唾液によって感染する病気ってあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

medicalasisさんの回答が正しいでしょう。

まず唾液で感染と言われたら、EBバイラスを挙げるべきでしょう。まあEBVはほとんどの人が幼児期に母親から唾液を介して感染しますが、稀に感染しなかった人がその後伝染性単核球症に罹患します。
 しかし、hagoromoさんがEBVに感染していて、特に伝染性単核球症に罹患するおそれがなく、また、すでに麻疹などの伝染病の既往歴があるとすれば、インフルエンザ、アデノ、ライノバイラスなどの気道感染症、結核などを考えるのが妥当でしょう。
    • good
    • 14

唾液によって感染する有名な病気といえばEpstein-Barr virusによる伝染性単核球症でしょう。

これはkissing virusと呼ばれ、その名のとおりキスによって感染する病気です。但し殆どの日本人が幼少期に感染をしているので、成人でこの病気にかかる人はまれです。(うちの大学病院では年に1,2例です。)また、肝炎は通常唾液では感染しません。
    • good
    • 5

たくさんあります。


原則的に飛沫感染(唾液などの分泌物を介して感染する)をする病気はすべてと言うことになります。従って、インフルエンザや麻疹など良く知られているウイルス感染症のほとんどが飛沫感染ですから唾液を介して感染します。
ただし、感染が成立するためには、唾液の量や対象となるウイルスの感染力、受け入れる側の免疫力が問題となります。
このためインフルエンザは一回のキスで感染しても、エイズウイルスの場合は口の中に傷がある上、唾液をバケツいっぱいくらい摂取しないと感染が成立しないのです。
    • good
    • 5

たまたま今日読んだ医学雑誌に


HCVウイルスがだ液中に存在しているという
文章が載ってました。歯医者さんはそれで
C型肝炎が移っちゃう、って内容の記事でした。
    • good
    • 4

HIVが純粋な唾液から感染する可能性は限りなくゼロに近いものです。

HIV陽性患者(キャリアー)とキスをしただけで感染するという風には考えないで下さいネ。口内炎がある等の理由で血液が混じった場合には別ですが‥。
唾液での感染は
エンテロバクター・ピロリ(日本人のほとんどが持つが、幼児期のキスでの感染が理由とも言われています);日本人に胃癌が多い原因の一つといわれているものです。
肝炎は唾液感染しますので、キャリアーと食器を共用することを避けましょう。タオルの共用も。
虫歯の原因となるミュータント菌も幼児期にキスなどから感染するといわれています。稀に歯磨きしないのに全く虫歯にならない人がいますが、そういう人は感染を免れたとされています。
取り急ぎ、思いついたものを。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 3

1.HIVも感染する可能性はゼロではないようです。

http://homepage1.nifty.com/tetsumi/hal/01-2.htm#C
2.人間ではなく、猫ではFIV感染に唾液の関与があるようです。
http://group.lin.go.jp/jsla/kaigai-tehc/kaigai31 …

ご参考まで。
    • good
    • 2

インフルエンザもうつると思います。


とりあえず、主だった伝染病を一通り調べてみるといいかもしれませんね。
    • good
    • 6

たしか、狂犬病は唾液で感染すると聞いたことがあります。



参考URL:http://www.animal-quarantine-service.go.jp/aq3/a …
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誤嚥性肺炎の改善と治療薬について

私はネットやなんかで、誤嚥性肺炎はACE阻害剤とか血圧を下げる薬、さらには、脳梗塞のお薬が予防薬になると知ったのですが、こんな話を前提にして、リハビリも兼ねて、誤嚥性肺炎が治癒したという例は近年あるのでしょうか?ちなみに、私の父がかかっているある病院の主治医の話では、治りにくい病気であると聞きました。

Aベストアンサー

若い人がかかる肺炎と比べると、お年寄りの誤嚥性肺炎は一般的には治りにくい病気だとは言えます。ただし、絶対に治らない病気というわけではありません。
繰り返すことがおおく、その内に段々に老化もすすみ、肺組織の損傷もひどくなるため、徐々に治りにくくなり、死亡に至ることもありますけれど。

ACE阻害薬や、アマンタジン、カプサイシンなどの物質を投与するとのどの動きや、咳反射が改善されることで肺炎にかかりにくくなることが知られていますが、絶対に防げるわけではありません。

参考URL:http://www.dental-shuttle.co.jp/ants/oral/sonof10.htm

Qアスペルガー症候群って病気なんですか?

 テレビでアスペルガー症候群が紹介されてました
 自分もなんだか、該当するポイントがたくさんあって、社会生活が円滑に行えないという自覚もあり、アアスペルガー症候群なのではと思うようになりました
 これは病気なんでしょうか?
 改善は可能なんでしょうか?
 アスペルガ-症候群はうつ病のように診断書の発行や、医療費の控除に該当するのでしょうか?

Aベストアンサー

アスペルガー障害は脳の器質的(物理的)異常で起こる障害です。
いわゆる「病気」ではなく、「障害」に該当します。
根本的に「治す」ことはできないものです。

日本語では高機能自閉症ですが、その名の通りで自閉症の一種です。一般にテレビでチェックテストのようなものを
やっていますが、どこからが障害でどこからが健常とは一概には言えません。
自閉症は通常、知能の延滞を伴いますが(カナー型)、知能の延滞を伴わないものをアスペルガー型と呼称します。
カナー型にせよアスペルガー型にせよ、正常とされる領域とは連続的な関係(~だから決定的に自閉症、と言えない)です。
かくいう私も以前は自分はアスペルガーではないか、と疑ったような性格でしたが、あまり深く考えない方が
よろしいかと思います。
現状、日本の対策は遅れに遅れており、十分な対応が可能な病院は少ないです。

生活にどの程度の支障があるのかは分かりかねますが、私の見る限りアスペルガー障害に片足を突っ込んでいる
人は結構いるように感じます。
問題になってくるのは、周囲の方が「こういう性格だ」と分かってくれているかどうかという点が大きいです。
深刻な問題が発生しているようであれば、大学病院などの病院か、自閉症専門医の受診が望ましいですが、
余程重度でないと福祉制度の利用は困難と思われます。

アスペルガー障害は脳の器質的(物理的)異常で起こる障害です。
いわゆる「病気」ではなく、「障害」に該当します。
根本的に「治す」ことはできないものです。

日本語では高機能自閉症ですが、その名の通りで自閉症の一種です。一般にテレビでチェックテストのようなものを
やっていますが、どこからが障害でどこからが健常とは一概には言えません。
自閉症は通常、知能の延滞を伴いますが(カナー型)、知能の延滞を伴わないものをアスペルガー型と呼称します。
カナー型にせよアスペルガー型にせよ、正常...続きを読む

Q誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎
誤って気管に食べ物が入ってしまいました。
4日間経ちますが咳と異物感が消えません。
息を吸うと喉の奥に刺激痛があり
眠っていても目が覚めてしまいます。
咳をしても吐き出せません。
水溶性でない物を食べていたので
誤嚥性肺炎が心配です。
今、喉の痛み以外、熱もありませんが
何日ぐらいで治まる、もしくは肺炎を発生するものですか?
何か自分で出来る対処はありますか?
病院での処置は何をしますか?

現在、海外在住でここには病院がありません。
とても心配です。
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

気管に食物が入ると、健康な人であれば激しく咳き込み、食物を
排除する働きが生じます。
もし気管に入ってしまうと、呼吸が苦しかったり、食物の菌等が
肺内に入り、ご質問の誤嚥性肺炎を呈することになります。
ただほとんどの方は排除されるため、気管支に入りかけた喉の
つまり感はあっても、排除されているのが、通常です。
気管支や肺内に菌が入れば、肺炎を起こすことから、質問者様は
大丈夫ではないかと思います。
誤嚥性肺炎は寝たきりの方に多く、免疫力が弱り、咀嚼力も弱り、
誤って気管に入った時に咳により、排除する力が弱った方に多く
起こります。その時に食物についた菌やウイルスが肺内で繁殖するために
炎症が起こるのです。
健康な方であれば、そんなに心配することはないと思います。
病院では気管支内視鏡及び喉頭鏡ですが、よほどの疑いがなければ
しないと思います。
息苦しさと発熱があれば医療機関を受診してください。
咳と異物感では咽頭、喉頭等が炎症を起こしているのであれば、咳止めや抗生剤の
投与の必要があると思います。
咳止めの中には抗生剤を含有したものもありますので、それでしばらく
様子をみるのも手段です。
ただ病院がないのであれば、咳によい喉飴等で対応するしかないですね。
薬局があれば購入してください。

気管に食物が入ると、健康な人であれば激しく咳き込み、食物を
排除する働きが生じます。
もし気管に入ってしまうと、呼吸が苦しかったり、食物の菌等が
肺内に入り、ご質問の誤嚥性肺炎を呈することになります。
ただほとんどの方は排除されるため、気管支に入りかけた喉の
つまり感はあっても、排除されているのが、通常です。
気管支や肺内に菌が入れば、肺炎を起こすことから、質問者様は
大丈夫ではないかと思います。
誤嚥性肺炎は寝たきりの方に多く、免疫力が弱り、咀嚼力も弱り、
誤って気管に...続きを読む

Qもし、電車で貧血とかで倒れたら、救護室に運ばれるんですか?意識がなかった場合はどうするんですか?

もし、電車で貧血とかで倒れたら、救護室に運ばれるんですか?意識がなかった場合はどうするんですか?

Aベストアンサー

在来線 新幹線問わず 最寄り駅に緊急停車 即救急車にて 病院送りでしょう

心臓マッサージ AEDは 多分訓練済みだろうから

日本の電車なら そのくらい当然じゃないのですかね?

Q誤嚥性肺炎と誤飲性肺炎

誤嚥性肺炎と誤飲性肺炎が存在しますが、意図的に使い分けがされているのでしょうか? ご存知の方、教えてください。
それぞれについては何となく分かるのですが…

Aベストアンサー

また失礼します。

意味の上での使い分けですが、可能性として救急の現場ではあるかもしれません。

No2 の方の、吐物吸引による肺炎は救急医療の現場では結構ありますし、口からの誤嚥下による物とは症状や経過が大きく異なりますので、異なる用語の可能性はないともいえないかもしれませんが表記が変ですね。

それから行政方面では「誤飲性肺炎」という用語が結構用いられてるようです。
この場合は、機会があったのでその人に意味などを聞きただした事があり、嚥下性肺炎と全く同じ意味で用いていました。
(保健所のお役人&議員でした)

ちなみに私が学校で習ったのは「嚥下性」でした。

QMRSAって再発するんですか?

私の主人のことなんですが。
10年前(現在30歳)に交通事故に合い大腿部の複雑骨折をし入院しました。
なかなか傷は良くならず化膿し何度かの手術とかん流?治療などをしたそうです。
その間3年ほど入院しMRSAに感染していた時があったとのこと。

現在は事故の後遺症もなく2人の子供の父親として頑張って働いてくれてます。
主人の母は「MRSAが再発するといけないから絶対に無理をさせないでね」と「いつ再発するかもしれないからもしもの為にお金は貯めておいてね」と何度も言われてきました。

(-)になって退院しても風邪をひいたり体力が落ちたぐらいで再発するものなんでしょうか?
そもそも再発ってあるんでしょうか?
もし再発の危険があるとしたらどんな事に気をつけたら良いでしょうか?

アドバイス、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)ですね。

黄色ブドウ球菌 自体は、髪の毛や皮膚のしわなどに生存するようなどこにでもいる菌です。
MRSAはこの黄色ブドウ球菌の仲間で、性質は黄色ブドウ球菌と一緒ですが、耐性遺伝子を持っています。
そうなると抗生物質(菌を殺す薬)が効きにくくなっているのです。

そのため治療が思うように進まず、患者の抵抗力だけが頼りになる場合が多い。
重症化すると、敗血症、髄膜炎、心内膜炎、骨髄炎などに陥って死亡する事も少なくありません。

でも、重症化する方というのは、
・無菌室が必要になるくらい抵抗力が低下した場合
・大手術の後
・重症の熱傷(やけど)を負った場合
・血管内にカテーテルを長時間入れている場合
のように、体力が著しく低下いているため、菌と戦えない!という方ですね。

自宅療養しているのなら、上記が当てはまる人は少ないのではないでしょうか。


以前私の病院で実験的に、MRSAを職員全員を調べたことがあります。
人数・誰?などは公表しないということでしたが、それなりに保菌者がいました。
保菌者には一応お知らせをしたそうですが、本人はなんの自覚症状もないし…?うそ?という状態。

なので現在MRSAの検査をすれば検出される可能性はあります。
毎日検査したら、そのうち当たるでしょうね。
でもそれが重症化するかというと、
自宅療養ができる体力を持っているのですから、大丈夫なきがしますね。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)ですね。

黄色ブドウ球菌 自体は、髪の毛や皮膚のしわなどに生存するようなどこにでもいる菌です。
MRSAはこの黄色ブドウ球菌の仲間で、性質は黄色ブドウ球菌と一緒ですが、耐性遺伝子を持っています。
そうなると抗生物質(菌を殺す薬)が効きにくくなっているのです。

そのため治療が思うように進まず、患者の抵抗力だけが頼りになる場合が多い。
重症化すると、敗血症、髄膜炎、心内膜炎、骨髄炎などに陥って死亡する事も少なくありません。

でも、重症化す...続きを読む

Q誤嚥性肺炎の発病期間について

老人介護施設に勤めています。質問なのですが、誤嚥をした方が、高熱を出し誤嚥性肺炎を併発されるのは、どのくらいの時間がかかるものでしょうか?そういう入院例があったため、ふと気になりました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

起因菌にもよりますが、たいてい24時間以内です。

Q病気のこと(感染症)

教えて下さい。

2日前の夜、台所の片隅で悪臭がするため家具を動かしてみたら、角に仕掛けた罠にネズミがっ!しかも3匹も(泣)
一匹はすでに白骨化していました。
昨年亡くなった姑が元気なころ、かれこれ3年前に仕掛けていたらしいと、翌日舅に聞きました。

いつもは動かさない場所なのでかなり埃がたまっており、しかもすでに腐敗が始まっていました。
慌ててゴム手袋をしてカビキラーの除菌剤をふりかけながら、直接触らないように(ゴム手袋も触らないようにように)始末したのですが…
その時慌てていて、マスクをしていなかったのです!

そうしたら、昨日の夜から水鼻が出始め、今朝は激しい喉の痛み、寒気がするので病院に行き抗生剤をもらいました。
そして午後、熱が上がり始め、ただいま38度超えてきています。
若干の筋肉痛、ふらつき感はあるものの、気分は悪くありません。
また、熱は上がらなかったものの主人と娘が先週末鼻風邪をひいていました。

以上を踏まえ、
ネズミの死骸を片づけたときマスクをしていなかったため、かなり埃を吸い込んだ可能性がありますが、なんらかの感染症の可能性はありますか?
明日、かかりつけ医を受診しようとは思っていますが、なんだかタイミングが良すぎて(悪すぎて)心配で…

ご教授下さい。

教えて下さい。

2日前の夜、台所の片隅で悪臭がするため家具を動かしてみたら、角に仕掛けた罠にネズミがっ!しかも3匹も(泣)
一匹はすでに白骨化していました。
昨年亡くなった姑が元気なころ、かれこれ3年前に仕掛けていたらしいと、翌日舅に聞きました。

いつもは動かさない場所なのでかなり埃がたまっており、しかもすでに腐敗が始まっていました。
慌ててゴム手袋をしてカビキラーの除菌剤をふりかけながら、直接触らないように(ゴム手袋も触らないようにように)始末したのですが…
その時慌て...続きを読む

Aベストアンサー

医師です。

自分で診察していないのではっきりとは言えませんし、
必要以上に不安をあおるだけの結果になってしますかもしれませんが、
適切に対応されることを望み書き込みます。

ありふれた風邪以外のもの以外で注意しなければいけないのはレプトスピラ感染症です。
調べていただければヒットすると思いますが、軽症では風邪と同じような症状です。
筋肉痛もありふれた風邪で起きてもおかしくありませんし、
ほかの症状も風邪の症状と考えて矛盾しません。

なので普通の医師であれば風邪と考えて対応し、
レプトスピラを頭の片隅にとどめながら診察していると思います。
掃除から発熱までの期間がやや短いかなって気もしますしね。

お大事にしてください。

Q誤嚥性肺炎

知人が誤嚥性肺炎で入院しましたが、肺に水が溜まっているということです。
これは肺に異物が入ったための反応なのでしょうか?
それとも、誤飲なのでしょうか?

Aベストアンサー

>これは肺に異物が入ったための反応なのでしょうか?

肺に異物が入ることによって肺の内部や胸膜などが細菌感染をおこし炎症を起こすのが、誤嚥性肺炎です。 その結果、肺の中を通っている血管などから体液が滲出してきてたまることが多いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%B8%E6%B0%B4
そのほかにも原因になりうることはいくつか有ります。

Q高機能自閉症は病気なんですか?

この言葉を新聞ではじめて知りました。
で、ほんの少しだけネットで調べましたが、

みんなから、「○○博士」「○○教授」と思われている。(例:カレンダー博士)
他の子どもは興味がないようなことに興味があり、「自分だけの知識世界」を持っている。
空想の世界(ファンタジー)に遊ぶことがあり、現実との切り替えが難しい場合がある。
特定の分野の知識を蓄えているが、丸暗記であり、意味をきちんとは理解していない。
とても得意なことがある一方で、極端に苦手なものがある。
ある行動や考えに強くこだわることによって、簡単な日常の活動ができなくなることがある。
自分なりの独特な日課や手順があり、変更や変化を嫌がる。

これって、病気にしなきゃいけないほどのことなんですか?私が今の時代子供だったら、病気にされて進学できないかもと、怖くなります。何故病気なのか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2さんも言われていましたが、本人、もしくは周囲の人々に害が及ぶような状態でなければ、それを「病気(あるいは障害)」とする必要はないでしょう。しかし、逆に言えば本人もしくは周囲の人々に害を及ぼすような状態であれば、それは「病気(障害)」とすべきであるし、高機能自閉症という状態にそういった可能性があるからこそ「病気(障害)」とされてきた経過があるのです。

ちなみに「(高機能)自閉症」は、「脳の機能障害」が原因で、基本的に「治る」ことはないとされています。なので「病気」というより「障害」とされる方が業界(?)では一般的です。

さて、高機能自閉症は、高機能ではありますが「自閉症」です。よって「自閉症」の性格特性をもっています。そして、自閉症の性格特性とは 1)社会性 2)コミュニケーション 3)想像力 の三分野にわたる障害です。

具体的には 1)太っている人に、悪意でなく「あなたデブだね」などと言ってしまう 2)相手の話を聞かずに、自分一人で話し続けてしまう。三人以上で話ができない 3)他人が叩かれたら、その人も自分と同じように痛いであろうということが想像できない(自分の痛みが判っても、他人の痛みは判らない) などといったことです。

1)~3)のような人(特に子ども)が身近にいたらどうなるでしょう。多分、嫌われて孤立してしまいますよね。周りの人は不快な思いをするだろうし、本人も辛い思いをします。

計算が苦手な子には、計算を特にしっかり教える必要があります。そして、人付き合いが苦手なこの子たちには、人付き合いのルールを他の子たちより丁寧に教える必要があります。その為の「診断名」なのです。

だったら、ただ「教える」だけでいいのでは? と思うかもしれません。しかし「診断名」をつけるメリットは他にもあります。例えば、脳の障害であるこれらの症状を「自分の育て方が悪かったのでは」と自責する家族に「あなたたちが悪いわけではないですよ」と言ってあげることができます。そして「どうして自分は他の人と違うのだろう」と悩む本人にも「理由」を教えてあげることができます(アルペルガー、あるいは高機能自閉症という診断がついて救われたという本人の手記は数多くあります)また、高機能自閉症児の「困った」性格傾向に対する教育手段についてはかなり研究が進んでいますから、「ちょっと空気の読めない子」の対応に苦慮する教育者にとっても役立つことでしょう。

と、とりあえず「診断」のメリットをあげましたが、勿論デメリットもあります。

自閉症と診断されるすべての人が1)~3)のような行動をする訳ではありません。本人や周りの人が困っているからこその「障害」であるはずなのに、本人や周りが困っていなくても診断名がついてしまうこともあります。これでは本末転倒です。個人的には、この診断名は乱発されすぎているとは思っています。また、自分が「病気」だと知って安心する人がいる一方、これまで気にしていなかった「性格」を「病気なの?」と思い悩むようになる人もいるでしょう。

ただ、高機能自閉症は「ちょっと頑固だけど、ロマンチストで、知識豊富な素敵な子」であるだけではなく(そういった評価も間違ってはいないのですが)、本人も家族も大いに悩んでいるケースが多いのです。逆に、本当に本人も周囲の人も全く困っていなければ、それは障害ではなく個性であるし「高機能自閉症」の診断をする必要もないでしょう。

余談ですが、高機能自閉症の「高機能」とは一体どれくらいかというと、一般的にIQ70以上とされます。そして、IQ70というと、実は普通学級ではかなり辛いです。(勿論、もっとIQの高い高機能自閉症児もいます。しかし「高機能自閉症=すごく頭がいい」という訳ではないのです)

#2さんも言われていましたが、本人、もしくは周囲の人々に害が及ぶような状態でなければ、それを「病気(あるいは障害)」とする必要はないでしょう。しかし、逆に言えば本人もしくは周囲の人々に害を及ぼすような状態であれば、それは「病気(障害)」とすべきであるし、高機能自閉症という状態にそういった可能性があるからこそ「病気(障害)」とされてきた経過があるのです。

ちなみに「(高機能)自閉症」は、「脳の機能障害」が原因で、基本的に「治る」ことはないとされています。なので「病気」とい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報