学校の生薬の未知検で、どうしてもわからないものがあって困っています。

そのものは、

(1)日本薬局方(13,14改正)に収載されているています。

(2)その粉末を水にとかし振ると、持続性の泡が発生するのでサポニンが含まれると 考えています。

(3)ドラーゲンドルフ試薬に反応するためアルカロイドを含んでいると考えていま
す。

(4)味は初め、ほんのわずかあまく、後に極めて苦い。

(5)皮に濃い茶色のコルク層がわずかに見やれました。

(6)他の部分は、密が粗で感じ的には甘草に似ています。

(7)コルク層以外の所は、甘草や苦木より色が薄いです。

このような性質を持っています。心当たりが有りましたら、どんなことでも良いのでおしえてください。お願いします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ペーパー薬剤師で天然物化学者の rei00 です。



 学生実験のようですのでアドバイスだけ。

 お書きの情報を薬局方や「生薬学」の教科書に出てくる生薬と比較されましたか。サポニンとアルカロイドを含む生薬はそんなに無いと思いますが。

 比較されたのであれば,「何と考えられるがどこが困っている」という形で補足ください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生薬の問題で分からないところがあります

正しいのはどれか。2つ選べ。という問題です。
1:オウレンはキンポウゲ科植物オウレンの樹皮を用いる生薬で、タンニンを含有する。
2:チョレイはサルノコシカケ科チョレイマイタケの根を用いる生薬で、フラボノイドを含有する。
3:タイソウはクロウメモドキ科植物ナツメの種子を用いる生薬で、アルカロイドを含有する。
4:トウキはセリ科植物トウキ又はホッカイトウキの根を用いる生薬で、フタリド類を含有する
5:ハッカはシソ科植物ハッカの地上部を用いる生薬で、モノテルペンを含有する

Aベストアンサー

1)オウレンは樹皮でなく根茎を用いる生薬です (正しくない)
2)チョレイはチョレイマイタケの根でなく菌核を用いる生薬です。 (正しくない)
3)タイソウは説明とおりで  (正しい)
4)トウキの説明もそのとおり  (正しい)
5)ハッカは地上部を用いて水蒸気蒸留方法でハッカ油を、その点で (正しくない?)
6)参照 : Google > 生薬:オウレン、チョレイ、タイソウ、トウキ、ハッカ、フタリド、アルカロイド、フラボノイド、。。。。。。。。

Qアルカロイド(TLC.HPLCについて)

TLCおよびHPLCで成分が分離するのはなぜか?

Aベストアンサー

基本的な原理はペーパークロマトグラフィーやチョーククロマトグラフィーと同じもので、吸着力と溶解度のバランスに基づいていますネ。
TLCの場合、通常はシリカゲル、場合によってはアルミナを用い、HPLCではODSなどを用いることが多いですが、いずれにしても、分離対象となる物質のアルキル基などがそれらに吸着するのですよネ。そして、TLCの場合は自然の溶媒の上昇、HPLCの場合はポンプによる溶媒の流れと、吸着率のバランスによって分離するのですネ。いずれの場合も、溶媒の極性によって溶解度は変化しますので、純相のTLCの場合は酸や水を加えてRf値を下げたり、逆相のHPLCの場合はアセトニトリルやメタノールの率を上げてリテンションタイムを早くしたりします。また、HPLCの場合は温度が高いと吸着率が低くなるので、カラムオーブンで加温し、リテンションタイムを早くする方法も用いられますネ。
対象物質の構造式が僅かでも異なっていれば(光学異性体であっても)、Rf値やTrに差をつけることは可能です。
もし、HPLCを実際に使っておられるのであれば、使用説明書と共に解説書がついていて、そこに詳しい理論解説がされていると思いますヨ。
以上Kawakawaでした

基本的な原理はペーパークロマトグラフィーやチョーククロマトグラフィーと同じもので、吸着力と溶解度のバランスに基づいていますネ。
TLCの場合、通常はシリカゲル、場合によってはアルミナを用い、HPLCではODSなどを用いることが多いですが、いずれにしても、分離対象となる物質のアルキル基などがそれらに吸着するのですよネ。そして、TLCの場合は自然の溶媒の上昇、HPLCの場合はポンプによる溶媒の流れと、吸着率のバランスによって分離するのですネ。いずれの場合も、溶媒の極性によって...続きを読む

Q生薬で覚える点

今年、薬学部1年になった者です。課題として生薬の「学名(ラテン語)」「生薬名」「薬効」「産地」などを覚えるように言われたのですが、40近くある生薬の数(本当はもっとあるのですが、とりあえず課題は40弱です)にかなり手こずっています。特に学名のラテン名は非常に覚えにくいです。例えばハッカ Mentha arvensis Linne var . piperascens Malinvaud (間違えていたらすいません)などはどこまで覚えれば良いのかわかりません。薬効もひとつの生薬に5つぐらいあって混乱しています。将来、薬剤師を目指す者として生薬についてはどの程度知らなければならないか具体的なアドバイスください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

懐かしいですね。私も通った道です。
まず、大学1年とのことですから、学名は、#2さんのおっしゃるように、属名と種小名だけを覚えとけば事足りるはずです。
ハッカの例であれば、Mentha arvensis の部分です。
学名を覚えるこつは、「その属名や種小名の、単語としての意味は何であるか」を参照することです。ハッカなら、
Mentha:ギリシア神話のメンテという妖精の名前に由来。ハッカはメンテの化身とみなされた。
arvensis:「原野生の」という意味。
という具合に。
こんな雑学めいたことをしっかり覚える必要は、もちろんありませんが、それなりにイメージも湧いてきて、記憶の助けになるかもしれません。お手元の教科書には、学名の意味は載っていませんか?
また、ある植物に含まれる化学物質が、その植物の属名や種小名に由来する名前を付けられることは、多々あります。ハッカならば、「メントール」が「Mentha」に由来することが、すぐに想像できるでしょう。
このほか、ケシ(Papaver somniferum)のパパベリン、コーヒー(Coffea arabica)のカフェイン、オタネニンジン(Panax ginseng)の成分ギンセノシド類、シャクヤク(Paeonia lactiflora)のペオニフロリン、ジギタリス(Digitalis purpurea)のジゴキシンやジギトキシン、ウコン(Curcuma longa)の色素クルクミン、タバコ(Nicotiana tabacum)に含まれる有毒成分ニコチン、ジャガイモ(Solanum tuberosum)の芽に含まれる有毒成分ソラニンなど、多くの事例があります。したがって、学名は、生薬を知るうえでは、欠かすことのできない事項だともいえます。
(蛇足ですが、上に挙げた植物の中に、blaverさんが覚えなければならない植物が複数入っているはずです。)

また、薬効は比較的覚えやすい事項です。本と首っ引きになるなり、同級生とクイズを出し合うなりして、とにかく覚えてしまいましょう。この先学ぶ薬を覚えるのに比べれば、はるかに楽です。40弱しかないのですから。
だいたい、胃薬(芳香性健胃、苦味健胃)・痛み止め(鎮痛)・熱冷まし(解熱)など、古くから誰もが症状として感じるものを癒すのが、生薬の薬効となっているはずです。
まず、各生薬にある複数の薬効のうち、並び順で初めの一つか二つだけをしっかり覚えてしまうといいでしょう。これらの薬効の中には、ハッカの「矯味矯臭」のように、常識の範囲で分かってしまうものもありますし。

>将来、薬剤師を目指す者として生薬についてはどの程度知らなければならないか具体的なアドバイスください。
すみません、私は薬学部出身なものの、薬剤師ではないので、これだけはお答えいたしかねます。ご容赦ください。

懐かしいですね。私も通った道です。
まず、大学1年とのことですから、学名は、#2さんのおっしゃるように、属名と種小名だけを覚えとけば事足りるはずです。
ハッカの例であれば、Mentha arvensis の部分です。
学名を覚えるこつは、「その属名や種小名の、単語としての意味は何であるか」を参照することです。ハッカなら、
Mentha:ギリシア神話のメンテという妖精の名前に由来。ハッカはメンテの化身とみなされた。
arvensis:「原野生の」という意味。
という具合に。
こんな雑学めいたことをしっか...続きを読む

Qドラーゲンドルフ試液と第三アミンの反応について

塩酸ジフェンヒドラミンがドラーゲンドルフ試液と反応し、橙色の沈殿物を生じるというのが、具体的にどういう反応で起こっているのか(化学式で)知りたいのですが、調べても分かりませんでした。

ドラーゲンドルフ試液が第三アミンとだけ反応する所まで位しか分かりませんでした。

どういう反応が起こっているのか、ご存じの方、教えて下さい。
orどこら辺のweb or 書籍を調べれば良いのか是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

rei00 です。

 gumi_gumi さんの「ジフェンヒドラミン・ワレリル尿素散」と「ジフェンヒドラミン・フェノール・亜鉛華リニメント」について,「第十一改正 日本薬局方解説書」(廣川書店)で見ました。確かに両者の確認試験として出ていますが,反応式までは無いですね。

 なお,ドラーゲンドルフ試薬はアルカロイドの検出試薬として有名ですが,必ずしもアルカロイドには限りません。含窒素化合物であれば反応するといえます。「ジフェンヒドラミン」も三級アミンを持ちますから呈色します。

 また,色や濃さは異なりますが,窒素を持たない含酸素化合物でも呈色する事があります。こちらはあまり知られていないようで,学生が時々勘違いします。

Q生薬の苗を大量に通販・直接で購入するには?

生薬の苗を大量に通販・直接で購入するには?
アロエ・ステビア・ハトムギなどさまざまな生薬を購入をしたいと思っております。
さまざまな生薬を販売しているサイト・お店等を教えて下さい。
皆さん一押しのお店を紹介して下さい。
自分でも探しましたが生薬を多く置いているところが少なかったのでよろしくお願い致します。
直接買いにいく場合は、千葉駅付近のお店だとありがたいです。
お手数ですが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヤフオクでも買えますし、サカタのタネなどの種苗業者、花卉販売会社でも通信販売をしています。
薬品会社でも種苗を販売しているところがあります。

Q耐火二層管について教えて下さい。 耐火二層管が設置してある場合としてない場合があります。 厨房廻りの

耐火二層管について教えて下さい。
耐火二層管が設置してある場合としてない場合があります。
厨房廻りの排水は耐火二層管を使うみたいな、設置基準の様なものがあるのでしょうか?(消防法とか)

Aベストアンサー

「防火区画」というものがあるようで、建築基準法施行令第129条の2の5には、【 防火区画等を貫通する管に通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後 20 分間・・・・・】といった記述があります。
http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2110suidougasu/3010jyousui/files/7kenntikukijyunn.pdf
低コストの鋼管でも良いそうですが、耐火二層管のほうが上質なのでしょう。
下記ブログの経験談も面白そうです。
http://blog.yamato-yamato.com/?eid=1221205

Q生薬を入浴剤に使える?

生薬についてご存知の方、教えてください。
生薬(きざみ調剤用)があるのですが、使用するあてがありません。
入浴剤に使うのはどうでしょうか?市販品で生薬入浴剤がありますが、内服用と入浴用では何か違いがあるのでしょうか?
ハッカ、ボウフウ、ガイヨウ、ボタンピ、マオウなどですが、
小さな袋に入れて浴槽に入れて使えるのでは、と思いましたが、肌への刺激性とか、使えないものとか、わかりません。

注意すべき点とか、ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この生薬は何のために処方されたのでしょうか?
風邪予防・咳止めでしょうか?

ハッカは皮膚に刺激性が有り、入浴剤にすると冷たく感じます。
夏の火照った体を冷ますのには良い薬ですが、
冬に使うと冷蔵庫に入っているように冷たく感じます。
夏用の入浴剤に多く使われています。

ガイヨウは別名ヨモギと言い、ヨモギ餅に使われ、
血行を良くし体を暖める効果が有ります。
昔から風呂に入れてヨモギ湯としても使われています。
入浴剤としては、体を温めるので冬には適しています。
http://www.seijindo.co.jp/yakusou/yomogi/newpage6.htm

マオウは咳止めの効果が有るので、
入浴しながらマオウの蒸気を吸うと喉には良いと思います。
しかし、皮膚にどのような影響が有るかは分かりません。

ボタンピや、ボウフウは解熱、鎮痛、消炎作用がありますが、
入浴剤に使うのはどうでしょうか?

結論として、ガイヨウの単品なら入浴剤に使えますが、
他の生薬はどのような副作用が有るのか分かりませんので、
生薬が混ざっている場合は入浴剤には使わない方が良いでしょう。

この生薬は何のために処方されたのでしょうか?
風邪予防・咳止めでしょうか?

ハッカは皮膚に刺激性が有り、入浴剤にすると冷たく感じます。
夏の火照った体を冷ますのには良い薬ですが、
冬に使うと冷蔵庫に入っているように冷たく感じます。
夏用の入浴剤に多く使われています。

ガイヨウは別名ヨモギと言い、ヨモギ餅に使われ、
血行を良くし体を暖める効果が有ります。
昔から風呂に入れてヨモギ湯としても使われています。
入浴剤としては、体を温めるので冬には適しています。
http://www.seij...続きを読む

Q子供の貧困層が6人に1人なのに、子供の貧困層の定義が「両親の収入が国民平均の半分以下である世帯」って

子供の貧困層が6人に1人なのに、子供の貧困層の定義が「両親の収入が国民平均の半分以下である世帯」って国民の平均年収以下の子供って半分より多くないとおかしくないですか?

上位数%の人が富を独占しているので平均所得者以下って半分以上いるわけで子供の貧困層は1/6どころじゃないはずですよね?

なんで半分以上じゃないの?

Aベストアンサー

平成22年度の国民生活基礎調査で、児童のいる世帯の平均収入=697.3万円→平均収入の半分以下≒350万円となります。
世帯収入350万円以下の世帯の比率は、17.5%、したがって、子供の貧困層=0.175≒1/5.7となり、ほぼ1/6です。

Q生薬とヘナを売っているお店を教えてください。

髪の毛を染めるヘナと、生薬化粧水(手作り)の材料である生薬を一緒に購入する事ができるショップがありましたら、是非教えてください。

勿論ネットショップでも構いません。

生薬を買うにしても、g数が少ない為、少額になり、送料が掛かるのですが、どうせ掛かるのでしたら、ヘナも一緒に購入できるような所を探していたのです。
でも、どうしても見つかりません。また近所には漢方薬局はあっても、生薬を扱っているお店がなく…困っております。

Aベストアンサー

こんばんは。
ネットショップは便利で価格も手ごろだったりして良いのですが、いかんせん送料がかかるので、少しでもお得な方法を目指したいですよね。
少しでもご参考になれば幸いです。


http://park6.wakwak.com/~s.g/index.html

Q給水管として耐火二層管が使われない理由は何なのですか? 耐火二層管について調べてみると ・耐火・耐衝

給水管として耐火二層管が使われない理由は何なのですか?
耐火二層管について調べてみると
・耐火・耐衝撃・遮音・軽量・断熱・防露・耐腐蝕
という様に良いことだらけの配管でした。
そんなに素晴らしいのであればVP管なのだから給水としても使用すれば良いと思うのですが何故、給水には使用されないのでしょうか?

Aベストアンサー

耐火二層管には、排水継手しかないので、給水管の場合は無駄な勾配がついてしまいます。
また、VPの場合呼径75mm以下ならば、2時間耐火の防火区画貫通も告示適合で特に処理が不要なので、あえて耐火2層管を使う理由がありません。


人気Q&Aランキング