ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

私は国家2種試験を最終合格した後に、大学の技官(教室系)に内定した
者です。(大学技官以外は面接落ち)
どうやら、大学の技官の待遇は国家公務員の中で
最低という話をよく聞きますが、生活に困るほど
給料が安いのでしょうか?
昇進が一切ないといことで、どのように昇給していくのか
よく分からない状況です。
あまりに、ひどいのなら(生活に困るほど)、来年も公務員試験
を受けようかとも思っています。
現職の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仮に大学が独法化した場合、非公務員型が選択されれば、


法的には解雇され、再雇用ということも考えられますが、
国労問題でも明らかになっているとおり、
再雇用のさいに、思想信条を理由にした差別がおきる可能性があります。  
    • good
    • 0

 えーー、現職です。

前2つ解答正解です。入れ替えの激しい研究室は要注意で、教授の人格に問題があると断言できます。研究室は小国家で絶対君主制です。王様(教授)に逆らうと、その日からやめる方向(陰湿で怖い)にもっていかれます。また王様の年齢を考えておかないと、新王様がやってきたとき制度が一変し(良い方向に向かう場合もあり)困惑します。しかしながら良い王様の元では、大変充実した研究生活が送れます。一方干されるのを気にしない人であれば、これまた充実した趣味の生活がおくれます。このように自分の仕事が運に大きく左右されます。
収入:地方なら充分生活できます。
昇級:年功序列
昇進:ない
    • good
    • 0

昔の士農工商のような身分制度があると思います。

一番上が、教授。大学の経営などにも携わります。教授の予備軍が助教授、講師、助手・・・。中央省庁でいれば、キャリア組です。一方、事務系の方は、予算執行などで実権を握り、ある程度力を持っています。これが外務省汚職で脚光を浴びたノンキャリア組に相当するものです。大学の技官は、分析技師や農園の世話係など本当に縁の下の力持ちです。
給料は安いですが、まあ、安定はしているでしょう。一応官舎なども用意されると思いますので、贅沢は出来なくても生活できないことはないと思います。
昇給は基本的に年1回ですが、残念ながら昇級のスピードはとても遅いでしょう。一般的に研究職は行政職よりも冷遇され、昇進のスピードが遅いことが労働組合で問題になっていますが、技官はさらにその下に置かれています。また、大学が独立行政法人に移行することは確実で、将来の身分に不透明なことがあるのも事実です。
ただし、本当に研究が好きで、学問の現場にいたいのであれば、技官として残るというのも一つの手です。良い研究成果を残して世の中に認められている人もたくさんいます。
でも、もし、gijinnさんに野心があるのであれば、行政職を目指した方がいいでしょう。大学の友人が(2)種で当時の建設省に入りましたが、8年目には本省の係長をしていました。本省の係長といえば、地方支局の課長補佐以上に匹敵するような役職です。
なお、現職のまま試験を受けるということも出来なくはありませんが、新しい職場に採用されるのは極めて難しいと思います。(各省間の仁義違反はしません。)gijinnさんが採用担当者になった時を考えてみてください。現状に不満でそこから脱出したいという人が、はたして自分のところにきて満足するだろうか?また同じで辞めてしまうのではないかという疑念を抱くのは極めて当たり前だと思います。それであれば、フレッシュな人にかけた方が良いと思いませんか?あなたの選択肢は、就職浪人をして意思を貫く姿勢を見せるか、文部科学技官になって行政職に配置転換を狙うか、大学で下積み生活に甘んずるか思案のしどころでしょう。
少々きついことを書きましたが、これが現実です。
    • good
    • 0

私が学生の頃、実験のときに技官の方にお世話になってました。


(機械系の実験の時)

その方は「ここの給料だけでは家族を養っていけないから、実は隠れてバイトやってる」と言ってました(^^;
半分冗談かもしれませんが、給料は本当に安いようですよ。

技官の方は教授にいいように使われていて可哀相でしたよ。
(悪く言えば雑用)
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学技官(技術職員)に関して

はじめまして.

現在,ある大学の大学技官(技術職員)へ応募しようかど
うか検討しています.

私の認識では,技官になるためには

+ 国家公務員試験に合格していること
+ 技官の採用試験に合格していること

が採用の条件だと思っていたのですが,その大学の応募
資格の注意書きには「4年生大学を卒業した者」としか記
述されていませんでした.

国立大学法人になってからは,特に各種試験に合格して
いること等は必要なくなったのでしょうか?また,技官
の中途採用は最近始まったものなのでしょうか?

Aベストアンサー

公務員およびそれに派生した独立行政法人(国立大学法人を含む)の採用には、定期的な採用試験による採用(試験採用)のほか、欠員の状況等により必要に応じて不定期に、それぞれの所管部局が募集し採用するもの(選考採用)があります。

今回、目にされた技術職員さんの募集や、教員の採用に代表されるように、公務員とそこから派生した独法では、必ずしも試験によらない採用が存在します。特殊な技能や条件を持つ人を必要とする場合のものです。もっとも、その特殊な技能や条件を持つ人向けの採用の一環として、教養などのペーパーテストを課す場合もありますので、常設の試験採用と選考採用の違いが見えにくい、ということも現実としてはあります。

例:都道府県での選考採用
http://www.pref.mie.jp/JINJII/boshu/saiyo/saiyo/senkou/index.htm

参考:選考採用をする場合の人材データベース
http://jrecin.jst.go.jp/
(職種を技官やその他で検索すると、選考採用の技術職員や事務職員の募集がひっかかることがあります)


というわけで、
> 国立大学法人になってからは,特に各種試験に合格していること等
> は必要なくなったのでしょうか?
> また,技官の中途採用は最近始まったものなのでしょうか?
の2点については、
別に独法化をきっかけとして技官・技術職員の公務員試験・大学法人等採用試験を経ない採用が始まったのではなく、昔から存在しているものであるが、独法化によって試験採用にこだわらない選考採用が技術職員を中心に、事務職員にも拡大する傾向が増え目立つようになってきた、ということがいえると思います。公募形態をとるようになったこと、JREC-INのように公募情報を集約するところができたことというのも後押ししています。

伝統的に技術職員さんが担当してきた業務のほか、専門的な教育研究支援業務(校正や英文、情報基盤整備など)、就職支援、産学官連携、知的所有権などの法務などについて、独法化によってしばりがくなったこと・本省や他省庁から応援を受けていたのに引き上げられてしまったことなどから、現場のニーズに合わせて事務職員や教育職員の枠を使って選考採用をしているケースが目立つようになっています。同じように、新卒の職員であっても、各地区の大学法人等採用試験を経由せずに、独自の制度で採用を行っている大学も増えています。

http://www.jmk.ynu.ac.jp/gakugai/somu/jinji/saiyouannai.html
http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/per/per1/saiyohp/index.htm


今回の募集は、内容にもよりますが、おそらくは選考採用の形態で行われるのでしょう。ただ、試験採用で工学などの分野で採用された技術職員とちがって、選考採用で特定の部局に採用された技術職員の場合だと、大学内での異動がほとんどありません。この点には留意しつつ、どういう部局での採用になるのかをじっくり調べてみてください。

公務員およびそれに派生した独立行政法人(国立大学法人を含む)の採用には、定期的な採用試験による採用(試験採用)のほか、欠員の状況等により必要に応じて不定期に、それぞれの所管部局が募集し採用するもの(選考採用)があります。

今回、目にされた技術職員さんの募集や、教員の採用に代表されるように、公務員とそこから派生した独法では、必ずしも試験によらない採用が存在します。特殊な技能や条件を持つ人を必要とする場合のものです。もっとも、その特殊な技能や条件を持つ人向けの採用の一環として、教...続きを読む

Q国家公務員の技官には出世が難しい?

国家公務員の建築系(技官)を選択した場合

出世が難しいと聞いたのですが

本当でしょうか?

Aベストアンサー

国家公務員、技官、出世(または昇進)といったキーワードでgoogleなどから検索すれば大量にそういう話は入手できると思います。

が、ここで簡単にいえば;基本的には技官は事務官(文系)より出世は難しいです。国家I種で入れば本省課長ポストまでは何とか辿り着けるといわれてますが、それ以上(官房審議官・本省部局長・技監・…)には就けないと思っていた方が良いでしょう。ただ本省の課長というのは、民間企業の課長とは比べ物にならない程、社会的には偉い立場ですので、課長になるということは、それで十分名誉な事だと思います。また、国交省などでは例外的に技官でも上までいけ易く、事務次官に就く方もいることにはいます。

一方、今後は入省年次で決める年功序列を辞めて、実力評価で昇進をきめようという流れもあり、人事評価制度が革新されれな、技官でも出世しやすくなるかもしれません(実際、昔に比べれば確実に技官と事務官の差は小さくなってきています)。

結局、技官は出世や給料ではなく、ただ純粋に「やりがい」を求めて、そういう選択をしているのが現状です。

Q大学の技官てどうですか?

はじめまして。よろしくお願いします。

質問内容としては
「技官の仕事内容」
(調べたところおそらく教務職員のことだと思います…)
「給与」
「良い点・悪い点」
「早期退職(転職)はしやすいか」
など、です。その他、知っておいたほうが良い内容などありましたら教えていただけると嬉しいです。
ネットで調べて見たのですがあまり情報が無く、昔のものばかりだったので質問させて頂きました。

現在、私は地方の国立大学の修士1年(生物系)で、就職活動中です。
つい先日、教授の方から今年度で退官になる技官の方がおり、
空きポストに推薦することもできる(だろう)という趣旨の連絡がありました。
この場合、修士1年で中退し、来年度から働くという形になるようです。

就職活動の方はほとんどしておらず、漠然と国立大学法人の職員の
事務職か技術職を目指そうかなと思い勉強し始めたところです。
他に一応、教育出版系や塾などを受ける予定でいます。
私は「学ぶ・知る」というものが好きで今に至ります。
希望の職業としては学ぶ楽しさ、知ることの面白さを伝えられる職、
または学ぶ学生を支援出来る職と考えています。

そうなると技官は前者・後者ともに当てはまる職のような気がしてきました。
本当は退官する方に直接聞けば良いのですが、タイミングが合わず会うことが
出来ませんでした。(週明けに聞きに行く予定です)
また、他の方の意見も聞きたく質問させていただきました。

中退については、親の反対も無く、私自身、研究に向いていないのを今年度思い知り、
就職しとけばよかった!と思っていたほどなので問題はありません。
(今後着いて回る中退の文字がやや気になりますが…)

それと「学ぶ楽しさを伝えたい」と思う同時に、何らかの資格試験を受け自身を磨きたいという思いもあります。
とりあえず、技官職に就きながら資格試験を受けるというプランはありでしょうか……。やはり大学に失礼でしょうか。

推薦していただく場合、締め切りが14日のため早めに決めなければなりません。
非常に迷っています……何か意見、情報、叱咤などもありましたらよろしくお願いします。

はじめまして。よろしくお願いします。

質問内容としては
「技官の仕事内容」
(調べたところおそらく教務職員のことだと思います…)
「給与」
「良い点・悪い点」
「早期退職(転職)はしやすいか」
など、です。その他、知っておいたほうが良い内容などありましたら教えていただけると嬉しいです。
ネットで調べて見たのですがあまり情報が無く、昔のものばかりだったので質問させて頂きました。

現在、私は地方の国立大学の修士1年(生物系)で、就職活動中です。
つい先日、教授の方から今年度...続きを読む

Aベストアンサー

○「技官の仕事内容」
→「調べたところおそらく教務職員のことだと思います」とのことですが、他の回答にあるとおり、大学の技官は研究職に準じるものなので、研究を楽しむことができない場合は、辞めておくべきでしょう。生物系学科なら実験なり生物の飼育栽培なりをずっと手掛けることになるでしょうし、研究の前段階の試行実験等の様なものも求められます。基本的に、大学の研究職になりたかったけれども、博士号を取るまでのお金や時間が用意できなかった方、博士号を取ったけれども研究職に何かの事情で就職ができなかった方、これまで勉強してきた専門分野を生かした仕事に就きたい方等が選ぶ仕事です。

○「給与」
→恐らく大学の一般的な技官職と同じなので、ウエブで検索して情報は集められるでしょう。但し、学科レベルでの採用ということであれば、昇進もあまり期待できないでしょう。30歳前後で助教に就く方は、順当に昇進すれば准教授や教授へ昇進していきますが、技官に就職された方は、50歳になっても技官のままのことが多いです。

○「良い点・悪い点」
→良い点は仕事が安定していてリストラを心配しなくて良いこと、残業もそんなにひどくなく安定した生活を送れること、これまで学習してきた専門分野の知識や技術がある程度生かせること、若い学生達との交流を持てること、空いた時間等を活用して自分で研究をして論文を書いたりするチャンスも存在すること等。悪い点は、上に書いたとおり、昇進を期待できないこと、人間関係がどうしても狭くなりがちで、色々な人と知り合って一緒に仕事をする機会が限られること、またそれによって一旦学科の中でいざこざを起こすと、その後、居づらくなること位でしょうか。

○「早期退職(転職)はしやすいか」
→退職は比較的し易いとは思いますが、次の転職はそれなりに大変でしょう。同じ業界の就職市場はとても限られているので、他業界を探すことになるかと思いますが、大学技官をされてきた方が、いきなり普通の企業の事務職等に移れるかというと、疑問符が付きます。

○「技官の仕事内容」
→「調べたところおそらく教務職員のことだと思います」とのことですが、他の回答にあるとおり、大学の技官は研究職に準じるものなので、研究を楽しむことができない場合は、辞めておくべきでしょう。生物系学科なら実験なり生物の飼育栽培なりをずっと手掛けることになるでしょうし、研究の前段階の試行実験等の様なものも求められます。基本的に、大学の研究職になりたかったけれども、博士号を取るまでのお金や時間が用意できなかった方、博士号を取ったけれども研究職に何かの事情で就職...続きを読む

Q警察技官って・・・?

以前勤めていた会社の同僚が昔はこの仕事をしていた、と名刺をみせてくれたのですが(肩書きが「警察技官」でした)正直警察関係の仕事ができるような人とは思えません。たまたま友人のお兄さんが刑事さんなのですが聞いたことが無い、といっていました。その人には多々嘘をつかれていまして信用できないのです。「鑑識・・・」等つくなら解るのですが、「警察技官」だけだとどのような職業になるのでしょうか?

Aベストアンサー

警察でも県庁の公務員試験を受けて警察に採用されて「事務官」か「技官」になるそうです。両方とも警察官ではありません。たとえば鑑識や通信などの技術関係だそうです。採用窓口は事務官と同じで、単に配属先が事務か技術かということらしいです(20年前の話ですけれど)。通信庶務課って聞いてみたら驚くかも^^

事務官は経理とか人事・伝票整理で~警察のお偉いさんが経費の使い込みなどをしたときに、真っ先にクビになるのが事務官です(伝票にはんこを押しただけなのに) 元事務官の人からききました!


人気Q&Aランキング