ローカルな質問ですみません。
二俣川から湘南台の相鉄線沿いで「いい」(お勧め)歯医者さんをご存知の方いましたら教えて下さい。
自費診療は避けたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

二俣川駅のグリーングリーンの地下にある「あおば歯科」は評判いいです。


先生がやさしくて、あまり痛くないみたいですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者の診療分野について

まだ医学部の一年生で将来卒業してからのことをことを考えるのは早いと思うのですが少し素朴な疑問に答えて下さい。

「医者は専門分野以外はどれくらい診療できますか。」

別にこれを知ったからどうってことは無いのですが、たまに大学病院をのぞくとたくさんの診療科があり、たくさん覚えなくてはいけないと思うとぞっとします(それだけ責任感を感じると言うことです)

もし暇があれば回答をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。医学部入学おめでとうございます。まだまだ学術的な基礎医学の勉強段階で、これから解剖実習や臨床実習がはじまり大変になりますね。
ご質問の「専門分野以外」というのは、まずご自身が何を専門分野として医局に入局するかによっても変わってくると思います。

大学の体制によっても異なると思いますが、たとえば、消化器内科として医局に入局した場合、ローテーションして循環器内科を勉強したり、希望をだしてご自身の興味のある科にローテして勉強することができます。
耳鼻科や、眼科、皮膚科の医師は、開業後のことを考えて、麻酔科のローテをすることが多いです。

まだまだ1年生ということですし、覚えることもたくさんあって大変だとは思いますが、臨床実習などを経て、たくさん経験をつんでください。実習は、浅く広くになってしまいますが、なにはともあれ医局に入ってからが勝負どころです。一度入局しても他科に転科もできますし、自分が入局した科以外にも興味があれば勉強はいくらでもできると思います。

ただ、さすがに内科に入局した場合、外科系へのローテは難しいですけどね。外科系に入局した場合は、OPとしての技術力が要求されますので、他科をローテーションしている時間はないかもしれません。

いずれ開業などを考えていらっしゃるのであれば、消化器内科で入局、循環器、小児科をローテーションする・・これが一番だと思います。

専門分野以外でどれくらい診療できるかは、ご自身がどれだけ意欲をもって医学を学ぶか、あとは経験!これに尽きると思いますよ。
ステキな医師になってくださいね。
最初のころは、患者さんを大切に扱っていた医師も、経験年数とともに、横柄になりがちです。
「診てやっている」というのではなく、「治療させていただく」この気持ちをいつまでも持ちつづければステキな医師になれますよ。
頑張ってください。

こんにちは。医学部入学おめでとうございます。まだまだ学術的な基礎医学の勉強段階で、これから解剖実習や臨床実習がはじまり大変になりますね。
ご質問の「専門分野以外」というのは、まずご自身が何を専門分野として医局に入局するかによっても変わってくると思います。

大学の体制によっても異なると思いますが、たとえば、消化器内科として医局に入局した場合、ローテーションして循環器内科を勉強したり、希望をだしてご自身の興味のある科にローテして勉強することができます。
耳鼻科や、眼科、皮膚...続きを読む

Q1人で3つの科を診療する医者

東京の多摩地区に医師1人で内科、外科、整形外科の3つを診療しているクリニックがあるのですが1つの科だけでも莫大な医学知識が必要なのに僻地の病院じゃあるまいし3つもだなんてなんか無理ないですか?そこの先生は看護師を信用していないのかインフルエンザの予防注射ですら医師自ら行います。

Aベストアンサー

消去法で考えます。

もともと内科が専門だとすると・・・外科は標榜しない可能性が高い
もともと外科が専門だとすると・・・開業の際に内科を同時に標榜する率はきわめて高い(外科だけの開業ではやっていけないため)。整形外科も標榜することもある
もともと整形外科が専門だとすると・・・内科を同時に標榜する場合もある(整形だけの開業では厳しい場合)。外科はあまり標榜しない(傷は診られるが、痔や盲腸炎、消化器系の癌などは診られない場合が多い)。

以上より、もともとは外科(ひょっとしたら整形外科)が専門の先生だと思われます。

他科の腕前については、自分の専門科を学んだ後にどのくらい真剣に他科の勉強や研修を行なったか次第でピンキリです。なお医師となってから、とりあえず一人前になるのに約10年はかかりますから、従って3つの科となると、多少の期間を差し引いても20年以上はかかるでしょうか。医学部の卒業年齢が最低でも24歳ですから、早くても44,5歳にはなっています。
質問者が疑問に思われるのも当然です。ただし、救急の先生などだと、どの科も広く浅く診られますが・・

最後に・・専門外の実力も兼ね備えていると自負する医師が、他科を標榜するのはもちろん問題ありません。
そうでない医師が標榜するのは、経営のため良心を売ったとも言えるでしょう(ただし、無医村やその科が近隣に無い地域などは除く)。

消去法で考えます。

もともと内科が専門だとすると・・・外科は標榜しない可能性が高い
もともと外科が専門だとすると・・・開業の際に内科を同時に標榜する率はきわめて高い(外科だけの開業ではやっていけないため)。整形外科も標榜することもある
もともと整形外科が専門だとすると・・・内科を同時に標榜する場合もある(整形だけの開業では厳しい場合)。外科はあまり標榜しない(傷は診られるが、痔や盲腸炎、消化器系の癌などは診られない場合が多い)。

以上より、もともとは外科(ひょっとした...続きを読む

Q歯医者の将来

来年大学受験を控えているものです。かなり勉強しないといけない時期
ですが、どうしても気になるので質問させていただきます。

私は現在、同じランクの難関国立の工学部か地方国立の歯学部を目指しています。実際の第一志望は歯学部の方です。

ところが最近、歯医者の数が多すぎてあまり儲からない職業とききます。
正直少しがっかりです。
こういうことは合格してから悩むべきですが、歯医者というのはこれから儲からない職業となるんでしょうか? 回答よろしくお願いします・・。

Aベストアンサー

元大学受験予備校主任講師で、現在は経営コンサルタントをしている者です。

結論から申し上げますと#2さんが言うのに似ていますが『歯医者になった時の貴方の専門性や魅力が(患者さんの)ニーズにあっているか』ということに尽きます。

しかも、歯医者は大学病院等の勤務医では苦労の割に大して儲かりません(代わりに)し、かと言って開業しようとすると多額の初期投資を必要とします。しかも、診察機械類は常にメンテ・更新が必要で継続投資も必要になります。
つまり、『年収は高いが、利益(儲け)は必ず高いとは言えない(=人による)』となる訳です。
ですから、儲けるためにはいくつかポイントが必要です。

■大学病院等での勤務医として働くのであれば、一生“かなりの勉強・研究”を続け、海外を含めて国際的に学会等で論文を発表し、世の中の関心を引く内容について実用化を図ったり、著書を書いたりするなどして勤務医としての給与よりも、違う部分からの報酬から収入を得るようにすれば可能性はあります。
■開業医を目指すのであれば、まずはお客様となる患者さんにたくさん来て貰わねばなりません。しかも、その患者さん達にはリピーターとなって評判を周囲に語ってもらい、口コミで新たなお客様(=初診患者)を呼んできて貰う必要もあります。そのためには2種類の戦略が考えられます。
 ●地域密着型・・・地元の患者さんをバッチリと抱え込む戦略
 ●広域獲得型・・・地元だけでなく、県外や全国から患者を呼ぶ戦略

地域密着型の場合、honohoさんの言う様に歯医者が増えれば競争が激しくなりますから対抗措置が大変ですが、要は「競争相手に負けない」何かを作る必要があります。これには他院が持たない専門性(比較的よくあるのが矯正歯科や小児歯科、この他には美容歯科や歯科外科なども)を提供するのも1つですが、基本的には地元密着ですので主婦や子供、高齢者に選んで貰うためにも『愛想が良い(にこやか)、患者の話を良く聞く、無理のない治療をしてくれる、怒らない、3分間診療ではない真剣な診療をしてくれる、など』のコミュニケーション能力の高さや仕事に対する真摯さが1番の条件となるでしょう。まあ、これは歯医者に限らず全ての開業医に言えることなんですけど(笑)。1つの道筋として考えられるのは、競争過多の東京都心部を中心とする首都圏都市部や大阪・名古屋などの都心部などを回避し、かと言って市場自体の小さい過疎地区に行かず、『専門性で競争相手が少なく、かつ一定以上の市場規模の見込める地方都市』で開業する、という手もありえます。しかし、これでも数少ない競争相手との戦いで負けないために「競争優位を確立した専門性」を持つ必要があるのは同じです。〔こういうのを経営戦略用語で“市場細分化戦略”に基づく“差別化集中戦略”と言います〕

広域獲得型の場合は、地域密着型よりも「わざわざ市外・県外などから足を運ばせるだけの“何か”」が要求されます。
これは、前述の専門性が特に優れていること、知名度の高さ、などが要求されます。例えば、大学病院には客員などで週1回とか、月2回程度の診察を持ちつつ、そこでの業績でマスコミなどに取り上げられる、著書などが売れる、などして知名度や治療への信頼度が高いと集客できる可能性は高くなります。
但し、これには常に技術の専門性を磨きつつも知名度を上げるためにマスコミなどへの露出を必要としますので、通常の診察業務、研究・論文執筆業務以外に「それこそタレントのように」マスコミ等への出稿・出演が必要になります。しかも、だからと言って地域密着型の時に要求されていた愛想のよさなどのコミュニケーションがおろそかになると『忙しさにかまけて診察を疎かにしている』という噂はあっという間に出回ります。世の中に出てきている有名医師などは大まかに言えば、スーパーマンの様な忙しさを事も無げにこなす高い能力を身に付けているか、実際の医療行為には殆ど携わっていないかのどちらかです。

以上のことから見ても判ると思いますが、歯医者になったから儲かるとか安定しているとか、そういう時代はとっくに終わっています。これはあらゆる職業について言えることです。
儲けるためには『相応の努力をしている』というのが実態です。
人による、とはそういう意味です。つまり『人間性の高さ』だとも言えます。お金は“頑張って社会に貢献した人”には自然についてくるものです。
楽して儲けよう、なんていうのは甘いですし、無理にソレを実現しようとすると、最近のニュースに見られるような「汚い大人の論理」で悪いことをして開き直って儲ける、という道以外にありません。
犯罪者になるよりは、努力して儲ける人になって下さい。
そして、儲けというのは『その人が社会に対してなした貢献に対する報酬』ですから、若いあなたが何を考えて学習し、受験すべきか、というのは「あなたが将来、社会に対してどういう形で貢献したいのか」を考えて下さい。簡単に言えば、自分の将来のお客さんにどんな形で貢献したいのか、を考えるということです。それでも歯医者を目指すと言うのであれば良いですが、儲かる儲からないで判断するのであれば、往々にして「苦労の割には大して儲からない」(普通のサラリーマンより儲かったとしても)と感じることでしょう。これは#1さんが言うのと同じニュアンスだと思います。

歯医者を含め、医者は「人を苦しみから解放するため」に治療を施す、というのが第一義です。
工学部などからであれば、主にエンジニアということになるかと思いますが、この職業からは「世の中に必要とされている“ものづくり”を担う、もしくはそのマネジメントをする」というのが第一義です。

自分が将来、どんな姿で、どんな形で社会に貢献したいのか、を考えることが貴方のお悩みに対しての一番のお答えかと思います。
頑張っている人には「ゆっくりですが確実に」その頑張りに報いてくれる様に社会のシステムは出来ています。短時間に楽して儲けようというのはダメですが、自分の将来を賭して行う社会貢献にはきっと世の中が喜んでお金を払ってくれます。
そのために自分のやりたいこと、なりたい姿を考え、それを実現するために必要なステップは何かを考えてみて下さい。そのステップを踏む上で進学先が正しいかどうかを考えれば、おのずと受験先は決まると思います。偏差値ランクや大学知名度などだけで選ぶと将来に「あの時は猛すれば良かった」と後悔することになります。
直接お力にはなれませんが、陰ながらhonohoさんを応援しております。受験頑張って下さい。

元大学受験予備校主任講師で、現在は経営コンサルタントをしている者です。

結論から申し上げますと#2さんが言うのに似ていますが『歯医者になった時の貴方の専門性や魅力が(患者さんの)ニーズにあっているか』ということに尽きます。

しかも、歯医者は大学病院等の勤務医では苦労の割に大して儲かりません(代わりに)し、かと言って開業しようとすると多額の初期投資を必要とします。しかも、診察機械類は常にメンテ・更新が必要で継続投資も必要になります。
つまり、『年収は高いが、利益(儲け)は必ず...続きを読む

Q同じ月に同じ診療科の別の病院で保健診療で診てもらうことはできるのかどうか

先週に以前に一度だけ行ったことがある耳鼻咽喉科で健康保険を使って診察をして頂いたんですが症状が全く変わらないので別の耳鼻咽喉科の病院に行こうかと考えているんですが、この場合、健康保険を使って診てもらうことは出来るのでしょうか?

同月なら自費診療になりますか?
1ヶ月経たないと保健を使って診てもらうことは出来ませんか?

ちなみに診てもらおうと考えている耳鼻咽喉科の別の病院は2年ぐらい前に一度だけ行ったことがあります。

Aベストアンサー

多分大丈夫。
私も、同一診療科を、ハシゴした事ありますが、チャンと保険対応してくれました。
もちろん、後日請求もされませんでした。

Q良い歯医者とは?

切実に悩んでいます。
もうかれこれ一年ちかく通っていますが
治療が必要ないのに治療をされているのでは?と心配です。
かなり小さい虫歯も治療していますが
やはり早期治療が一番なのでしょうか?
心配なので別の病院でみてもらおうかと思っていますが
どうなのでしょう?

Aベストアンサー

良い歯医者とはyuki314さんの事を家族の様に治療してくれるつまり良く考えてくれる医者です。1年が長いかは、どの様な状態だったかによって違います。虫歯の本数・歯肉・かみ合わせ・顎関節の状態などをトータルに診断・治療をしていくからです。例えば、虫歯の所に歯石が付いていた場合、まず歯石を取らなければ歯肉の炎症も取れないため出血しやすく綺麗に詰め物やかぶせ物が作れません。また虫歯ができたり、取れやすくなったりしますから。その人その人皆同じ状態でないし歯みがきが、うまくできるどうか、はぎしりしている人ない人皆違うのですですから、虫歯だけに限定はできないのが歯医者だと思います。なぜ治療が必要かは鏡で見せたり写真をとってちゃんと説明してくれるそんな歯医者も増えていますよ。一度説明すると患者さんもわかってると歯医者も思ってしまい説明不足に、患者さんも1年前の事は覚えている訳も無いでしょうから、もう一度今の状態と今後について質問すれば良いのでは?嫌な顔はしないとおもいますし、お互いのためにも良いと思います。きちんと答えてくれないのか答えられないのか判りませんがそのような場合信頼できないでしょうから転院して自分に合った歯科医を見つける事だと思います。

良い歯医者とはyuki314さんの事を家族の様に治療してくれるつまり良く考えてくれる医者です。1年が長いかは、どの様な状態だったかによって違います。虫歯の本数・歯肉・かみ合わせ・顎関節の状態などをトータルに診断・治療をしていくからです。例えば、虫歯の所に歯石が付いていた場合、まず歯石を取らなければ歯肉の炎症も取れないため出血しやすく綺麗に詰め物やかぶせ物が作れません。また虫歯ができたり、取れやすくなったりしますから。その人その人皆同じ状態でないし歯みがきが、うまくできるどうか、は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報