最新閲覧日:

カマキリを友人が潰してしまたところ、ミミズのような生き物が生きたまま腹から出て来ました。

4匹くらい、しかも一匹が15cm以上の生物です。

私は知らなかったのですが、どうやらほとんどのカマキリにいるようで・・・。


友人に聞くと、
「俺らは『はりがね虫』って呼んでたよ。人間にも傷口から侵入して、心臓とかを食い荒らすんだよ」
って言われました。

どうやら寄生虫らしいのですが、何処まで本当なのでしょう?

なるべく詳しく教えてください。

A 回答 (1件)

>>俺らは『はりがね虫』って呼んでたよ。


本当。袋形動物門線形虫綱ハリガネムシ目に属する寄生虫で、体長は数cm~1mになるものもいるそうです。
生殖輪廻としては、
水中に卵を産む→幼生は水生昆虫に寄生→水生昆虫がカマキリなどに食われる→カマキリに寄生して成虫に→宿主が弱ってくると抜け出て水中生活に
…をくり返します。

>>人間にも傷口から侵入して、心臓とかを食い荒らすんだよ
(ほぼ)うそ。国内での寄生例は数例だけあるとか。
ただし血管内では生きられない(消化器に寄生する)ので、心臓までたどり着くということはありません。

>>心臓とかを食い荒らす
はおそらく形や生態が似たフィラリア虫から連想した噂かと。
フィラリアはイヌなどに寄生して心臓にとりつき、死に至らしめることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。早い回答をありがとうございます。

まぁ、ほとんど人間への寄生はないんですね。安心しました。

お礼日時:2001/10/21 11:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ