○○の公務員が不祥事・・・・・
という記事を最近よく目にします。

その後に、懲戒免職やら、罷免やらと活字がでてきますが
そもそも懲戒免職と罷免はどう違うのですか?

不祥事を起した者を辞めさせることに違いはないですよねー
(本人の意思に関係なく)

何が違うのでしょう?
罷免は退職金がでるのかな~?

過去の質問等調べたのですが、HITしません。
詳しい方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

懲戒免職とは、公務員に適用される処分の種類の1つで、最も重いものです。

処分には、口頭での注意、文書での注意、減給、停職、とあり最後に免職となります。
 公務員としてふさわしくない行為は、国家公務員法や地方公務員法で定められていますので、その法律に抵触した場合は上記のような処分を受けることになります。懲戒免職となった場合は、退職金は出ません。

 一方罷免は、職員以外の***委員などに適用され、心身の故障や職務上の義務違反、その他委員として適さない非行がある場合などに適用されます。これらの委員は、給料ではなく報酬として、1日***円とか1か月***円という報酬体系になっていますので、当然退職金制度はありません。
    • good
    • 5

懲戒免職は、悪いことをして、職務を辞めさせることで、一般に退職金はもらえません。

民間会社の場合は懲戒解雇とも言います。罷免は、悪いことに限らず、その職務を続けていくのに適しないとされて、その職務を辞めさせることです。罷免されても、別の場所で仕事を続けることはよくあります。たとえば、大臣は首相が「辞めて欲しい」といったら、理由の如何にかかわらず、罷免ということになります。懲戒とならなければ退職金は出ます。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q懲戒免職と懲戒解雇

懲戒免職と懲戒解雇の違いって何ですか?
また先のいずれかになってしまった場合、次の就職に不利なことってあるんですか?誰かおしえてください。お願いします。

Aベストアンサー

どちらも、同じ意味です。懲戒免職は公務員場合によく使われます。

次の会社に応募した場合に、応募先の会社では、履歴書かに書かれている前の勤務先に、勤務時の状況(勤怠状況・仕事の成績・退職理由など)を問い合わせる場合があります。
そんなときには、前の勤務先で、退職理由が懲戒解雇だと答えたら、応募先の会社の心証が悪くなり、採用はされないでしょう。

Q日銀の総裁を罷免や交代させる手段はありますか?

日銀の総裁を罷免や交代させる手段はありますか?

よく独立性と言われるけど、色んな意味合いがあって自己保身に利用されているような。
まず、独立性というのは外国の考えの模倣でしょうけど意味とどうして独立性に拘るのか経緯も分かれば教えて下さい。
日銀は民間会社ではなく、国民のために仕事をして見返りに税から高額な給与が出ているのに評価や責任が曖昧なら独裁と変わらず国民に不利益をもたらすと思いますが、日銀内部で選ばれても総裁として能力が低いとか判断を間違った場合に、そのままでいいわけはないですから誰かが判断して交代なり罷免させる仕組みや法があるはずですがどうなるんでしょうか?
もし分かれば、今まで任期途中で能力に問題があって辞めたり辞めさせられた人はいますか?

もし明確な規定がないとしたら何故なのか、被告や被告人になるとか刑が確定しないと罷免できなかったり、自ら辞めない限り任期一杯やれるなら危険で非合理的だと思いますが。

Aベストアンサー

ありません。
破産・禁固以上の刑を受けたもののみです。
過去に依願退職の例はありますが、解任させられた例は無いでしょう。

国会同意人事なのだから、国会同意で解任する規定があってもいいとは思いますね。

Q懲戒解雇と懲戒免職の違い

すみません。くだらない質問ですが、
「懲戒解雇」と「懲戒免職」の違いって何ですか?

Aベストアンサー

民間と公務員の違いでしょう。

Q都議会議員のアホ議員 都知事はアホの都議会議員を罷免する権限はないのでしょうか?? 田中元長野県知事

都議会議員のアホ議員
都知事はアホの都議会議員を罷免する権限はないのでしょうか??
田中元長野県知事の時もそうでしたが、逆らったアホ議員は見せしめとして罷免すれば良いと思いませんか?

Aベストアンサー

>首相は大臣の肩たたきはするでしょう??

大臣は首相が任命した人たちですから問題があれば罷免できますが、
都議会議員は選挙によって選ばれた人達ですから都知事に罷免する
権限はありません。
都知事も都議会議員も選挙で選ばれており、本来は同じ土俵で戦う
立場なわけです。

「都知事に逆らうアホ議員は罷免すれば良い」と仰いますが、都知事が
必ずしも正しいとは限りません。
例えば舛添前知事が自分の身を守るために自分を追求しようとした都議
会議員を罷免するようなことがあっても良いのでしょうか?

冷静に考えなければダメですよ。
今は小池知事が何となく正義の味方であって都議会が悪の権化みたいに
なっていますが、今後も小池知事が必ずしも正しいとは限らないのでは。
結局は都知事と都議会は対等でお互いにチェックし合う立場だという
ことかと思います。

Q逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

ある刑事事件で無罪判決の確定した元被告人が、捜査に違法があったとして国家賠償請求を起こしたというニュースが流れました。表向きとしては、例えば違法な自白強要がなされた、その精神的苦痛に対する慰藉料料を請求するとかいったことなのでしょう。しかしそれが真の趣旨であれば、有罪も無罪も関係ありませんから、判決確定を待つ必要などないはずです。実際の趣旨は、「自分は無実なのに、違法な捜査のおかげで身体拘束されて刑事裁判につきあわされて、たくさんの経済的不利益を受けた。どうしてくれる?!」といったものなのではないでしょうか。

ところで、少なくとも我が国においては、無罪推定の原則が、憲法上も刑事訴訟法上も確立しています。無罪推定の原則とは、狭義には刑事訴訟における立証責任の問題で、被告人は当初無罪と扱われ、検察官が有罪であることを証明して初めて有罪判決が下されるということです。そして広義には被告人は、有罪判決が確定するまでは、国は被告人を有罪ではなく無罪として扱われなければならない(ましてや起訴されてもいない単なる被疑者についてはなおさら)ということです。

確かに、無罪推定の原則は、本来直接的には国(行政機関や裁判所等)を拘束するものであり、私人を直接拘束するものではありません。

しかし上述の通り、裁判所は無罪という推定から刑事裁判を始めるのですから、当然無罪判決が下される可能性もあります。つまり、逮捕されようと、起訴されようと真実はよく分からないのであり、その人が犯罪を犯したということは全くできません。可能性なら、誰にでもあります。

したがって、企業の従業員が逮捕されたとしても、あるいは起訴されたとしても、企業に懲戒免職等の懲戒処分を認めるのは、おかしいのではないでしょうか?もちろん当該企業が、確かにその従業員はそのような懲戒処分に値する行為を行ったと証明するなら別ですが、このような罪状で逮捕された・起訴されたというだけで懲戒免職を認めるのは問題があるのではないでしょうか?なるほど従業員が殺人で逮捕されたりすれば、その企業に対する信用が低下するかもしれません。しかし逮捕・起訴されただけでは有罪とも無罪ともさっぱり分からない(どちらかと言えば無罪と推定されている)のですから、信用できないと考えるのは早計であり、間違いではないでしょうか。

冒頭述べたような訴訟が起きるのは、無罪判決を得てもそれまでに受けた不利益が不可逆的・致命的で大き過ぎるという背景があると思います。裁判所は逮捕・起訴されたことのみを理由とする懲戒処分を民事訴訟で否定して、無罪との推定を受けているはずの被告人の受ける不利益を、最小化すべきではないでしょうか?

逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

ある刑事事件で無罪判決の確定した元被告人が、捜査に違法があったとして国家賠償請求を起こしたというニュースが流れました。表向きとしては、例えば違法な自白強要がなされた、その精神的苦痛に対する慰藉料料を請求するとかいったことなのでしょう。しかしそれが真の趣旨であれば、有罪も無罪も関係ありませんから、判決確定を待つ必要などないはずです。実際の趣旨は、「自分は無実なのに、違法な捜査のおかげで身体拘束されて刑事裁判...続きを読む

Aベストアンサー

> 企業の従業員が逮捕されたとしても、あるいは起訴されたとしても、企業に懲戒免職等の懲戒処分を認めるのは、おかしいのではないでしょうか?
その通りだと思います。


この事件の場合、私はこんな悪いことをしましたと告白しています。
企業は、それが違法かどうかに関係なく、逮捕されているか起訴されているかに関係なく、本人の告白を元に、自社の取り決めた規則にによる懲戒処分を行うことをおかしいとは思いません。

Q福島氏罷免について質問があります。

福島氏罷免について質問があります。

総理の意見にたてついたから、罷免というのでは、強い自分の意見を持った人は
クビを切られることになりますね。
独裁とどう違うのですか。

Aベストアンサー

>福島氏罷免について質問があります,
独裁とどう違うのですか。

     ↓
独裁は独裁者(場合によっては複数人の集団)がいて、その意思・信条・政策によって、反対を許さず存在させずに賛否や方針を独断的に決める事。
さらに言うならば、民主集中制とか上位下達で政策・方針・人事等の重要事項が、独裁者の思いのままに決められる事であり、正当な対抗勢力が無い。

逆に言えば、選挙があり、情報公開や自由意志の発言があり、意見の調整が行われる場合は独裁とは言わない。
イメージで言えば、金正日の北朝鮮、軍事政権によるミャンマーのような自由な反権力勢力&批判を許さぬ国柄を指す。

翻って、我が国の鳩山総理&政権ですが・・・
ミスジャッジ・ミスリーダーと優柔不断により、独裁と言うよりも独善であり、誰からも信用信頼されない孤独死(政治生命・辞任)寸前の独居総理だと思います。

福島氏は総理への諫言・閣内不統がクローズアップされているが、単なる我儘・駄々っ子との指摘、参議院選挙用のパフォーマンス&売名行為だとの見方もある。
いずれにしても、自らの撒いた種であり、招いた事態である。
傷付き、イメージと支持を損なうのは民主党・鳩山総理だと思います。

罷免自体は内閣としての統治機能・統制を考慮すれば当然の処置だが・・・
その発生原因、言葉の変節と軽さを考慮すると、福島氏を罷免する前に混乱の責任を以って辞任するのが筋だと思います。
「小鳩の辞任、最低でも衆院解散・総選挙」が必要であり、一致協力賛成の同意を得られずして?罷免するだけの品格・思慮・識見があるのかどうか、信&民意を問うのが先決だと思います。

>福島氏罷免について質問があります,
独裁とどう違うのですか。

     ↓
独裁は独裁者(場合によっては複数人の集団)がいて、その意思・信条・政策によって、反対を許さず存在させずに賛否や方針を独断的に決める事。
さらに言うならば、民主集中制とか上位下達で政策・方針・人事等の重要事項が、独裁者の思いのままに決められる事であり、正当な対抗勢力が無い。

逆に言えば、選挙があり、情報公開や自由意志の発言があり、意見の調整が行われる場合は独裁とは言わない。
イメージで言えば、金正日の北...続きを読む

Q教師の懲戒免職

 教師の懲戒免職は、どんなことをしたらなるのでしょうか。教師や公務員はなかなか免職処分になりにくいと聞いています。
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/teacher_scandal/
大麻、ワイセツ行為

http://edugarden.blog50.fc2.com/blog-entry-111.html
暴力

http://news.google.co.jp/news?sourceid=navclient&hl=ja&rlz=1T4GGLJ_jaJP269JP269&q=%E6%95%99%E5%B8%AB%E3%80%80%E6%87%B2%E6%88%92%E5%85%8D%E8%81%B7&um=1&ie=UTF-8&sa=X&oi=news_result&resnum=11&ct=title
酒気帯び運転事故

上記が主な懲戒免職の例ですが、
(1)事故を起こして死亡、怪我
(2)酔ってケンカをして怪我・物を壊したりした場合

(1)は民間でも懲戒免職とならないことも結構あります。
運転手に悪質性があれば別です。
(2)は相手の怪我の程度によると思います。

Q公務員の罷免の方法論

日本国憲法第15条
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

地方自治体に無能な管理職の公務員がいます。
公務員としてあるまじき自分の感情論で、住民のプライバシーを蹂躙しており
ます。
この公務員を罷免させるにはどうすればいいのでしょうか。
その自治体の首長宛に「○○を罷免しろ」という内容の文書を送れば
いいのでしょうか。文例(ひな形)があれば教えてください
どうせ、刑事事件にならなければ、議会で追求されない限り、クビには
なかなかできないと思いますが、法的な方法論をお尋ねします。

Aベストアンサー

憲法15条は、国民に公務員の罷免権があることを明記していますが、ご質問のような立場の公務員を直接に罷免する法的な規定はありません。

この条文の「公務員」とは、国や地方自治体に雇われている公務員だけを指すのではなく、国会議員や裁判官、地方自治体の首長や議員などを含む広い概念です。
この中で、国民による罷免を憲法で規定しているのは、最高裁判所の裁判官の国民審査(79条2項)だけです。あとは、他の法律によって、地方自治体の首長や議員及び役員(副知事、助役、監査委員、公安委員など)の解職請求が規定されています。
結局は、公務員に対する建前上の罷免権は認められているものの、選挙という手段で選定されない公務員を罷免する具体的な規定はないのです。

したがって、法的な効力のある文例などはありませんが、ここは、やはり首長に罷免を要望するか、議員に働きかけるしか方途はないと思います。もっとも容易な手段は、自分が支援する議員や地元の有力者を使って、自治体の中枢部に対して配置転換(左遷)などの工作を仕掛けることでしょう。
ただ、この場合も必ず成功するという保証がないことは、言うまでもありません。

憲法15条は、国民に公務員の罷免権があることを明記していますが、ご質問のような立場の公務員を直接に罷免する法的な規定はありません。

この条文の「公務員」とは、国や地方自治体に雇われている公務員だけを指すのではなく、国会議員や裁判官、地方自治体の首長や議員などを含む広い概念です。
この中で、国民による罷免を憲法で規定しているのは、最高裁判所の裁判官の国民審査(79条2項)だけです。あとは、他の法律によって、地方自治体の首長や議員及び役員(副知事、助役、監査委員、公安委員など)の...続きを読む

Q懲戒免職になりました・・・。

会社から昨日約4ヶ月間自宅待機を命じられていて、電話一本で懲戒免職と言われました。これほど待ち電話一本で済ませるとは・・・。私は、(仕事が遅い事が嫌がられ)明らかにしていない事を、でっちあげられ、サインを拒否し続けました、そして自宅待機の命の末に、電話で懲戒免職。そういう事は書類として渡さないのか?とか何故私が労働局へ斡旋申請までしたのに、その話し合いを、拒否したのか?何故事実を追わないのか?等数え上げればキリがありません。色々聞きたい事はあるのですが、裁判を起こす気はありません。こんな会社へ話し合いの場を持とうとはもう思いません。自主退職へ持っていく方法はありますか?

Aベストアンサー

雇用者側も、懲戒免職処分は滅多なことでは行ないません。すでに回答されているように、相当の理由がない限り、係争になる恐れがあるからです。現実係争になると裁判に持ち込まれることが多く、この場合一般紙に報道され、その結果企業イメージに傷がつくことがあるからです。従って、就業規則を厳密に適用すれば懲戒解雇処分も可能な事例でも、自己都合退職 (所謂退職勧奨です) へ持って行き、この場合は所定の退職金を支払い、当該被雇用者と縁を切ろうとすることが多いのです。

今回の質問に関しては、雇用者側の言い分が見えないため、質問者の主張が妥当かどうか、誰もわからない、と思います。仮に裁判になれば、雇用者側が挙げる懲戒解雇理由が妥当であるかどうかが、判断の分かれ目になります。その理由が妥当でなければ、質問者の勝訴、おそらく確定まで勤務したものとみなした給与は保障されますが、通常他の回答にあるように、その時点で自己都合退職 (退職金の上乗せ等で手を打つこともあるようです) が殆どでしょう。妥当と判断されれば、懲戒解雇処分も妥当と判断され、以後は争いの余地はなくなります。

確かに 4 ヶ月の自宅待機が意味するものもわかりかねますが、一般論として、業務上横領を疑った場合、自宅待機を命じ、その間に経理調査を行ない、程度によっては自発的退職を促す、あるいは待つ、といった措置を行なうことはあります。

雇用者側の言い分がわからない以上、何とも言えません。また、明らかに雇用者が無茶を言っているのであれば、裁判へ持ち込めば、まず勝てます。質問者が、「裁判を起こす気はありません」 と言っているのは、何か見に覚えがあるのではないか、と邪推もできます。

一方の当事者の主張だけでは、的確なアドバイスは誰もできないと思います。差し支えなければ、その辺りの事情を補足してもらえませんか。

雇用者側も、懲戒免職処分は滅多なことでは行ないません。すでに回答されているように、相当の理由がない限り、係争になる恐れがあるからです。現実係争になると裁判に持ち込まれることが多く、この場合一般紙に報道され、その結果企業イメージに傷がつくことがあるからです。従って、就業規則を厳密に適用すれば懲戒解雇処分も可能な事例でも、自己都合退職 (所謂退職勧奨です) へ持って行き、この場合は所定の退職金を支払い、当該被雇用者と縁を切ろうとすることが多いのです。

今回の質問に関しては、雇用...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング