唾液によって感染する病気ってあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

medicalasisさんの回答が正しいでしょう。

まず唾液で感染と言われたら、EBバイラスを挙げるべきでしょう。まあEBVはほとんどの人が幼児期に母親から唾液を介して感染しますが、稀に感染しなかった人がその後伝染性単核球症に罹患します。
 しかし、hagoromoさんがEBVに感染していて、特に伝染性単核球症に罹患するおそれがなく、また、すでに麻疹などの伝染病の既往歴があるとすれば、インフルエンザ、アデノ、ライノバイラスなどの気道感染症、結核などを考えるのが妥当でしょう。
    • good
    • 17

唾液によって感染する有名な病気といえばEpstein-Barr virusによる伝染性単核球症でしょう。

これはkissing virusと呼ばれ、その名のとおりキスによって感染する病気です。但し殆どの日本人が幼少期に感染をしているので、成人でこの病気にかかる人はまれです。(うちの大学病院では年に1,2例です。)また、肝炎は通常唾液では感染しません。
    • good
    • 5

たくさんあります。


原則的に飛沫感染(唾液などの分泌物を介して感染する)をする病気はすべてと言うことになります。従って、インフルエンザや麻疹など良く知られているウイルス感染症のほとんどが飛沫感染ですから唾液を介して感染します。
ただし、感染が成立するためには、唾液の量や対象となるウイルスの感染力、受け入れる側の免疫力が問題となります。
このためインフルエンザは一回のキスで感染しても、エイズウイルスの場合は口の中に傷がある上、唾液をバケツいっぱいくらい摂取しないと感染が成立しないのです。
    • good
    • 5

たまたま今日読んだ医学雑誌に


HCVウイルスがだ液中に存在しているという
文章が載ってました。歯医者さんはそれで
C型肝炎が移っちゃう、って内容の記事でした。
    • good
    • 4

HIVが純粋な唾液から感染する可能性は限りなくゼロに近いものです。

HIV陽性患者(キャリアー)とキスをしただけで感染するという風には考えないで下さいネ。口内炎がある等の理由で血液が混じった場合には別ですが‥。
唾液での感染は
エンテロバクター・ピロリ(日本人のほとんどが持つが、幼児期のキスでの感染が理由とも言われています);日本人に胃癌が多い原因の一つといわれているものです。
肝炎は唾液感染しますので、キャリアーと食器を共用することを避けましょう。タオルの共用も。
虫歯の原因となるミュータント菌も幼児期にキスなどから感染するといわれています。稀に歯磨きしないのに全く虫歯にならない人がいますが、そういう人は感染を免れたとされています。
取り急ぎ、思いついたものを。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 3

1.HIVも感染する可能性はゼロではないようです。

http://homepage1.nifty.com/tetsumi/hal/01-2.htm#C
2.人間ではなく、猫ではFIV感染に唾液の関与があるようです。
http://group.lin.go.jp/jsla/kaigai-tehc/kaigai31 …

ご参考まで。
    • good
    • 2

インフルエンザもうつると思います。


とりあえず、主だった伝染病を一通り調べてみるといいかもしれませんね。
    • good
    • 6

たしか、狂犬病は唾液で感染すると聞いたことがあります。



参考URL:http://www.animal-quarantine-service.go.jp/aq3/a …
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q唾液による性病感染の危険性

性病の感染経路について教えて頂きたいのですが、口の中に傷が無い場合、唾液のみから性病に感染することはないと考えてよろしいのでしょうか?
また、口の中に見た目や味などからは分からない程度の微量な出血があった場合、性病に感染する可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も感染症の専門家ではないので知っている情報のみ補足させていただきます。
性病によっては症状が現れないものについてですが、クラミジアがそれにあたります。症状が出ないので気がつかず、女性不妊症の原因のひとつにもなっており、不妊の原因をさがして見つかることもあるようです。クラミジア自体が不妊の直接の原因ではなく炎症を起こしたときに粘膜が癒着するのが原因です。梅毒も他の治療の際見つかり、値が高く他に感染させる恐れがあったので、本人に話し薬が出されたという例もあるようです。
キャリアについてですが、現在病院に入院すると、ほとんど、B型肝炎(抗原・抗体)、梅毒、C型肝炎の検査をしています。手術をする場合はかならずすると思います。なんで勝手に検査するんだと思うでしょうが、キャリアの患者様の、血液がついたものの処分や消毒方法を分けて、他の患者様や医療者が2次感染しないためです。このときの検査の値を見ると90歳であっても梅毒プラスの判定があったりすることを考えると生涯消えないものもあるように感じます。しかし他にうつす能力があるかは別の問題です。
細菌、ウイルスの種類により感染経路や、繁殖する場所と時間、他者にうつす程度は異なります。
蛇足ですがエイズ患者とキスをしてもうつらないといわれています(もちろん口腔内に出血していないことが前提でしょうね)。

私も感染症の専門家ではないので知っている情報のみ補足させていただきます。
性病によっては症状が現れないものについてですが、クラミジアがそれにあたります。症状が出ないので気がつかず、女性不妊症の原因のひとつにもなっており、不妊の原因をさがして見つかることもあるようです。クラミジア自体が不妊の直接の原因ではなく炎症を起こしたときに粘膜が癒着するのが原因です。梅毒も他の治療の際見つかり、値が高く他に感染させる恐れがあったので、本人に話し薬が出されたという例もあるようです。
キャ...続きを読む

QB、C型肝炎は唾液感染しますか?

B、C型肝炎について調べてみるとキスによって感染すると記載されているサイトがあるのですが、サイトによって輸血等の血液感染、性行為、からの感染しか書かれていないサイトもあります。

実際感染者の唾液を口に含むとどのくらい感染する危険性はあるのでしょうか。

そうであるなら、ジュースの回しのみ等危険なわけで心配です。

ご回答いただければ幸いです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も最近検査をして何でも無かったので安心してます。
又感染ルート等も医師に教えて頂いたのでお答えしますね!

血液感染、性行為の他に多いのが刺青だそうです、又昭和の40年代初め生まれ以前の方に多いのが学校等で行なわれた予防接種のハンコ注射や注射針の使い回しだそうです。(刺青や麻薬等も針の使い回しが原因で率が高いそうです)

キスによる感染は可也低いと思いますが、互いが口内に大きな傷があり大量に出血している状態であれば可能性は0%では無いと思いますがその様な状態でキスはしないと思うので可能性は低いと思いますよ!

御心配なら検査を受けて見て下さい、感染していても症状が無く、症状が出たら手遅れになってますよ!今は治るそうですから御心配無く。

Q目の粘膜からもウィルス感染する?

マスクで気管からのウィルス感染を予防するというのは分かるのですが、目の粘膜も気管の粘膜と同じだと考えてよいのでしょうか?
その場合メガネをすることで感染を抑える効果は望めるのでしょうか?
また、目薬や洗眼薬で目を洗浄することは感染を抑えることができますか?
お願いします。

Aベストアンサー

 獣医師です。ウイルスに専門知識を有する者です。

 「ウイルスの感染には条件がある」とか「ウイルスによって違う」というのは、すなわち「ウイルスがどこで増殖するか」という問題なのです。

 ウイルス性結膜炎のような「目から感染して目で増殖する」ようなウイルスは目の粘膜から感染するのは当然なので説明は省きます。質問されているのは「一般的な感染経路としての眼粘膜の重要性」ということだと思われますので。

 例えばノロウイルスが例に挙がっていますが、「経口から消化管を通じて感染する」という表現は些細なようですが重大な誤りです。試験の答案だったら先生によっては0点です。
 正しくは「口を通じて(経口)消化管に感染する」です。

 重要なのは「そのウイルスがどの器官に感染して増殖するか」なのです。
 ノロウイルスの場合、感染臓器すなわち増殖部位は「腸管粘膜」です。
 つまり、眼粘膜からウイルスが侵入することは可能でしょうが、そこから腸管に到達するルートがないわけです。従って、結果として感染は成立しない、ということです。

 インフルエンザも同様です。
 インフルエンザウイルスは上部気道(咽喉頭や気管支)に感染するウイルスです。従って、眼粘膜経由で侵入しても、上部気道に到達できませんから、結果として感染は成立しません。

 これがHIVや肝炎ウイルスとなると事情が変わってきます。
 HIVは白血球が感染細胞ですし、肝炎ウイルスは肝臓が感染臓器です。つまりこれらはウイルスが血中に侵入した時点で感染が成立するかその条件が整うわけです。
 なのでこれらのウイルスの場合は、眼粘膜からも感染が成立するというわけです。

 ただし、このような血液感染するウイルスは、空気中にエアロゾルの形で多量のウイルスが存在するという状況が非常にレアになります。
 空気中にエアロゾルの形で存在しやすいのは、なんといっても呼吸器系のウイルスですよね。上部気道で増殖されれば、そのまま排出されればいいわけですから。

 HIVや肝炎患者の場合、彼らが派手に血煙をあげるくらいの流血をすれば、空気中にウイルスがエアロゾルの形で存在することになるでしょうが(本人は即死でしょうが)、そうでない限りは、患者の血液を直接目に浴びるようなことでもなければ眼粘膜からの感染はあり得ないわけです。

 ただし。
 インフルエンザウイルスは「絶対に」上部気道にしか感染できない、というわけでもありませんし、ノロウイルスも「絶対に」腸管粘膜にしか感染できない、というわけではありません。
 極めて多量のウイルスが侵入した場合、眼粘膜に感染が成立して発症する、ということもあり得ます。
 ノロウイルスは報告はないようですが、吐瀉物が多量に直接目に入るような事態が起きれば(普通起きないでしょうが)、何かが起きる可能性はゼロではないです。
 インフルエンザは、特に病原性が強い株の場合は眼粘膜からそのまま脳に移行してインフルエンザ脳症を起こすこともあり得ないことではないでしょうね。
 その前に結膜炎を起こすことは比較的よくあるようですが。

 細菌の場合は、基本的に条件(温度や湿度、ph及び栄養素など)さえ揃えば、どこででも増殖するので、基本的に「眼粘膜に対する感染はある」ということで良いと思います。
 ただ、結局これも「エアロゾルの状態になるか」どうかが眼粘膜に対する感染のリスクを決めるわけです。

 なお、マスクは物理的にウイルスの侵入を阻止する上で非常に効果があります。
 まあ確かに、ウイルス粒子よりマスクの生地の目の方が圧倒的に大きいのですが、エアロゾル中のウイルスは「ウイルス粒子単独」で存在しているわけではなく、飛沫中に守られて存在していますので、飛沫を引っかけることができればOKなわけです。引っかかっている間に湿気や熱で速やかに不活化されますし。

 眼粘膜に対する感染の防御は、ただの眼鏡でもないよりは圧倒的にマシです(正面から飛んでくるエアロゾルは遮断できる)が、リスキーな場面ではやはりゴーグルくらいでないと役には立たないでしょう。
 でも、日常生活の範囲内で目からの感染を心配しなければならないような事態はあまりない、ということは理解して頂けると思います。むしろ「ウイルスが付着した手で目をこする」という感染経路は多いでしょうが、それは手洗いで阻止できますから。

 最後に「発症にも条件がある」という点ですが、インフルエンザにしろノロにしろ、発症とその時の健康状態は必ずしも一致しません。体調が極めて良い絶好調なヒトが突然ノロやインフルエンザで倒れるのは経験がある方も多いでしょうし、周囲でも日常的に起きていると思います。
 まあ、身体には抵抗力や免疫という「ウイルスと戦う力」がありますが、それらをかいくぐる戦術を身に付けたウイルスが生き残っているわけですし、進化の速度はウイルスの方が何百万倍も速いですから、免疫力や抵抗力はそれほど頼りにはならないことが多いです。

 ま、町内会の自警団をどれだけ強化しても、軍隊に攻めてこられたらどうにもならないですよね。自販機を荒らす不良外国人のこそ泥集団くらいになら効果的ですけど。そんなもんです。

 獣医師です。ウイルスに専門知識を有する者です。

 「ウイルスの感染には条件がある」とか「ウイルスによって違う」というのは、すなわち「ウイルスがどこで増殖するか」という問題なのです。

 ウイルス性結膜炎のような「目から感染して目で増殖する」ようなウイルスは目の粘膜から感染するのは当然なので説明は省きます。質問されているのは「一般的な感染経路としての眼粘膜の重要性」ということだと思われますので。

 例えばノロウイルスが例に挙がっていますが、「経口から消化管を通じて感染...続きを読む

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Q他人の唾液で何かの病気に感染しますか? お客様にお茶を出すのですが、お子様にはキャラメルも出していま

他人の唾液で何かの病気に感染しますか?
お客様にお茶を出すのですが、お子様にはキャラメルも出しています。
片付けをしていたら、カップのソーサーにキャラメルの袋が唾液でベッタリとくっついていました。小学校2年生くらいの女の子だったんですが、袋をくわえたりしないと出ないような量の唾液でした。汚いなと思いながらも急いでいたので洗剤で洗ってたのですが、私の手指に唾液がついて、なにかの病気に感染しますか?不安になりました。
もしかしたら女の子の唾液ではなく、大人がイタズラでソーサーに唾液をたらしたのかもしれません。。

Aベストアンサー

何も感染する心配はないと思います。
触ったあなたの指に傷があって、その傷口から菌が入ったというなら多少話は違うと思いますが。
例えばその唾液がHIV患者の唾液だったら。。。という話ではないですよね?
もしHIV患者の唾液を直接触ったとしても、なにも感染しませんよね。
指先に傷口があったら感染する可能性はありますが。

おそらく、小2の女の子はキャラメルが美味しくて、包み紙についていたキャラメルも舐めた。
だから唾液だらけだったんでしょう。

心配でしたら、触った指の爪の間とか隅々までよく洗って、アルコール消毒をしておけば大丈夫かと思われます。
大丈夫だいじょうぶ♪

Qキスやジュースなど回し飲みでB型肝炎ウイルスは感染しますか?

キスやジュースなど回し飲みでB型肝炎ウイルスは感染しますか?

Aベストアンサー

感染力はエイズ並みに低い、ということは聞いたことはあります。つまり濃厚な体液の交換がない限り映らないということですから、キスやジュースの回し飲みくらいではうつらないということです。
お互い口のなか切って、血まみれの状態でキスしたらどうなるかわかりませんが。

QHIVの生命力はどのくらい弱いのか

よくある説明では、
「HIVは非常に感染力(生命力)が弱いので、空気感染はしません。」
「HIV感染者と同じお風呂、トイレを使うなど日常生活をそばでしていてもうつりません」
ということですが、

そこまで断言するということは、体外に出たHIVは、非常にわずかな時間(数秒、数分?)で死滅してしまうということでしょうか。乾燥に弱いということですが、乾燥とは具体的にどういう状況でしょうか。精液などが見た目に乾いていれば、HIVは死んでいると考えてよいでしょうか。だいたい乾いていても湿度が高いときはすぐには死なないという意味でしょうか。

オナニーやセックスの後は、体や衣服、あるいはベッド・床などに精液・分泌液などがそれなりに付着していると思います。
ノロウィルスなど感染力の強いウイルスは便などが微小についた手でドアノブなどを捻り、他の人がそのドアノブを触る・・・という経路でもうつるそうですが、間接的にでもHIV感染者の血液や精液などが自分の手に(気づかない間に)付着し、その手で自分の粘膜を触った場合に感染の危険は無いのでしょうか?

フレッシュな(?)状態の精液や血液がべったりとついた手でのオナニーは、おそらく直接の接触と同じくらい感染の原因となると思いますが、簡単にぬぐった場合など、目にはわからない程度の付着のときなどはどうなのかなぁ?その程度でも「乾燥」の状態となり、すでにHIVは死滅しているのでしょうか。

HIVについて詳しい方がいらっしゃいましたら、お教えくださいませんか^^

よくある説明では、
「HIVは非常に感染力(生命力)が弱いので、空気感染はしません。」
「HIV感染者と同じお風呂、トイレを使うなど日常生活をそばでしていてもうつりません」
ということですが、

そこまで断言するということは、体外に出たHIVは、非常にわずかな時間(数秒、数分?)で死滅してしまうということでしょうか。乾燥に弱いということですが、乾燥とは具体的にどういう状況でしょうか。精液などが見た目に乾いていれば、HIVは死んでいると考えてよいでしょうか。だいたい乾いていても湿度が高...続きを読む

Aベストアンサー

私もそういう問題に興味がありまして、色々調べたんですよね。

HIVはウイルスですので、死ぬというより感染力を失うという方が正しいでしょう。
20度の室温で一時間くらいなんだとか。
というとかなりかかるような気がしますが。
宿主である細胞が死んだらまず感染しません。
ラップもかけずに室温で生肉をフレッシュな状態で保てと言われても無理でしょう?
なので、カラカラに乾燥している場合は感染しない。
HIVはかなりデリケートなヤツで、実は、感染のための条件を揃えてやるほうが難しいみたいですよ。
二重の膜構造になっているので水中では浸透圧の違いから膨張して破裂。
膜には脂肪を含むのでアルコールなど油を溶かすものにはあっけなく破壊される。
注射針による針刺し事故での感染率は0.3パーセント。
88件のHIV陽性患者の血液による針刺し事故で感染者はゼロだったという報告もあります。
とにかく、目には見えない程度の量では絶対に感染しない。
ということだけは確かです。

Q乾燥した血液からの感染

乾燥した血液が傷口や目に入った場合肝炎やHIVに感染する可能性はあるのでしょうか?
B型肝炎については乾燥して1週間経過した血液をチンパンジーに静注したら感染したという実験があるようですね。
医師に尋ねても医師により回答が異なります。
HIVに関しては乾燥すれば感染力を失うという記述が多いですが、医師によっては乾燥では活性を失わないという方もいます。
本当のところはどうなんでしょう?
微生物学に詳しい方ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

乾燥していれば物理的に血管の中に入りにくくなると考えられます。少し違いますが、コレラ菌なども下痢や飲料水のように液体に浮遊している場合には感染しやすくなるのと同じように考えてよいと思います。また乾燥していればそれだけ時間がたっていますからウイルスが死滅している可能性もあります。死滅の仕方はウイルスによって大きく違うはずです。HIVにしても肝炎ウイルス(B型でもC型でも)にしても一番危険なのは針刺し事故です。新鮮な傷がなければまず感染は考えられないはずです。手洗いを励行するよりも手に傷をつけないことのほうが有効な予防法です。しかし、水で洗うということは流れ出した水の管理がきちんとしている限り、感染の確率を低下させます。もちろん高度に汚染されているものを扱う場合には手袋やピンセットのような器具を適宜使うべきです。煮沸でほかのウイルスは死滅すると思いますが、B型肝炎ウイルスは煮沸では死なないと聞いたことがあります。またこのウイルスは乾燥にも強いはずです。

Q唾液で感染する病気にはどんなものが挙げられますか?

唾液で感染する病気ってどんなものが挙げられますか?自分が知る限り、風邪やインフルエンザ、肺炎ぐらいしか思い浮かばないのですが・・・・・

あとは髄膜炎?とかもそうですか?

どなたかお分かりなる方、ご存じの範囲で構いませんので、ご回答下さいませ。

Aベストアンサー

>カゼ症状が出た時点で早めに治療を
>受けておいたほうが、後々重篤にならずに済むという事でしょうか?

 体力が弱っていたり、特殊な体質がある方なら・・・

>ちなみに細菌性髄膜炎と風邪はウイルスが同じなのですか?

 風邪って急性炎症の総称で、
風邪に関わるウィルスだけで200種類を超えますので・・・

http://takeda-kenko.jp/kenkolife/book/kaze/cause.html

>市販の風邪薬でも治せますか?

 風邪を治す市販薬て具体的に何ですか?

 市販薬の風邪薬って
症状を緩和させる為のモノで
治すものではないのでは?
http://www.caps-clinic.jp/forparents/column01

 例えば
 解熱、咳、淡を和らげる、炎症抑える等でしたが・・・

 世界中どこを探してもウイルスを攻撃する様な
市販薬てないと思いますがご存知でしたら教えてくれませんか?

Q目から感染

すいません。教えてください。
目からHIVに感染することはあるのでしょうか?
ちょっと気になることがあり、調べているのですが、しっかりした答えが出てきません。(他の掲示板への書き込みしか出てこないです。)
もし、ご存知の方がいらっしゃったら是非教えてほしいのです。ちなみにその掲示板では「最近は騎上位から精液や唾液が目に入って感染することが多い」等書かれていました。
詳しい情報が載っているHPを教えてくれてもかまいません。本当に困ってしまって精神安定剤を服用しています。すいませんがよろしくお願いいたします。
ちなみに不安行為内容は、先日目にごみが入りある駅のトイレの洗面所の水で目を洗ったのですが、その水の出口のところに赤いものが付いていました。血液かどうかはわかりません。その蛇口から出た水で目を洗ったので目にその赤いものが混ざった水が入ったことは確かです。その後、眼科に行って診てもらったら眼球に傷があるといわれますます不安です。詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足がありましたね。気づきませんでした。m(__)m

おっしゃる場合なら可能性は少ないどころか殆どないと思われます。

>口紅に血液が混入、
口紅は油性なので血液と混ざりません。
従って「口紅」と判るようなシロモノでしたら血液の混入はありません。

>かさぶたのような血の塊が混ざっていた
かさぶた状態になるには、ある程度の時間空気中に晒されている必要があります。(干からびていないくても)
大量の血液の塊なら中でウィルスがぬくぬくと生きてる可能性は考えられますが、あるのかないのか判らないような微細な量では、血が固まるのとほぼ同時にみんな死んでしまうでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報