「挨拶」という言葉が前から気になっていました。まず第一に、漢字です。この語の中で以外は使われたのを見たことがありません。辞書で調べてみると、「挨」も「拶」も「押す」という意味のようです。
 それで、禅宗で、師が弟子の修行の進み具合を試すために問を発し、弟子が答える、この繰り返し、つまり禅問答をすることを「挨拶」と言っていた様です。この禅宗のいわばテクニカルタームが、一般の人たちの中に取り入れられて、社会生活や人間関係を円滑にするために行っているあのやりとりを表現する言葉として使われるようになったらしいことが分かりました。
 さて、私の教えていただきたいことは次のとおりです。こんな語が、幼稚園の子供でも知っている日常語として使われるようになったのが不思議でならないのです。この語が一般の人に使われるようになる以前は、あの行為をいったい何という言葉で表現していたのでしょうか。もしなかったのなら、「挨拶」がこのように広く普及したのは理解できます。もし何らかの言葉があったのなら、置き換わった理由として考えられることも、教えていただけると幸いです。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

100%推測で、自信はまるでないのですが・・・。



「挨拶」というのは身分の上下にかかわらず使える言葉ですよね?
でも昔は身分制社会でしたから、
(1)身分が上の者が下の者に会った場合
(2)その逆
(3)同じような身分の者に会った場合
と「挨拶」に相当する言葉は最低3種類あったのではないでしょうか?

たとえば(2)なら「謁見」「拝謁」がイコール「挨拶」になるとか・・・?

この回答への補足

「回答の形をとって、なぜコンな質問をしたのかを別稿で書きます」と書いたのですが、ここに書きます。
ありがとうございました。

「挨拶」と言う言葉が普及して、こどもでも使う言葉になったのは、明治時代に学校が出来てからではないかと、同僚から指摘されました。きっとそうなのでしょう。しかし、私の疑問(一体あの行為は何という言葉で表現されていたのか?)は謎のままです。やはり私の推測通り、ぴったりする言葉がそれ以前はなかったのではないか。だから、こんな難しい言葉が、すっと浸透していったのではないか。
実は、今、存在すると便利な言葉がその言語にないために、思いも掛けないような外国語が使われる例をいろいろ集めています。発端は、なぜフランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ルーマニア語などロマンス諸語で、英語の "east, west, south, north" が使われている(もちろん少しなまって)のかを考察したことでした。色々調べたり考えたりした結果、次の仮説を立てました。ラテン語以来、ロマンス語には東西南北を専用に表す語がなく、他の語を利用して表していた(「小熊座」で「北」を、「正午」で「南」を、等々)ためである。
それで、そうした例を日本語でも探してみようとしていたのでした。最初に見つけたのは、「洗濯」でした。この語は中国人でもほとんど知らない語のようです(なにか特殊な儀式に関する言葉のようです。)しかし、室町時代には普通の日常語として使われるようになっている。こんなとんでもない外国語が誰でも使う日常語として定着したのは、「衣類を洗う」という行為をぴったり表す語がそれまでなかったからではないか、というわけです。
そして、「挨拶」です。この禅宗の専門用語が今のように日常語として、定着したのも同じ理由ではないか。私の質問の背景はいじょうのとおりです。ご協力ありがとうございました。

補足日時:2001/11/05 09:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。しばらくコンピューターに触らなかったので、お礼が遅れました。
私も、身分制との関連を考えていました。だから、現在使っているような意味での「挨拶」という語を必要とする範囲も少なかったし、同じ身分同士であの行為が行われた場合でも、特にそれを表す語がなかったのかな、と考えていました。お答えをいただいて、さらにその思いを強くしました。
お礼代わりになぜこのような質問をしたのかを、別稿で回答の形をとった、「ありがとうございました」という回答をお読みください。

お礼日時:2001/11/05 09:13

 特になんとも言ってなかったと思いますよ。



 たとえば、「パソコンに詳しい人が初心者に教える」という行為は、最近よく見られるようになりました。
 でも、この行為自体を専門的に扱う単語ってないですよね。「パソコン指南」「パソコン指導」「パソコン教室」なんかも、どれもいまいちパッとしませんし。
 でも、逆になくても別に困ってないですよね。

 ですんで、「声をかける」とかそういう感じで言ってたんじゃないでしょうか。
 母親が子供に「挨拶しなさい」と言うところを、「道で人に会ったら一言声をかけなさい」と言っても何ら不自由はないっちゅー寸法です。

この回答への補足

お礼の欄で「回答の形をとって、なぜこんな質問をしたのかを別稿で書きます」と書いたのですが、ここに書きます。

ありがとうございました。

「挨拶」と言う言葉が普及して、こどもでも使う言葉になったのは、明治時代に学校が出来てからではないかと、同僚から指摘されました。きっとそうなのでしょう。しかし、私の疑問(一体あの行為は何という言葉で表現されていたのか?)は謎のままです。やはり私の推測通り、ぴったりする言葉がそれ以前はなかったのではないか。だから、こんな難しい言葉が、すっと浸透していったのではないか。
実は、今、存在すると便利な言葉がその言語にないために、思いも掛けないような外国語が使われる例をいろいろ集めています。発端は、なぜフランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ルーマニア語などロマンス諸語で、英語の "east, west, south, north" が使われている(もちろん少しなまって)のかを考察したことでした。色々調べたり考えたりした結果、次の仮説を立てました。ラテン語以来、ロマンス語には東西南北を専用に表す語がなく、他の語を利用して表していた(「小熊座」で「北」を、「正午」で「南」を、等々)ためである。
それで、そうした例を日本語でも探してみようとしていたのでした。最初に見つけたのは、「洗濯」でした。この語は中国人でもほとんど知らない語のようです(なにか特殊な儀式に関する言葉のようです。)しかし、室町時代には普通の日常語として使われるようになっている。こんなとんでもない外国語が誰でも使う日常語として定着したのは、「衣類を洗う」という行為をぴったり表す語がそれまでなかったからではないか、というわけです。
そして、「挨拶」です。この禅宗の専門用語が今のように日常語として、定着したのも同じ理由ではないか。私の質問の背景はいじょうのとおりです。ご協力ありがとうございました。

補足日時:2001/11/05 10:16
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。しばらくコンピューターに触らなかったので、お礼が遅れてしまいました。
私も,ぴったりした言葉はなかったのではないかと思っていました。お答えをいただいて、その意をさらに強くしました。
お礼代わりに、なぜこのような質問をしたのかを、別稿で、「ありがとうございました」のタイトルで、回答の形をとって、書きました。よろしければ、お読みください。

お礼日時:2001/11/05 09:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初めて質問させていただいてます。 子供たちの挨拶の事で悩んでます。 ウチの子供が朝、お友達や先輩に挨

初めて質問させていただいてます。
子供たちの挨拶の事で悩んでます。
ウチの子供が朝、お友達や先輩に挨拶をしても返事が返ってこないらしいのです。
はじめのうちは返ってきていたらしいのですが最近は全くです。
ウチの子が何か友達に嫌われるような事をしたのか不安になります。
ウチの子供に「何か嫌われる事でもしたんじゃないの?」と聞いても「何もしてないと思うんだけどな…」と元気がない様子…
最近は苦痛に思うのか学校に行く前は腹痛でお腹を下してしまいます。
一度、学校の先生に相談した方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

高校生です。私自身そのような経験はありませんが、何度も挨拶の返事をしてもらえないというのは、意図的にやっているとしか思えません。お子さんも、そのようなことを感じ取って相談なさっていると思います。だいたいそのようなことは飽きてすぐにやめると思いますよ。ただ、学校に相談するのはやめたほうがいいと思います。学校自体、そもそも先輩への挨拶を校則としているわけではありませんし、先生が絡むと余計悪い気にさせてしまいます。もし、普通に接してくれる友達がいるのであれば、その人たちのことは気にせず、上辺だけの挨拶をして、心が狭いな〜と思うようにしたら、気にならなくなると思いますよ。

Q【日本語?韓国語?中国語?】先輩のことを「ソンべ」と言うのはどこの国の言葉ですか? ソンべ=先輩の

【日本語?韓国語?中国語?】先輩のことを「ソンべ」と言うのはどこの国の言葉ですか?

ソンべ=先輩の意味で使われていますが、日本語だと先輩=センパイって言いませんか?

ソンべは昔の言い方ですか?

Aベストアンサー

韓国語で、先輩の事をソンベといいます。

もう少し、賢まった、尊敬語でいう場合はソンベニムになります。

昔の言い方ではなく、今も使われていますよ(^ー^)ノ

Q禅宗なのに真言?

先日研修会で座禅(宗派は省略します)を体験してきました。
そこで疑問に思ったことがあります。
渡された小冊子に色々な経文が書いてあったのですが、その中の題に「陀羅尼」と
書いてあったんです。
そこには「消災呪」とも書いてあったのですが、所謂「陀羅尼」って密教系の真言なのではないでしょうか?
それとも、広義と狭義があって全仏教で共通で使用するものなのでしょうか?
単なる知的好奇心なのですが、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

 禅宗である臨済宗の経典に「大悲心陀羅尼」というのがあります(参考URL参照)。
「陀羅尼」は、もともと、サンスクリット語のダーラニーが音訳されたもので、仏教全般の魔から身を守る呪文でした。
http://www2.plala.or.jp/yuri_world/onmyou_do/mikkyou01.htm
 なお、法華経でも使われています。
http://www.sunlotus.org/tales/yasashi/yasashi20.html

 

参考URL:http://www.shintosya.co.jp/tips/benri/sikiten/ten05.html

Q禅宗でいう「大悟徹底している」人は今でも本当にいるのですか?

禅宗に詳しい方教えてください。平成の今現在生きている方で、いわゆる「大悟徹底している」といわれている人は、日本に何人位いるのでしょうか?またそのうち本を出している人で代表的な人は誰々ですか?(過去の鈴木大拙や久松真一とか言うような人の本を読んでいると、本当にそんな人だろうなと素人(?)にも感じられます。しかし最近角川文庫の禅宗の本や日経新聞の履歴書なども読んだのですが、そこで書いている人は現在の禅宗のトップにいる人だと思うのですが、生意気なようですが何か関心の置き所が細かい字義であったり、二義的としか思えない禅文化のことばかりしか触れてなかったりで、大役を担っている人のわざわざ書くようなことかと少しがっかりし、かつ不遜にも、もしかしたらそんな人でもまだ路途上で、自分の見性体験はまだ人に伝えたくなるような自信がないのではないかとまで思ってしまったものですから。)

Aベストアンサー

私は禅宗に詳しい人です。
いろいろ調べましたが、大悟徹底している人は、
日本に317人いました。

…と言って、信じられますか?

あなたが、ある人を、大悟徹底している人だと思ったとき、
それは大悟徹底している人です。
逆にあなたがそう思う人がいないなら、
日本に大悟徹底している人はいないのです。

ちなみに、私が大悟していると思うのは、
赤瀬川源平氏、それといしいひさいち氏です。
もしかすると彼らは大悟していないかもしれないのですが、
それは別にどうでもいいのです。

Q今の日本で、禅宗のお坊さんで最も有名な人を教えて下さい。その方はどこのお寺にいらっしゃいますでしょう

今の日本で、禅宗のお坊さんで最も有名な人を教えて下さい。その方はどこのお寺にいらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

臨済宗の僧侶で作家でもある玄侑宗久(げんゆうそうきゅう)さんは
福島県の福聚寺(ふくじゅうじ)の住職です

http://genyu-sokyu.com/profile/index.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E8%81%9A%E5%AF%BA_(%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E4%B8%89%E6%98%A5%E7%94%BA)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報