1つ目→圧力が上がると温度が上がるのはなぜ?できれば一般の人でもわかるような説明でお願いします。ボイル・シャルルの法則ではよくわからなくって…

2つ目→第二種装置のなかでどんな手術ができるんですか?できるだけ詳しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

通常、私達がが呼吸して取り込んだ酸素は、血液の中にあるヘモグロビンという物質と結合して体の各部位に運ばれ、そこで消費されます。

このため、ヘモグロビン量に相当するそれ以上の酸素を運ぶことはできないので、体全体、あるいは体の一部分に酸素が不足した状態になっても、通常取り込んでいる量より多くの酸素を送り込むことはできません。この結合型酸素の他、血液そのものにも酸素は溶け込みます。この酸素も体の各部位で消費することができますが、通常の場合、溶解型酸素の量は結合型酸素の量と比べるとかなり少ないのです。しかし、液体に溶け込む気体の量は、その気体の気圧に比例して増えるという法則(ヘンリーの法則)があります。
人体の場合ですと、たとえば100%酸素の環境で3気圧まで気圧を上げたときの溶解型酸素量は、ヘモグロビンがなくても生命維持が可能な量だと言われています。
高気圧酸素治療は、治療装置内の圧力を2気圧~2.8気圧に上昇させ、その中で患者さんに酸素呼吸していただくだけで、患者さんの体の中には通常より多くの酸素が取り込まれ、いろいろな低酸素症を改善することができます。どの様な治療が出来るかですが、一酸化炭素中毒その他のガス中毒、脳梗塞や心筋梗塞、火傷や凍傷、腸閉塞、突発性難聴、脊髄疾患など、数多くあります。また潜水病などの血行障害や圧力障害などに起因する様々な病気の酸素治療を行います。以上、外科医からでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度毎度ありがとうございます!できればぜひぜひ2つ目の質問に答えていただけませんか?よろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/02 17:25

二つ目の質問に関しまして回答致します。


第二種高気圧酸素治療装置は大学病院などの大規模医療施設の手術部内に設置されている事が多く、適応手術として、重症頭部外傷による開頭術(脳圧に影響をなるべく与えないように)や皮膚移植、重症脊髄外傷、広範囲火傷及び凍傷等の術式に用いられる事があります。
あと他にも該当するような術式が有るとは思いますが、数を上げればきりがないと思います。
私が外科医を始めてからは私自身はこの装置内でのオペレーションは施行した事はありませんので、大学病院での見学や、講義や文献で勉強したくらいです。もっと詳しく知りたければ、川崎重工などが製造していると思いますので、問い合わせてみてはいかがでしょうか・・・。
回答がご期待に沿わなく申し訳ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有酸素運動・無酸素運動について教えて下さい!

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて有効的にシェイプアップする場合、
有酸素運動をした後に無酸素運動をしたほうがいいんでしょうか?
それとも有酸素・無酸素・有酸素・無酸素と掛け合わせていったほうがいいんでしょうか?

また、有酸素運動と無酸素運動は時間的に続けてしないと意味ないですか?
 例えば、有酸素運動をしてから2時間後とかに無酸素運動をするとか・・。
       朝は有酸素運動、夜は無酸素運動とか・・。 

教えて下さい!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

返答どうもです。

>有酸素運動で脂肪を燃焼して、無酸素運動で気になる部分の筋トレをしていこうと思います!

脂肪の分解と、筋肥大は、通常は両立しません。
脂肪が落ちていく様な栄養の足りていない状態では、筋肉は大きくならないです。また、有酸素運動でなくても、ちゃんとした筋トレ(無酸素運動)が出来れば、有酸素運動と比較しても遜色ないレベルか、もしくはそれ以上の脂肪分解効果があります。脂肪を消費する運動は、有酸素のみではないです。
質問者様は、身長と体重の割合で見れば痩せている方、との事ですが、体脂肪率が高く、贅肉が多い、という事でしょうか。

ボディメイクを考えておられるのなら「一度脂肪が付くような栄養状態で、筋肥大トレーニングを行なって必要な部位別の筋量を増し、その後脂肪のみを落とす」という作業が必要です。

脂肪を落としながら、筋肉が付くような事は、通常あり得ないと考えてもらったほうが良いです。
ボディラインをかたどっているのは、骨格と、筋肉と脂肪のつき具合です。骨格はどうしようもありませんが、筋肉と脂肪はある程度自分でコントロールする事が可能です。体重が軽いのに脂肪が多いと感じるのであれば、筋肉量が足りていない、という事になります。

とりあえず、このカテには、筋トレに関して、何度もやり取りを繰り返している過去回答があります。まずはそれらの問答集を読み漁ってある程度知識を得ることから始めた方が良いと思いますよ。
ここで、手間を惜しむようでは、自分の力だけで、自分が思うようなボディメイクは無理です。プロの指導が必要になりますが、これもその辺のスポーツクラブのアルバイトレベルのインストラクターでの知識や指導ではまず不可能です。

返答どうもです。

>有酸素運動で脂肪を燃焼して、無酸素運動で気になる部分の筋トレをしていこうと思います!

脂肪の分解と、筋肥大は、通常は両立しません。
脂肪が落ちていく様な栄養の足りていない状態では、筋肉は大きくならないです。また、有酸素運動でなくても、ちゃんとした筋トレ(無酸素運動)が出来れば、有酸素運動と比較しても遜色ないレベルか、もしくはそれ以上の脂肪分解効果があります。脂肪を消費する運動は、有酸素のみではないです。
質問者様は、身長と体重の割合で見れば痩せてい...続きを読む

Q一般撮影装置とTV装置

医療に少し関係ある仕事をしています。
すごく、基本的なことかもしれないのですが、いわゆる一般撮影装置とは、腹部消化器造影をするときに使うTV装置で代用できないのでしょうか?
素人考えですが、TV装置があれば一般撮影はいらないような気がして・・・

どなたかご教授ください

Aベストアンサー

モニタは解像度が悪いし、コントラストも256グレースケールです。これでは全く診断できません。
消化管造影でモニターを見ますが、実際に診断をつけるのはフィルムに撮影したモノです。
ちなみにデジタル化した一般撮影CRだと、大体グレースケールの情報だけで10-12bitです。画素数は2~3K×2~3Kです。デジタル医用画像モニタの規格があるのはそのためです。胸部写真では3Mクラスのモニタ、マンモグラフィでは5Mクラスのモニタが推奨されます。いずれにしても、元が10-12bitとしても、モニタ表示自体は8bitなわけで、「ウィンドウ条件」というモノで表示を変えて観察するわけです。

Q活性酸素と酸素摂取

活性酸素が身体に害があるという事は
前々から言われていますが、

酸素カプセル、酸素水、酸素サプリなどで
大量の酸素を摂取した場合、
体内の活性酸素が増えたりする事はないのですか?


以前、何かのテレビ番組で
好気性の微生物を通常の状態と低酸素状態で
飼育したところ、低酸素状態で飼育した物の方が、
動きは鈍かったものの、長生きしているようでした。

酸素水などはたかが知れてますが、
酸素カプセルなどは寿命と引き換えに
疲労回復や自然治癒力を引き出しているようで怖いです。


ただの杞憂でしょうか?

Aベストアンサー

スポーツなど激しい運動の後、”失った分だけの酸素を急いで”補給する必要があれば酸素カプセルもいいのではないでしょうか。

普通の人はわざわざ利用することもないし、おっしゃるように過剰に摂取することは望ましくないでしょう。普通に生活してればそんな必要もなく、ゆっくり体を休めることで十分です。

蛇足ですがお許しを。
我々の体は好気性のエネルギー代謝により酸素が消費されていますので、体内で絶えず活性酸素を産生しています。活性酸素の産生される世界は新陳代謝が活発な証拠で、活力ある世界です。ですから活性酸素そのもの悪者ではありませんし、むしろ体を活動的にし細菌などを殺すためにはなくてはならないもです。普通であれば少し多くなっても体に備わってるSOD、フリーラジカルなどのスカベンジャーがそれを無毒化して問題は起きません。

しかし、酸素補給然り、体に良いと思われるものでも過剰になると危険です。適応力を超えるほど活性酸素が増えすぎると、細胞を傷害しますし、酸化により老化もより進行します。

活性酸素は外から取り入れる酸素で発生するものよりも、心身のストレスが原因で発生するほうが圧倒的に多いのです。この方が怖い。

休息も睡眠も十分とれない長時間労働、過重労働、要は働き過ぎ、頑張り過ぎ、会社や家庭などの悩ましい人間関係、また薬の飲み過ぎなどがストレスとなって交感神経が緊張してくると白血球の中の顆粒球が増えてきます。実はこの顆粒球が死ぬ時に放出するのが活性酸素なのです。増えすぎた顆粒球は消化管などの再生上皮に辿り着き、その活性酸素で組織を傷害して死んでいきます。

組織が酸化しますので老化はもとより、胃炎、胃潰瘍、痔、白内障、ガンなど組織破壊の病気の原因になります。

活性酸素を考える時はストレス過多になってないか生活を振り返ってみることが大事です。

スポーツなど激しい運動の後、”失った分だけの酸素を急いで”補給する必要があれば酸素カプセルもいいのではないでしょうか。

普通の人はわざわざ利用することもないし、おっしゃるように過剰に摂取することは望ましくないでしょう。普通に生活してればそんな必要もなく、ゆっくり体を休めることで十分です。

蛇足ですがお許しを。
我々の体は好気性のエネルギー代謝により酸素が消費されていますので、体内で絶えず活性酸素を産生しています。活性酸素の産生される世界は新陳代謝が活発な証拠で、活力ある...続きを読む

Q任意継続後の傷病手当金について(政管→健保組合→政管)

現在、会社に在籍中で傷病手当金を1ヶ月ほど受給しています。
今後傷病手当金受給中に退職し、健康保険を任意継続する可能性が出てきました。

同じ会社勤務ですが健康保険証が合併等の会社都合で政府管掌(6ヶ月)→健康保険組合(10ヶ月)→政府管掌(8ヶ月)と
移っているのですが、任意継続後の傷病手当受給は可能でしょうか?

政府管掌1年以上で退職後も任意継続で計1年6ヶ月受給可能となっていますが、、、

Aベストアンサー

平成19年4月1日より、退職後に新たに傷病手当金を申請することが
できなくなりました。
理由は、法改正によるものです。

但し、健康保険の被保険者であった期間が1年以上であり、
退職前に傷病手当金を受給していた場合には、
退職後も引き続き傷病手当金を受け取ることができます。

というわけで、質問者様の場合は8ヶ月しか被保険者であった期間がないので、
現段階では受給資格は無くなりますが、12ヶ月が経過して、
初めて退職後も傷病手当金を受給することが出来ます。

Q酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学

酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学



酸素摂取量が多い=吸気量が多いということでしょうか?
また、
酸素消費量は酸素解離曲線で表されるのでしょうか?

酸素解離曲線の説明で、抹消では酸素飽和度は75%に低下する。97,5-75=22,5%の酸素がヘモグロビンから離れて細胞に利用されることになる。二酸化炭素分圧の上昇やphの低下はヘモグロビンの酸素結合能を低下させるため抹消におけるヘモグロビンからの酸素の解離を増大させる。とあります。

つまり二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要なのでしょうか?
持久走の選手は二酸化炭素分圧の上昇やphの低下なども必要な能力なのでしょうか?

Aベストアンサー

>二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要
…これは議論が逆転しています。
末梢へ行くに従い二酸化炭素分圧は上がり、酸素が消費されて様々な酸性酸化物が出来るので、その場所へ酸素を効率良く供給するためには酸素の解離を向上させねばなりません。
…極端な事を言えば酸素がヘモグロビンと強固な結合を作り続けていたら酸素は末梢へは供給されない事になります。
…また、ヘモグロビンは二酸化炭素と結合して肺へ運ぶ働きがありますから、二酸化炭素濃度が高い場所ではヘモグロビンは酸素と解離して二酸化炭素と結合してくれなくては困ります。

この様なヘモグロビンの複雑な行動は脊椎動物が進化の途中で「苦労」して手に入れた能力だと言えるでしょう。

Q退職→国保未加入→再就職(社保加入)、国保未納額の支払いは

1年前に退職して社会保険がなくなりました。
退職後はすぐに、アルバイトとして働いています。

国保に加入したかったのですが、
世帯主名義での加入をしなければならず、
世帯主とは家庭の事情で、連絡をとれない状況にあるため、
加入せずに何とか生活していました。

そして現在、再度就職をすることになり、
社会保険に加入することが決まりました。

この場合は加入していない国保の保険料を払う必要がでてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 健康保険は社会保険以外に地元自治体の国民健康保険以外の国民健康保険組合加入の場合も有るので、地元自治体に加入届けを出していなかったなら請求は来ないと思います。
 ただし、年金は厚生年金-(退職)→国民年金-(再就職)→厚生年金となるので、数年のうちに未納分請求が来ると思います。
 年金の場合、年金の種類が変更されるたびに届出が必要です。放置した場合は年金の未払い期間分だけ年金加入期間480ヶ月(二十歳から六十歳まで)から引いて計算し、基礎年金額が決まるようです。

Q一重項酸素について2週間以上悩んでます

大気中にある酸素は三重項酸素分子で、酸素分子に光が照射して、励起状態の酸素分子は一重項酸素。なら酸素分子って言われたら、普通どちらをさすんですか?どちらもささないんですか?

Aベストアンサー

どちらも酸素分子ですが、強いて言うならば三重項酸素分子と考えてよいでしょう。

Q求められる診断装置とは?

医療工学に興味があり、今診断装置を研究しようと思っています。大学では医療関係者と接するきかいが少なく、今医療現場では何が求められているのかを知りたく、質問しました。

Aベストアンサー

ちょっと質問の範囲が広すぎて答えづらいのですが、ヒントになるかもしれないので、いくつかの視点を提示しましょう。
まず、この分野の大手の機器メーカーの製品をリサーチすることです。就職活動の資料にもなるでしょう。
(大型診断・治療機器製造メーカー/販売会社:CTスキャナー、MRI、SPECT、PET、ガンマナイフ、電子顕微鏡など)
・GE横河メディカルシステム
・日立メディコ
・東芝メディカルシステム
・島津メディカルシステム
・シーメンス        等
(光学系/小型機器メーカー:画像/VTR装置、各種医療モニター、各種内視鏡、超音波診断装置、顕微鏡下手術機器など)
オリンパス
コダック
フクダ電子
フジノン  等

大型診断・治療機器の開発傾向は3Dデジタル化、より細部鮮明描写、リアルタイム動態表示、小型電子手術機器との高度連携化などです。一方、小型機器ではより小型化、生体との適合化(素材開発)、高機能化などでしょう。
こうしたものの他、手術室に付随する電子機器、人工臓器やまだ開発段階の微小化機器(マイクロモーター等)、病院全体の電子管理システムなど、開発分野は山ほどあります。
診断機器に関しては、微細な病変の発見という機能ではかなり進歩しましたが、病巣自体の描出ということでは肉眼で見ることで得られる情報量からするとはるかに劣る段階です。脳外科では「切ってみないと分からない」のは相変わらずです。画像装置も3D化まではきましたが、もう少し肉眼視に近いものにして欲しいというのが現場の意見でしょう。
現在、低浸襲(身体に対して手術のダメージが少ない)なカテーテル(経皮的血管内/腹腔内)手術、マイクロサージェリーの需要が急拡大していますから、それに対応するより高性能なDSA(Digital subtraction angiography)などが求められています。これらの機器の水準は今の性能では明らかに不足です。
また、これらの電子機器類は、救急救命対応のための小型化・高機能・複合化が求められています。
こうしてみると、医療の電子化はまだまだ途上にあり、開発分野は無限にあるといえます。

ちょっと質問の範囲が広すぎて答えづらいのですが、ヒントになるかもしれないので、いくつかの視点を提示しましょう。
まず、この分野の大手の機器メーカーの製品をリサーチすることです。就職活動の資料にもなるでしょう。
(大型診断・治療機器製造メーカー/販売会社:CTスキャナー、MRI、SPECT、PET、ガンマナイフ、電子顕微鏡など)
・GE横河メディカルシステム
・日立メディコ
・東芝メディカルシステム
・島津メディカルシステム
・シーメンス        等
(光学系/小型機器メーカー:画像...続きを読む

Q有酸素運動・無酸素運動と息切れについて

有酸素運動は酸素を必要とする息切れをしないような緩やかで持続可能な運動
無酸素運動は酸素を必要としない息切れをするような激しく瞬発的な運動

ということは分かっているのですが、無酸素運動は酸素を必要としない運動であるはずなのに、なぜ息切れを起こすのでしょうか?
息切れは酸素を取り込むために呼吸を荒くしている状態だと思うのですが、それなら無酸素運動は酸素を必要とする運動ということですよね??
どなたか解説お願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も以前、同様の疑問を持っていました。
以下は過去の「サイクルスポーツ」誌に載っていた内容の要約です。
--------
無酸素運動とは、エネルギーの産生に酸素を必要としない運動をいう。
この運動は強いパワーを生み出すことができるが、疲労物質として乳酸が生成される。乳酸によって筋肉が麻痺するため長時間無酸素運動を続けることはできない。また、乳酸は血液を介して肝臓に送られエネルギー源であるグリコーゲンに再び合成されるが、その過程で大量の酸素を必要とする。無酸素運動の後で息苦しくなるのはその為である。
--------

QPET(陽電子放射断層撮影装置)の構造について

がんの早期発見が可能とされるPET装置が最近話題となっていますが、その装置に加速器という装置が装着されていることを新聞などの記事で知りました。
仕事の上で、素粒子物理学の研究施設(スイス、フランス国境にあるセルン、つくばのKEKなど)の大規模加速器の粒子を衝突させる部分の材料を取り扱っているのですが、PET装置の加速器とは、これら素粒子研究用の加速器と同じ構造をしているのでしょうか?
どなたかご存知なら教えてください。
また、PET装置の構造を示す、ウェブページや書籍をご存知なら教えてください。

Aベストアンサー

#2です。補足拝見しました。

まず、コリメーターとは、決められた方向からの放射線のみ検出されるようにするものです。

衝突させる、というよりは、必要な放射線を通過させて、不必要な放射線を吸収するものです。

材質についてですが、鉛が一般的です。
六角形の穴が数千個~数万個あいています。

コリメータージョーという言い方は初めて聞きました。
勉強になります。
グラファイトはX線管のターゲットに使われています。
電子をあててX線を発生させます。

CFC(炭素繊維強化複合材)は放射線を通過させる材質のように覚えております。

参考になるか判りませんが。。。私もまだ勉強中で。。すみません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報