学校の生薬の未知検で、どうしてもわからないものがあって困っています。

そのものは、

(1)日本薬局方(13,14改正)に収載されているています。

(2)その粉末を水にとかし振ると、持続性の泡が発生するのでサポニンが含まれると 考えています。

(3)ドラーゲンドルフ試薬に反応するためアルカロイドを含んでいると考えていま
す。

(4)味は初め、ほんのわずかあまく、後に極めて苦い。

(5)皮に濃い茶色のコルク層がわずかに見やれました。

(6)他の部分は、密が粗で感じ的には甘草に似ています。

(7)コルク層以外の所は、甘草や苦木より色が薄いです。

このような性質を持っています。心当たりが有りましたら、どんなことでも良いのでおしえてください。お願いします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ペーパー薬剤師で天然物化学者の rei00 です。



 学生実験のようですのでアドバイスだけ。

 お書きの情報を薬局方や「生薬学」の教科書に出てくる生薬と比較されましたか。サポニンとアルカロイドを含む生薬はそんなに無いと思いますが。

 比較されたのであれば,「何と考えられるがどこが困っている」という形で補足ください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルカロイド(TLC.HPLCについて)

TLCおよびHPLCで成分が分離するのはなぜか?

Aベストアンサー

基本的な原理はペーパークロマトグラフィーやチョーククロマトグラフィーと同じもので、吸着力と溶解度のバランスに基づいていますネ。
TLCの場合、通常はシリカゲル、場合によってはアルミナを用い、HPLCではODSなどを用いることが多いですが、いずれにしても、分離対象となる物質のアルキル基などがそれらに吸着するのですよネ。そして、TLCの場合は自然の溶媒の上昇、HPLCの場合はポンプによる溶媒の流れと、吸着率のバランスによって分離するのですネ。いずれの場合も、溶媒の極性によって溶解度は変化しますので、純相のTLCの場合は酸や水を加えてRf値を下げたり、逆相のHPLCの場合はアセトニトリルやメタノールの率を上げてリテンションタイムを早くしたりします。また、HPLCの場合は温度が高いと吸着率が低くなるので、カラムオーブンで加温し、リテンションタイムを早くする方法も用いられますネ。
対象物質の構造式が僅かでも異なっていれば(光学異性体であっても)、Rf値やTrに差をつけることは可能です。
もし、HPLCを実際に使っておられるのであれば、使用説明書と共に解説書がついていて、そこに詳しい理論解説がされていると思いますヨ。
以上Kawakawaでした

基本的な原理はペーパークロマトグラフィーやチョーククロマトグラフィーと同じもので、吸着力と溶解度のバランスに基づいていますネ。
TLCの場合、通常はシリカゲル、場合によってはアルミナを用い、HPLCではODSなどを用いることが多いですが、いずれにしても、分離対象となる物質のアルキル基などがそれらに吸着するのですよネ。そして、TLCの場合は自然の溶媒の上昇、HPLCの場合はポンプによる溶媒の流れと、吸着率のバランスによって分離するのですネ。いずれの場合も、溶媒の極性によって...続きを読む

Qドラーゲンドルフ試液と第三アミンの反応について

塩酸ジフェンヒドラミンがドラーゲンドルフ試液と反応し、橙色の沈殿物を生じるというのが、具体的にどういう反応で起こっているのか(化学式で)知りたいのですが、調べても分かりませんでした。

ドラーゲンドルフ試液が第三アミンとだけ反応する所まで位しか分かりませんでした。

どういう反応が起こっているのか、ご存じの方、教えて下さい。
orどこら辺のweb or 書籍を調べれば良いのか是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

rei00 です。

 gumi_gumi さんの「ジフェンヒドラミン・ワレリル尿素散」と「ジフェンヒドラミン・フェノール・亜鉛華リニメント」について,「第十一改正 日本薬局方解説書」(廣川書店)で見ました。確かに両者の確認試験として出ていますが,反応式までは無いですね。

 なお,ドラーゲンドルフ試薬はアルカロイドの検出試薬として有名ですが,必ずしもアルカロイドには限りません。含窒素化合物であれば反応するといえます。「ジフェンヒドラミン」も三級アミンを持ちますから呈色します。

 また,色や濃さは異なりますが,窒素を持たない含酸素化合物でも呈色する事があります。こちらはあまり知られていないようで,学生が時々勘違いします。

Q耐火二層管について教えて下さい。 耐火二層管が設置してある場合としてない場合があります。 厨房廻りの

耐火二層管について教えて下さい。
耐火二層管が設置してある場合としてない場合があります。
厨房廻りの排水は耐火二層管を使うみたいな、設置基準の様なものがあるのでしょうか?(消防法とか)

Aベストアンサー

「防火区画」というものがあるようで、建築基準法施行令第129条の2の5には、【 防火区画等を貫通する管に通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後 20 分間・・・・・】といった記述があります。
http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2110suidougasu/3010jyousui/files/7kenntikukijyunn.pdf
低コストの鋼管でも良いそうですが、耐火二層管のほうが上質なのでしょう。
下記ブログの経験談も面白そうです。
http://blog.yamato-yamato.com/?eid=1221205

Q子供の貧困層が6人に1人なのに、子供の貧困層の定義が「両親の収入が国民平均の半分以下である世帯」って

子供の貧困層が6人に1人なのに、子供の貧困層の定義が「両親の収入が国民平均の半分以下である世帯」って国民の平均年収以下の子供って半分より多くないとおかしくないですか?

上位数%の人が富を独占しているので平均所得者以下って半分以上いるわけで子供の貧困層は1/6どころじゃないはずですよね?

なんで半分以上じゃないの?

Aベストアンサー

平成22年度の国民生活基礎調査で、児童のいる世帯の平均収入=697.3万円→平均収入の半分以下≒350万円となります。
世帯収入350万円以下の世帯の比率は、17.5%、したがって、子供の貧困層=0.175≒1/5.7となり、ほぼ1/6です。

Q給水管として耐火二層管が使われない理由は何なのですか? 耐火二層管について調べてみると ・耐火・耐衝

給水管として耐火二層管が使われない理由は何なのですか?
耐火二層管について調べてみると
・耐火・耐衝撃・遮音・軽量・断熱・防露・耐腐蝕
という様に良いことだらけの配管でした。
そんなに素晴らしいのであればVP管なのだから給水としても使用すれば良いと思うのですが何故、給水には使用されないのでしょうか?

Aベストアンサー

耐火二層管には、排水継手しかないので、給水管の場合は無駄な勾配がついてしまいます。
また、VPの場合呼径75mm以下ならば、2時間耐火の防火区画貫通も告示適合で特に処理が不要なので、あえて耐火2層管を使う理由がありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報