見守り電球またはGPS端末が特価中!

能動態を受動態に書き換える場合、場所、時などの副詞(句)が含まれている場合、by+行為者はどの位置に入れるのが適切なのでしょうか?一番最後に入れておけばいいのでしょうか?教えていただきたく、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 能動態・受動態に関係なく,副詞は一般的に


様態+場所+時間 という順序になります。
(あくまでも,文末に副詞を置く場合です。ちょうど今,別のところでも質問されているようですが,動詞の前か後か,とか文頭に来る場合などは除外しています。)
 well at school last year
という順序です。
 そして,to us のような動詞に密接したものは,動詞の直後に置き,by Mr.Sato は well の後になると思います。 
 English was taught to us well by Mr.Sato at school last year. となるわけです。well のような語や,to us のような動詞に密接した語句を除いて,by ~は be +過去分詞の直後という感覚でいいと思います。
 ただし,語順はさまざまな要素により影響を受けます。一つは長さです。動詞+目的語+副詞という順序が目的語が長くなると動詞+副詞+目的語になったり,動詞+目的語+補語という順序が目的語が長くなると動詞+補語+目的語になったりするわけです。
 他にも,初出・既出や,重点がどこに置かれているかによっても変わってくると思います。
 もう一つ重要なのが,受動態というのは決して,能動態を書き換えるという次元のみで考えてはいけないということです。能動態で言った方がいい場合と,受動態で言った方がいい場合があり,決して書き換えてイコールになるものではありません。
 by +行為者を表すくらいなら,能動態で言えばいい,したがって,受動態で書いている場合は by ~はないのが普通だ,という極論を言う人までいます。
 今回のような英文も,まず受動態で言うことはないと思います。
 もちろん,英文法を理解する上で,このような書き換えが重要であるということも否定はしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

受動態に書き換える問題集をやっていて、副詞が入っている場合のby+行為者の位置をいつも迷ってしまいます。なにかすっきりする覚え方はないかと思っていました。解説いただきありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2005/05/22 16:15

#3です。


 そもそも能動態→受動態の書き換え公式などありません。能動態と受動態は別の表現形式であり,書き換えるというのは日本人が英語を学習する際の手段に過ぎません。
 能動態など考えずに,
「英語は佐藤先生によって学校で昨年教えられた」という英語を書くと考えて下さい。
「英語は教えられた」は English was taught. です。
「佐藤先生によって」
「学校で」
「昨年」
という3つの副詞句は日本語では順序は自由ですね。
英語は語順に厳格な面もありますが,副詞については比較的自由な部分があります。
#3で説明したように,
様態+場所+時間 という決まりもありますが,長さや重点をどこに置くかにより,変わってきます。
 teach us English で English を主語にして,受動態にした場合,
English is taught to us としてもかまいません。間接目的語というのは直接目的語とセットになってこそ,前置詞なく用いられますが,離ればなれになったら,前置詞があった方が自然です。なくてもいいですが。
teach English が普通の言い方で,teach us とはあまり言いません。teach us English とセットなら普通です。(私も大学生の頃までは,もともと to がないのに受動態でつけるな,と考えていましたよ)
buy him a book の場合は,a book is bought for him のみが正しく,a book is bought him は誤りです。辞書を見てごらんなさい。
 本題に戻りましょう。by ~はどこでないといけないということはありません。どちらかというと,taught to us の後が自然だと思います。
    • good
    • 0

#2です。


受動態書き換えの公式に例外はありません。

Mr.Sato taught us English at school last year. を受動態に書き換えてみます。
まず文型を確認しましょう。この英文は第4文型(SVOO)です。

S: Mr.Sato
V: taught
O1: us
O2: English

1. まず目的語を主語にします。2つありますので2通りの答えがあります。ここでは質問通り、O2を主語にしてみます。
→English

2. 動詞 taught をbe動詞+過去分詞にします。
→English was taught

3. 主語Mr.Satoを除いた残りの部分を後ろにつけます(もとの英文の語順を維持してください)。
→English was taught us at school last year

4. 主語にbyを付けて末尾につけます。
→English was taught us at school last year by Mr.Sato.

これで終わりです。

その後の質問に答えておくと、

>English was taught to us at school last year by Mr.Sato とすればいいのでしょうか?
→toは要りません。byとbe動詞を除いて、もとの英文に無い単語を加えてはいけません。

>at school,last year, by Sato の並びには何か規則みたいなものがあるのでしょうか?
→規則があります。by Satoは、もとの文の主語ですから最後に置き、at schoolとlast yearは、3で「残りの部分」ですから、もとの文の語順のまま、be動詞+過去分詞の後ろに置きます。
    • good
    • 0

一番最後に入れておけばいいのです。



受動態の作り方は、
1. もとの文の目的語を主語にする
2. もとの文の動詞をbe動詞+過去分詞にする
3. もとの文の残りの部分をその後ろにつける
4. もとの文の主語にbyをつけて後ろにつける(必要な場合)
です。

(例)
We must do something to save the earth. を受動態にする

1.目的語を主語に
→Something

2.動詞をbe+過去分詞に
→Something must be done

3.それ以外の部分を後ろに
→Something must be done to save the earth

4.主語にbyをつけて後ろに(この場合は省略可能ですが)
→Something must be done to save the earth (by us).
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切な解説ありがとうございました。こんな例はどうでしょうか?Mr.Sato taught us English at school last year. を書き換えて English was taught to us at school last year by Mr.Sato とすればいいのでしょうか? at school,last year, by Sato の並びには何か規則みたいなものがあるのでしょうか?よろしくお願いします。

お礼日時:2005/05/22 08:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

Qbe known as~とbe known forの違いについて

His name is known as a great composer.
This town is well kown forits old castle.

be known as~「~として知られている」とbe known for「~で知られている」の違いがわかりません。日本語の他に何か違いはあるのでしょうか。

私考えたんですけどA be known as BのほうはA=BでA be known for Bのほうは
A≠Bなのではないかと思ったのですがこの区別は有効でしょうか。

また、他に「~」に来る部分が違うなど違いをお知りの人は教えてください。

Aベストアンサー

お考えの

私考えたんですけどA be known as BのほうはA=BでA be known for Bのほうは
A≠Bなのではないかと思ったのですがこの区別は有効でしょうか。
は、かなりいい線を行っていますが、あと付け加えるならば、for は「理由」をあらわす前置詞であると言うことです。ですから、know に限らず、
be noted for / be celebrated for / be famous for などもあります。
例文では、町が有名な理由が城だというわけです。

Q副詞 just の位置

「その部屋はちょうど今きれいにされたところだ」
という文を英訳するとき、
The room has been cleaned.の文にjustはどこに入るんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

完了進行形の場合は通常 have の後に置きますが、be動詞の後に置く場合もあります。

The room has just been cleaned.

The room has been just cleaned.

どの程度の頻度の差があるかは、Google で "has just been" と "Has been just" をフレーズ検索して、件数を比較してみると参考になるでしょう。

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

Q[no]と[not]の違いを教えてください。

NHKテレビ英会話講座より
There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?
(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?
(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

初心者です。愚問ですが、よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

thanks は名詞ですから、notと言う副詞を使えません。

(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

基本的に、no は、not よりも強い否定を表します。これは、副詞と言う動詞に依存する表現よりも、名詞に依存する形容詞のほうが、印象が強いからでしょう。名詞と動詞を比べれば、名詞のほうが、ちゃんと存在すると言う意味で具体的であり、はっきりしていますから。また、動詞は、時制も表現していて、そのときそのときと言う制限がありますが、名詞は、時を超越しています。

これから、次のようなことが言えます。

He is not a fool. 彼は馬鹿じゃないよ。普通の人間さ。

He is no fool.彼が馬鹿だなんてとんでもない。実際は賢いんだ。


He does not have any friends.「友達がいない。だけど、他の場所や今後は友人が出来るかもね。」

He has no friends.「友人なんている分けない。それだけ孤立しているんだ。」

のような意味の違いが生まれます。

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

th...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q第2文型 副詞は補語になれますか?

ロイヤル英文法には、

副詞は補語になれると書いてありましたが、

明慶徹の英文法が面白いほどわかる本には、

副詞は補語になれないと書いてありました。

副詞は補語になれるのでしょうか?

例文とともに詳しく教えて頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

>【修飾語】:副詞(句)の働きを持ち、その語(句)がなくても英文として成立する場合
>【付加語】:副詞句の働きをするが、その語句がないと不完全な英文になる場合
>【補語】:単独の副詞で、その語がないと不完全な英文になる場合

○ 次の英文の【   】で示された部分は、上記のどの働きでしょうか。

 (1) He is 【in good health】.

○ 【   】部がないと、この英文は成立しませんから、「修飾語」ではありません。したがって「付加語」か「補語」になります。考え方のポイントは、「副詞(句)」の働きをしていれば「付加語」、「形容詞(句)」の働きをしていれば「補語」だということです。「in good health」は「healthy」という形容詞の書き換えができますので、ここでは「補語」だという判断になります。

○ ちなみに「ロイヤル英文法」は良い参考書です。ただし、どんな参考書や辞書でも完璧ということはありませんので、上手に利用すると良いと思います。

Qjoinとjoin in

他動詞としてのjoinと自動詞としてのjoin(join in~でつかうもの)の使い分けがいまいちつかめません。なにか目安となる考え方はないでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

OXFORD現代英英辞典には次のように記されています。

join : to become a member of a group
join in :to take part in an activity with other people

ですから、基本的には join は「一員として集団に加わる」で、join in は「活動に参加して協力する」の意味になります。例を挙げますと、

join a club
join a company
join a group
join a team
join a labor union
join an army

join in club activities
join in talking politics
join in the joke
join in a folk dance
join in a contest

ですが、これも厳密に分けることは難しいですから、次のようなものはどちらも可能になります。join in の方が「協力して活動する」のニュアンスが濃くなりますね。

join (in) the celebrations
join (in) the discusssion
join (in) a conversation

最後に参考になるページを挙げておきますので、ご参考に。

http://eow.alc.co.jp/join/UTF-8/
http://eow.alc.co.jp/join+in/UTF-8/

こんばんは。

OXFORD現代英英辞典には次のように記されています。

join : to become a member of a group
join in :to take part in an activity with other people

ですから、基本的には join は「一員として集団に加わる」で、join in は「活動に参加して協力する」の意味になります。例を挙げますと、

join a club
join a company
join a group
join a team
join a labor union
join an army

join in club activities
join in talking politics
join in the joke
join in a folk dan...続きを読む

Qonlyの位置

以前塾で教師をしていたとき
教科書で
「2時間しかテレビが見られない」と言う意味の英文があり
(1) for only two hours
(2) only for two hours
と年が違う版で異なっていました。

どちらが正しいのでしょうか。
日本語を直訳すると(2)のような気もしますが,
(1)でも英文解釈の問題とすると,よさそうですね。

Aベストアンサー

「2時間しか」の「しか」の意味ですね.日本語では「しか」とか「だけ」とか,単語の後に来ますね.

英語では,文脈での意味合いも違ってきますが,2つの考え方があります.

I) 一般的に,修飾する言葉(形容詞,動詞,名詞,副詞)の直前か直後に置き強調します.
その考えでは,(1)では「2時間の2」を強調するということです.
(2)の場合は,「for two hours」の全体の強調なので,「hours」(秒でも,分でも,月でも,年でもなく)の「時間」だという意味が入ってきます.
置く場所によって意味合いが違ってくるわけです.
a. Only she gave this to me. 「彼女だけ」
b. She only gave this to me. 「与えただけ」
c. She gave only this to me. 「これだけ」
d. She gave this only to me. 「私だけ」

II) 位置を厳密に考えず,副詞(only) の場所ををとくに決め付けずに,会話のイントネーションで強調することもあります.
たとえば,She only saw him yesterday. で,only を動詞 saw の前に置いていながら,「yesterday」を音声で強調することもあるのです.この場合は文の全体を強調しているとも考えられます.それが現実の英語というものです.

まとめると,絶対にこうだと言うのは無理でしょう.同じこともあれば違うこともある,ということです.

「2時間しか」の「しか」の意味ですね.日本語では「しか」とか「だけ」とか,単語の後に来ますね.

英語では,文脈での意味合いも違ってきますが,2つの考え方があります.

I) 一般的に,修飾する言葉(形容詞,動詞,名詞,副詞)の直前か直後に置き強調します.
その考えでは,(1)では「2時間の2」を強調するということです.
(2)の場合は,「for two hours」の全体の強調なので,「hours」(秒でも,分でも,月でも,年でもなく)の「時間」だという意味が入ってきます.
置く場所によって意味合...続きを読む

Qa lot の品詞的役割はなんですか? 

去年は6月に雨がたくさん降りました。
It rained a lot in June last year.

の“a lot”は品詞的には何になりますか?

自分的には副詞でないとおかしいようなきがするのですが、よくわかりません。

もし副詞的役割を果たしているとすると、このケースだけでなく常に a lot は副詞的役割をするのでしょか。
お願いします。

Aベストアンサー

a lot で「たくさん」という名詞です。
この名詞が副詞的な役割を果たす。
結果としては副詞です。

rain は目的語をとらないので,副詞的としか考えられませんが,
have a lot to do with ~
「~と大いに関係がある」
のような a lot は have の目的語なので名詞のまま。

yesterday などにも見られるように,名詞は副詞的に用いられるケースがいくつもあります。

I'm fifteen years old.
のような fifteen years「15年」という名詞が old という形容詞を修飾している
すなわち副詞。
こういうのもあります。

I know a lot about them.
a lot は know の目的語とも,about them を強調する副詞とも考えられます。

基本,a lot = much
a lot of 名詞= many/much +名詞
と考えればすっきりします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング