色に関して全くのど素人でそういった仕事もしたことが
なく、今後視野やモノの捉え方が変わると考え受験を
考えている者です。
書籍とかで1~3級のレベル内容が書いていますが、いまいち理解できません。

(1)2級と3級のレベルの差、2級からしか資格として
 見てもらえないのか(英検なら2級からのように)。

(2)私のような初心者でも1ヶ月どの程度勉強すれば、2級レベル合格できるでしょうか(試験は得意なほうです)。

(3)色弱があればかなりハンディになるでしょうか。

以上3点ご回答いただければありがたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

#1です。


お礼、ありがとうございました。
「色弱」について聞いたことがあるものの、どの程度の色彩の識別ができるのか分からなかったので、
もし、失礼な言い方をしてしまっていたら本当に申し訳ありませんでした。

>要は、赤とオウド色、黄色とオレンジ色のように近い色になると厳しいかもしれません。
と言うことは、明度と彩度を答える問題でちょっと苦労されるかもしれませんね。
でも、色弱の方が色を覚えることでそのハンディを乗り越えることができたら私は素晴らしいと思いますし、採用などの直接の判断材料にはならなくとも、
質問者様の充分な評価(努力したこと)の対象になり得ると思います。

>趣味の範囲でも日常生活において実際に役にたたれたことがあれば、是非具体的にお聞きしたいです。
たくさんありますよ~。
まず、一番に言えるのがどの色の「組み合わせ」が映えるのかが分かるので、
服を選ぶときに、あまり迷わなくなりました(笑)
つまり色のコーディネイトができることで、とんでもない色の組み合わせをすることがなくなったんです。
これは、部屋の内装にも応用できます。
これを踏まえて「色彩検定」と同時に「カラーコーディネイト検定」も受けてみられてはいかがでしょうか?
同じ級同士であれば、内容的にもかなり重複している部分があるので、
バラバラに勉強しているよりも効率よく勉強できるのでお勧めです♪

どちらの検定も、級が進めば進むほど味わい深くなる検定です。
日本の色彩文化も知ることができますし、
なぜ、日本には外国人が識別できないような微妙な色合いまで判別することができるのかも、
理論的に「そうか~」と思えます。
色彩検定3級では「日本古来の色」も覚えていくことになるので、
それを覚えた上で『源氏物語』や『枕草子』などを読むと、今まで単なる黒の活字でしかなかった文章が、
一気に鮮明な色合いに満ちた世界に変貌していきます。
それと同時に日本の文化の深さにも気付かせてくれると思います。

もちろん「資格」として取得するのは良いと思います。
でも、それだけでなく自分自身の「視野」を広げる手段の1つとしてこの「色彩検定」を考えてみるのも悪くないと私は思いますよ^^
応援しています。頑張ってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご回答ありがとうございます!

そうですね、「色弱」といっても日常生活をしていく上では全く問題はないので、どうぞお気になさらずに^-^;敢えてそういった資格をとるのもネタになるのかなと(笑)

ふむふむ!服選び、部屋の内装、それに源氏物語ですか!
視野が広がりそうで面白くなりそうですね。
あと、「カラーコーディネイト検定」も調べて同時に検討してみようと思います。

マイナーな資格だけに、ご回答いただけないかと心配しておりましたが、ご丁寧かつ詳しいご説明をいただき大変参考になりました。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2005/08/20 17:12

私も2級を取得し、1級の1次までは合格しました。


実は私の会社は、電気部品会社なのですが、照明関連もあるので、色彩検定取得の奨励を行っています。奨励金も出ます。^^
おそらくデザインや色が絡む仕事(照明や車のデザインも)ならば資格を活かせて行けるのではと思います。
質問の(2)ですが、2級の試験は3級と2級の教科書と過去問をしっかり押えておけば1ヵ月の勉強で合格できると思います。
1級の1次試験は同様に知識の習得でカバーできますが、2次試験はカラーコーディネートのセンスが問われます。非常に難しいのですが、幸いに1次合格の有効期間が2年あるので、2次試験は3回チャレンジできます。^^

ちなみに私もどちらかといえばまったくの初心者で、2ヶ月くらいの勉強で受験しました。
2級の教科書には3級で勉強する内容がまったく出ていないので、2級のみの受験も3級から勉強をする必要があります。参考書も3級の範囲が出ていないものがあるので、気をつけてください。
Haruさんも書かれていますが、「視野」が格段と広がりました。何気ない街中の彩色など、デザインした人の意図などが理解出来たようにも感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

私のわかりずらい質問に対して、聞きたかったことをピンポイントでご回答していただけ、スッキリしました^-^

しかし一級を合格するとはかなりすごいですね^^;
説明を参考にさせていただきますと、私はとりあえず3級だけ受けてみようかと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/22 21:18

色彩検定の各級のレベルですが、


各級の積み重ねと考えて良いと思います。
3級で日本色彩研究所が開発した「PCCS」が中心となります。
2級では3級の「PCCS」+アメリカで開発された「マンセルシステム」とドイツの「オストワルトシステム」などが増え、
1級では、2級までの色彩システム+その他の色彩システムが試験範囲、という形になります。

なので、2級と3級のレベルの差は?
と言っても、3級が理解できていないと2級を理解することは無理に近い、と言った方が無難かもしれません。
ですから、3級と2級を同時に検定を受けることをお勧めします。(私も2&3級で受験しました。)

初心者でも1カ月、きちんと勉強すれば大丈夫だと思いますが、
色弱と書かれてありますが、細かい色の区別は大丈夫でしょうか?
基本的に試験はフルカラーになり、細かな色の違いを見て、
Aの色名は○○、Bの色名は○○……という風にマーク式で答えていく問題もあります。
こちらについては、検定協会に問い合わせてみた方が、より明確な回答が得られると思います。

色彩検定に関しては、英検や秘書検などのように、履歴書の資格の欄に書く資格としては弱いのが現状です(趣味の延長のような検定として捉えられているため)。
もちろん3級からでも履歴書に書くことは可能ですが、
就職の際に、自分のアピールポイントとして書く場合は1級を持っていないと辛いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答ありがとうございます。

色弱に関してですが、原色はわかるのですが、教習所とかでやるような最後の難しい色の数字を読み取るのがきついです。要は、赤とオウド色、黄色とオレンジ色のように近い色になると厳しいかもしれません。
ですから、色を暗記するという形で、色弱の弱みを埋めることができればと思い受験を検討しているのも事実です。

そうですか・・資格としては厳しいですか。趣味の範囲でも日常生活において実際に役にたたれたことがあれば、是非具体的にお聞きしたいです。

よろしくお願い致します。

お礼日時:2005/08/20 03:02

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色彩検定公式テキストについて

色彩検定の公式テキストについて

今年の6月末にある色彩検定2級の試験を受験しようと思っている者です。
勉強には、
【色彩検定2級3級テキスト&問題集 岩井ますみ ナツメ社出版】と
【AFT企画 色彩検定 過去問題集】の2点を使用する予定です。

ですが自分で他出版社のテキストを購入したのですが、
AFT公式の色彩検定2級のテキストも買ったほうがいいのでしょうか?

色彩検定では、公式のテキストそのままから試験に出るということを
お聴きしたので不安になってきました。試験まで1ヶ月切っていますし、
公式のテキストはかなりお高いので悩んでいます。。

なぜ他社の出版物を選んだかというと
実は今回初めて色彩検定を受験するので
2級と3級の内容がバランス良く含まれていたので
こちらを選びました。
(3級と2級の内容を分野別に同時進行で勉強できる内容になってました)

色彩検定で、他社のテキストと公式のテキスト一緒に購入なされた方がいらっしゃいましたら
ぜひアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

公式テキストがすべてです。
色というのは印刷方法によっていくらでも変化します。
本試験は公式テキストと同じ印刷方式、印刷用紙を使用します。
慣用色名を問う問題などは限りなく同じに表現されます。
販価が高いのはこのせいでしょう。

ちなみに市販の問題集の色を比較してみましたがその大半は異なって見えます。
もちろん、慣用色名は巾をもった色ですが、試験で違和感を持たないために公式テキストを推奨します。
単に知識を問う4択問題などは何を使用してもさほど差はないと思います。

2級レベルまでは大して問題ないと思いますが1級レベルとなると
1次は1次だけ、2次は2次だけの解説書の方がすぐれています。
一部に統合した解説書や問題集がありますが出来は今いちです。
理由は公式テキストに書かれていないことを解説に使っていたりするからです。

公式テキストに書かれていないことは出題されないとお考えください。
色彩全般の知識を得るのであれば構いませんが、試験に合格することを中心に考えるのであれば
公式テキストを利用しましょう。

色彩検定の公式テキストは頭から順に読んで理解出来るように構成されています。

◆気になったこと
「新配色カード199a」を利用して勉強していますか?
これも公式テキストの一部とお考えください。
公式テキストにはっきり明示しているでしょう!

2級までならなんとかなるかも知れませんが、1級なら必須です。
2級ではマンセルの知識が問われますが、PCCSとの対応表は配色カードにしか掲載していないと思います。たとえばVividの18:Bは 3PB 3.5/11.5 などです。

公式テキストがすべてです。
色というのは印刷方法によっていくらでも変化します。
本試験は公式テキストと同じ印刷方式、印刷用紙を使用します。
慣用色名を問う問題などは限りなく同じに表現されます。
販価が高いのはこのせいでしょう。

ちなみに市販の問題集の色を比較してみましたがその大半は異なって見えます。
もちろん、慣用色名は巾をもった色ですが、試験で違和感を持たないために公式テキストを推奨します。
単に知識を問う4択問題などは何を使用してもさほど差はないと思います。

2級レベルまでは...続きを読む

Q色彩検定AFTの問題集

色彩の勉強を始めようと、まずはテキスト&問題集を買う段階なんですが、AFTで公式に出されている問題集は「色彩検定過去問題集○○○○年度版」というのですよね。
昨年テキスト改正があったと聞いたので、できれば2005年度版の問題集を買いたいのですが、公式HPにも2004年度版までしか載っていません。それがいつ頃発売になるかご存知の方がいらっしゃれば教えて頂きたいです。できれば別年度のも数冊買えればいいんですが何分金欠なもので・・)

Aベストアンサー

過去問題集で2005年度版ということは
2005年度に実施された検定全ての問題ということで
2005年夏季検定(2級、3級)および
2005年冬季検定(1級、2級、3級)になります。
冬季検定はまだ終了して2ヵ月ほど(1級二次は終了して約1ヶ月)しか経過していません。

2004年度版過去問題集の巻末には2005.3月初版発行となっています。
3月初版と書いてあるということは、おそらく2月には実際に書店等に並んでいると思われます。
(2月といっても下旬かもしれません・・・あくまで憶測です)
2005年度分なら早くても来月以降でないと出ないと思います。

まずはテキストで勉強しつつ過去問題集発行を待ってみてはいかがでしょうか?
別の年度のものについては、古本屋などでたまに安価で売っている場合があります。
ネットオークション等でも見かけますが、古本屋のほうがはるかに安いです。
(古本屋にあれば、の話ですが)

級別の過去問題集だといいのですが
普通に買うと3年分で9000円近くしますので
不要な級もついてあの値段は確かに高いですね。

過去問題集で2005年度版ということは
2005年度に実施された検定全ての問題ということで
2005年夏季検定(2級、3級)および
2005年冬季検定(1級、2級、3級)になります。
冬季検定はまだ終了して2ヵ月ほど(1級二次は終了して約1ヶ月)しか経過していません。

2004年度版過去問題集の巻末には2005.3月初版発行となっています。
3月初版と書いてあるということは、おそらく2月には実際に書店等に並んでいると思われます。
(2月といっても下旬かもしれません・・・...続きを読む

Q色彩検定とカラーコーディネーター検定試験

質問です。

自分の将来の夢はアパレルか呉服売り場の販売員です。

そのためにまず色彩検定三級をとりました。

そこで質問です。
カラーコーディネーター検定試験を取るべきか色彩検定を今後も取っていくべきかわかりません。

どちらを取っていくべきなのでしょうか?
もしくは両方とるべきなのでしょうか?
もちろんとる場合は一級を目指したいと思います。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらもあるに超した事はありませんよ?

もし希望の仕事に就けずとも、それらは貴女の実力です。
持っていて特こそすれ、損は無いはずです

Q色彩検定とカラーコーディネーターの違いは何ですか??

色彩検定とカラーコーディネーターの違いは何ですか??

色彩検定とカラーコーディネーターではどちらが就活や就職後に有利になりますか??

教えてください。

Aベストアンサー

色彩検定・カラーコーディネーター両方持っています。

細かい違いはいくつかあります。色彩検定はどちらかというと純粋に色彩感覚や色彩文化などを問うのに対し、カラーコーディネーターは商工業的・科学技術的な内容にも重点を置いたりします。
しかし、決定的な違いはカラーチャートの違いです。
色彩調和などの問題で、色彩検定はPCCSという学校教育などでも使われる色彩系を使用します。教材も豊富で、画材店や書店などで容易に手に入ります。
一方でカラーコーディネーターはCCICという東京商工会議所オリジナルの色彩系を使います。オリジナルなので、教材も少なく、公式テキストやカラーコーディネーター準拠の参考書などに掲載されています。
PCCSとCCICはよく似ていますが、同じ記号で表す色がちがったりするので、注意が必要です。(ただ、カラーコーディネーターの方は、試験の時にはCCICカラーチャートが配布されます。)

将来の進路・就職等ですが、どちらもあまり違いは出てきませんが、一般に言われるのは色彩検定は試験団体がもともとファッション教育が母体だったこともあり、ファッションなどのクリエート系などに力があると言われます。
一方でカラーコーディネーターは商工会議所が実施ということで、商品開発など商工業系に強いとも言われます。
しかしあくまで、色彩の技術はプラスアルファの技術とも言われているのが現状です。会社等での色彩単独での評価は乏しく、土台となる知識技術があって、そこに色彩に関する内容が付加されて評価されているのが現状です。単に色彩だけでなく、ベースになる技術にも力を入れることが必要です。

色彩検定・カラーコーディネーター両方持っています。

細かい違いはいくつかあります。色彩検定はどちらかというと純粋に色彩感覚や色彩文化などを問うのに対し、カラーコーディネーターは商工業的・科学技術的な内容にも重点を置いたりします。
しかし、決定的な違いはカラーチャートの違いです。
色彩調和などの問題で、色彩検定はPCCSという学校教育などでも使われる色彩系を使用します。教材も豊富で、画材店や書店などで容易に手に入ります。
一方でカラーコーディネーターはCCICという東京商工会議所...続きを読む

Qヒューマンソリシアの色彩検定問題集の色は、実際の試験に近いですか?

色彩検定を受けた方で、使った方、
どうなのか教えてください。
買おうかどうか迷っています。

Aベストアンサー

これで大丈夫ですよ~!
私も勉強する際に色々とレビューを読み漁って
これが評判良かったので買ってみましたが、わかりやすいですし。
構成も公式テキストに準拠してました。
これとデキストあればきちんと勉強したら合格できるので頑張って下さい。

Q色彩検定をとって私生活で役立つ?

 色彩検定の2級を受けようと思っています。普段、インテリアや服選び、書類の色の使い方などで悩むことが多く、色彩検定を受ければそれらを解決できると思ったからです。色の使い方がうまくなるだけで人生が豊かになるような気がしていますが、実際に色彩検定をとって役に立ちますか?

Aベストアンサー

まずは3級から狙ってみてはどうでしょうか。
それはさておき、色彩検定、受かるかどうかは別にして知っていればいろいろと役に立つことがありますよ。
ファッションセンスや部屋のデザインなんかもオシャレで綺麗にまとめることができるようになります。

でも、カラーコーディネーターなどの仕事のため資格を取るのでなければ、特に勉強するほどのものなのかなとも思います。(私は既に勉強済みなのでそう思うだけなのかもしれませんが・・・)
暗い色は重たいイメージがあって、薄い色は軽いイメージがあって、青や緑は寒色で精神的に落ち着く色で、赤や黄色の暖色は活発になって元気がでる色で、ってそういうの勉強しなくてもなんとなく知っていることだと思うのです。特に質問者さんがファッションセンスをある程度お持ちであるならば、ボトムは暗い色で引き締めて、トップスは明るめの色、統一感を出しつつ小物で目立つ色を抑えてオシャレに・・とかとか。

さて、色彩検定は役立ちますかという質問ですが、もちろん役に立ちます!

Q色彩検定について

色彩検定について


私は裁縫が趣味で、小物をよく作ります。
その際、色合わせでいつも悩みます。
で、色彩検定を学ぼうかなと思いました。
しかし、配色の本を読むだけで十分かなとも思います。
色彩検定を受けた方、どう思いますか?
小物作りに役立ちますか?
複数の布地を使い、一つの物を作るので、ピンクと何色が合うのか?などいつも悩むんです。

Aベストアンサー

ひとまず色彩検定3級の公式テキストを購入されてみてはいかがでしょうか?
やや値段は高めですが、「配色」本を読むだけで不安なようでしたら、色彩の基礎的な内容が平易に書かれているのでオススメです。

3級は全体の入門編という意味合いがあるため、テキストもわかりやすく書かれており、
色彩に興味がある方であれば楽しみながら読むことができると思います。

色彩の基礎的な知識について触れていますから、「配色の基礎」となる知識を得るのにもいいかと思います

実際に受験するかどうかは、公式テキストの内容に触れてみてからでもいいと思いますよ。

参考URL:http://shikisaikentei.konjiki.jp/data/data_b/b001_gaiyou.html

Q色彩検定について

DTP/グラフィックデザイナーを目指して勉強している者です。
スキルアップのために、AFT色彩検定の受検を考えているのですが、(とりあえず3級に挑戦しようと思っています)費用の問題もあり、通信講座やスクール受講をせずに独学で勉強したいと思っています。
初心者でもわかりやすく、かつ、効率的に学習できるような参考書や問題集があれば、教えてください。
また、独学で色彩検定に挑戦した方の体験談などあれば、教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 他の方がおっしゃるように、グラフィックデザイナーを目指すなら色彩検定は全く不必要でしょう。まずは現場でDTPのノウハウを習得してグラフィックソフトを使いこなすことです。 私は最近新たにWebを習い始めましたが、趣味として今年6月に色彩検定2・3級に挑戦してみようと思っています。独学で十分ですよ!
まずは指定された「対策テキスト(AFT色彩検定対策テキスト-AFT発行)」と「新配色カード199a」を用意してください。必須です。
(AFT公式サイト→http://www.aft.or.jp/index.html)
対策テキストや配色カードは大型書店にも置いてあります。
 あと参考書として、新星出版「わかる!色彩能力検定3級」がお勧めです(出たばかりです)AFT対策テキストが2005年版に改訂されたので対応しているかどうか気をつけてください。それと古いけど私が役に立った参考書があるので、その出版社のHPもお教えします
(http://www.nagaokashoten.co.jp/cgibin/category.cgi?category=13&option=L&title=就職・資格)
 まず色の番号や名前、属性を覚えることと、配色カードの扱いに慣れることが必須です。対策テキストで切り張りしながら覚えていくと効率的ですよ。

 他の方がおっしゃるように、グラフィックデザイナーを目指すなら色彩検定は全く不必要でしょう。まずは現場でDTPのノウハウを習得してグラフィックソフトを使いこなすことです。 私は最近新たにWebを習い始めましたが、趣味として今年6月に色彩検定2・3級に挑戦してみようと思っています。独学で十分ですよ!
まずは指定された「対策テキスト(AFT色彩検定対策テキスト-AFT発行)」と「新配色カード199a」を用意してください。必須です。
(AFT公式サイト→http://www.aft.or.jp/index.html)
対策...続きを読む

Q色彩検定はどんな仕事をするときに役立ちますか

色のことに興味があるので
色彩検定を取得しようと考えているのですが
仕事で色彩検定が必要な職業や
持っていると役立つという職業はありますか?

知っているものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

色彩検定が必要な職業はありません。

http://www.aft.or.jp/what/what_01.htm
http://www.aft.or.jp/pro/index.htm
一番多いのはカラーコーディネーター、アパレル、インテリアデザイナーなどかと思います。

Q色彩検定について

色彩検定を受けたいと考えているのですが、どの本で勉強すればいいのか困っています。ちなみに独学で2級を受けようと思っています。お勧めの参考書・問題集があれば教えて下さい。それと、独学なのでどのような勉強法が効果があるかなど教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらのサイト内で「色彩検定」と検索をかけると、いろいろな情報が出てきます。
もしまだ検索をされていなかったらしてみてください。

オススメの参考書ということですが、AFTの出しているテキストはもちろんあるという前提でお話させてもらいます。

私は1級を持っていますが、一番役に立ったのは、
 「色の名前」 著者: ネイチャー・プロ編集室 /近江源太郎 定価2,500円
です。
たくさんの色名が出てくるんですが、なかなか覚えられなくて・・・。
この本は色の名前の由来となった動物や植物、鉱物などの写真がたくさんのっています。
なので、色の名前と一緒にイメージすることで、楽しんで勉強できました。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング