人間の体は水分が60%、そのうち40%が細胞内液・20%が細胞外液ですよね。その細胞外液のうち、5%は血漿・15%は組織間液と言う事はわかったのですが、血漿とは血液の55%を占めるものでもあるんですよね。血漿は血清・フィブリノゲンからできていることや、血餅やフィブリノゲン・アルブミン・グロブミンなど、考えていたら訳がわからなくなってきてしまったので、詳しく教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1の補足を見て、一言。



「細胞外液20%の中で占める血漿の割合5%」、つまり「細胞外液」中に占める血漿の割合が、「25%」。血液中の細胞成分を除いた血漿はもちろん「細胞外液」の範疇に入ります。だから、この5%は(抗凝固剤入りの)血液を遠心分離した際に分離される血漿と同じです。

細胞内部には水分がたくさん含まれています(細胞内液)。そして細胞と細胞の間隙も水分で満たされています(細胞間液)。体積で考えると、もちろん細胞内液の方が多いですよね(細胞の集まりで組織はできているのですから)。
意外かもしれませんが、細胞の間隙を満たす液は、循環血液量よりも多いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明、どうもありがとうございました。長年(!?)の疑問がやっと解けたという感じです。ほんとにどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 08:51

血漿とは、血液中の細胞成分を除いた液体成分です。


血清とは、#2の回答にもあるように、血液が凝固した後に血液を遠心分離した際に分離されてくる上清です。(大雑把に言えば、血漿から凝固反応に関わる因子を除去した液体成分です)
血餅は、血液が凝固した際に析出したフィブリンという繊維に赤血球等の細胞成分が絡みついて、ゼリー状になったものを言います。

血漿中には、物質運搬に携わるようなアルブミン等の蛋白、免疫反応に携わる抗体(グロブリン)や補体成分等、ホルモン等の蛋白、脂質、ブドウ糖、凝固因子、浸透圧保持や体内の種々の反応に携わる金属イオン、酵素蛋白…、挙げ始めると、キリがありません。要するに運搬するための貨物列車的な働きをしているわけです。もちろん体内に水分を供給する重要なパイプラインであることは言うまでもありません。

細胞間液は、血液と細胞との物質交換の仲介をしている関係にあります。

詳しく言おうにも、生化学や血液学等の基礎医学系の教科書をご覧になるのが一番手っ取り早いとは思いますので、一度図書館で読みあさってみてください。
    • good
    • 1

血液は放っておくとやがて凝固因子によりかたまり、血餅をつくり二層に分かれます。

この上清が血清と呼ばれます。血漿は血液にヘパリンやEDTAなどの抗凝固剤を加えることにより血清のときにできる血餅を作れないようにします。遠心分離により二層に分かれた上清を血漿といいます。
つまり、抗凝固剤の有無により血清、血漿に分かれます。検査では項目により、これら二つを使い分けております。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ADEMUさんも早くに回答していただいて、ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2001/11/10 08:52

血漿というのは血液を遠心分離した際に上層となる液体部分ですネ。

血漿というのは血球を運ぶための液体であると同時に二酸化炭素を溶かして運ぶ働きや、栄養素を体中の組織に運ぶ働き、老廃物を腎臓に運ぶ働き、そして血圧を保つ働き等をもっているものですネ。また、免疫機能にも大きな役割を果たしています。
この血漿の91%までは水分です。
そして、血漿中の固形成分にはアルブミンやグロブリン、血液凝固因子といった蛋白質、フィブリノーゲンのような繊維成分、ナトリウムなどの無機塩類、ブドウ糖などの糖質、コレステロールなどの脂質、ビタミンK等のビタミン、酵素等を含んでいますネ。
これらの固形成分が水に溶け込んだものが血漿なのです。
この程度で宜しいでしょうか?
以上kawakawaでした

この回答への補足

血漿の役割などはとてもよくわかりました。すごく馬鹿らしい質問になるかと思うのですが、細胞外液中の血漿5%というのと、血液を遠心分離した際の上層となるもの(これが血液の55%を占めるものですよね?)は同じものと考えてよいのでしょうか?

補足日時:2001/11/05 22:42
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成分献血の血漿、血小板はどんな製剤になる?

よろしくお願いします。
昨日献血に行き、いつも通り成分献血を希望したのですが
『AB型はお蔭様でオーダーが終わっておりますので
今日は血漿でお願いします』
といわれ血漿の成分献血になりました。
献血は77回だったのですがそういえば血漿単体
(血小板の際両方とっているのは知っています)
は今回を含めて2~3回ぐらいしかないなぁと思いました。
そこでちょっと疑問がわきました。
血小板は血液製剤などに利用されるのだと思いますが
血漿は医療現場でどのように利用されるのでしょうか?

今回オーダーが終わったことにより血漿のみになったという
ことは血漿のほうが使用期限が長いということでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そうですね。血小板は有効期限が72時間ですから、必要量以上を献血して頂いても廃棄する事になると折角の善意が無駄になります。
http://homepage1.nifty.com/tamako/2-3seibun.htm

>血漿は医療現場でどのように利用されるのでしょうか?
日赤の血漿分画製剤には、人血清アルブミン、乾燥濃縮人血液凝固第VIII因子、静注用人免疫グロブリン製剤、抗HBs人免疫グロブリンが有り、アルブミンは
1. アルブミンの喪失(熱傷、ネフローゼ症候群など)及びアルブミン合成低下(肝硬変症など)による低アルブミン血症
2. 出血性ショック
静注用人免疫グロブリンは、
1. 低又は無ガンマグロブリン血症
2. 重症感染症における抗生物質との併用
3. 特発性血小板減少性紫斑病(他剤が無効で、著明な出血傾向があり、外科的処置又は出産等一時的止血管理を必要とする場合)
4. 川崎病の急性期(重症であり、冠状動脈障害の発生の危険がある場合)
等に、使用されます。
また、使用期限は、製造後、国家検定に合格した日から2年となりますから、断然使用期限が長くなりますね。更に、血液型も関係なくなりますし…

そうですね。血小板は有効期限が72時間ですから、必要量以上を献血して頂いても廃棄する事になると折角の善意が無駄になります。
http://homepage1.nifty.com/tamako/2-3seibun.htm

>血漿は医療現場でどのように利用されるのでしょうか?
日赤の血漿分画製剤には、人血清アルブミン、乾燥濃縮人血液凝固第VIII因子、静注用人免疫グロブリン製剤、抗HBs人免疫グロブリンが有り、アルブミンは
1. アルブミンの喪失(熱傷、ネフローゼ症候群など)及びアルブミン合成低下(肝硬変症など)による低アルブミ...続きを読む

Qクローンを作る場合、体細胞が必要らしいですが、爪や毛でも体細胞として使用できるのでしょうか?

体細胞クローン牛や、クローン猫はすでに生み出すことに成功しているようですね。

この際、遺伝情報を含んでいる体細胞がまず必要みたいで、
筋肉、皮膚、耳などが必要らしいですが、

たとえば、かつて飼っていた『愛猫の爪』や『毛』からも、愛猫とそっくりのクローン猫を生み出すことは可能なのでしょうかね?

筋肉や皮膚だけではなく、
『毛』と『爪』が体細胞としてクローン胚作りに使用できるか知りたいのです。
やはり、筋肉や皮膚ではないと駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

うーん、死んだ細胞から再生できるか?まではワタシの知識ではわかりません。
SFなどではミイラから再生するという話はありますけど。

DNA自体はタンパク質の組み合わせによる物質ですから、それが壊れていなければできるかもしれませんが。

北朝鮮拉致被害者の横田さんDNA鑑定も、骨が焼かれていたためDNAが破壊されてて鑑定は無理といわれてました。
わずかに残っていたDNAを増殖させて鑑定に成功したようです。

Q血漿について教えて下さい。

人間の体は水分が60%、そのうち40%が細胞内液・20%が細胞外液ですよね。その細胞外液のうち、5%は血漿・15%は組織間液と言う事はわかったのですが、血漿とは血液の55%を占めるものでもあるんですよね。血漿は血清・フィブリノゲンからできていることや、血餅やフィブリノゲン・アルブミン・グロブミンなど、考えていたら訳がわからなくなってきてしまったので、詳しく教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1の補足を見て、一言。

「細胞外液20%の中で占める血漿の割合5%」、つまり「細胞外液」中に占める血漿の割合が、「25%」。血液中の細胞成分を除いた血漿はもちろん「細胞外液」の範疇に入ります。だから、この5%は(抗凝固剤入りの)血液を遠心分離した際に分離される血漿と同じです。

細胞内部には水分がたくさん含まれています(細胞内液)。そして細胞と細胞の間隙も水分で満たされています(細胞間液)。体積で考えると、もちろん細胞内液の方が多いですよね(細胞の集まりで組織はできているのですから)。
意外かもしれませんが、細胞の間隙を満たす液は、循環血液量よりも多いのです。

QT細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですが・・・

T細胞とB細胞の表面マーカーについてなんですがT細胞の表面にはヒツジ赤血球と結合して「Eロゼット」を形成するEレセプターがあり、B細胞の表面にはウシ赤血球に抗ウシ赤血球IgG抗体を結合させた感作赤血球である「EA」と結合し「EAロゼット」を形成するIgGFcレセプターがあり、ヒツジ赤血球に抗ヒツジ赤血球IgM抗体を反応させたのち、新鮮血清を補体原として作用させて作製したヒツジ赤血球・IgM・補対複合体である「EAC」と結合し「EACロゼット」を形成するC3bレセプターがありますが、この「E」「EA」「EAC」って何かの略なんでしょうか?すごく頭に入りにくくて・・・。もしごぞじの方いらっしゃれば教えていただきたいです!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

E:赤血球、erythrocyte
C:補体、complement
A:両受体、amboceptor

参考URLは、専門用語や最新の略語も豊富で、重宝しています。

参考URL:http://www.alc.co.jp/

Q中枢性尿崩症と腎性尿崩症の血漿浸透圧について

本を読んで疑問になってきました。
バソプレッシンの働きは、血漿浸透圧が上がると、視床にある浸透圧レセプターがキャッチしてバソプレッシンが出る。そして尿量が減り体液が薄まる。
一般に尿崩症になると、バソプレッシン(抗利尿ホルモン)が低下する。オシッコがやたら出るようになる。
・・・血漿浸透圧が上がるとってどういう意味ですか?Naが溜まっているって言う意味ですよね?
中枢性の場合、血漿浸透圧は上がるんでしょうか?下がるんでしょうか?
中枢性ならバソプレッシンが絶対的に不足してますよね。

腎性でも、血漿浸透圧は上がるんでしょうか?下がるんでしょうか???
腎性ならバソプレッシンがあっても感受性が悪いんですよね。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

うまく説明できるか分かりませんが。。。

まず、浸透圧というのは、半透膜の両側に濃度の異なる溶液をおいたとき、両側に表れる圧力の差です。
つまり、水と食塩水の間に半透膜をおいたとき、水は食塩水の方向に移動しますよね。濃度の高いほうに水は移動するのです。

血漿浸透圧が上がるということは、Na、K、Cl等のイオンが、尿に比べ血漿の中に多く存在するということです。

血液は腎臓の糸球体で濾過され、原尿となります。
原尿は尿細管というところで、水分や塩分が血液に再吸収され、最終的に尿となって排泄されます。

尿細管には、近位尿細管、ヘンレ係締上行脚、ヘンレ係締下行脚、遠位尿細管、集合管があります。

近位尿細管では、尿中のNa、Clイオンが再吸収(血液に分泌)されますが、ここでは水が自由に出入りできるので血漿と尿の間に圧力の差は生まれません。

ヘンレ係締上行脚では、水は間質細胞内に移動し、イオンは尿中に移動するため、尿中のイオン濃度はあがります。ということは、血漿と尿では尿のほうが圧力が高くなります。尿は高張となるのです。

ヘンレ下行脚では、水は透過しないため、イオンのみが血漿中に移動します。尿中のイオン濃度は低くなります。尿が希釈されるのです。血漿の方が圧力が大きく、尿は低張となります。

この時点で、尿と血漿では血漿の方が圧力が高く、血漿浸透圧が上がります。

遠位尿細管ではNaとともに水も再吸収されるため血漿浸透圧は上がったままです。

この浸透圧の上がりに反応してバソプレシンが分泌されます。

バソプレシンは集合管に作用し、水の再吸収を促進します。水が血漿へ移動するのです。血漿の圧力はどんどん低くなり尿の圧力は高くなります。水が再吸収されるということは尿量も減り、原尿は濃縮されたということですよね。

この背景を理解することが大切です。

中枢性尿崩症では、バソプレシンが欠損しています。
一過性の場合もあれば慢性の場合もあるそうです。
バソプレシンが欠損しているので、血漿浸透圧が上がっても集合管で十分に水が再吸収されず、薄い尿がいっぱい出ます。中枢性尿崩症では、血漿浸透圧があがるというよりは上がったままというほうが正しいかもしれません。

腎性尿崩症は腎臓がバソプレシンに反応しないため尿が濃縮されず、薄い尿がたくさん出ます。
遺伝や薬などの原因があります。
これもバソプレシンが反応しないので集合管において再吸収は起こらず、血漿浸透圧は上がったままだと思います。


ちなみに昨日の質問ですが、ビタミンDがないとカルシウムが吸収されません。ビタミンDを用いることでカルシウムの吸収を促進させるため骨粗しょう症に用いられるのです。

うまく説明できるか分かりませんが。。。

まず、浸透圧というのは、半透膜の両側に濃度の異なる溶液をおいたとき、両側に表れる圧力の差です。
つまり、水と食塩水の間に半透膜をおいたとき、水は食塩水の方向に移動しますよね。濃度の高いほうに水は移動するのです。

血漿浸透圧が上がるということは、Na、K、Cl等のイオンが、尿に比べ血漿の中に多く存在するということです。

血液は腎臓の糸球体で濾過され、原尿となります。
原尿は尿細管というところで、水分や塩分が血液に再吸収され、最終...続きを読む

Q高齢者の死亡原因に占める自殺の割合

老年期うつ病についてのレポートを書くに当たり,高齢者の自殺による死亡率を知りたいのですが,うまく捜せません。
高齢者の死因についての統計の在り処を御存じの方,至急教えて下さるようお願いします。

Aベストアンサー

平成10年の厚生省発表資料(参考URL)ですが、お役に立ちますでしょうか?

参考URL:http://members.tripod.co.jp/tinochi/newpage15.htm

Q血漿成分製剤加算について

透析患者で、人工腎臓の回路を通して行う注射の手技料は取れませんが、血漿成分製剤に関する説明を行なった場合は血漿成分製剤加算は算定できるのでしょうか。

Aベストアンサー

血漿成分製剤加算は、点滴注射か中心静脈注射に対する加算なので、
注射の手技料が算定できない場合は、加算も算定できないと教わりました。

Qフィブリノゲン?

フィブリノゲンってなんですか?今、フジテレビのニュースで見たんですが、薬害C型肝炎だそうです。詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

フィブリノーゲンというのは,血液中に含まれている成分の一つなんですヨ。血液凝固因子といって,血液が固まるために必要な物質です。怪我をして出血したりしたとき,フィブリノーゲンは血小板やビタミンKの作用でフィブリンという繊維になって,赤血球を絡めとって血を固めて出血を止めてくれる重要なものなのですネ。
重度の肝障害が起こると,蛋白質の合成機能が低下してしまい,フィブリノーゲンの減少が認められます。
そうすると出血が止まりにくくなるという結果を招くのですネ。
フィブリノーゲンの値が減少する原因には肝障害以外にも先天性の減少症もありますし,また,消費が亢進されるような状態にあることも挙げられます。
逆に数値が高くなるのは,何等かの感染症,脳血栓,心筋梗塞,悪性腫瘍,糖尿病,妊娠,エストロゲン製剤の投与‥といった理由が考えられるものです。
フィブリノーゲンが少なすぎると出血傾向が,多すぎると血栓傾向が認められるのですヨ。
こんなところで宜しいでしょうか?
以上kawakawaでした

Q献血 血漿の色について

毎月1回成分献血をしているのですが、今日血漿献血をしたところ、職員の方から
血漿の色が悪いので、次回の献血は2,3ヵ月後にしてくださいといわれました。
確かに廻りの方の血漿は黄色っぽいのに、わたしの血漿は黄緑~緑色といった感じでした。
そこで質問なのですが、血漿が緑色になった原因と治し方を教えてください。
食事のバランスに気を使い、健康にも自信があったのに大変ショックを受けています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
そういうのは、食事の影響や薬の影響でなければ、間接ビリルビンという物質が多い時にそういう色になります。
体質的な物も結構多く、私もそうです。
病気の場合もあるので、一度病院で検査を受けておく事をおすすめします。
赤血球破壊が昂進するような場合は高くなります。

なお、No1 さんの白く濁ったやつは、カイロミクロンといって、食事で吸収された脂肪分がまだ栄養としておさまるまで血液中に浮いてる状態のもので、食後採血するとだれでも出る物です。

Q血清蛋白異常疾患について教えてください。

血清蛋白の異常を生じる疾患としてどのようなものがあるのでしょうか。また、現在行われている治療法についても教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

血清蛋白の異常と言っても
値が高いのか低いのか,蛋白のどの分画に異常があるのかによっても違いますよ。
それらのコメント(値だけでなく,病歴とかも)がないと答えづらいですね。


以下にリンク先の記載を転載しておきます。
参考にどうぞ

【異常値】
<高値>
脱水 :下痢、嘔吐、熱射病、火傷
グロブリン異常 : 多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、細菌・ウィルス・原虫等の感染,関節リウマチ

<低値>
血漿蛋白の漏出 : 出血、潰瘍、ネフローゼ症候群
アルブミン減少: 栄養摂取不足、悪性貧血、悪液質(悪性腫瘍)、妊娠
アルブミン合成低下:肝硬変、肝癌

参考URL:http://www.hamt.or.jp/KENSA/VISITOR/TEST/CHEMICAL/tp.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報