臭素ガスが金属を腐食または錆びさせると言いますが、それは何故でしょうか?
どんなプロセスで腐食していくのでしょうか?

A 回答 (2件)

38endohさんの回答で間違いないと思いますが、ちょっと補足しておきます。


一般的には、「酸素と結びつくこと」=「酸化」と考えられ勝ち(?)ですが、ご承知のこととは思いますが、化学の分野では「電子を奪われること」=「酸化」と考えます。
つまり38endohさんの仰る「臭素は臭化物イオンになりやすい」というのは「臭素は他の原子から電子を奪い易い(奪った結果、臭化物イオンになります)」ということです。
「これは水に溶け,腐食が進みます。」とありますが、このことも重要で、一部の(酸素と結びついた)酸化物【例、酸化鉄:黒錆び 酸化クロム:ステンレスの防食原理】は、水に溶けにくいので、表面の保護皮膜として働き、腐食の防止剤(防食)として利用されますが、臭化物の多くは水に溶けるため、どんどん酸化が進み腐食していくことになるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答大変有り難うございました。
本当に勉強になり感激致します。

お礼日時:2001/09/21 14:36

 臭素は強力な酸化剤です。

例えば,鉄は臭素と容易に反応して臭化鉄になり,これは水に溶け,腐食が進みます。

 臭素の酸化力を定量的に言うには酸化還元電位を持ち出さなければいけませんが,もっと単純に「臭素は臭化物イオンになりやすい」と考えれば良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとう御座います。
アドバイスを御参考にさせて頂き、勉強していきたいと思います。
本当にありがとう御座いました。

お礼日時:2001/09/21 14:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臭素化に臭化銅を用いた理由について

先日、大学の有機化学実験で、4’-ニトロアセトフェノンの臭素化の実験を行いました。

この際、アルキル(メチル)基を臭素化するのに、クロロホルムで4’-ニトロアセトフェノンを攪拌溶解させた後に、臭化銅(II)を入れ、3時間加熱攪拌して臭素化を行いました。

ここで、なんで臭素ではなく、臭化銅を用いたのかよくわからないのですが、どなたかわかる方はいらっしゃいますでしょうか?

個人的にはクロロホルムは溶媒として、臭化銅は臭化水素となる臭素と臭素化のための臭素であると思っているのですが、それだったら銅の必要性は。。。?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ケトンの水素がBrで置き換わるということは、通常、置換反応という見方をしますが、酸化数を考えれば酸化反応であることもわかります。
すなわち、炭素に結合していた水素がH+として取れて行き、かわりにBr-が入ります。すなわち差し引きで酸化数が2変化したことになります。
そして、その酸化の推進力になったのがCu(II)です。
しかし、その酸化の際にCuはCu(I)までしか還元されません。Cu(II)からCu(I)への還元に比べて、Cu(I)からCu(0)(単体の銅)への還元が起こりにくいからでしょう。したがって、ケトンの酸化数の変化を補うためには2倍の物質量のCuBr2が必要になります。

ちなみに反応式は
ArC(=O)CH3 + 2CuBr2 → Ar(C=O)CH2Br + 2CuBr + HBr
ということで物質収支が合います。
反応に際してHBrガスが発生するはずです。

Q金属の接触腐食について

ステンレスと銅を電気的に接触させたいのですが、
そのままだと接触腐食が起こると知りました。
そこで、電気的に接続する方法が何かありませんでしょうか?
メッキするとか、導電性の接着剤とかはどうでしょうか?
もう一つは、カーボン粒子を分散させた樹脂などは使えないでしょうか。
すみませんが、全くの素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

両方を同一水溶液中に入れるとか、大気に暴露しておく
などの状況でしょうか?


方法は色々あると思うんですが、代表的なのは水分との
接触を断つor金属と水分の間を絶縁することですね。

数字は忘れちゃったんですが、クロムの酸化物と銅だと
クロム酸化物の方がイオン化傾向が高かったと思います
が、これは確認していただくとして、理想はイオン化傾
向の低い方(卑な方)を絶縁体で全面塗装します。

すると、電子の流入量が無くなりますから、イオン化傾向
の低い方から電子が入ってきても、出口側から電子が流れ
ませんで腐食は発生しません。

なお、イオン化傾向の高い方(貴な方)を塗装するって
方法もあるんですが、これは注意が必要。
イオン化傾向が低い金属を塗装していないと、電子の流入
量自体は減りません。 その状態で、流れる先(イオン化
傾向の高い金属一部)の塗膜に小さな欠陥があると
流入してきた電子はそこから全て出まして、同時に金属
もイオン化(腐食)しますから、腐食量全体が局部に
集中しちゃいます。(この時は絶縁塗装でなくてもOK
ですけどね)

両方を同一水溶液中に入れるとか、大気に暴露しておく
などの状況でしょうか?


方法は色々あると思うんですが、代表的なのは水分との
接触を断つor金属と水分の間を絶縁することですね。

数字は忘れちゃったんですが、クロムの酸化物と銅だと
クロム酸化物の方がイオン化傾向が高かったと思います
が、これは確認していただくとして、理想はイオン化傾
向の低い方(卑な方)を絶縁体で全面塗装します。

すると、電子の流入量が無くなりますから、イオン化傾向
の低い方から電子が入ってきても、...続きを読む

Q臭素水(高校化学I・有機化学)

臭素水にエチレンを入れると、付加反応をして臭素水の色が消えますが、
教科書(啓林館)ではうすい臭素水(黄色)の色が消える。
問題集などでは臭素水(赤褐色)となっていました。

臭素水はうすい場合、黄色と言うことでしょうか?
黄色と赤褐色は近い色と言うことでしょうか?

Aベストアンサー

臭素水の色は赤褐色と考えるのが無難だと思います。
黄色というのがあるとするならば、低濃度の場合ということになるでしょう。
また、臭素水では、Br2の一部、あるいは場合によっては大部分が、下式の反応によってHBrとHBrOになっています。こうなれば、「臭素水=Br2が水で希釈されたもの」ということにはなりません。低濃度では、このようになっているものが大部分ということになると思います。
Br2 + H2O → HBr + HBrO

ちなみに、四塩化炭素溶液では、Br2のままです。

Q腐食しない金属てありますか・・

この間、海水を入れてあったキャップ付きの缶が2週間位でボロボロになって車から出てきました。
 そこで質問なのですが、海の中では、鉛などの金属は表面だけが酸化し中まで腐食しないと聞いたことがあるのですが、特殊な金属たとえば、水銀などの金属は海水で腐食するのでしょうか・・・
 素人なので分かりやすくお願いします。

Aベストアンサー

「金属のイオン化傾向」をご存じですか?

カリウム,ナトリウム,・・・,鉛,(水素),銅,水銀,銀,白金(プラチナ),金
となります。水素よりも右側(イオン化しにくいもの=イオン化傾向が小)が材料だと,腐食されないと思います。
なお,古典的「化学」ではチタンは金属の仲間に入れませんでした。

参考URL:http://www.inv.co.jp/~yoshi/kigou/ionka.html#shou

Q臭素に水道水

みなさん、こんにちは(こんばんは)。

僕はこのたび、アルケンへ臭素を付加させる実験を行ったのですが、臭素を加えた後、アルケン+臭素の混合溶液に水を入れようとしたら、先生が「有機実験に使う水は普通の水道水で十分」といって蒸留水を出してくれなかったので、仕方なく水道水を入れたのですが、どうも、水道水中の不純物が臭素を分解するという事実を、後々知りました。

そこで質問なのですが、水道水中の何が臭素を分解させているのかが、調べてもわからず、困っています。よろしければ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 臭素が分解されるということは、臭素が還元されているということですね。
 臭素が還元されているということは臭素は酸化剤として働くことになります。
 水道水に含まれうる物質の中で、臭素が酸化剤として働きうる化合物を考えてみてはいかがでしょう。

Q金属の腐食

アンモニア、硫化水素、トルエン、ホルムアルデヒド等を含んだ排気ガス中に機械を設置したいのですが、機械の腐食を防ぐため金属の材質を考慮中です。金属が腐食される化学成分とは?。こんな文献がありましたら教えて下さい。また、この環境に適す塗料も知りたいのですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

入れ物のような機械パーツならエポキシ系の塗料で腐食防止をおこないますが、ステンレス加工が盛んになり耐腐食ステンレスSUS316、SUS310Sでも自由に加工できるため、(エコブームやRoSH指令等で有害物質を含んだメッキを使わないようになり、メッキをつかうと証明しなければならない為、ステンレスならメッキしていないためとわかりやすい為?樹脂部品などもステンレス化しているようで、加工技術や価格が低下している)

参考URL:http://www.suehiro-kk.co.jp/stainless.html

Q臭素化

高校化学の教科書等では、不飽和炭化水素気の臭素化反応では、Br2の褐色が脱色し、無色になることでこれを確認できるとあります。ここで疑問なんですが、臭素の脱色が行われなくなった瞬間、つまりBr2を加えて色がついいた瞬間(その手前?)が、完全に臭素化が済んだときと考えていいですか?
おながいします

Aベストアンサー

はい。臭素化が可能な不飽和結合が全て臭素化されたと考えて良いと思います。

Q海水中で錆びない金属

防食塗装しない裸の金属または合金で,海水中でも錆び難いものって一般的にどんな物があるのでしょうか?

Aベストアンサー

ステンレスやチタン合金が良いと思いますが、価格的にはやはりステンレスですね。ただしステンレスといってもJIS規格では色々な種類があります。
海水の場合はSUS329JやSUS317Jという規格のステンレスが良いと思われます。
一般に多く用いられるステンレスSUS304は、海水では孔食や隙間腐食が発生する恐れがあります。

参考URL:http://web.nssnet.co.jp/bosyoku/bosyokb4.html

Q「臭素」の意味

よろしくお願いいたします。
センター試験のため、化学を勉強している者です。
問題文で、
「フェノールに臭素水を加えると、2,4,6-トリブロモフェノールが生じる。
この反応では1molのフェノールに対して□molの臭素が反応する。」

という問題があった場合、1個のフェノールに対してBrが3個付くからと考えて「3」と答えるのか、1個のフェノールに対してBr2が3/2個付くからと考えて「1.5」と答えるのか、どちらが正しいのでしょうか?

問題文の「臭素」という単語を「臭素原子」という意味で取るべきなのか、「臭素分子」で取るできなのかという問題だと思うのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも反応式を見れば明白です。

C6H5OH + 3Br3 → C6H2Br3OH + 3 HBr

なので解答は3以外にあり得ません。もちろん臭素分子で3モルです。
これは置換反応でしょ?まさかH2が発生するような式を考えてるんじゃないでしょうね?


>問題文の「臭素」という単語を「臭素原子」という意味で取るべきなのか、「臭素分子」で取るできなのかという問題だと思うのですが・・・。
そういう意味ではありません。

Q異種金属接触腐食について

アルミダイカストと銅板をステンレスボルトで接続した場合、異種金属接触腐食を起こすのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まったく詳しくはないのですが…
以下は海水での異種金属接触腐食に限定されていますが、異種金属接触腐食で検索すれば別の環境についての説明もあるかもしれません。また、アルミダイキャストと銅板が腐食した場合、ステンレスボルトもめっきコーティングがされてない限り腐食されることは必須ではないでしょうか。

参考URL:http://wwwhtm1.nippon-foundation.or.jp/1998/0138/contents/163.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報