洗浄式脱臭装置を設置するのですが、薬品を3種類使います。(硫酸、苛性ソーダ、次亜塩素酸ソーダ)タンクの容量はそれぞれ100Lで原液で納入します。
貯蔵(または取扱)の届出は必要でしょうか。
また、取扱の薬品の注意点が記載されているURLをご存じの方がいらっしゃいましたらご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

毒物劇物取締法および労働安全衛生法が適用されると思いますが、それぞれの原液の濃度は何パーセントですか。

硫酸、苛性ソーダは劇物ですが、硫酸は10%以下、苛性ソーダは5%以下の場合普通物になります。劇物の場合、毒劇法第22条第5項の規定により、業務上取扱者として盗難、紛失の防止、漏洩の防止、事故の際の措置の義務などがあります。また法第15条の2の規定により、廃棄の際の規制があります。ただ、毒劇法は主に製造、輸入、販売業者への規制なので、毒物劇物取扱主任者の選任は必要ありません。

硫酸は労働安全衛生法施行令により第3類特定化学物質に分類され、作業主任者の選任、その他の規制がかかります。ただし硫酸水溶液の場合、何パーセントから規制されるかはちょっとわかりません。

硫酸、苛性ソーダ、次亜塩素酸ソーダ水溶液はいずれも消防法上の危険物ではありません。

薬品の取扱上の注意点については、購入時にもらえる(はずの)製品安全データシート(MSDS)を見ると詳しく書いてあります。特に水酸化ナトリウム、次亜塩素酸ソーダは目に入らないように(失明の危険あり)必ず防護ゴーグルを着用し、また塩素ガス発生の危険があるため、次亜塩素酸ソーダと硫酸は絶対に混ざらないようにしてください。

鶴見曹達のサイトより、苛性ソーダ水溶液と次亜塩素酸水溶液の製品安全データシートを参考URLに挙げておきます。

参考URL:http://www.tsurumi.co.jp/products/pdf/kaseisoda. … http://www.tsurumi.co.jp/products/pdf/jia.pdf
    • good
    • 0

貯蔵量、濃度の違いで届け出などが必要になると思います


前にも似たような質問がありますので質問検索で危険物取り扱い主任と
探してみてください。

参考Httpは下へどうぞ!

参考URL:http://www1.interq.or.jp/~hiromi-n/mm2/index.html
    • good
    • 0

素人ですが、


届け出以前に毒物劇物取り扱い責任者(国家検定)が必要なのでは?
取り扱い責任者が居られるなら、その人が必要事項を把握していると思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「次亜…酸」の命名公式はある?

よろしくお願いしたします。

高校化学の教科書で「次亜…酸」という化合物を見かけました。
「次亜…酸」という化合物のネーミングについての質問です。

例:
次亜塩素酸HClO、次亜ヨウ素酸HIO、次亜リン酸H3PO2


「次亜…酸」のネーミングの公式というものはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

無機化合物の正式名称は、IUPAC という機関で決められた無機化学命名法に基づいているそうです。

完全に定着している伝統名も正式名として採用されていまして、例えば有名な硫酸(慣用名。正式名はテトラオキソ硫酸)もそうです。
次亜塩素酸、次亜ヨウ素酸、次亜リン酸なども正式名称として登録されています。
次亜塩素酸の別名:オキソ塩素酸
次亜ヨウ素酸の別名:オキソヨウ素酸水素
次亜リン酸の別名:ホスフィン酸
も登録されています。
ちなみに、「亜りん酸」は誤記で、「亜リン酸」が正しいそうです。

Q苛性カリと苛性ソーダで作った石けんの違いは?

カテゴリー選択が、これで良かったのかな、
と思いながらなんですが。。。よろしくお願いします。
 苛性ソーダで固形石けんを作っています。
苛性カリでは、液体石けんを作れると知りました。
できあがった石けんの違いは、形の違いの他には、どういうところがあるのでしょうか。
また、刺激などの心配はあるのでしょうか。
 どうぞ、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

同じ濃度ならアルカリ性 Na<K(pH が大きい)

水での溶けやすさ、Na<K

汚れ落ち、Na<K

という違いだったと思います。

Q次亜塩素酸ソーダの次亜って?

次亜塩素酸ソーダ(NaClO)の次亜ってどういう意味ですか
塩素酸と次亜塩素酸の違いも教えてください。

Aベストアンサー

「次」と「亜」の関係は下記でおわかりになると思います.塩素酸を基準にして,酸素が少なくなると「亜」と「次」がつきます.
A)次亜塩素酸ナトリウム:NaClO
B)亜塩素酸ナトリウム:NaClO2
C)塩素酸ナトリウム:NaClO3
D)過塩素酸ナトリウム:NaClO4

性質は似ています.塩素酸,亜塩素酸ともに強い酸化力を持っていますが,酸性は塩素酸>亜塩素酸>次亜塩素酸の順になります.ナトリウム塩の性質の詳細についてはgoogle(http://www.google.co.jp/)に下記のCAS番号を入力して検索してみて下さい.
A)7681-52-9 CAS
B)7758-19-2 CAS
C)7775-09-9 CAS
D)7601-89-0 CAS

参考URL:http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

Q苛性ソーダについて教えて下さい

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

1)皮膚についた時はお酢で中和するように、とありましたが、お酢が手もとにない場合は酸っぱいもの(酸性)ならなんでもいいんでしょうか。レモンやみかんでも効果はありますか?
なんだかわからず、水で洗ったらどうなりますか。洗わないよりマシでしょうか。

2)苛性ソーダって、臭いですか? 近くにあると気が付くでしょうか。園芸用としても使うそうですが、消毒薬の臭いなのでしょうか。座席にこぼれた場合、座席は脱色されたりするものですか?

3)顆粒、結晶の形で売られているようですが、水に溶かして使うんですよね? その際に危ないからゴーグルを使用した方がいいそうです。水溶液の状態で販売しないのは急速に変質するんですか? それとも、園芸用のは液体ですか?


薬品のことなどなにもわからないのに恐縮ですが、どうぞ教えて下さい。

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

...続きを読む

Aベストアンサー

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれるクエン酸でも構いません。

苛性ソーダの溶液自体は無臭です。また、見た目も水と変わりありません。濃厚な溶液では粘度が高いので垂らしてみれば違いが分かるでしょう。水に溶かすと発熱して湯気が出ます。何の湯気かは知りませんが、吸うとむせます。今回の事件のように、ありとあらゆるものが染み付いている電車のシートなんかに付いた場合は怪しいガスが出ても不思議ではないでしょう。

苛性ソーダは日本薬局方に収載されている医薬品でもあります。そのため薬局で買えるのですが、この局方品は固体です。試薬や化成品としては溶液のものもたくさんありますが、一般の方が入手するのは困難でしょう。

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれ...続きを読む

Q脱臭機について

ペットを飼っています。(1匹)
室内飼いのため、臭いが気になり脱臭機購入を考えています。
FujitsuのDAS - 301Rの脱臭機と、
ダイキンの光クリエールの空気清浄機と迷っています。
ダイキンの空気清浄機の脱臭能力はどれほどでしょうか?
やはりFUJITSUにはかなわないのでしょうか?

Aベストアンサー

ダイキンの家庭用空気清浄機(光クリエールの最終モデル。これ以降フラッシュストリーマになった)と、富士通ゼネラルのDAS-30Pを使っていますが、脱臭力では脱臭機には到底かないません。

またダイキンの空気清浄機は電気集塵式でフィルターは荒いので目詰まりしにくいメリットはありますが、微細なものは通り抜けているような気がします。

Q苛性ソーダの内容物について

初めまして。
下記の苛性ソーダについて質問させてください。

海外で手づくり石けんの為の苛性ソーダを購入。
100%のものが手に入らず、購入したものはメーカーに問い合わせた所95%でした。
内容は
NAOH 95%
Sodium carbonate5%
monometyleter(モノメチルエーテル?)上記1%内

以前、別の国に住んでいた時は100%の苛性ソーダで石けんを作っていてそれは水とあわせると無色透明だったのに、この苛性ソーダ水はやや黄色、混ぜても底に塩のような沈殿物が出来ます。
(沈殿物は水をたくさん入れると溶けますが石けんの材料分の水では溶け残ります)

現在いくつか石けんを作って乾燥中ですが、少し不安です。
上記の内容の苛性ソーダで石けんを作って問題ないか、また沈殿物の正体は何か、もし分かる方がいらっしゃったら是非教えてください。

Aベストアンサー

>Sodium carbonate5%
monometyleter(モノメチルエーテル?)上記1%内

 通常、このほかに、不純物としての金属の記載があるのですが。
 Sodium carbonate5%は、保存中に生成します。すなわち、純度100%のものでも、空気中の炭酸ガスと反応すると生成します(この反応を避けるのは現実的には不可能)。ですから、純度の高いハズの特級品を購入しても、空気と接触している限り、100%とは書いておらず98%くらいです。100%のものを購入するのは、無理です。
 気になるのは、monometyleter。スペルを確認してください。私の知識では、予想さえできません(メチルは、有機物なので苛性ソーダの製造中に混入することは考えられません。それに、methylのハズ)。問題がありそうなら、追記します。

 白いはずの薬品が、黄色になるのは、不純物があるので。薬の錠剤が、黄色である一つの原因は、不純物を完全に除去できず、白くできないので黄色に着色、なんぞを聞いたことがあります。また、ビタミンAの結晶は、長い間黄色と信じられていましたが、完全に生成すると白であった、という論文を読みました。
 この場合、特別な意図が無い限り有機物の混入は考えられないので、鉄分ではないかと。子供の頃、井戸を使っていた時代に、赤茶けた水がでた経験があります。これは、鉄分で、薄い場合は黄色になったりします。

>混ぜても底に塩のような沈殿物
 何と混ぜられたのか分かりませんが、石鹸の製造の為に油と混ぜると、初めて沈殿ができるのでしょうか。そうだとすると、No1の方が書き込まれたように、石鹸の水溶性の部分であるカルボキシル基と金属(カルシウムの可能性が最も高い)と結合している可能性は、あります。ただ、軟水では考えにくいのですが。そうすると、苛性ソーダにかなり大量にカルシウムが入っていたとしか。
 苛性ソーダーだけを溶かした場合、沈殿が白色があり、水を増やすと、溶けるのなら、不純物のSodium carbonateでしょう。これは、溶けないことはないのですが、溶けやすい化合物ではありません。

 というわけで、特に問題は感じません。

 NaOHは、強アルカリで、腐食性があります。硫酸をスターに掛けたなんぞの事件があったりして、硫酸は怖いのイメージがありますが、硫酸よりも危ない化合物と理解してください。
 操作中には、眼鏡をかけて下さい。また、後の処理や保存にもご注意を。釈迦に説法の点は、ご容赦を。

>Sodium carbonate5%
monometyleter(モノメチルエーテル?)上記1%内

 通常、このほかに、不純物としての金属の記載があるのですが。
 Sodium carbonate5%は、保存中に生成します。すなわち、純度100%のものでも、空気中の炭酸ガスと反応すると生成します(この反応を避けるのは現実的には不可能)。ですから、純度の高いハズの特級品を購入しても、空気と接触している限り、100%とは書いておらず98%くらいです。100%のものを購入するのは、無理です。
 気になるのは、monometyleter。スペルを確認してく...続きを読む

Qペットの臭い・・・脱臭機?空気清浄機?

今度、引越す先で小型犬を飼います。
そこでペット臭を出来るだけ防ぎたいので、脱臭機とか空気清浄機の購入を検討しています。売場で見た商品では富士通のみ「脱臭機」をうたっており、他の家電メーカーは「空気清浄機」です。空気清浄機の中でも某メーカー(というかメーカー名を忘れました)では「脱臭No.1」などという宣伝文句がカタログに書かれたりしていて、迷ってしまいます。空気清浄機だと「花粉・・・云々」なんて書かれているので、「こっちのほうが一石二鳥?」なんて思ってしまいます。
ペット臭防止が目的ですので、やはり脱臭に特化した商品がよいのでしょうか?
経験のある方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

ペット臭を防ぎたいのならば、絶対的に富士通ゼネラルの脱臭機が一番ですよ。
脱臭機は、あくまでも脱臭することが目的であって空気清浄機の脱臭能力と比べるほうが間違いです。
あくまでも空気清浄機は空気を清浄することが目的で、脱臭はあまり期待できません。

この前、動物病院に行ったら富士通ゼネラルの脱臭機がありましたが、恐るべき脱臭能力でした…。
量販店では54000円と高額商品ですが、競合品が無いので当然ですね。


http://www.fujitsu-general.com/jp/products/deodorize/index.html

参考URL:http://www.fujitsu-general.com/jp/products/deodorize/index.html

Q古い苛性ソーダの扱い

数年前に購入した苛性ソーダが自宅にありますが、
中身が液体になってしまったようです。
容器を軽くふると、ちゃぽちゃぽと音がします。
これはもう使用できない状態なのでしょうか。
近々処分しようとは思いますが、このまま自宅に置いておいても危険はありませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

苛性ソーダは化学薬品ですから、吸湿ぐらいで変質することはありませんので、古いものでも利用することが出来ます。

なお、苛性ソーダを購入した経緯は自家製石鹸造りでしょうか?

一般的に、工業用苛性ソーダは25kg入り紙袋にフレーク状で入ってますから、容器に入ってるなら500g入りの試薬瓶だと思いますが、容器の密閉が良くなかったことで空気中の湿気を吸ってしまっただけですから、キッチンのレンジフードや換気扇の「油汚れ落とし」や「排水口のヌメリ取り及び排水管の油汚れ落とし」にも利用出来ます。

但し、素手で扱うと皮膚のタンパク質成分を分解してしまい危険ですから、キッチン用手袋を着用するなど取り扱いには充分注意してください。

500g試薬瓶ぐらいの量なら、キッチン用品の油汚れ落としに何度か使ってしまえば直ぐになくなってしまうでしょう。

勿論、廃油を使った石鹸造りにも利用することが出来ます。

Q脱臭剤+芳香剤

狭い部屋に脱臭剤と芳香剤を一緒において置いたら効果はどうなるのでしょうか。また、悪臭+芳香剤の臭いも吸ってしまうので脱臭剤の寿命が短くなるのですか。

Aベストアンサー

脱臭剤のタイプにもよりますが、一般的に売られている商品では、
お考えの通りになります。
脱臭剤のタイプにもよると言うのは、
炭(備長炭、竹炭、活性炭)方式などは臭い成分(有機物)を除去しやすい構造になっており、
芳香剤の香りも有機物で有ることから吸着してしまいます。
吸着する有機物に大きな選択性もないため、このような現象が起こります。

脱臭剤のタイプで、有る特定の臭いに対して吸着しやすい物は
寿命が短くなることはありません。
こちらは臭いに対して選択性があるためです。
ただし、この場合はメーカーに
問い合わせないとその辺りの情報を得れないため面倒ですね。

ですので、基本的には脱臭剤の寿命が短くなることを覚悟していた方が良いです。

Q新聞紙から再生紙を作る実験で苛性ソーダを加える理由について

子供の実験で、新聞紙などをちぎってミキサーにかけて溶解しますが、その後で苛性ソーダを加える工程があります。
これは、残っているリグニンを溶かすためではないかと思うのですが・・。?
詳しい方のご回答をいただけたら幸いです。
子供に聞かれて困っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「古紙の再生工程」
このページの最初の工程に一部記載があるように、
・インク・充填剤・(リグニン)・ヘミセルロース等の分離
です。

ただ苛性ソーダのみでは完全にリグニンの除去は無理でしょう。
主な作用は苛性ソーダによる新聞紙の中のセルーロース繊維の膨潤作用により上記物質の除去が可能になっています。
⇒古紙(新聞古紙等)からの再生紙の製造工程では、脱墨(脱インク)・除塵等をしてセルーロース繊維をある程度そろえて抄紙(紙にする)するのが目的です。
つまり、リグニン除去は少しはあるでしょうが、メインではありません。

チップからの製紙工程の一つでは、リグニンを除去するために、苛性ソーダ+硫化ソーダを加えて処理します。さらに塩素化合物等を使用して、漂白(リグニンの除去)を行います。

新聞古紙の場合、細かいことを言えば上記のように単純ではありませんが・・・?
これは専門家でなければ無視しても良いでしょう!


◎http://www.tochigi-coop.or.jp/sanchi/01-07/0107index.html
(古紙100%)

ご参考まで。

不明の点は補足お願いします。

参考URL:http://www.npaper.co.jp/main/department/genzai/koshi/a_4.html

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「古紙の再生工程」
このページの最初の工程に一部記載があるように、
・インク・充填剤・(リグニン)・ヘミセルロース等の分離
です。

ただ苛性ソーダのみでは完全にリグニンの除去は無理でしょう。
主な作用は苛性ソーダによる新聞紙の中のセルーロース繊維の膨潤作用により上記物質の除去が可能になっています。
⇒古紙(新聞古紙等)からの再生紙の製造工程では、脱墨(脱インク)・除塵等をしてセルーロース繊維をある程度そろえて抄紙(紙にす...続きを読む


人気Q&Aランキング