売上と消費税について教えて下さい。
ある会社から当方の商品を紹介して頂けることになりました。その場合、売上の20パーセントを紹介手数料として支払う事になったのですが、その売上とは商品代金+消費税になりますか?品代のみの金額になりますか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご質問の「紹介手数料には・・・」とありますが、それは「契約時の取り決め」ではないでしょうか?因みに当社の場合「販売手数料」として某社から売上の○○%を半期毎に受け取りますが、その売上とは「税別の売上金額」を対象にしています。

参考になれば幸いです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
契約時の取り決めで品代合計の20%(消費税は含みません)と、契約すればいいのでしょうか?

補足日時:2001/10/05 10:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
知識不足なので、もっと勉強致します。

お礼日時:2001/10/10 08:23

10,000*1.05=¥10,500-が売り上げ


仕入れ例えばその製品を仕入れるのに5000*1.05=¥5、250-払った
照会手数料も仕入れ10000*0.2=2000払った
10500-5250-2000=2750残り
この場合2000円にも消費税が含まれると判断する。相手が申告してようがしてまいが関係なし(これは税理士さんより)。こちらは求めに応じ支払ったいう実績が要。よって約100円の消費税とも照会手数料は仕入れの一部と見なす。
よって、売り上げの消費税額500円-仕入れの消費税額250円-照会手数料の消費税額約100円=申告消費税額4%+1%で約150円。 あなたが簡易課税申告でなければ・・・。本当はこれに他の必要経費が乗ってきますがそれも従業員の給料等以外は消費税込みとして計上。ようは払った額の5/105が消費税として考えたらいいのでは。本当に簡単に書きました。私も今年消費税申告で苦労した。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
とても難しいですね。消費税申告のときはまた質問しますので、宜しくお願い致します。とりあえず、今1番知りたいのは、紹介手数料支払いを(品代×0.2)か{(品代+消費税)×0.2)}か、なのですがどうでしょうか?はじめての質問なのでちょっと戸惑っています。

補足日時:2001/10/06 11:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
NO.1様、NO.2様と同じ様に、もっともっと勉強致します。

お礼日時:2001/10/10 08:29

普通に考えたら、紹介されたのは売上そのものですから、それに対して支払う手数料も、商品代に対しての20%で問題ないでしょう。


但し、その手数料には消費税も発生しますから、売上代金×.2×1.05になります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。(但し、その手数料には消費税も発生しますから、売上代金×.2×1.05になります。)と、いうことは、例えば品代合計が10,000円として、20%で2,000円×0.5=2,100円 これが、手数料として支払うべきなのでしょうか?相手からは手数料の請求書はきません。こちらで清算書として計算して支払う事になっているのですが。
宜しくお願いします。

補足日時:2001/10/04 17:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり、知識不足なので、もっと良く勉強致します。

お礼日時:2001/10/10 08:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人輸入手数料売上は消費税課税対象のかどうか

個人輸入代行業を行っています。
商品は元の商品代金に手数料を上乗せした金額を設定し販売しています。お客様からは消費税はいただいておらず、もちろん海外業者へも消費税は払っていません。
この場合、消費税が課税されるとすれば販売金額に対してなのか手数料売上なのかどちらになるのでしょうか。
どなたかご教授お願いします。

Aベストアンサー

#1です。舌足らずのようでしたので追記します。
下の回答は、輸入した時点の消費税がどうかという話です。

ご質問は、いったん輸入したものを、利潤を加えて第三者に転売するときの話ですね。
それなら、消費税法でいう
「国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡」
ですから、ごく普通の取引と言えます。

したがって、あなたが課税事業者なら、「販売価格」から「輸入価格」および「経費」を引き算した「利益」に対しての5%を、納税することになります。
もし免税事業者なら、この5%は所得に含めて、所得税の課税元となります。

Q国際郵便物課税通知書で、納めた消費・地方消費税は地元税務署も通知されるのでしょうか

趣味で海外から個人輸入していますが、国際郵便物課税通知書で、納めた消費・地方消費税は地元税務署も通知されるのでしょうか。

Aベストアンサー

税関に通知されます。
税関から税務署にも通知はあるようです。

Q個人経営の消費税について

私は個人でデザイン事務所をしています。
年商3000万以下なので、免税業者なのですが、
私が請求する場合、消費税は請求できるのでしょうか?
私が仕入れなどにかかるものには全て消費税がかかっているのですが、
取引先で1社だけ、消費税を納めている証明がなければ
消費税の請求を認めないというところがあります。
免税業者は、消費税の請求はしてはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

免税業者だからといって請求してはいけないという事はありませんし、その結果として年商が3000万円以下という事ですので、納税を前提として請求の有無を判断する事は出来ません。

なお、消費税の請求を認めていないという相手ですが、その相手が消費税を納税しているとして、簡易課税であれば、仕入れに掛かる消費税分を見なして、納税率を算出していますし、簡易でない場合には、消費税額が掛かれていない仕入れ金額では、消費税額を計算して納税額を算出する筈ですので、体の良い値引要請だと思います。

Q自営業の消費税

自営業の消費税

教えてください。
まったく素人臭い質問で大変恐縮なのですが、自宅で知り合い等のホームページを請け負って作成しています。商売というほどのものではないのですが、一応見積書、請求書等ちゃんと出しています。

先日、作業完了して請求書を消費税込みで送ったのですが、先方から「あなたは1000万以上の売り上げがある訳ではないので消費税を請求する必要はないのでは?」といわれ払ってもらえませんでした。

確かに基準期間が1000万売り上げを超えた時点で課税期間で消費税を取れば良いと言う考えもあるのかもしれませんが、消費税というものは課税義務が発生しようと、しまいと、全て取引では外税、内税という形で徴収するものと考えていました。

消費税は取引においてすべからく徴収できるものではないのでしょうか?またしなければならないのではないのでしょうか?しなくてもかまわない場合のあるのでしょうか?

商売に関して素人なもので困っています。ご教授、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>先方から「あなたは1000万以上の売り上げがある訳ではないので消費税を請求する必要はないのでは…

過去ログにもよくありましたが、発注側の無知か、知った上での下請けいじめのどちらかです。

>消費税というものは課税義務が発生しようと、しまいと…

はい、消費税の課税要件に、
「課税事業者に限る」
などという文言はありません。

消費税の課税要件は、
1. 国内での事業者による取引
2. 対価を得て行う取引
3. 資産の譲渡、役務の提供等
の 3つを同時に満たすことだけです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm

>消費税は取引においてすべからく徴収できる…

どうぞもらってください。
もらった消費税を売上に含めて所得税の確定申告をする限り、全く問題はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6375.htm

>しなくてもかまわない場合のあるのでしょうか…

あなたが要らないと思うなら、もらわなくても法に触れるわけではありません。
自分が損するだけです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
などという文言はありません。

>先方から「あなたは1000万以上の売り上げがある訳ではないので消費税を請求する必要はないのでは…

過去ログにもよくありましたが、発注側の無知か、知った上での下請けいじめのどちらかです。

>消費税というものは課税義務が発生しようと、しまいと…

はい、消費税の課税要件に、
「課税事業者に限る」
などという文言はありません。

消費税の課税要件は、
1. 国内での事業者による取引
2. 対価を得て行う取引
3. 資産の譲渡、役務の提供等
の 3つを同時に満たすことだけです。
http://www.nta.go.jp/ta...続きを読む

Q消費税を請求していいのでしょうか

私は個人事業主として今年より活動しています。
開業から2年間は消費税を納める必要がないため、請求書には消費税を入れずに請求していました。
しかし、このサイトで消費税を納める必要がなくても消費税を頂いてよいということを知りました。

今まで消費税なしで請求していたクライアントに対して途中から消費税を請求してもかまわないのでしょうか。

Aベストアンサー

「消費税を納めなくてもよい」からといって「消費税を預からなくてもよい」わけではありません。いままでの請求で受領した金額はすべて「消費税込み」の金額です。「今までは消費税別の金額を受領していました」というわけにはいきません。

仮に「100万円(消費税別)」と請求していたとすれば、先方は「105万円」を支払っていたはずです。請求が「100万円(消費税込)」であれば「100万円」が支払われており、そのうち5万円弱が消費税相当額ということになります。何も書かずに「100万円」と請求し先方から「100万円」が支払われていたのであれば、後者の扱い、つまり「税別95万円強+消費税5万円弱を受領していた」ということになります。

ですので、これから請求金額を増やすということは、「これまで受け取っていなかった消費税を受け取る」のではなく、あくまで請求金額(税別部分)を増やす、つまり単純な値上げをするということになります。

あとはクライアントとの関係において、途中で値上げをしても良いような契約関係・会社関係かどうかで判断するところでしょう。もし値上げがしづらい関係であれば(通常、何も変わらないのに値上げはしづらいと思います)、相談するか、諦めるほかないかと思います。

「消費税を納めなくてもよい」からといって「消費税を預からなくてもよい」わけではありません。いままでの請求で受領した金額はすべて「消費税込み」の金額です。「今までは消費税別の金額を受領していました」というわけにはいきません。

仮に「100万円(消費税別)」と請求していたとすれば、先方は「105万円」を支払っていたはずです。請求が「100万円(消費税込)」であれば「100万円」が支払われており、そのうち5万円弱が消費税相当額ということになります。何も書かずに「100万円」と請求し先方から「1...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報