私は個人事業主としてお店を経営しているのですがあまり収入がなく来月あたりからアルバイトをしようと思っているのですがこの場合税金の面で何か問題が起こるのでしょうか? まだ税金のことについてまったく勉強を怠っていたので良くわかりません。
どうか税金の面でプラスになるお話を教えてもらえないでしょうか? 
あと個人事業主の立場から一番わかりやすい税金の勉強ができる書籍やら情報は何が良いのでしょうか?
どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

個人事業で自分も同じ事がありました。



基本的に、アルバイトと個人事業の収入は別計算でやりましょう。
たとえ税金が引かれていなくてもアルバイトは「給与収入」として扱い、個人事業は「事業収入」と分けて確定申告しなければなりません。
ただし、アルバイトが「給与」として支払われなければ話は別ですが。
また、アルバイトの給与収入には給与所得控除が適用されますので、別で計算した方が税金はお得です。

アルバイト先には自分が個人事業主であり、自分で確定申告をする(年末調整は不要)事を告げ「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は提出しないのが良いとでしょう。
この申告書を提出しないと、どんな少額の給与でも所得税が源泉徴収されますが、確定申告の際に事業収入と合算し、それによって決定した納税額よりバイト給与の源泉徴収額が多ければ還付、少なければ差額を納税するだけで良いです。
逆に提出すると、月々の源泉徴収は少なくなりますが、事業収入と合算して確定申告する際に実際の納税額と源泉徴収額の差が大きくなる可能性がありますので、後で納税する所得税が多くなる場合があります。

個人事業主向けの書籍はいろいろとありますが、自分が手にとって分かりやすいものを1冊は読んでおくと良いかと思います。
インターネットも沢山経理関連のサイトがありますので、幾つか挙げておきます。
イージー経理 http://www.ezkeiri.com/index.html
All About http://allabout.co.jp/career/
みんなの.com http://minna-no.com/
経理初心者おたすけ帳 http://www.otasuke.ne.jp/
国税庁タックスアンサー http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm
    • good
    • 28
この回答へのお礼

返答、ありがとうございました。とても参考に
なりました。また何かわからないことがありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/06/24 01:57

>アルバイトをしようと思っているのですがこの場合税金の面で…



何も問題ありませんよ。
一人の実業家が、大きな会社を三つも四つも経営しているのはよくある話ですね。あなたもお店を二つ経営していると考えればよいのです。

そのアルバイト先からもらう給料が、源泉徴収されていなければ、そのままお店の売り上げに合算してしまいます。バイトのための経費などもお店の経費に合算します。

給料が源泉徴収されているなら、源泉徴収前の金額を申告書の「給与所得」欄に記入し、同時に「源泉徴収税額」欄にも記入します。
お店の収入が少なければ、バイト給与から源泉徴収された税金が返ってくることもあり得ます。

>税金の勉強ができる書籍やら情報…

書籍は本屋さんや図書館に行けば、初心者向けから中級者向けまでいろいろあります。
ネットならやはり国税庁の『タックスアンサー』ですね。特に、「事業主と税金」のところです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shotoku.htm
    • good
    • 22
この回答へのお礼

返答、ありがとうございました。とてもわかりやすいたとえでまだなにもわからなかった私でも理解することができました。またわからないことがありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/06/24 02:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業主の開業届について教えて下さい!

これからアマゾンで継続的に商品を販売しようと考えているのですが、

個人事業主の開業届について疑問に思っていることが2点あります。


質問1、

個人事業主の開業届をせずにアカウント名をOO店と表示しても良いのでしょうか?

勿論、他社とは被らない名称にします。


質問2、

個人事業主の開業届をした場合と、

開業届けをしない場合、

税金面はどうなりますか?

届出をしないと経費を計上できないなどという事になるのでしょうか?


ご存知の方がいらっしゃいましたら、

お手数ですがご教授のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>個人事業主の開業届をせずにアカウント名をOO店と表示しても良いのでしょうか?
問題ありません。

>個人事業主の開業届をした場合と、開業届をしない場合、税金面はどうなりますか?
変わりません。
個人事業主は開業届を提出することとされていますが、仮に出さなかったとしても税金面でどうこうはありません。
ただ、青色申告(「青色申告特別控除」が受けられる)するなら、開業届を出す必要があるでしょう。
それに加え、「青色申告承認申請書」の提出も必要です。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/02.pdf

>届出をしないと経費を計上できないなどという事になるのでしょうか?
いいえ。
そんなことはありません。
前に書いたとおりです。

Q個人事業主の税金

現状、15万+5万(交通費)だとします。
社員を抜けて、個人事業主ということにすれば25万出せると言うことです。
気になるのは所得税、保険税なのですが、
所得税は現状15万の4パーセントほどが源泉徴収されています。
25万で個人事業主ということになると税はどのくらいになるでしょうか?
確定申告すると言うことなのですが、
たとえば交通費なのですが、領収書は必ずもらわなくてはならないのでしょうか?
たとえば、定期券なら、領収書が無くても
定期の表面に金額も名前も書いてありますが、これではだめなんでしょうか?また、カードで支払っているので、カード会社の請求書がありますけどこれでもいいのでしょうか。
また、バスはプリペイドカードを使っているのですが、自動販売機で買っているため、領収書がありません。普通はどうするのでしょうか?
また、保険税ですが、事業主になると異常に高くなると聞いたことがあるのですが、大丈夫でしょうか?
また、経費ですが、どこまで認められるものなんでしょうか。
たとえば、電気屋で買ったAV機器(ぶっちゃけHDDレコーダー、パソコンとか)なんてものを、認めてくれるんでしょうか。
以前の会社で個人事業主になった方が、ガソリン代をすべて申告したら、個人事業主といったって、名前だけでパートと変わらないんだから認められないといわれた(税務署)といっていたので、かなり気になります。
一部でもおわかりになるかたおしえてください。

現状、15万+5万(交通費)だとします。
社員を抜けて、個人事業主ということにすれば25万出せると言うことです。
気になるのは所得税、保険税なのですが、
所得税は現状15万の4パーセントほどが源泉徴収されています。
25万で個人事業主ということになると税はどのくらいになるでしょうか?
確定申告すると言うことなのですが、
たとえば交通費なのですが、領収書は必ずもらわなくてはならないのでしょうか?
たとえば、定期券なら、領収書が無くても
定期の表面に金額も名前も書いてあります...続きを読む

Aベストアンサー

>交通費なのですが、領収書は必ず…
>バスはプリペイドカードを使っているのですが、自動販売機で…

旅行会社などで、出張用の遠距離切符を買ったときは、領収証を保存しておきましょう。
近距離出張で、領収証のもらえない電車・バスなどは、なくてもかまいません。その代わり、現金出納帳に忘れずに記帳し、業務日報などでどこへ行ったか明らかにしておくことが必要です。
プリペードカードは、一度に何枚も買っては経費になりません。その都度使用する 1枚ずつを経費に入れていきます。

>定期の表面に金額も名前も書いてありますが…

定期券はそのままコピーして保存しておけばよいでしょう。ただし、有価証券のコピーにはじゅうぶんお気を付けください。

>カード会社の請求書がありますけど…

カード会社の請求書で、買ったものの明細が分かるなら、それでもよいでしょう。

>保険税ですが、事業主になると異常に高くなると…

「国民健康保険税」のことですか。国保は「資産割」「所得割」「均等割」「平等割」の 4つの要素から計算されます。また、市町村ごとの計算ですので、一概にいくらになるかは分かりません。地元の市町村役場へお出かけになれば、試算してくれます。

>ぶっちゃけHDDレコーダー、パソコンとか…

HDDレコーダーやパソコンが、本当に仕事に必要なものであれば、経費になります。
また、それらは私用にも使用するなら、使用時間などに応じて按分した残りだけが経費となります。

>ガソリン代をすべて申告したら、個人事業主といったって、名前だけでパートと変わらないんだから認められない…

「すべて申告」は無理です。前項と同じで、事業用に使用する分だけを按分します。
たとえば、1ヶ月に 1,000キロ走るとして、そのうち仕事で 700キロ乗っているなら、1ヶ月に支払ったガソリン代のうち 7割だけを経費にすることができます。自動車税や修理代、車検代なども 7割が経費になります。

そのほか詳しいことは、国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shotoku.htm

>交通費なのですが、領収書は必ず…
>バスはプリペイドカードを使っているのですが、自動販売機で…

旅行会社などで、出張用の遠距離切符を買ったときは、領収証を保存しておきましょう。
近距離出張で、領収証のもらえない電車・バスなどは、なくてもかまいません。その代わり、現金出納帳に忘れずに記帳し、業務日報などでどこへ行ったか明らかにしておくことが必要です。
プリペードカードは、一度に何枚も買っては経費になりません。その都度使用する 1枚ずつを経費に入れていきます。

>定期の表面...続きを読む

Q個人事業主開業届提出前に売り上げがあった場合の現金出納の書き方について教えてください

個人事業主で、今年初めての確定申告になります。

2016年5月に開業届を提出したのですが、
2016年4月にサービス業の売上と、仕入が発生いたしました。
こちらに関して、現金出納帳に記入する売上日と経費発生費はいつにすればよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

>2016年5月に開業届を…

税金は和暦で「平成△年」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/02.pdf

>現金出納帳に記入する売上日と経費発生費はいつにすればよろしい…

それぞれ実際に取引のあった日です。
計上日を意図的に操作したりしてはいけません。
届けの 1ヶ月前でも何も問題はありません。

Q個人事業主になった際の、税金の支払いについて

2010年度は、アルバイト収入で、年70万円位で、基金訓練で、60万円位で合計収入130万円
位の際、2011年1月から個人事業主になったのですが、その際、2011年の確定申告までに、個人事業主で赤字や黒字に
なった場合は、2010年から2011年の確定申告までの収入はどのように計算されることになるのでしょうか。
例えば、個人事業主の開業費などでコストがかかり、2011年1月~3月まで、マイナス130万の
経常利益なら、前年の130万の収入とそのー130万で収入が確定申告では0になるのでしょうか。
また、国民健康保険や住民税などもどうなるのか、わかる方お願いします。

Aベストアンサー

まず、確定申告の計算期間は1月から12月の一ヵ年です。

ですから、
> 2011年1月~3月まで
という計算期間は出てきません。

それはさておき、質問の意図は
・ある一ヵ年において損失で決算をした場合、他の年と通算できるのか?
という事だと思いますので、それに回答します。

結論から言うと、前年と通算はできませんが、翌年とは出来ます。
例えば、課税所得が
2010年→ 300万円
2011年→△100万円
2012年→ 500万円
だとすれば、2010年は300万円に対する所得税を、2011年は損失申告のため所得税はゼロ、2012年は400万円に対する所得税を納付することになります。

Qもともと個人事業主のネットショップ開業届は?

私はもともとフリーライターをしていて個人事業主として毎年確定申告をしています。(白色)
あらたにネットショップを立ち上げようと思っているのですが
開業届はだすべきなんでしょうか?

どれだけ売れるかがわからないということと、
パソコンなど多くの経費はもともとフリーライターとしての経費でおとすことになるので出さなくてもいいような。。。

また、フリーライターとしての開業届?的なものもだすことなく、
毎年、確定申告しているのです…こちらな何か提出するものは
あるのでしょうか?

無知でお恥ずかしいのですが宜しくお願いします!

Aベストアンサー

>開業届はだすべきなんでしょうか…

八百屋が新たに魚も売り始めたとしても、再び開業届を出すことはありません。

>また、フリーライターとしての開業届?的なものもだすことなく…

規則違反を大声で言うのはやめましょう。
すでに何度も申告しているなら、時効でしょう。

>こちらな何か提出するものは…

業務を拡大されるなら、青色申告の届けを出すのがよいかと思います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q個人事業主の税金に関して

今年の4月より個人事業主になります。

これまでずっと厚生年金だった為、現在猛勉強しておりますがなかなか難しいです。

収入-経費+各種控除=課税の理屈は承知致しております。

しかし、国民年金は13300円の定額と分かりましたが

国保と市民税、県民税がいまいち理解できません。

ちなみに収入は3600000円程になる予定で、経費は約560000円

愛知県名古屋市在住で、親と住んでおり独り身です。

平成22年度の給与収入は3442000円で所得は2228000円でした。

以上を踏まえてだいたいの額は計算できますでしょうか?

4月から不安いっぱいの為ご指導下さいませ。

Aベストアンサー

確定申告はされますよね?

3/15までに確定申告をして昨年度の所得が確定すると、
その所得にたいして今年度の住民税や国保の掛金が決まり、
郵送で払込書などが届くと思います。
(6月頃だと思います、多分)

住民税の税率は自治体ごとに異なりますが、
名古屋市の計算方法は参考URLが見つかったので、
参照してみて下さい。

あと、自治体の窓口や、
管轄の税務署に行くと色々教えてくれると思いますよ。

参考URL:https://koe.city.nagoya.jp/faq/kiji/detail.php?lcid=2&mcid=6&kjid=1614

Q個人事業主として開業届を出すと、開業した事を証明する認定証のようなもの

個人事業主として開業届を出すと、開業した事を証明する認定証のようなものは貰えるのでしょうか?

あるとしたら、具体的にどのようなものでしょうか?

単なるペラペラの紙ですか?それとも賞状くらいの厚さですか?

屋号や日付は入っていますか?

教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

発行はされません。
開業届出を作成した際にコピーをとり、コピーにも収受印をいただくことはできます。
それが、開業をしていますよ。という証明?みたいなものにはなります。

Q個人事業主の確定申告、税金

税務署に相談したのですがよくわからず、こちらで質問させて頂く事にしましたのでよろしくお願い致します。

個人事業主として2社と業務委託契約を結び、毎月一定金額である75万円の収入があるのですが(源泉徴収はされておりません)ほぼ人件費としての収入の為、控除できる経費は交通費、通信費、交際費、光熱費、国民保険、年金等しかなく、仮に1年単位で計算すると900万円/年が収入金額で、控除できる額が基礎控除額含めて150万円/年とすると、900-150=750万円が年間所得となり、平成19年度の所得税算式によると750万円×0.23-636,000円≒109万円が所得税となり実質手取り金額は750万円-109万円=641万円となります。

一方、サラリーマンだった時の平成18年度は給与収入として約900万円/年でしたので個人事業主としての金額とほぼ同じで、手取り額を計算すると約670万円でしたがそのうちの所得税は約65万円でした。

個人事業主で所得税を65万円にするには、900-360=540万円×0.2-427,500円≒65万円になりますので実質手取りは540万円-65万円=475万円になってしまいます。

質問は上記の計算であっているかと、もし間違いがなければなぜサラリーマンと個人事業主でここまで所得税の金額に差が出てしまうのか、そういう制度や税率だからと言ってしまえばそれまでですが、個人事業主としてやられてきた諸先輩方はこの格差について何も不満に思わなかったのかが不思議に感じたので教えて下さい。

税務署に相談したのですがよくわからず、こちらで質問させて頂く事にしましたのでよろしくお願い致します。

個人事業主として2社と業務委託契約を結び、毎月一定金額である75万円の収入があるのですが(源泉徴収はされておりません)ほぼ人件費としての収入の為、控除できる経費は交通費、通信費、交際費、光熱費、国民保険、年金等しかなく、仮に1年単位で計算すると900万円/年が収入金額で、控除できる額が基礎控除額含めて150万円/年とすると、900-150=750万円が年間所得となり、平...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

>減価償却費を経費計上すると住宅ローン減税の分はその割合分差し引かなければならないと税務員に言われた・・

変ですね。私は初耳です。税務署員の間違いではないでしょうか。

国税庁のタックスアンサーを読んでも、そういうことは書いてありません。↓

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

また租税特別措置法の第41条から第41条の3まで読んでも、そういうことは書いてありません。↓

http://kokuzei.hourei.info/kokuzei103-24.html

もう一度、暇なときに税務署員と話してみてください。減価償却費を経費計上すると住宅ローン減税の分はその割合分差し引くという法令上の規定はないはずです。

>(2)の件ですが・・

正しいお考えです。

>(3)は当初白でいいかなと・・

頑張ってください。

Q個人事業主の青色申告申請書は出して開業届はださなくてよい?

知り合いで、青色申告申請書は出しているが、開業届は出していないという人がいました。本当かどうかわからないのですが、一度税務署に開業届を出そうといったところ、とてもあしらわれ(こちらの準備不足もありましたが)結局白色申告しようかと思っています。開業届を出す日にちが問題になるみたいなことをいわれました。今は委託契約で働いております。本来ならその委託契約ではじめたときからなのでしょうけれども、実家が自営業なのでそちらに確定申告のことはお任せにしていました。もし、開業届を出さずに青色申告申請書出すだけでよいのであれば提出しようかと思いますが、可能でしょうか。

Aベストアンサー

開業届を提出しないで事業を開始しても、納税すべき利益が出たら、確定申告をして納税すれば、何の問題も有りません。
つまりね開業届は提出しなくても問題ありません。

更に、これから青色申告にしたい場合は、開業届の提出に関係なく、「青色申告承認申請書」を提出すればよいのです。
「青色申告承認申請書」は、その年の3月15日までか、開業から2ケ月以内に提出する必要が有ります。

既にご存じかと思いますが、青色申告の特典などの詳細は、参考urlをご覧ください。

又、記帳などについては、お近くの商工会議所か商工会へ行くと、無料で指導や相談を受けられます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.htm

Q個人事業主の事業を妻に引継ぎたい

現在は個人事業主で、妻と二人でソフトウェア開発の仕事をしております、来月から請負で仕事をしていた会社の契約社員になることになりました。
しかしながら、個人事業主時代のお客様もいるので、妻が私の個人事業を引継ぐことになります。
そこで今後は、妻が個人事業主の収入に対して確定申告を行う様になると思うのですが、お客様に出す請求書の振込先口座は私個人のままでも妻の収入として申告しても大丈夫なのでしょうか?
また、保守契約をしているお客様では、契約書は私の個人名になっているのですが、これも妻の収入として申告しても大丈夫でしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>請負で仕事をしていた会社の契約社員になることに…

その会社は副業を禁止しているのですか。
特に定めがなければ、「給与所得」と「事業所得」の二つがあるとして、確定申告をすればよいだけのことです。
事業の名義を奥さんに換える必要はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>妻が私の個人事業を引継ぐことになります…
>今後は、妻が個人事業主の収入に対して確定申告を行う…

もちろんその選択肢もあります。
その場合は、事業主の変更という手続にすると、変更日現在の元入金が贈与と見なされ、元入金が 110万円以上あれば贈与税がかかります。
あなたが「廃業届」、奥さんが新規に「開業届」を出せば、贈与とはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2090.htm

>お客様に出す請求書の振込先口座は私個人のままでも…

新規のお客様には、新しい口座を連絡するのがよいでしょう。

旧来のお客様には、適当な区切りが付くまで、あなたの口座へ入金してもらい、奥さんの収入とすればよいでしょう。
仕入や経費の支払いについても同様です。
要は、口座の名義が誰であるかはさしたる問題でなく、事業の実体が誰にあるかということが大事なのです。
必ずしも振り込まれた名義人の収入になるわけではないのです。
贈与税の心配なども無用です。

>契約書は私の個人名になっているのですが、これも妻の収入として…

税務上は、契約書なんかどうでもよいのです。
実際に仕事をしている人の収入になります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>請負で仕事をしていた会社の契約社員になることに…

その会社は副業を禁止しているのですか。
特に定めがなければ、「給与所得」と「事業所得」の二つがあるとして、確定申告をすればよいだけのことです。
事業の名義を奥さんに換える必要はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>妻が私の個人事業を引継ぐことになります…
>今後は、妻が個人事業主の収入に対して確定申告を行う…

もちろんその選択肢もあります。
そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報