DGRを設置する目的で「開閉器の負荷側ケーブルが長くなると、無方向性では電源側の地絡事故で不必要動作するおそれがあります。」とありますが、これはどういう意味なのでしょうか。ど素人に説明してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

地絡電流は高圧線の対地容量を通して事故点へ流れる電流です。

従って、構内事故の場合はDGRの電源側から構内事故点へ向かって流れる地絡電流を検出するわけですが、DGRの電源側の事故の場合に構内の高圧線が持つ対地容量が大きいと、構内からDGRを通して外の事故点へ流れ出す事故電流が地絡検出整定値を超える場合が考えられます。
地絡事故を電流だけで検出する場合、構内から外の事故点へ流れる電流で不要動作となるわけです。
従って、構内のケーブル長というよりは構内の対地静電容量がある限度を超えると不要動作となるわけですが、対地静電容量の主たる要因は構内の高圧ケーブルでしょうから、ケーブルの長さによる静電容量を考慮算して長さを制限するわけです
    • good
    • 9

 DGRリレーは地絡電流と地絡電圧を比較して構内事故か構外事故かを判別し、遮断の必要があるかどうか判断しています。


(ややこしいので簡単に、地絡電流と地絡電圧の位相を比較しているとだけ書いておきます。これを地絡電圧基準で地絡電流がどちら向きに流れているか という意味で方向性と言います。)

これに対して、無方向性とは地絡電流の大きさだけで遮断の必要があるかどうかを判断します。
負荷側のケーブルが長くなると構外事故でも地絡電流が流れるため、構内事故と構外事故の区別がつけにくくなるため、不要動作するのです。

ながなが書きましたが、要は無方向性だと開閉器からのケーブルが長いと誤動作するよ ということです。
どれくらいの長さまで大丈夫かは電気主任に御相談下さい。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地絡方向継電器(DGR)不必要動作について

地絡方向継電器(DGR)の不必要動作についての情報を探しています。
無方向の記述は、けっこう検索できますが方向性については殆ど目にしません。

雷害等以外にないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

DGRが不要動作する原因...(社)日本電気技術者協会の電気技術Q&Aの97ページに該当するかどうか不明だが詳しく記載されております。
電力側の間欠地絡...対地静電容量のアンバランス.零相残留電圧云々等ありますね。

QDGR(地絡方向継電器)とOCR(過電流継電器)

・DGR(地絡方向継電器)
・OCR(過電流継電器)
の違いについて、ご教授お願いいたします。

高圧負荷設備に、DGRとOCRがついている場合。

質問(1)
負荷設備で絶縁不良などがあり、過電流が生じた場合、DGRが先に動作して、それでも止まらない場合はOCRが動作するものと考えてよろしいでしょうか?」

質問(2)
この場合、DGRとOCRの保護協調はOCRがDGRの次にあるということですか?

質問(3)
逆にDGRが動作せずに、OCRが動作するのは、絶縁不良などではなく、設備の電力使用量が多すぎるということでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

質問(1)
絶縁不良が起きると通常1線地絡事故が起きます。完全地絡事故になっても最大で2A程度なので、OCR動作しません。1線地絡から波及して2線地絡(2相短絡)すればOCR動作になります。
地絡電流と短絡電流が同時に流れればOCR動作になります。時間が50mSと200mSで速さが全く違います。過電流領域であればDGRの方が早いでしょう。
質問(2)
保護強調とありますが、DGRは地絡保護、OCRは短絡保護・過電流保護です。検出する事故が違います。地絡事故から短絡事故に移行する場合がありますが、違う保護強調です。
質問(3)OCRが動作するのは、電力使用量が多いか、OCR整定が間違っているか、検出回路かトリップ回路の配線が間違っているか、絶縁不良を起こして接地を介さずに微小短絡が起きているかと思います。

Q地絡方向継電器に使用するZPDの接続位置について

例として
高圧ケーブル~ZCT~LBS~第一受電室変圧器および第二受電室送り
の高圧回路においてZPD接続点を高圧回路の分岐後としても問題無いでしょうか?

Aベストアンサー

失礼しました、URLの訂正のみしておきます。

http://www.jyh.or.jp/yhguide/index.html
   ↓↓↓
http://www.fujielectric.co.jp/products/power_distribution_systems/catalog/doc/SC46.pdf


教科書的・テキスト的述べれば(2)の通りですので、これより推察してご質問に関しては「特に問題なし」です。



※こちらはどのアドバイスも実践的・応用的に述べていますので、文字表現だけでなく単線接続図や三線接続図が見えたらもっと早く収束かな?

QOVGR地絡過電圧継電器とDGRの併用使用の理由

構内第1柱にDGR(方向性地絡継電器)があり100m位離れたところにキュービクルがあるのですがそのなかにもOVGRがあります。OVGRは地絡時の零相電圧のみを検出しているのだと思いますが
なぜ機能がだぶっているものが必要なのでしょうか??第1柱のSOG(方向性)のみでケーブル以降の保護も出来ると思うのですが。ネットで見ると併用されるのが普通とありますがその理由がわかりません 勉強中の新人です よろしくお願いします

Aベストアンサー

DGRとOVGRは用途が違うと思います。この場合DGRは1構内1号柱に設置してあるとなっていますので、方向性PASのSOGのことを意味してるものと思います。これはご存知のように地絡が発生した場合、自家用側か他の自家用からのもらい事故かを判定し、当該自家用の地絡のみに働き、PASを開放し、配電への波及を防ぐものですね。
 一方OVGRは、質問者の言われるように地絡時の零相電圧を検出しますので、(自家用内の高圧地絡はDGRによって検出しPAS開放となるので)自家用の外側(配電)で発生した地絡を検出し、警報信号を出すと考えれば良いと思います。
 例えば構内に太陽光など発電機が設置されていれば、系統で地絡が発生し停電になっている時に、自家用内の発電機電源で逆潮流があれば、配電側で(停電になっているのに電気が送られ)事故が発生するので、OVGRの警報で発電機を停止させるようになっています。
 恐らくこの事業場では、(非常用でない)発電機が設置されているのではないでしょうか。

QZCTは地絡しない限り、2次側を開放しても良い?

ZCTを通過している線(3相3線)は、相のどれかが地絡して平衡しなくならない限り、2次側を開放しても焼損することは無いのでしょうか?

ZCTを通過している線に通電すると同時に、ZCTの2次側を運用しないといけないとすれば、一度に全てを構築(工事)しなければなりませんね。後から2次側を工事するというやり方はできないものでしょうか?

地絡することはほとんど無いので、次の工事までしばらく2次側を開放しておくというのは、いけないことでしょうか?

Aベストアンサー

大手重電メーカに勤務しているものです。
このようなケースたまにありますね。
我々の場合は,お客様の操業中の改造作業規定等に反しなければ可能です。

質問者様の質問を6.6KVのZCTと勝手に解釈して述べます。

次回停電を伴わずZCT2次側を施工する方法として
ZCT2次側を後日ゆっくり施工できるように端子台やテスト端子等まで
配線を済ませておきます。(次回,高圧に近接せずに作業できる所まで。)
ZCT2次はもちろん短絡状態にします。
(停電作業時に端子台などで短絡しておきます。
(1KΩと言われている方いますがなぜ?)短絡でOKです。
将来接続しようとする機器も数Ω以下だと思います。)
場合によっては抵抗を入れるとその両端に電圧が発生することがあります。

後日,送電状態においてZCTを使用可能に変更工事の場合は
2次側の配線をジャンパしたまま(ZCTを開放させないように確実な措置で)
2次側工事を進めます。

ZCTの1次側電圧が高圧以上なら2次線の接地を忘れずに。

※ZCTもCTも多くは鉄心にコイルという単純な構造なので1次側に電流が流れると
2次側には磁束を打ち消す方向の起電力が発生します。
なので1次側の負荷電流ベクトル和がゼロであれば2次側開放でもOKですが
貫通された高圧ケーブル以降,各相の対地間の静電容量バランス等すべて同じではないので
完全にゼロとは言えません。通常ジャンパ線は入れます。

大手重電メーカに勤務しているものです。
このようなケースたまにありますね。
我々の場合は,お客様の操業中の改造作業規定等に反しなければ可能です。

質問者様の質問を6.6KVのZCTと勝手に解釈して述べます。

次回停電を伴わずZCT2次側を施工する方法として
ZCT2次側を後日ゆっくり施工できるように端子台やテスト端子等まで
配線を済ませておきます。(次回,高圧に近接せずに作業できる所まで。)
ZCT2次はもちろん短絡状態にします。
(停電作業時に端子台などで短絡しておきます。
(1KΩと言われている方...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報