国内では有機農業の関心が高まっていますが
海外ではどのくらい取りざたされているのでしょうか?
環境意識という面では海外の方が高い場合もありますが,自給できる国や輸出できる国ほど有機農業なんぞ言ってられないような気もします.
どなたか教えていただけませんか.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 オーストラリアの場合、


 オーストラリアは乾燥しているところが多く、また在来の害虫があまりいないため、農薬の散布量は少ないみたいです。また同国は食料輸出国です。同国における有機栽培の状況についてですが、国内全体の消費量から見れば少ないそうです。(元々農薬散布量が少ないため、有機農産物に対して利点を感じていないみたい)
しかし、都市部の住民やレストラン等を中心に消費が伸びているのも事実です(シドニー郊外の青果物市場では有機栽培専門ブースが設けられていました)。
 価格については約1.5倍の価格であるが、手間やリスク等考えると有機栽培を耕作することについてメリットが少ないみたい。
 また、有機農産物に対する認証関係については輸出物については輸出相手先の認証を得たりしているようです。(国内消費についての認証は不明)

 ニュージーランドの場合
 ニュージーランドもオーストラリアと状況は似ており、元々病害虫の発生量が少なく、過度の農薬使用はないため、価格の割にメリットを感じていないことにより都市部の一部住民が消費しているぐらいか。
 農家の話でも例えば一般的なキャベツ栽培の場合も農薬は一回散布するだけであるため、そこまで有機栽培にこだわって作っても、害虫等による減収や手間を考えた場合有利な栽培法ではないといっていました。
 しかし、栽培農家がいるのも事実で、やはり有機農産物に対する一種のこだわりが彼らをうごかしているのではと感じた。

 両国を通じて
 両国とも、有機農産物の流通についてまだこれから都市部住民やレストランの消費を中心に消費が伸びている現状であり、今後も急速に消費が増えることは考えにくい。
 しかし、両国とも食料輸出国であり、輸出相手先の要望と価格次第によっては有機農産物の栽培が増える可能性は高いと考えられる。(土地、気候等日本に比べ有機栽培に向いているため)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機農業、無農薬農業、

有機無農薬農業と化学肥料、農薬を使う農業では、環境面、人体への影響は大きく違ってくるのでしょうか? 私は今の日本ではあまり違いはないと思うのですがどうでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。
慣行栽培の農薬場合、生産者と消費者の受けるリスクは同じではないと思いますが、
有機栽培も慣行栽培も国の安全性基準のもとで行なわれるものとしては同じです。
慣行栽培は残留農薬ポジティブリスト制度が導入されてより管理が厳しくなりました。
有機JASの場合は、種まき前から生産工程まで一定の規則により管理され、
認定機関による検査が必要で、単に化学肥料を避けるための目的で制定されているものではなく、
慣行栽培とは生産工程や管理も違います。
どちらが安全かと比較できるものではないと思います。

リスク評価において自然なものが安全で化学合成が危険という概念はなく、物質として安全性評価をしています。
どちらにも絶対安全はない、ゼロリスクはないのです。
海外では有機栽培でも細菌汚染が頻発しています。
農水省は、慣行栽培に農業生産工程の安全性を高めるためにGAP手法を検討し、
農地・水・環境保全向上対策として減農薬などで補助金を検討しています。
環境面への影響は有機栽培の方が優位なのかもしれません。

危険な研究データが報告された場合は、WHOをはじめ世界の政府機関が研究を審査し国としての見解を行政のHPで発表しています。
国民に根拠ある情報を正確に提供していると思います。

栄養的意義に関してどちらが優れているかという点でも
個々の条件により違うということです。
http://www.v350f200.com/faq/05.html

No.4です。
慣行栽培の農薬場合、生産者と消費者の受けるリスクは同じではないと思いますが、
有機栽培も慣行栽培も国の安全性基準のもとで行なわれるものとしては同じです。
慣行栽培は残留農薬ポジティブリスト制度が導入されてより管理が厳しくなりました。
有機JASの場合は、種まき前から生産工程まで一定の規則により管理され、
認定機関による検査が必要で、単に化学肥料を避けるための目的で制定されているものではなく、
慣行栽培とは生産工程や管理も違います。
どちらが安全かと比較できるもので...続きを読む

Q農業自給率

日本は食物の自給率が低いですよね。日本はもっと自給率をあげるべきだと言う意見はよく聞くし,政府も一応そういう方針ではあると思います。しかし農家は生産調整をしてますよね??価格を安定させて農家が苦しくならないようにするためだと思うんですが,では生産調整しなければ,もっと安い国産の野菜がたくさん市場にでると言う事でしょうか??生産調整するのは国の方針と逆だと思うんですがどうですか!

Aベストアンサー

生産調整を国が行っているのは米だけですね。米は全ての水田で作付けてしまうと生産過剰になってしまいます。
なので生産調整を行い、そこに大豆や野菜等を作ることを奨励しています。それによって食糧自給率を上げようというものです。

また、農家や産地自体が出荷調整をする場合があります。単価が極端に下がった場合は、販売収入よりも手数料、労賃の方が高くなり、赤字になってしまうので、出荷せず破棄してしまいます。

生産調整をやめれば米は余り、安くなるでしょう。
しかし、出荷=赤字となり、生産をやめてしまう可能性があります。そうなると逆に米が足らなくなる事態も出てきます。

また、そうなると米作りをやめた水田に野菜等が作付けられ、自給率は上がる。米が足らなくなれば、産地間競争で勝ち残ったところが米生産を行い、需給バランスが良くなる可能性もあります。

どちらがいいかはわかりません。
ただ水田がなくなると、都市部では水不足となり、環境維持などの農業の多面的機能も失われます。

Q日本の食料自給率の低下の要因の一つには、農村の過疎化などの農業従事者の

日本の食料自給率の低下の要因の一つには、農村の過疎化などの農業従事者の不足があると言われていますが、他国と比較した場合、農業従事者数・耕地面積などは少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

 農業従事者とか面積の関係はすでに他の方が書かれているので追加で、

 日本は国土の多くが山林(傾斜地)です。そして人口自体が多い。
 つまり平地は少ないのに人がいっぱい →→ 宅地、工業用地、農地はその利用が競合しています。
 ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ)、アメリカ、オーストラリアの土地の多くはなだらかな傾斜か平坦地です。

 ですから、日本においては土地は資産として扱われてますよね。
 今も昔も担保と言えばまず出てくるのは土地ですから・・
兼業農家が農地を手放さないのは、資産だからという面が相当大きいはずです。

 都市部に住んでいる人にとっては土地は財産ですから、相続の時にド田舎の農地の財産権を主張してむしり取ったあげく、世話もできずに投げ出す人もいるようです・・・

 あと、過疎化して従事者が減ったのではありません、従事者が減って過疎化したのですよ・・・大型化して効率化すれば従事者は当然減るはずなんですが、いま従事者が減ってるのは割が合わないからです・・・
 不便な農村に敢えて住むにはそれなりの理由が要りますよ。

 それでも数が多いのは、土日だけやってる兼業農家(都市周辺が多い)も従事者に数えているからです(土日だけでも年間約100日近くありますから)
 農業界が欲しているのは農業を背負って立つ農業経営者(この数は少ない)などであって、ただの労働者は安ければいいので・・・・(自粛)。
 また、農業の体系が違うので、国ごとの率で比べる意味もあまりあるとも思えません。

 最後に、自給率という言葉は便利ですが、実際の生産をする人にとってこれほど実感のわかないものはないと思います。
 自給率が低いということは生産量が少ないということですが、なぜ生産しないかと言えば儲からないからですよね。付加価値の高いものを少し作った方が儲かるからそっちにやった方がマシですということです。

 ついでに指摘しておきたいのは、農家に補助金がじゃぶじゃぶなんて、行くはずがないでということです。エコポイントやエコカー減税じゃあるまいし。ほとんどが基盤整備とかの間接的なものに使われていて、しかもその恩恵を地域住民も受けていますよ。
 例)航空会社が自腹で用地を整備して空港を作りますか? 自動車会社が自腹で工場用地とその周辺道路、電気、用水を整備しますか? とうことです。

 なんか余計なことも書きましたが、参考になれば幸いです。

 農業従事者とか面積の関係はすでに他の方が書かれているので追加で、

 日本は国土の多くが山林(傾斜地)です。そして人口自体が多い。
 つまり平地は少ないのに人がいっぱい →→ 宅地、工業用地、農地はその利用が競合しています。
 ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ)、アメリカ、オーストラリアの土地の多くはなだらかな傾斜か平坦地です。

 ですから、日本においては土地は資産として扱われてますよね。
 今も昔も担保と言えばまず出てくるのは土地ですから・・
兼業農家が農地を手放さないの...続きを読む

Q有機農業は大変なのでしょうか?

全くの農業素人です。

有機農業は、江戸時代まで行われてきた前時代的な農業方法だと思います。
稲などの病気や虫の害などがあるので大変だと思います。
また天然肥料の作成にもひと苦労するのではないでしょうか。

そのような阻害要因に対して有機農業では、どのような対策をするのですか?
病気や害虫などに対して、天然の駆除対策があるのでしょうか?
もし有効な方法があるのであれば、多くの人が有機農業をしていると思います。
実際には有機農業を選択している農家は小数です。
そのへんの苦労のしどころや有機農業の実態などを教えてください。

Aベストアンサー

rory23です。
それでは、ひとつひとつ回答していきます。
きゅうり、大根、にんじんの曲がりについてですが、病気の発生や肥料のバランス(窒素、燐酸、カリ)の影響で曲がりが起きます。したがって有機肥料でバランスをとるのは難しいのです。
僕の説明が悪かったのかも知れませんが、虫食い=有機農法と過大解釈されると困りますが、手間ひまとコストがかかり農薬ほど高い確率で駆除できないと言う事です。
見た目に関してですが、有機栽培の方が、艶も良く綺麗と思われがちですが、病気にもならず天候に恵まれた場合です。
僕は、作ってる側ですので、やっぱり消費者の考えと隔たりあるのを感じます。
農家の努力が足りないと言われればそれまでですが・・・

Q工業的な農業から、有機栽培・エコ栽培へ?

卒業研究で、GM作物について研究しています。
まず、国内での観点から見たときGM作物が必要か否か?と考えると 実害的な問題として、消費者の反応は未だ反対のままですし、日本の狭い耕地で栽培しても交雑の危険は否定できないですし、せっかく地域のブランド力もあるのだから 栽培する必要はないだろうと思います。(ざっと考えてです。

ではなぜGM作物栽培が必要とされるのか?
農のグローバル化に押されアメリカの圧力に押され、外国の食べ物であふれ 農家は輸入農産物に価格が負け 有機栽培も今のところ基準の厳しい点やコストがかかり 思うような大きな効果は現れていない。
消費者は飽食に慣れ安い食品に手をだすことが多く、小売店や卸売り市場、生産者はそれに見合った体系となってゆく。

所得を確保するために大規模化をしなければいけない。
それにはGM作物栽培を選択したい人も出始める。
(良いか悪いか効果が出るかはおいておき、そう思う人が出ても仕方ないと思います。)

本来ならば、身土不二の精神のもとに 地産池消を進め有機栽培・エコ栽培に切り替え、消費者もそれに応えていくのが良いと思います。

ですが、有機栽培・エコ栽培をと言っても全ての農家がそれに切り替えることはできないと思うのです。
人手もいるだろうに 離農が進み新規就農も横ばい。
商売にも色々な方法があるように、全ての農家がそうなるのは本当に良いことなのか?もしそうしたらアメリカはどう出てくる?消費者だって皆が善人ではないように(と言ったら極端ですけど;)、皆が同じ意識をもって高い野菜を買うことができるだろうか?と深読みする自分がいます。
なんだか 現実的に考えて綺麗ごとで片付けたくはないという気持ちがあります。

作成中なのでうまくまとまっていないのですが、どなたかアドバイスをお願いします。

卒業研究で、GM作物について研究しています。
まず、国内での観点から見たときGM作物が必要か否か?と考えると 実害的な問題として、消費者の反応は未だ反対のままですし、日本の狭い耕地で栽培しても交雑の危険は否定できないですし、せっかく地域のブランド力もあるのだから 栽培する必要はないだろうと思います。(ざっと考えてです。

ではなぜGM作物栽培が必要とされるのか?
農のグローバル化に押されアメリカの圧力に押され、外国の食べ物であふれ 農家は輸入農産物に価格が負け 有機栽培も今のと...続きを読む

Aベストアンサー

まず、今後これ以上、有機・エコ農業が爆発的に増加することはありえません。水は高いところから低いところに流れます。ただでさえ収入の少ない農家が、身銭を切って、労働力を費やして、慣行のものと大して変わらない値段の有機を選びますか?
一度有機で作物を作ってみればわかります。

かといって、私には、GM作物が日本に必要とも思えません。あれは、研究者たちの利己的な探究心によるものに思えてなりません。
「海外も研究しているし、遅れないように日本でも‥」みたいな感じじゃないでしょうか。
 GM作物が問題なのは、なにも「危険」だからといっているわけではなく、takasaki0307さんが言っているように、どんなに適正に管理をしても、非GM作物と交配を続けるでしょう。そして、それを買いたくない人に選択の余地がなくなってしまうことです。
 国民のコンセンサスを得られないうちから、圃場レベルの実験を行うのはおろかなことです。

 肥料の効率的な使用、より毒性の低い農薬の開発、堆肥の併用という地道な努力で少しずつ環境への負荷を減らしていくべきと考えます。

 ただし、農家減少、自給率低下にはこの方法では歯止めはききません。もっともGM導入もこの点では同じですが。

まず、今後これ以上、有機・エコ農業が爆発的に増加することはありえません。水は高いところから低いところに流れます。ただでさえ収入の少ない農家が、身銭を切って、労働力を費やして、慣行のものと大して変わらない値段の有機を選びますか?
一度有機で作物を作ってみればわかります。

かといって、私には、GM作物が日本に必要とも思えません。あれは、研究者たちの利己的な探究心によるものに思えてなりません。
「海外も研究しているし、遅れないように日本でも‥」みたいな感じじゃないでしょうか。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報