン」に該当し、「奥義(おうぎ)」を「おくぎ」と読むこともあるので、「憶」「屋」などの連想から錯覚したのでしょう。
「常用漢字表」では訂正されています。

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音...続きを読む

Q担任の生徒はクラスの生徒の性格はわかるのですか? よく担任がクラスの生徒のことをよくわかっているとき

担任の生徒はクラスの生徒の性格はわかるのですか?
よく担任がクラスの生徒のことをよくわかっているとききますが、本当にそうでしょうか?
面談の度に、友達は性格について何か言われるそうです。たとえば、あなたは頑固よね、とか 前よりも殻がなくなった とか。
私は先生に 初回の面談であなたがどんな子か説明して?と言われ、それ以降の面談でも性格について一切触れられません。
友達はこのことについて 担任は私がどんな人か全く掴めてないんだと思うといいますが、やはりそうなのでしょうか?
それならそれで、こちらとしては好都合で、担任ではなく私の信頼できる先生に進路相談しようと思っています。

Aベストアンサー

もと教員です。

熱心な教員は、生徒のことを良く知り、理解できるように、と努力しますが、
クラス・学校の中で、その子すべての面を見られるわけもない。
学校で見せないその子の性格も、分かるわけがない。

 × クラスの人数。

よく見たり、一緒に話す場面が多いほど、分かる面は多いというだけのこと。

信頼できて、話しやすい教員に相談するのもいいことだと思います。
いろんな生徒がいるように、いろんな教員がいますから、合う合わないも、あって当然。

Q音読みも訓読みも同じ漢字

日本語には音読みが同じで訓読みの違う漢字が非常に多いです。

例えば、 コウ(交、高、公、etc)、キ(貴、気、器、etc)、カ(可、科、家)、ケン(県、件、圏、etc)など 枚挙に暇がありません。

また、訓読みが同じで音読みの違う感じも 少なからずあります。

例えば、よろこ‐ぶ(喜ぶ、悦ぶ)、かた‐い(固い、堅い)、ひ‐く(引く、曳く)など。

しかし、音読みも訓読みも同じとなると、

中と仲〈チュウ、なか〉、錬と練〈レン、ね‐る〉くらいしか思いつきませんが、他に 音読みも訓読みも同じ漢字って ありますか?

Aベストアンサー

ご指摘のものも含めて、「旁が同じで、偏が異なるもの」に多いのでは。さっと思い付いた範囲で。

 坂 阪:さか、ハン
 形 型:かた、ケイ
 選 撰:えらぶ、セン
 扇 煽:あおる、セン
 付 附:つける、フ
 賛 讃:ほめる、サン
 州 洲:す、シュウ

Q上から読んでも下から読んでも意味がある文

先日、回文のサイトを見ていて「よくこんなの考えられるなあ」と感心してしまいました。
そこでみなさんの素晴らしい知識、アイデア、思いつきで教えていただきたいことがあります。
「上から読んでも下から読んでもちゃんと文になっているけど意味が違う文」というものです。
たとえば「ぞうがちこくだ」は上から読むと「象が遅刻だ」ですが逆から読むと「抱く子違うぞ」ですよね。このような文で何かおもしろいものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

もうすぐ冬休み、そしてクリスマスですね。
小学生の姪御さんへのクリスマスプレゼント(になるかどうかわかりませんが)として、
動物シリーズでいってみます。

『かっ飛んだライオン』←→『ん? おいらダントツか?』(工藤直子「てつがくのライオン」をイメージ)

『立った、海亀』←→『女神、歌った』(回文で「女神歌ったら立った海亀」)

『軽い猫』←→『コネ、要るか?』(私は実力です…って、ウソです(^ ^;))

『ニワトリ歩く』←→『来る、アリとワニ』(おっ、両方に動物が!)

『固いカモメ』←→『メモ書いたか?』(何が固い? う~ん、性格かな (^ ^;))

『馬が探索よ』←→『よくサンタが舞う』(おお、クリスマスに相応しい!)

『象、返したわ』←→『私、絵 買うぞ』(ゾウを借りるなんて、どんな人?)

『イカ食いパンダ』←→『ダンパ行くかい?』(んー、子供に「ダンパ」はちょっと…かな?)

『イタチ、留守済んだ』←→『ダンスする地帯』(ホントは「痴態」と…おっと失礼 ^ ^;)

『セミ鳴く先はここ』←→『ここは気さくな店』(んー、きれいにまとまった…かな?)


最後に、dedejaさんのお名前を織り込んで、強引に。
『素手でじゃ!』←→『ヤジで、です』
【解釈】
野球の試合中に、一方のチームの応援団長が、相手チームの応援団へなぐり込みに行く、と息巻いています。
そこで団員の一人が「では団長、これを持って…」と、竹刀を差し出しますが、団長、鼻息も荒く、
「そんなもん、いらん、素手で行くんじゃ!『素手でじゃ!』」
その時、応援席に来た一人が、他の人に「ねえ、何が原因で、団長、あんなに荒れてるの?」
「それは、相手チームの『ヤジで、です』」…


dedejaさん、いろいろと楽しませていただき、ありがとうございました。
また、別の機会でお逢いしましょう (^_^)

もうすぐ冬休み、そしてクリスマスですね。
小学生の姪御さんへのクリスマスプレゼント(になるかどうかわかりませんが)として、
動物シリーズでいってみます。

『かっ飛んだライオン』←→『ん? おいらダントツか?』(工藤直子「てつがくのライオン」をイメージ)

『立った、海亀』←→『女神、歌った』(回文で「女神歌ったら立った海亀」)

『軽い猫』←→『コネ、要るか?』(私は実力です…って、ウソです(^ ^;))

『ニワトリ歩く』←→『来る、アリとワニ』(おっ、両方に動物が!)

『固いカモ...続きを読む


人気Q&Aランキング