預り証で「上記正に領収いたしました」のコメントは問題ありませんか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

通常は、領収しましたと書けば、受け取ったという意味で、販売代金など確定した金額を受け取った意味になります。


預かった場合は、一部の場合もありますから、「預かり証」の場合は、お預かりしましたと書きます。

又、何のために何を預かったのも書くべきでしょう。

例として。
「修理のために、時計を確かにお預かりいたしました」
「洋服代金の内金として、確かにお預かりいたしました」
等でしょう。
    • good
    • 0

誤解を受けるおそれがあるので


「上記確かにお預かりしました。」の方がいいでしょう。

相手に悪意があるときや相手が意味を取り違えた場合は、問題がないとも言い切れないと思います。

たとえば、保証金として預かったのに、相手は手付金と思っている場合です。

誤解を受けるおそれのある言葉は出来るだけ避けましょう。
    • good
    • 0

「確かにお預かりいたしました」の方が適切かもしれませんね。

    • good
    • 0

 国語の判断ですと、預かることと領収することは意味が違いますよね。

ですから、問題ありでしょうね。

 預り証は、自分が受け取るべき直接の担当者出ない場合に、私が預かって正規の担当者に責任を持って渡します・届けます、という意味だと思います。従って、領収書も正規の担当者が発行する物ですので、「領収いたしました」は適当ではないかなと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産契約時の「敷金」は領収証? 預り証?

こんにちは。
不動産契約時の「敷金」は、保全の位置付けの「預け入れ」であり「支払い」ではないと理解していますが、貸主が借主に対する書面上の対応について質問です。

(1)敷金を預かった側が発行するのは「領収証」でしょうか? もしくは「預り証」などの別の表題の書類を発行するものでしょうか?

(2)仮に、預り証で対応するとした場合、この書類には印紙を貼付する必要はあるでしょうか?

(3)敷金の預け入れを求める書類については、「請求書」になりますか? もしくは「料金支払い」のニュアンスの強い請求書という表題は避けて別の表題にするのが望ましいものでしょうか? その場合、どのような表題が一般的でしょうか?

初歩的な質問で大変恐縮ですが、ご教示のほど、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 領収書とは、、代金受取人が支払者に対して、何らかの対価として金銭を受け取ったことを証明するために発行する書類です。本件の場合はの敷金を預かったのですから領収書でも問題ありません。だだし敷金、預り金などの但し書きに記載することにより17号2(取引以外の金銭)に該当すると思われます。したがって印紙の貼り付けは必要ありません。領収書の名前の代わりに、預り金でも結構です。印紙は同様に17-2の文章なので不用と成ります。
 預入を求める書類については、支払いのお願いについて などでやんわりと記載されて方が良いと思います。請求書ってなんだから重苦しいですから 

Q「上記、正に領収しました」の正にってなんて読むんでしょう?

こんにちは。

よく領収書に書いてある「上記、正に領収しました」(こんな感じですよね?)
の「正に」なんて読むんでしょう?
「まさに」でいいんでしょうか?

教えて下さい!

Aベストアンサー

「まさに」でいいとおもいます。
ちょうど、とか、きっかりという意味でしょうね。

Q領収証について。会社が経費に使った領収書がないと何にどれだけ使ったかが証明できないた

領収証について。会社が経費に使った領収書がないと何にどれだけ使ったかが証明できないため、その分の税金を払い直すと書いてあるのを見たのですが、領収書があればないのと比べ税金の支払額が下がるということですか?そもそも会社は何かで使った経費に対して税務署?に支払う税金が支払う義務があるんですか?よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

ざっくりと
売上-経費=利益
利益に対して税金がかかる
領収書があると経費を増やせて、利益が少なくなる。結果税金が安くなる。

Qネットで商品を購入領収書をお願いしたら領収証代1,000円別当請求されました

ネットで商品を購入領収書を
お願いしたら領収証代1,000円別当請求されました。
仕事でネット(オークションでは在りません)で商品を購入
始めは振り込み手数料込みでネット銀行で振り込んでくださいといわれたので振込みにいこうと思ったら
そこの会社の経理のかたから電話がかかってきて
振込み手数料はいる商品代を振り込んでくれといわたました
不信感をいだきましたが急ぐ商品だったので
商品代を振り込みました
叉連絡があり振り込んだか?
聞かれたので振り込んだことを伝え
領収書を発行をお願いしたところ
銀行の控えでは駄目か?といわれたので
商品と一緒に領収書をお願いしたところ
商品の発送は別なので
領収書はうちの会社から発行しますので
領収書代として別当1,000円頂くといわれました
もちろん断りました
領収書発行してもらうのにお金入るなんて
初めて聞きました。
商品代は8,000円もかからない商品です。
領収書代別当1,000円
これて正しいことなんですか?

Aベストアンサー

いいえ、ふざけんな、と怒って良い所です。
領収書くらい出すのが常識です。
僕なら長々としたクレームをつけますね。
あり得ません。

Q「納品書兼領収証」というのは成立しますか?

「納品書兼領収証」というのは成立しますか?

ネット販売をしているのですが、システムから「納品書」は自動的に排出されます。客の要望で「領収証」を発行する際に、そのつど手書きで書いています。

注文が多くなるとこの手書き作業が大変です。

そこで思いついたのが、納品書を領収証としても使えるように「納品書兼領収書」にしようと思うのですが、これって受け取った人は正式な領収証として使えますか?

また、収入印紙が必要になった場合は納品書のどこかに貼り付ければいいのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

領収書(兼納品書)とでもしておいて

・代金受領日
・受取人
・支払人(住所、電話番号)
・金額
・但し商品代金として
上記金額を受領しました。


と書いておけば問題なく使えますよ。

>また、収入印紙が必要になった場合は納品書のどこかに貼り付ければいいのでしょうか?

その通りです。どこか見えるところに貼って割り印を押しておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報