タイトルの通りマグナカルタ(1215年)と権利章典(1689年)ってなんですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

マグナカルタ・権利章典の「説明」そのものは、#1さん、#2さんのレスにありますので、割愛いたします。

ここでは僭越ながら、マグナカルタや権利章典がどうしてできたのか、という歴史的理由・意義について簡単にコメントさせて頂きます。スペースの関係上、根本的な政治的・社会的背景を本来は語るべきところですが、直接的な背景を端的に述べるにとどめる事とします。

(1)マグナカルタ制定に至るまで
イギリス国王と貴族との関係がギクシャクしているという前史はあるのですが、端的に言えば当時のプランタジネット朝のジョン王が、
・フランス王のフィリップ2世との闘争に負けて領土を喪失した
・カンタベリ大司教の叙任権をめぐって、ローマ教皇インノケンティウス3世と対決し、破門された
というような、イギリス国王のメンツ丸つぶれな失敗を重ね、これによって失った領土などの補填のために国民(国民という言い方はまだ時代的におかしいですが)に課税しようとしたことが原因にあります。このような国王の恣意的な権力の乱用に歯止めを利かせるために、世界初の憲法として議会が国王に認めさせたのがマグナカルタ(大憲章)というものです。
ちなみに「憲法」とは、国家の基本法を指しますが、近代的立憲主義における「憲法」の役割は「国家権力を制限し、国民の福祉を保障する」ことにあります。マグナカルタが憲法たるゆえんは、国王の権力(国家権力ですね)を制限して、不当な課税や恣意的な政策から国民を守ろうとした事にありました。
(尤もマグナカルタはジョンの次の、ヘンリ3世が無視したため、シモン・ド・モンフォール議会が反対姿勢をとり、これが模範議会へと発展していった事は有名です)

(2)権利章典について
これもマグナカルタのときと事情は似ていますね。
エリザベス1世が死去してチューダー朝が断絶すると、スコットランドから新しい王(スコットランド王ジェームズ6世)をイギリス王として招きいれ、彼をイギリス王ジェームズ1世としてステュアート朝が創始されました。しかし、当時は絶対王政の時期でして、ステュアート朝も絶対主義を取りました。議会を無視して課税を強行したりしたため・・・議会は権利請願を発布しましたが、国王は議会を閉鎖しました。その後、短気議会、長期議会などが抵抗を続け、ピューリタン革命が起こり、国王は首をチョンパされました。
しかし、ピューリタン革命の英雄クロムウェルが終身護国卿となって独裁政治を行い、革命が無意味化したため、王政復古の機運が高まりました。こうして、再びステュアート朝が復古され、チャールズ2世がイギリスに戻ってきました。彼はブレダ宣言という宣言を出して、かつてのような絶対王政は行わないと約束しました。しかし戻ってくると実際には、ブレダ宣言を無視して専制政治を展開。次に即位したジェームズ2世も同じ路線を踏襲しました。
そこで、議会はジェームズの廃位を決定し、無血で彼を追放しました。そして、新たにオランダから温厚なオラニエ公ウィレムとメアリの夫妻を招き、彼らを国王としてウィリアム3世、メアリ2世として仰ぎました。しかしかつてのような失敗は二度と繰り返さないために、「王権に対する議会の優越」を国王に認めさせてから即位を承認しました。このときに彼ら国王に認めさせたのが「権利章典」です。
つまりたび重なる国王と議会との対立を経て、国王に強大な権力が集中する事を今後は未然に防ごうとしたものが権利章典でした。

以上長文失礼しました。
    • good
    • 0

マグナ‐カルタ (Magna Carta)



イギリス憲法の土台となった文書。1215年6月、封建貴族たちがジョン王の不法な政治に抵抗して承認を強制したもの。63条からなり、国王の恣意的な課税の禁止し、臣下の既得権を承認するなど、主として封建貴族の権利を再確認したものであるが、その中には正当な裁判なくしてはいかなる自由民も逮捕、財産没収、追放をされないといった人身保護などの諸条項が入っていて、近代になって人民の自由と議会の権利を擁護したものと解釈され、権利請願(1628年)・権利章典とともにイギリス憲法の三大法典と称されるに至った。大憲章とも言う。

権利章典 (Bill of Rights)

1689年12月、イギリス議会がオランダから迎えたウィリアム3世に誓わせた前年の「権利宣言(Declaration of right)」に基づき国制を規定した議会制定法。国王は市民的自由や、議会の言論の自由を保障し、議会の承認なしに立法・課税、軍隊の徴発などを行えないとした、議会の権利を確認することにより、イギリス立憲政治の基礎を確立した。
    • good
    • 0

マグナカルタとはイギリス憲法の土台となった文書の事ですね。

権利章典もイギリスの憲法の土台となっている物です。簡単に言うと、マグナ=カルタは法による支配を記した物で、権利章典は国民の権利と自由を定めた物です。
下記の参考URLで検索すると少しわかるかもしれませぬ

参考URL:http://www.tabiken.com/history/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマグナカルタと権利章典の意味は??

タイトルの通りマグナカルタ(1215年)と権利章典(1689年)ってなんですか??

Aベストアンサー

マグナカルタ・権利章典の「説明」そのものは、#1さん、#2さんのレスにありますので、割愛いたします。ここでは僭越ながら、マグナカルタや権利章典がどうしてできたのか、という歴史的理由・意義について簡単にコメントさせて頂きます。スペースの関係上、根本的な政治的・社会的背景を本来は語るべきところですが、直接的な背景を端的に述べるにとどめる事とします。

(1)マグナカルタ制定に至るまで
イギリス国王と貴族との関係がギクシャクしているという前史はあるのですが、端的に言えば当時のプランタジネット朝のジョン王が、
・フランス王のフィリップ2世との闘争に負けて領土を喪失した
・カンタベリ大司教の叙任権をめぐって、ローマ教皇インノケンティウス3世と対決し、破門された
というような、イギリス国王のメンツ丸つぶれな失敗を重ね、これによって失った領土などの補填のために国民(国民という言い方はまだ時代的におかしいですが)に課税しようとしたことが原因にあります。このような国王の恣意的な権力の乱用に歯止めを利かせるために、世界初の憲法として議会が国王に認めさせたのがマグナカルタ(大憲章)というものです。
ちなみに「憲法」とは、国家の基本法を指しますが、近代的立憲主義における「憲法」の役割は「国家権力を制限し、国民の福祉を保障する」ことにあります。マグナカルタが憲法たるゆえんは、国王の権力(国家権力ですね)を制限して、不当な課税や恣意的な政策から国民を守ろうとした事にありました。
(尤もマグナカルタはジョンの次の、ヘンリ3世が無視したため、シモン・ド・モンフォール議会が反対姿勢をとり、これが模範議会へと発展していった事は有名です)

(2)権利章典について
これもマグナカルタのときと事情は似ていますね。
エリザベス1世が死去してチューダー朝が断絶すると、スコットランドから新しい王(スコットランド王ジェームズ6世)をイギリス王として招きいれ、彼をイギリス王ジェームズ1世としてステュアート朝が創始されました。しかし、当時は絶対王政の時期でして、ステュアート朝も絶対主義を取りました。議会を無視して課税を強行したりしたため・・・議会は権利請願を発布しましたが、国王は議会を閉鎖しました。その後、短気議会、長期議会などが抵抗を続け、ピューリタン革命が起こり、国王は首をチョンパされました。
しかし、ピューリタン革命の英雄クロムウェルが終身護国卿となって独裁政治を行い、革命が無意味化したため、王政復古の機運が高まりました。こうして、再びステュアート朝が復古され、チャールズ2世がイギリスに戻ってきました。彼はブレダ宣言という宣言を出して、かつてのような絶対王政は行わないと約束しました。しかし戻ってくると実際には、ブレダ宣言を無視して専制政治を展開。次に即位したジェームズ2世も同じ路線を踏襲しました。
そこで、議会はジェームズの廃位を決定し、無血で彼を追放しました。そして、新たにオランダから温厚なオラニエ公ウィレムとメアリの夫妻を招き、彼らを国王としてウィリアム3世、メアリ2世として仰ぎました。しかしかつてのような失敗は二度と繰り返さないために、「王権に対する議会の優越」を国王に認めさせてから即位を承認しました。このときに彼ら国王に認めさせたのが「権利章典」です。
つまりたび重なる国王と議会との対立を経て、国王に強大な権力が集中する事を今後は未然に防ごうとしたものが権利章典でした。

以上長文失礼しました。

マグナカルタ・権利章典の「説明」そのものは、#1さん、#2さんのレスにありますので、割愛いたします。ここでは僭越ながら、マグナカルタや権利章典がどうしてできたのか、という歴史的理由・意義について簡単にコメントさせて頂きます。スペースの関係上、根本的な政治的・社会的背景を本来は語るべきところですが、直接的な背景を端的に述べるにとどめる事とします。

(1)マグナカルタ制定に至るまで
イギリス国王と貴族との関係がギクシャクしているという前史はあるのですが、端的に言えば当時のプランタジ...続きを読む

Qマグナカルタはいつ習うんですか?

60近い父親が中学校の時、
マグナカルタという言葉を教科書で習ったらしいですが、
この事は、今でも中学校の教科書に載っているのでしょうか?
ちなみに、私の兄は35歳ですが、
習ったかな??・・と憶えてないみたいです(笑)
それに20後半の私も 習ったかな? 状態なんですが・・。
お恥ずかしい質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

昔は中学校でも習ったかもしれませんが、
今は高校の世界史をとらないと
習わない事になっています。

13世紀イギリスの、王様の権限を制約した法律を銘文化したもので、
「大憲章」ともいいます。

http://note.masm.jp/%A5%DE%A5%B0%A5%CA%A5%AB%A5%EB%A5%BF/

Qマグナカルタって誰が作ったの??

マグナカルタを購入しようと思い、ネットでどのようなゲームなのかを調べていたところ、韓国のゲームだという記事を見ました。
でも、バンプレストが発売してますよね?
バンプレストと韓国のメーカーの共同制作ということでしょうか?
それとも、韓国で人気のあったマグナカルタをバンプレストが契約を結び日本版として売り出したのでしょうか?
誰か分かる方いますか??

Aベストアンサー

共同開発です。
バンプレストの人がキムヒョンテさんのイラストに惚れ込んだらしく、それからソフトマックスの人と話し合いをしたみたいです。

マグナカルタは元々韓国のゲームで、ソフトマックス(韓国メーカー)が開発したものです。
多分そこから“韓国のゲーム”って呼ばれてるんでしょうね。
あくまで韓国生まれと言う事で、日本版は別物の内容ですが。

Qマグナ・カルタと第4回十字軍についての論述です。

1.「マグナ・カルタ」以後のイングランドの政治史は、「マグナ・カルタ」をどうするのか、という問題としてもよいほどに重要な役割をこの文書は果たしている。その過程は、1340年頃今日に近い二院制の形成に至るが、それまでの過程を次の用語を使って、300字以内で説明しなさい。【ヘンリー3世・エドワード1世・模範議会・フランドル=ギエンヌ戦争・シモンドモンフォール】
2.第4回十字軍の歴史的意義について150字以内で説明しなさい。

解答の糸口が欲しくて他の方のまとめ方を参考にしたいので質問させていただきました。
そこまで神経質になってまとめていただかなくても結構ですので、
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

予備校世界史講師です

論述としては、極めて、難易度の高い出題であろうと思います
特に「フランドル=ギエンヌ戦争」などは用語集レベルでも存在しない用語なので、知らないのが普通でしょう
イングランド通史としても、名前が重要ではないので・・・

設問確認しながら回答しましょう

1.「マグナ・カルタ」以後のイングランドの政治史は、「マグナ・カルタ」をどうするのか、という問題としてもよいほどに重要な役割をこの文書は果たしている。その過程は、1340年頃今日に近い二院制の形成に至るが、それまでの過程を次の用語を使って、300字以内で説明しなさい。

正直、前段の文章は妥当なのですが、「1340年の二院制形成」のくだりは、政治史として重要視されるものではありません。つまり、マグナカルタと二院制の関係は論述が必要なほど重要ではない、ということです
ちなみに、イングランド議会は、二院制ではなく、「両院制」と指摘するのが適切なので、設問の用語理解に問題があるでしょう

では、模範解答

マグナカルタ以降、イングランド政治は立憲主義の萌芽と共に議会権力による王権統制の道を進んでゆく
その代表的事件が、『シモン・ド・モンフォール』率いる諸侯の『ヘンリー三世』に対する反乱であり、その結果、王権統制と議会権力の進捗が加速的に進む。
 ヘンリー三世の後の『エドワード1世』の時代には、対仏戦争の戦費調達のために、議会権力の進捗を勧め、現在のイングランド議会の庶民院にあたる『模範議会』を開催するが、これは、先のヘンリー三世の時期に策定された議会を母体にするものである。
そして、フランドル=ギエンヌ戦争(百年戦争)のおいて、エドワード3世(黒太子)がエドワード1世と同じく戦費調達のために模範議会の権限強化を行い、英国議会の現在の両院制へと変貌してゆく

字数数えてないけど、300ないと思われ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
設問2.第4回十字軍の歴史的意義について150字以内で説明しなさい

これは案外厄介な論述です。第四次は特徴が多過ぎるのです

第四次(回)十字軍は、イェルサレム攻略ではなくエジプト攻略を目的として始まったが、計画的軍事行動を欠いたが故が現地での大規模な略奪が行われ、同じキリスト教国家である東ローマの首都・コンスタンティノープルを攻略・ハンガリーでの大略奪などが行われた。その結果、ローマ教皇権の世俗的な失墜・東ローマ帝国の一時的な滅亡・ヴェネツィアの地中海制海権の確立・ラテン帝国成立によるムスリム・キリスト教徒の共存関係の深化が見られる


こんな感じでしょうか・・150文字はあまりにも短すぎますね・・・


参考までに・・・

予備校世界史講師です

論述としては、極めて、難易度の高い出題であろうと思います
特に「フランドル=ギエンヌ戦争」などは用語集レベルでも存在しない用語なので、知らないのが普通でしょう
イングランド通史としても、名前が重要ではないので・・・

設問確認しながら回答しましょう

1.「マグナ・カルタ」以後のイングランドの政治史は、「マグナ・カルタ」をどうするのか、という問題としてもよいほどに重要な役割をこの文書は果たしている。その過程は、1340年頃今日に近い二院制の形成に至るが、それまで...続きを読む

Q”マグナカルタ”について

イギリス文学”マグナカルタ”はどのように成立したか?12条、39条を知っている方いませんか?

Aベストアンサー

下記URLが参考になるでしょうか。

第12条 
いかなる軍役免除金または御用金も、王国全体の協議によるのでなければ、朕の王国において課せられるべきでない。

第39条
いかなる自由人も、彼と同輩の者の判決によるか、または国法による以外には、逮捕され、監禁され、また自由を奪われ、また法の保護外におかれ、また追放され、またいかなる方法にてもあれ侵害されることはなく、また朕は彼に敵対することなく、彼に対して軍勢を派遣することはない。

あとこんなサイトもありました。
http://www.uknow.or.jp/uk_now/what/docs/politics.htm

参考URL:http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/tyusei/118-europe18.html

Q世界史に詳しい方!マグナ=カルタ誕生から、ピューリタン革命を経て、内閣の誕生まで。

ヘンリ8世が、宗教改革勧めて、修道院から土地と財産を没収。

その土地はジェントリに。

なぜ?

イギリスはカトリックは嫌いなの?

ピューリタン、とは?


内閣とは、
国王が国の象徴だけの役割の時に、
複数ある党の中でも、多数派の党が内閣となって、国王の代わり(最終的になにかを決定する)をするってこと?

わかんない。

Aベストアンサー

質問の主旨がどうも理解できませんが。

マグナカルタですが、当時のヨーロッパの王の収入は、原則的に自分の領地からの収入だけでした。
非常の場合、都市や領主に課税する事はできました。
当時のイギリス国王は、北フランスが本拠地で、イギリスは実質的な植民地でした。
当時のイギリス王家のプランタジネット家の後継者争いから、フランスとの戦争となりましたが、当時のイギリス王であったジョンのほうが劣勢だったため、ジョンは傭兵を集めるためにイギリス貴族や都市に課税しようとしましたが、自分達を支配・抑圧しているフランス貴族支配に反発し、課税の拒否と今後議会での承認無しに課税を禁止する要求をジョン王に飲ませました。
これが、マグナカルタです。

>ヘンリ8世が、宗教改革勧めて、修道院から土地と財産を没収。~その土地はジェントリに。
なぜ?

ヘンリ8世の父ヘンリ7世は、バラ戦争の結果生まれたチューダー朝の初代国王です。
バラ戦争では、多くのイギリス貴族が没落し絶対王政の基礎ができていました。
しかしまだまだ貴族勢力の力は強く、教会や修道院も多量の領地を得ていました。
それを取り上げて勢力を弱める事で、王権のさらなる強化をはかったわけです。
取り上げた領地を下級貴族に分配する事で、下級貴族の支持を得ました。
この構図は、それ以前のドイツで行われた聖職叙任権闘争と全く同じ構図なのですが、当時のドイツでは、カトリックからの離脱など考えられない事であったため、叙任権闘争は混迷を深めますが、ヘンリ8世の時代では、宗教改革の真っ最中であったため、カトリックからの離脱とイギリス国教会の成立へとつなげ、絶対王政の基礎が作られます。

>イギリスはカトリックは嫌いなの?

イギリスでも、エリザベス1世は、徹底したカトリック嫌いでした。
これは、姉メアリー1世がカトリックで、メアリーとの王位争奪において捕囚され、あわや殺害されるところであった事に起因します。
また、イギリスと敵対するスペインは、アイルランドをカトリック化し、イギリスと敵対させたり、イギリスへの直接攻撃などを意図したため、カトリック=スペインとみなして、反発を強めます。
エリゾベス1世に子が無かったため、スコットランドのスチュアート家がイギリス王位を継ぎますが、ピューリタン革命で倒れた後チャールズ2世が王に返り咲きます。
チャールズ2世が、カトリック優位の政策を実行したため、名誉革命となり、カトリックに対して国教会の優位が規定されます。

>ピューリタン、とは?

ピューリタンは、スコットランドの長老派の影響を受け、イギリス国教会の改革をかかげた諸教派を指します。
スチュアート朝のジェームス1世・チャールズ1世らに弾圧され、アメリカやオランダに亡命した者も多くいました。
ピューリタン革命を指導した会衆派
アメリカでの最大教派に成長したバプテスト
良心的兵役拒否が認められたクェーカー

などがあります。
会衆派と教義内容に差が無い長老派は、ピューリタンには含みません。

>内閣とは、
国王が国の象徴だけの役割の時に、
複数ある党の中でも、多数派の党が内閣となって、国王の代わり(最終的になにかを決定する)をするってこと?

チョット違います。
国王絶対制の場合でも、国王が全て指示できるわけではありませんから、内閣が作られます。
当然国王がいなくても全く問題はありません。
また内閣を組織するのは、多数党とは限りません。
少数与党の場合もあります。
特に首相が、元首の任命だったりする場合は。

質問の主旨がどうも理解できませんが。

マグナカルタですが、当時のヨーロッパの王の収入は、原則的に自分の領地からの収入だけでした。
非常の場合、都市や領主に課税する事はできました。
当時のイギリス国王は、北フランスが本拠地で、イギリスは実質的な植民地でした。
当時のイギリス王家のプランタジネット家の後継者争いから、フランスとの戦争となりましたが、当時のイギリス王であったジョンのほうが劣勢だったため、ジョンは傭兵を集めるためにイギリス貴族や都市に課税しようとしましたが、自分...続きを読む

Qマグナカルタの回復ができない

マグナカルタの戦闘中に味方が麻痺になってしまったので、呪符「天・動いてごらん」を使おうとしたのですが、カーソルが使おうとしたキャラについていて、麻痺状態のキャラを治すことができませんでした。

どうしてでしょうか?


説明不足でしたら御指摘ください。

Aベストアンサー

わたしも今、マグナカルタはプレイ中なんですが、戦闘中のキャラクターや敵の選択がわかりづらいですよね。

道具を使う場合、最初は自分にカーソルが合っている状態になっているのでL2、R2ボタンで使う相手を素早く切り替えてください。

マニュアルの13ページにもコントローラーの設定がありますので参考までに。それでは!

Q中学生1年の社会なんですが(歴史)、 ①中国に秦とか漢とかあるじゃないですか。 その時って何時代なん

中学生1年の社会なんですが(歴史)、
①中国に秦とか漢とかあるじゃないですか。
その時って何時代なんですか?

②宗教とかのキリスト教とかの時は何時代ですか?後、教典ってなんですか?

③弥生時代の時に漢書や、後漢書などがあるのですが、何が書いてあるんですか?それとその2つ(漢書・後漢書)の違いってなんですか?

④朝貢で何で金印を貰ったんですか?

⑤蘇我氏って豪族ですか?

⑥蘇我氏が、教科書に大王を倒したとありますが、その後蘇我氏はどうなったんですか?
天皇の家柄になったんですか??

⑦聖徳太子は誰の摂政ですか?

⑧富本銭と和同開珎は、お金ですか?
…違いはなんですか?

⑨平城京の時の大王って誰ですか?
有名な貴族は藤原道長でした…?

⑩班田収授法(ずっと自分のもの…?)と口分田(6年過ぎたらどうするの?)の意味が分かりません。

⑪大伴家持ってなんの人ですか?歌人ですか?

Aベストアンサー

エライ!
やる気はあるんですね。だったら、目をそむけないで読んでみましょう。たとえば蘇我氏の項目、一行目にはっきりと「有力豪族である」とあるのだけれども、目に入らなかったのかな(引き続き、皮肉ですよ(笑))

それに②など、質問が意味不明すぎます。キリスト教は現在も続いており、世界でもっとも信者数が多い宗教ですよ。

Qマグナカルタ

こんにちは。(^_^)

ちょっと古いんですが、
RPGの「マグナカルタ」ってゲームを
プレイしたことがあるひと
評価してください。<(_ _)>

Aベストアンサー

NO.1の者です^^
お返事ありがとうございます。

「イース」はPS2版でリメイクされていますよ^^。

そして、IとIIが一緒になって・・・「イースI・II」として出ていますので。これをやらずしてRPGは語れないかもしれませんね。

あと、アトラスという会社が出しています・・・「BUSIN 0」という一世風靡した名作も・・・・いかがでしょう。
では何度も失礼しました。

Q1951年に結ばれた条約(問題)はなんでしょうか?

(1)の問いなんですが、(1)に入る言葉は日米安全保障条約でしょうか?
日本の安全保障政策にとって大きな意味を持っていたのが、1951年に結ばれた((1))で、60年に反対運動がくり広がるなかで、防衛協力の双務性を強める形で改定された。
日米経済摩擦に加えて冷戦の終焉が進展した結果、この条約の意味や目的をめぐってさまざまな議論がでるようになった。

Aベストアンサー

日米安全保障条約って合ってると思いますよー^^


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報