カマキリを友人が潰してしまたところ、ミミズのような生き物が生きたまま腹から出て来ました。

4匹くらい、しかも一匹が15cm以上の生物です。

私は知らなかったのですが、どうやらほとんどのカマキリにいるようで・・・。


友人に聞くと、
「俺らは『はりがね虫』って呼んでたよ。人間にも傷口から侵入して、心臓とかを食い荒らすんだよ」
って言われました。

どうやら寄生虫らしいのですが、何処まで本当なのでしょう?

なるべく詳しく教えてください。

A 回答 (1件)

>>俺らは『はりがね虫』って呼んでたよ。


本当。袋形動物門線形虫綱ハリガネムシ目に属する寄生虫で、体長は数cm~1mになるものもいるそうです。
生殖輪廻としては、
水中に卵を産む→幼生は水生昆虫に寄生→水生昆虫がカマキリなどに食われる→カマキリに寄生して成虫に→宿主が弱ってくると抜け出て水中生活に
…をくり返します。

>>人間にも傷口から侵入して、心臓とかを食い荒らすんだよ
(ほぼ)うそ。国内での寄生例は数例だけあるとか。
ただし血管内では生きられない(消化器に寄生する)ので、心臓までたどり着くということはありません。

>>心臓とかを食い荒らす
はおそらく形や生態が似たフィラリア虫から連想した噂かと。
フィラリアはイヌなどに寄生して心臓にとりつき、死に至らしめることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。早い回答をありがとうございます。

まぁ、ほとんど人間への寄生はないんですね。安心しました。

お礼日時:2001/10/21 11:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生涯に一度(一匹)しか交尾しないオスの生き物を知りませんか?

生涯に一度(一匹)しか交尾しないオスの生き物を教えて下さい。

花とかで例えられるものがあれば、尚嬉しいです!

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アンコウの仲間に雄が雌に寄生するタイプのものがあります。
そのままずっと寄生しっぱなしなので生涯に一度です。

Qミミズ?ナメクジ?プラナリア?長い生き物

雨の日の路上で発見しました。最初超長いミミズかと思ったら、ミミズではなく、ナメクジのような平べったい胴体をもち動きもナメクジっぽいのですが、とにかく長~い体。ビニール傘くらい長い体で、頭は三角に尖ってプラナリアみたいな頭をしています。体には2本の白い縦縞もありました。何という生物でしょうか?ご存知の方おりましたら、是非教えてください。

Aベストアンサー

コウガイビルの仲間かと。

コウガイビル - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%AB

オオミスジコウガイビル
http://www5b.biglobe.ne.jp/~hilihili/keitou/mizika/hen-nihai/oomisuzi-atama01.html

Q色盲の生き物と、色が分かる生き物

犬猫をはじめ、動体視力は良いけれど、近視で色盲とされている哺乳類は結構多いです。
人間は非常に色々な色を判別できますが、これは何故でしょうか?

カラフルな生き物の多くは、繁殖に関わることもあり、色の識別が出来る種が多いようです。
色に好みまである鳥類だけでなく、魚類でも色を識別できると考えられているようです。

人間はカラフルな生き物ではなく、皮膚は透明で、基本的に地味な肌色毛色をしていますが、
地球上の一生物として、どういう必要があって色が分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると目が光ります)。

錘体細胞はロドプシンという感度の高い光受容物質をもちますが、色を識別できる錘体細胞は弱い光に対して感度が低いのです。また、輝板があると、瞳孔から入ってきた光と輝板で反射した光の両方が網膜を通過するため、像はぼやけた物になります(暗視カメラの像を想像してください。色がなく、像はぼやけるけど、弱い光を増幅して、とにかく「見る」ことができるのです)。

昼間の世界では、たとえば植物と昆虫や鳥は、色による交信をしています。植物は、実が熟したら赤や黄色や黒に色を変え、教える代わりに、果実を食べたあとの種を運んでもらいます。このように色には様々な有用な情報がありますが、ほ乳類は嗅覚や聴覚を発達させることでこれをおぎない、夜間での活動に生活をシフトさせたのです。

夜の世界を脱して昼の世界に戻ってきた人類は、体温維持のための体毛を捨て、クリアな像をみるために輝板も捨てました。そして、錘体細胞にとんだ網膜をもつことでカラフルな世界に戻ってきたのです。

ほ乳類の先祖は恐竜たちとともに中生代を生き抜く中、夜に活動する能力を獲得しました。外温性のは虫類が夜間は体温が下がってしまい、活動できないのに対し、体毛の獲得や効率的な呼吸システムの確立により内温性を獲得して、夜間でも体温を維持できるようになったのです。目に関しては、網膜の視細胞として、暗所で明暗を見分ける桿体細胞を発達させ、網膜の裏に輝板(反射板です)という組織を発達させ、少ない光を有効活用できるようになりました(だからネコだけでなく、ほとんどのほ乳類は夜に光を当てると...続きを読む

Qカマキリの尻を水中に入れた際出る針金状の線

昨日(10月4日)深夜のテレビをタッピングしていた際、ちらっと見た場面なのですが、カマキリの尻を水中に入れていると、尻から2本の針金状の線が飛び出ていました

どうやら「トリビア」っぽい知識として紹介していたのですが・・・

その2本の線はあれよあれよという間に、にょきにょき伸びてカマキリの体長ほども飛び出ていました

1.あの棒のようなものはなんですか?

2.他の虫にも同様なモノがあり、水中に入れたりすると伸びるのですか?

Aベストアンサー

1.寄生虫のハリガネ虫です。

2.ハリガネ虫に寄生されたカマキリは、体内のハリガネ虫が育つと、水場に近づきたがるようになります。
カマキリが水に入ったら、体内のハリガネ虫が出てくるそうです。

Q鯉に食べられたカマキリ

先日鯉のいる公園に遊びに行った時、近くにいたカマキリが突然走り出し、始めは池の淵で出たり入ったりしてましたが、そのうち鯉の群れの中に飛び込み食べられていました。
私の中でとても気になる事件になり調べたところ、「寄生虫が水辺に誘導し、カマキリの体を突き破って出てくる」という所までは分かりました。確かにその時カマキリのお尻のあたりから細長いものが出ていました。それを見た時は「何かな?草?」くらいにしか思いませんでしたが、ハリガネムシと知り鳥肌が立ちました。。。
私が知りたいのは、自分から飛び込んで食べられたのは何故なんだろう、というところです。「ハリガネムシが出た後は死ぬ」らしいのですが、自殺もあるのでしょうか?
とても気になっています。

Aベストアンサー

ちょっと調べて見たところ、自殺ではないようです。
ハリガネムシが寄生するのは、カマキリ、水生昆虫、魚、人間 等だそうです。
で、カマキリを操って水へ飛び込むんだそうです。
なので、”カマキリが自殺した”のではなく、”ハリガネムシが水に飛び込ませた”わけです。

ネタ元のURL乗せて置きます

参考URL:http://musi.s6.xrea.com/nikki2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報