いくつか質問したいことがあります。
1平和的生存権は原告適格の根拠になるか
2憲法違反の主張と法律違反の主張がともに主張されている場合はどちらの判 
 断を先行すべきか
3自衛隊は司法審査の対象となるか
4憲法の前文の意義およびその法的性格は何か
5自衛隊は憲法九条で禁止されている戦力に該当するか
6憲法はいかなる自衛権の行使方法を認めているか
の6つです。できるだけ詳しくしりたいです。知っているかたはよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

憲法」に関するQ&A: 日本国憲法の問題点?

A 回答 (3件)

>1平和的生存権は原告適格の根拠になるか


前文にいう、平和的生存権がプログラム規定(政府の努力目標)で、そもそも
法的拘束力をもたないのか、具体的権利として裁判規範の対象となるのか、抽象的権利として、法規範性はあるけども、裁判規範の対象とならず、立法化を待って裁判になじむものとするか争いがあります。ここで、判例・通説の立場は抽象的権利説をとりますので、具体的立法化がなされれば判断できるという事になります。
原告適格は難しいです。なぜなら、長沼1審では有り。控訴審は無しと裁判官でも分かれる上に、最高裁は肯定・否定どちらを取っているか不明だからです。私ごとき一受験生が論評する事さえ恐れ多き事です。

>2憲法違反の主張と法律違反の主張がともに主張されている場合はどちらの判断を先行すべきか
質問の意味が分からないので、すみません。共に判断されたとして、背反する結論にはならないと思うのです。法の支配の原則から、法律の上位に立つ憲法に違反すれば、法律そのものが無効になります。(旧刑法200条とか森林法共有物分割制限とか薬事法距離制限など)違法とされれば、憲法判断なんかもともとされないし、違憲とされれば、法律も無効で、違法判断そのものがふっとびます。法律の適用違憲のことでしたら、法律は合憲だけども、法適用に憲法違反が有るということになるのですが、この場合も合法とは言われません。

>3自衛隊は司法審査の対象となるか
昔、ここに書いたこともあるのですが、統治行為論から司法権の限界に抵触するので、高度に政治的な判断は行政権がなすことであって裁判所の審査対象外となります。

>4憲法の前文の意義およびその法的性格は何か
質問1と同じ内容になります。通説は抽象的権利説です。要するに25条の生存権にしても、国の予算を伴う社会権だから、裁判所が行政の予算を考えずに審査することができないってことです。戦後はプログラム規定説でした。現在は生活保護法が立法化されているので具体的権利となっています。

>5自衛隊は憲法九条で禁止されている戦力に該当するか
政府見解は戦力に該当しない。通説は戦力に該当するとしています。

>6憲法はいかなる自衛権の行使方法を認めているか
あのー・・・この質問のね、答えが出ていれば、現在国会でこんなに議論がされないと思うし、政府見解や学説が対立する事もないと思います。裁判所は審査そのものをしませんからね。統治行為論とかブランダイス第4ルールとか持ち出してきてねぇ。
私の私見ですが、侵略国家やテロ国家を放置する事は消極的にその国家に加担する事になるから、日本は軍隊をもって、戦争に参加すべきです。実際、通説見解からも自衛隊は憲法違反になる軍隊です。そして、この軍隊が行政によって運営されていることに危機を感じます。政府の一方的な恣意によって自衛隊を派遣することになるからです。憲法を改正して法の支配の原則からも、国民が軍隊をコントロールできるように憲法の中に軍隊の歯止めを設け、積極的な侵略戦争を二度とおこさぬよう、また、国際社会の一員として、中立的な立場で軍隊を行使するようにすべきと考えます。今の政府にまかせておいたら、アメリカの属国みたいな形で戦争に突入していくことになりかねません。あのセンタービルのテロ自体は非常に悲しい事件ですが、これを引き起こしたのはアメリカの中東に対する政治的失策が原因です。アラブの人たちにだって言い分はあるでしょう。アメリカの立場に立って戦争するなら、侵略戦争に加担する可能性だって考えられるのです。憲法前文の国際社会に名誉ある地位をもとめるなら、憲法で軍隊に歯止めを持たせろって考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり詳しく教えてもらってありがとうございました。また質問をのせるのでその時はお願いします。

お礼日時:2001/10/21 12:35

No.2の補足


2つ目の質問はこの裁判例を指摘するべきだったでしょうか。

・合憲限定解釈により法律は合憲・適用が違憲違法となる時に、違法という判決で済んだのに、敢えて合憲限定解釈を行わず適用違憲とした。(全逓プラカード事件第1審)
・法律自体は合憲であるが適用が違法かつ違憲のとき、単に違法といえば済むのに、敢えて適用違憲とした。(第二次教科書検定事件第1審)

このような裁判例が例外的であるように、判例は原則として法律違反の主張を先に判断します。(ブランダイス第四準則)
通説もその合理性自体は承認します。但し、憲法違反が看過できないような重大性がある場合、憲法保障の見地から敢えて憲法判断に踏み込むべきだとします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よくわかりました。また質問をのせると思うのでその時はまたお願いします。

お礼日時:2001/10/21 12:33

>2憲法違反の主張と法律違反の主張がともに主張されている場合はどちらの判断を先行すべきか


ブランダイスの第4準則を適用すれば、法律違反という憲法判断を回避できる論点があれば、法律違反の判断を優先すべきことになります。
通説もブランダイスの第4準則の合理性自体は承認します。但し、憲法違反が看過できないような重大性がある場合、憲法保障の見地から敢えて憲法判断に踏み込むべきだとします。

質問文だけからすると「黙秘権の非告知は刑事訴訟法198条2項に違反するから、上告理由とする場合でない限り、憲法34条前段違反を問う必要はない」という場面が想定されますが、ご質問の本来の趣旨は恵庭事件の「そもそも被告人の行為は自衛隊法121条の構成用件に該当しないのだから、自衛隊法の違憲性を判断するまでもなく、無罪である」というロジックについてでしょうか。
恵庭事件の最高裁判決では、一般にはブランダイスの第4準則が適用されたとされます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q憲法9条はノーベル賞取るでしょうか?

憲法9条はノーベル賞取るでしょうか?

Aベストアンサー

無理でしょうね。
非現実的過ぎます。

イグノーベル賞なら取れるかもしれませんが。

Q自衛隊は憲法に違反していると思っていますか?

先日、pringlezが開いた、「自衛隊は憲法に違反していると思いますか?」というアンケートに答えました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8217089.html
そして、私に対して、「9条の条文をきちんと読んでいない人」と決め付けられました。私は以下の様に考えています。みなさんはどう思われますか。
日本国憲法第9条
--------------------------
第1項
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
第2項
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。
--------------------------
私は、関係する部分を整理し、語間を埋めると、次の様になると思います。
--------------------------
第1項
「国権の発動たる戦争」と「武力による威嚇又は武力の行使」は、「国際紛争を解決する手段」に限定して「永久にこれを放棄する」。
第2項
「前項の目的を達するため」に限定した、「陸海空軍その他の戦力」は「保持しない」
「国の交戦権」は「認めない」
--------------------------
どこにも、「自衛の為の戦力は持たない」とは書いていません。だから、私は憲法第9条を読む限りは、自衛隊は合憲だと思います。
Wikiの受け売りなのですが、GHQがこの文章で自衛隊を認める判断をしたといいます。だから、当然なのですが。何故、元のアンケートの結果になるのか不思議です。

先日、pringlezが開いた、「自衛隊は憲法に違反していると思いますか?」というアンケートに答えました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8217089.html
そして、私に対して、「9条の条文をきちんと読んでいない人」と決め付けられました。私は以下の様に考えています。みなさんはどう思われますか。
日本国憲法第9条
--------------------------
第1項
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこ...続きを読む

Aベストアンサー

私が考えていることが#1さんと#4さんに既に書かれています

そもそも自然法というものがあって、国家においてもこの自然法は有効です

国家は主権・生命・財産を守る義務があります。

例えば、強盗が自分の財産を強奪しに来た場合、強盗を撃退(或いは自ら逮捕)する権利があります。
相手が自分を殺しに来た場合、捕まえる権利、撃退する権利があります

同様に、国家にもそれらがあります。

仮に、敵国が自国に攻撃をしかけてきた場合、9条を盾に主権、国民の生命・財産を守らない国家であるならば、もはやそれは国家として機能していません

pringlezさんは、9条を一面的に読んで捉えただけであって、日本国憲法の理念・基本・根本を全く理解していないのではないでしょうか?

国際法、日本国憲法をキチンと理解しているならば、「自衛隊は違憲」だなんて決して言えません。「自衛隊は違憲」と主張する人がいるならば、自らの無知文盲をさらけ出しているような人ではないでしょうか

>どこにも、「自衛の為の戦力は持たない」とは書いていません。だから、私は憲法第9条を読む限りは、自衛隊は合憲だと思います。

当たり前のこと・至極当然のこと・分かり切ったことを敢えて文面にする必要はありません。
9条が「自衛のための戦力不保持」も意図しているなら、1項2項の他、3項も設けて、その旨徹底して書いているはず。

※余談
この日本国憲法の作成に関し、作成(翻訳)に関わった憲法の先生が仰っていたのですが、当時日本は「占領下」であるから、日本が再度軍を持つなんて誰も真剣に考えていなくて、「日本を守ってくれるのは占領軍が当然」。よって、日本が再軍備して戦力をこれほどまでに保有するなんて作成(翻訳)当時、真剣に考えていなかった、との事。GHQから来た英文を深く考えないまま翻訳してしまった、とのこと。
しかし、その憲法の先生は「9条は自衛の権利まで放棄したものではない」と仰っていました

私が考えていることが#1さんと#4さんに既に書かれています

そもそも自然法というものがあって、国家においてもこの自然法は有効です

国家は主権・生命・財産を守る義務があります。

例えば、強盗が自分の財産を強奪しに来た場合、強盗を撃退(或いは自ら逮捕)する権利があります。
相手が自分を殺しに来た場合、捕まえる権利、撃退する権利があります

同様に、国家にもそれらがあります。

仮に、敵国が自国に攻撃をしかけてきた場合、9条を盾に主権、国民の生命・財産を守らない国家であるならば、もは...続きを読む

Q憲法9条あっても韓国は皇居にミサイル撃てますか

韓国の現大統領もしくは後任が日本の天皇制廃止
に意欲があると仮定して、弾道ミサイルの距離が3
00キロから800キロに規制緩和で伸びた場合、
韓国の領海から戦艦など、あるいは竹島から皇居
や東宮御所へミサイル攻撃する場合、憲法9条が
あっても可能ですか?

打ち落とせないのは分かってますが、何と言うか
一方的に開戦出来るかという事です。今の技術じゃ
無理でもロシアと合同で衛星打ち上げして、技術を
盗んだと仮定した場合です。

Aベストアンサー

憲法9条は 日本から戦争しかけないってだけで外国から攻撃仕掛けることは関係ない

もっと勉強しましょう

Q自衛隊を組織することは、憲法9条に違反するかしないか教えて下さい。

自衛隊を組織することは、憲法9条に違反するかしないかくわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

政府見解では憲法の禁じる「戦力」ではなく必要最低限な「実力」
であるという苦しい解釈をしています
自衛隊が日本国憲法第9条にてその保持が禁じられている「陸海空軍その他の戦力」に当たるか否かに関しては長らく議論が交わされてきた。現在の通説では戦力を”軍隊および有事の際にそれに転化しうる程度の実力部隊”と解釈し、目的と実体の二つの側面から「軍隊」と「警察力」を区別する。後者を越えるものが「戦力」に該当すると考える。現在自衛隊が保持している戦艦や戦車、ミサイルなどの武力を考えれば、有事の際に軍隊に転化しうる戦力に該当するといわざるを得ず、自衛隊は日本国憲法9条2項の戦力に該当し、違憲であるとするのが通説である。一方で政府見解では戦力を「自衛のために必要な最小限度の実力」と解釈しており、自衛隊は憲法9条2項の戦力に該当せず合憲と考えている
http://asyura2.com/07/kenpo2/msg/146.html

Q憲法9条にノーベル平和賞を …どういうこと?

『憲法9条にノーベル平和賞を』と主張する人がいますけど…。
ノーベル賞って、世界遺産の類と違って人に対して与えられるもの…ですよね?

私が言葉通りに受け取って勝手に混乱してるだけで、あの人達は
『憲法9条を作った人にノーベル賞を』と言ってるのでしょうか?
でもそれだったら、作った人の名前を挙げて
『○○にノーベル賞を』と主張するはずですよね?
あの人達もそこら辺は詳しくなくて、だれかが調べあげてその人に授与してやってくれと他力本願なことを言ってるのでしょうか?

Aベストアンサー

NO2さんが書かれたとおり、「政治的意図」が目的です。

集団的自衛権の話をはじめ、日本が普通の国になると困る国々、人々が存在するわけです。

スパイ活動や、嘘で日本を貶めることに躍起になっている国々、人々です。

つまり、日本を占領したいと目論んでいる国々、人々です。

ノーベル賞という権威で、日本が普通の国になることを防ぎたいわけです。


そもそもノーベル賞って、怪しくないですか?

ノーベルと言えば、ダイナマイトを発明して巨万の富を築いた人です。

大量殺人兵器の開発という悪事を、賞でごまかしていると考えることもできます。

また、巨額の地下マネーが、ノーベルの殺人兵器を購入した可能性だって大いにあります。

そのように考えると、脱税などの地下マネーが、ノーベル賞の賞金になっているとも考えられるわけです。


日本人を表す言葉として、しばしば「本音」と「建前」が言われます。

ひょっとすると、これら表現は、そのように行動する人々が、自らの行為をごまかすために、広められたのかもしれません。

日本人は正直すぎます。

世界は偽善で満ち溢れています。

NO2さんが書かれたとおり、「政治的意図」が目的です。

集団的自衛権の話をはじめ、日本が普通の国になると困る国々、人々が存在するわけです。

スパイ活動や、嘘で日本を貶めることに躍起になっている国々、人々です。

つまり、日本を占領したいと目論んでいる国々、人々です。

ノーベル賞という権威で、日本が普通の国になることを防ぎたいわけです。


そもそもノーベル賞って、怪しくないですか?

ノーベルと言えば、ダイナマイトを発明して巨万の富を築いた人です。

大量殺人兵器の開発という悪事を、...続きを読む

Q【憲法違反をするとどうなるのでしょうか?】 刑法違反は警察に逮捕される。 憲法違反だと誰になにさ

【憲法違反をするとどうなるのでしょうか?】

刑法違反は警察に逮捕される。

憲法違反だと誰になにされる??

Aベストアンサー

一般の国民には「憲法違反」はありません。
法律なんかだと、裁判で違憲と判断されることはあるけどね。

Q【憲法9条】をノーベル平和賞に!

憲法9条をノーベル平和賞に推す動きがあるようです。

憲法9条は、日本が戦争をしない代わりに他国に戦争をさせるという、国際社会から見れば非常に無責任な憲法だといえます。
湾岸戦争の時など各国から非難を浴びましたよね
日本のために米兵がいくら戦死したとしても、日本が平和であるならばそれで良い、という独善的な平和をとても誇りには思えませんし、ましてやそれをノーベル平和賞に推すなどというのは厚顔無恥にも程があると思います。
左翼系の人たちのセンスの無さにほとほとウンザリした気分になるのですが

みなさんは憲法9条をノーベル平和賞に推すことについてどう思いますか?

Aベストアンサー

左派系の中の一部の人達が憲法9条をおかしな感覚で尊んでいるのは事実ですが、右派系の人達の多くも憲法9条の意味を理解しているとは言えません。

そもそも憲法というのは 「立憲主義」 に基づいて、自国の権力者の権限に範囲付けする機能を持ちます。即ち、権力者がやっていい事とやっていけない事を明確に定めておき、権力者の横暴から国民を守ろうとするのが憲法の第1の目的です。
この意味から、憲法9条は国民に対する制限ではなく、権力者に対する制限と理解されます。それが立憲主義です。
権力者に「勝手に戦争するな」という制限を憲法9条で定めたわけですね。

日本には、暴走する権力者によって国民全てが戦争に巻き込まれていった過去があります。大日本帝国憲法の下で権力者が国民に戦争参加を強制し、劣悪な戦略により多数の無駄死にが出ました。
そのようなことが2度と起こらぬよう、国権の発動たる戦争と国際紛争を解決するための戦争を、権力者に対し、永久に放棄させたのが日本国憲法第9条です。

9条は内部の敵から日本人を守ったのです。そのおかげで日本は70年の長きに渡り、全く、全然、戦争が有りませんでした。
憲法9条は有効に機能したのです。

勿論、周辺諸国の脅威から日本を守るための自衛目的の武力は必要ですから自衛隊という軍隊を保有し、過去にはソビエト、今では中国と、敵も強大ですからわが軍の武力もそれ相応に世界屈指のものとなっております。(自衛隊は合憲です。)
防衛行動に関しては自動的に反撃するという意味において、日本の権力者は指揮権行使が可能です。

以上、憲法9条の意味、です。
ノーベル平和賞が取れたらそれはそれで良いのじゃありませんかね? 受賞者は恐らくは日本国民全員なのでしょうが、その代表者は総理大臣ですから…
とするとあの安倍晋三が受け取るのか? ギョ?ギョ?ギョ?って感じかもしれませんね。

左派系の中の一部の人達が憲法9条をおかしな感覚で尊んでいるのは事実ですが、右派系の人達の多くも憲法9条の意味を理解しているとは言えません。

そもそも憲法というのは 「立憲主義」 に基づいて、自国の権力者の権限に範囲付けする機能を持ちます。即ち、権力者がやっていい事とやっていけない事を明確に定めておき、権力者の横暴から国民を守ろうとするのが憲法の第1の目的です。
この意味から、憲法9条は国民に対する制限ではなく、権力者に対する制限と理解されます。それが立憲主義です。
権力者に「勝手...続きを読む

Q自衛隊法における自衛隊の制限

基本的すぎる問題かもしれないので聞くのが恥ずかしいのですが、知ってるふりよりましだと思うので教えてください。

アルジェリア人質事件やその前から、自衛隊の行動、特に国外での制限が議論されていると思うのですが、具体的にどのような制限が問題になっているのですか?


回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

こんにちは。

ざっくりに言うと、現在の憲法・自衛隊法では
安全な場所にしか行けないのです。
ですから今回のアルジェリアのテロ事件も現場まで行けませんでした。
今年中には憲法が改善されるのではないか?と報道されています。

Q「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会の連絡先

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会が、私の許諾なく、勝手に私を受賞者に含めて賞の申請していることについて抗議を申し入れたいので、当該委員会のメールアドレスや電話番号等を教えて下さい。

また、もし知っていれば、ノーベル委員会のメールアドレス等も教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

メールアドレスはこちらに載っています。

https://www.facebook.com/nobelpeace9jou/info

Q憲法9条(自衛隊の位置づけ)について

現在、自衛隊は憲法第9条の2項に反し、事実上違憲状態です。
にも関わらず政府の拡大解釈によって海外各地に派兵されています。

自衛隊廃止というのは取れない選択である以上、憲法第9条で自衛隊を正式に
「国防軍」として位置付けるべきだと思います。
反面、安易に他国の戦争に干渉してはいけない、とも思います。
その活動範囲も海外に出る場合は災害救助などに限定すべきだと思います。

みなさんのお考えをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

綺麗にした方が良いと思っている一人です。ただ、すべて綺麗にすることには、
反対な人も多いかなあと・・・。清ければ魚住まずですよ。

9条の趣旨だけかえず国防軍と位置付けたとしたら、さらにいくつか変更する
必要があります。

>反面、安易に他国の戦争に干渉してはいけない

つまり、集団的自衛権を認める国連からの脱退と、米国の国内駐留の拒否です。
工兵も軍医も軍資金もすべて軍であります。質問者さんのご意見?は、しごく
まっとうではありますが、世界的にはそう思っている国はありません。国連
から脱退してすべての国と戦争や紛争に対して軍事行動、軍費にも関与しない
ことが9条の精神の尊重かと存じます。まあ、賛成者は少ないでしょうが・・・。


人気Q&Aランキング