ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

中古の小刀を2年前に購入しましたが、どうしようもなく始動が悪くて苦戦しています。
だいたい10分ぐらい、バッテリーの消耗を気にしながらセルを回し、その後かかる・・という具合です。
どこかのサイトに載っていたのですが、コックのPRIに入れて1~2分待ってから始動 とかも試してみましたが、たいした変化はありませんでした。
プラグもイリジウム(奮発!)に交換したものの、確かに運転中の回転は気持ちよくなったのですが、、、肝心の「かかり」の変化はありませんでした。
ショップの方は「キャブかなぁ・・」と言っていましたが、購入直前にキャブのOHをしているのを、自分の目で見ていましたので、キャブのせいという気もしません。
どなたかいい対処方法を教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

エアクリーナーでないとすれば、以下の点検要領で点検してみてください。


1 セルは勢いよく回りますか?
回らない場合、
・バッテリー電圧低下
・バッテリー端子接続不良
・スターターモーターブラシ磨耗
・スターターモーター接触不良が考えられます。

2 キャブレーターのドレインプラグを緩めてガソリンが来ていますか(火気厳禁、消火器を手の届くところに準備し、換気の良い屋外などでて作業してください。)
来ていない場合
・タンクのフェールフィルターの著しい汚れ
・フロートバルブのつまりなどが考えられます。

3 セルを数秒回した後、プラグをはずしてみてください。(一番左の気筒がわかりやすいです。)
べっとりと濡れている場合
・キャブレーターのオーバーフローが考えられます。

4 スパークプラグから火花が飛ぶか、
(乾いたプラグをプラグコードに接続し、エンジン側部などにアースしてセルを回す。ただし、ゴム手袋を着用し、感電に注意してください。また、周囲にガソリン臭がある場合は決して行わないで下さい。)
火花が飛ばない場合
・イグニッションコイル、イグナイター不良
・イグニッションスイッチ接触不良が考えられます。

5 圧縮圧力を測定します。
圧縮が弱い場合
・バルブクリアランス不良
・バルブシートのあたり不良
・シリンダーヘッドガスケット圧縮漏れ
・バルブタイミング不良
・バルブ焼きつきが考えられます。

6 再度普通どおり始動
エンジンに火が入らない場合、
・キャブレター調整不良
・インテークバルブよりエアー吸い込み
・点火時期の狂いが
・インシュレーター劣化部分からエアー吸い込みが考えられます。
(1100刀サービスマニュアルから抜粋)
1~4までのことならご自身でも作業可能ですが、5以降は専門的な技術と設備が必要となりますので、専門工場でのドック入りをお勧めいたします。
バイクで走るに非常にいい季節になりましたね、悪い病気は早く治して、秋風の中を颯爽と走りましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ね、ありがとうございます。
せっかくのアドバイスをみなさまからたくさん頂いているのに、ちっとも好転せずに、かえって申し訳なく思っています。

確かに、1~4に関しては、自分でもどうにか出来そうです。
あきらめずに、次の休日に早速取り組んでみたいと思います。
今まで見守っていてくださったみなさま、まだまだ見捨てずに、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2005/09/28 21:06

*カタナのエアクリーナーエレメントの交換方法


タンクをはずして、黒い円筒状の穴があいた筒が見えたことと思います。その廻りに4箇所ビスで留まっている部分をはずして、その円筒をつかんで上に引き抜くと取れると思います。ただ、配線等が引っかかる場合がありますので、気をつけて!
また、洗浄する場合は水分を完全に取り除かないと余計に吸気障害となってしまう恐れがありますので、参考まで。
回答が遅くなったので既に解消されていれば、見逃してください。

この回答への補足

<外してみました>
アドバイスありがとうございました。エアクリーナー外しに成功しました。
さて、どうにかフィルターを外してみたところ、「キレイ・キタナイ」の判断が出来なかったので、早速バイク屋へ。
結果、「新品並みに綺麗ですよ」とのこと。一応念のため、エアーを隅々まで吹き付けてもらいました。
んで、結論。
原因はエアーフィルターでは無さそうでした。
症状は上記のままでしたので、また、違う視点からのアドバイスがあれば、みなさまにおすがりしたいと思います。

補足日時:2005/09/24 15:59
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。
なかなかゆっくりと休みが取れないので、
延び延びになってまだ、手つかずでいました。^^;
簡潔明瞭な説明で、助かります。
ご説明を手がかりに、なんとかやってみたいと思います。
また、疑問にぶつかったら、お願いいたします。

お礼日時:2005/09/22 21:26

エアクリーナーが鼻詰まりを起こしたかな…


タンク下で面倒かもしれませんが、清掃または交換をお勧めいたします。
どんなにハードウエアが発達しても、これだけはよく発生する燃料系や空気系のトラブル、永遠の課題ですね…

ちなみに参考になれば幸いですが、
ラヂエターホースが体温より冷たいとき、
クラッチレバーを2~3回握り
燃料コックをPRIまたはRESにし、
チョークを8分目くらいまわし、
アクセルレバーをゆっくり1~2回いっぱいまであおり、
その後はアクセルを完全に閉じてからセルを回しつづけるとうまくいきます。(経験)

この回答への補足

お礼、遅くなって申し訳ありませんでした。
回答、ありがとうございます。
結局、エアクリーナーの洗浄もしくは交換を考え、バイク屋のオヤジさんと話したところ、賛成してもらい、さっそく自分でやってみたところ・・・

「追加質問」となってしまいますが・・
GXS250Sの「エアクリーナー」のはずし方がわかりませんでした。(サービスマニュアルを買っていない私も悪いのですが・・)
とりあえず、タンクをはずしてサイドカバーを外して・・その後・・????となってしまいました。
とりあえず簡単な説明で構わないので、ここから先の手順をご教授いただければと思います。

補足日時:2005/09/20 17:02
    • good
    • 0

はじめまして!私もKATANA250Sに乗ってます。


中古で購入してすぐに同じ現象に陥りました。
その後自分でキャブのO/Hをしましたが、いまいちと思ったとき、エアクリエレメントを交換(実際には自作しました)したら、セル一発でかかるようになりました。
GSX、バンディットにはよくあることらしいので、一度エアクリエレメント(多分2000円~3000円程度)を交換あるいはクリーニングされてはいかがでしょう。
↓URLは結構参考になりますので、確認ください。
http://www.synapse.ne.jp/s-hara/bandit/elm-build …

http://www.synapse.ne.jp/s-hara/bandit/elm-wash. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
エアクリエメントですか。
せっかくですので新品を注文して試してみます。
特に同じカタナ250の方と言うことで、
リアルに参考になりました!

お礼日時:2005/09/14 20:31

長期間乗らない時などありましたか!?


その際はキャブからガソリン抜きました!?
もし、抜いてないようでしたらもしかしたら詰まってる可能性もあります。
また、以前にあったのですが、CDIが壊れてたらかかりが悪くなることもあります。
以前に載っていたバンディットがセルを黙々と回してからかかるってなりました。
走り出してからちょっとの休憩程度でエンジンを止めて再始動する場合はすぐにかかります!?
再始動がすぐにかかるのであればCDIが怪しいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>その際はキャブからガソリン抜きました!?
以前、短気筒に乗っていたこともあり、すぐにキャブの油抜きをやるようにはしています。ですので、そういう気配ではなさそうです。
>CDIが壊れてたら
これは、判断つきませんよね。。
でも、
>走り出してからちょっとの休憩程度でエンジンを止めて再始動する場合はすぐにかかります!?
これが微妙といえば微妙です。
やっとのことでエンジンが始動し、しばらく走った後、10分も休憩すると、再始動の際、かかりが悪くなっています。
それでも、その日の初期始動よりは全然いいのですが、一発ビュン! という掛かり方というよりは、20秒ぐらい回し続けて・・・という具合です。

お礼日時:2005/09/13 19:20

カタナ250に乗っているものです。

私も買ってすぐの冬はバッテリーが何度もあがりました。
それで試行錯誤した結果、押しがけでエンジンをまわしそのまま暖気すると結構快調に走りましたよ。
また、カタナのエンジンは、セルをまわしてすぐに吹かしてもすぐに消えてしまいます。なので、セルをまわしてアクセルを本当に少しだけ、タコメーターで1000rpm以下くらいでぐっとしばらくそのまま我慢していると吹け上がりが変わってくるので、そこまでいけば普通に暖気すれば大丈夫だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
書き込んでいただいて、試してみたのですが・・
まず、押しがけはまったく歯が立ちませんでした。
まずは体力負けです。
(それでも10回くらいは試したのですが・・)
もう一つ、「消える」以前に、着火そのものが無いので、困っていました。

お礼日時:2005/09/13 19:06

GSX250Sの事だと思いますが合ってますか?


昔の名前だけ「刀」とついていた250ccではなくて,750ccの刀のデザインそのままの250cc版のことですよね?
私も学生時代によくバイクは(スズキのJ型は特に)いじりましたが,原因不明の不調を訴えて持ってくるバイクの大半はエアクリーナーの整備不良だった気がします。
エアクリーナーはどうでしょうか?
OH時に交換されているようでしたら問題ないと思いますが,そうでなければ一度換えてみてはどうでしょうか。
見た目きれいでも結構細かい砂粒が詰まっていたりしますよ。
そうでなければ,失礼ですが質問者さんの乗り方かと。
そういった状態のバイクは一月ほど徹底的に回しまくってみてください,それだけで驚くほど快調になるものです。
私の経験から,スズキのJ型は高回転域まで良く回るものの,低下移転域でかぶりやすい傾向があったように思えます。
確か刀はJ70X(6でしたっけ?)を積んでいたように思いますが,街乗りでもシフトアップ時は7000rpm以上キープ,5000rpm以下では走らないくらいでよいエンジンだったと思います。
私は学生時代長野県にいましたが,そういった使い方で,走行3万キロを軽く超えたGSXR250Rを氷点下10度でもセル一発で起動させていましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
>GSX250Sの事だと思いますが合ってますか?
はい。その刀です。
エアクリーナーですか。。
さっそくばらして見てみます。あと、交換も考えてみます。
>私は学生時代長野県にいましたが
私も今、岩手に住んでいるので、こういう実体験なお話しはとても参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/09 15:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QKATANAのエンジンがかからない

KATANA400に乗ってますが、急にエンジンが
かからなくなってしまいました。

月1回ぐらいしか乗らないんで、週1回エンジンを
かけていたんですが、今日、突然、エンジンが
かからなくなってしまいました。

バッテリーは大丈夫で、セルはしっかり回るんです。

プラグを外して、綺麗にもしました。

ガソリンが古くなってるかも知れません。

その他、考えられる原因があるでしょうか?
また、その対処方法、修理方法はどうすれば
良いのでしょうか?

どうか、皆様のお知恵を拝借させて下さいませ。

Aベストアンサー

エンジンの不調を点検する際のポイントは
1.良い吸気
2.良い圧縮
3.良い点火
三点を抑える事が大切です。
このうち、圧縮については急に変化することはありません。
他の二点を疑いましょう。
吸気で肝心な場所はキャブレターです。
キャブのフロートタンクのドレンボルトを緩めてガソリンが出てくるかを確認します。
ガソリンが出てこない時はタンクからキャブまでの経路をばらして点検します。
疑われるのは燃料フィルターです。タンク内のガソリンコックの上にあります。
ガソリンコック内が目詰まりしていることもあります。
ここまで点検したらキャブのフロートタンクをはずしてフロートを上下させてください。
下がった時にガソリンが出て、上げると止まる状態で正常です。
ガソリンが来ているのにかからない場合は、キャブ内のノズルやジェットの詰まりです。
マルチ車の点検は難しいのでバイク屋に相談しましょう。
自分で挑戦する時には「サービスマニュアル」を購入して指示に従って作業すれば何とかなります。
上手くいかなかったときにバイク屋を頼ればよいのですから。
次に点火ですが、これの点検は容易です。
プラグをエンジンからすべてはずして、プラグキャップに取り付けた状態でエンジンの金属部分とプラグの先端を接触させておきます。
セルを廻してプラグの点火を確認してください。
マルチの場合はどれか一気筒だけ点火しなくてもエンジンはかかる気配を見せます。
それがないとするとすべてのプラグが点火しないはずです。
ハイテンションコードの接続が不良なのかもしれません。
他の点火系統の故障も考えられます。CDIなどの点火制御ユニットの故障も原因となります。
点火系統の修理は技術を必要としますので、接続を点検してもかからない時で、キャブ関係を点検清掃してもダメならばバイク屋に持ち込むことになります。

エンジンの不調を点検する際のポイントは
1.良い吸気
2.良い圧縮
3.良い点火
三点を抑える事が大切です。
このうち、圧縮については急に変化することはありません。
他の二点を疑いましょう。
吸気で肝心な場所はキャブレターです。
キャブのフロートタンクのドレンボルトを緩めてガソリンが出てくるかを確認します。
ガソリンが出てこない時はタンクからキャブまでの経路をばらして点検します。
疑われるのは燃料フィルターです。タンク内のガソリンコックの上にあります。
ガソリンコック内が目詰ま...続きを読む

QGSX250Sカタナのアイドリング不安定

GSX250Sカタナのアイドリング不安定な症状について教えて下さい。
現在の症状はアイドリングが安定していません。走行し停車する際、回転数が4000rpm位で、6速に入っていたらダウンできない状態です。しかし、停車後半クラでだましながらで、やっと1速まで入ります。これは、回転数が高いからダウンが出来ないのでしょうか?シフトアップは問題はありません。
今、バイクショップでキャブを分解清掃してもらっていますが、他にも修理箇所があります。「駆動チェーンの調整」「フロントフォークの漏れ」があります。修理にいくら位かかるのでしょうか?
バイク修理に詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

>これは、回転数が高いからダウンが出来ないのでしょうか?
そのようです。

駆動チェーンの調整 1000円程。

フロントフォークの漏れ。
工賃として(2本)10000円はいりますね!
後 部品代 OIL代ですが インナーチュウブが傷とか錆が有れば
交換になります、はっきりした値段は判りませんが インナーチュウブ
1本で10000円程最悪2本交換プラス工賃 部品(シール)OIL
代で 35000円~40000円程です。
後キャブバランス代です 店により値段は違いますので。
例えば其処で買ったバイクとか 修理の常連さんなら 安くしてくれます。これで宜しいですか?

Qカタナの250と400に乗ったことがある方へ

カタナの400ccと250ccでは車格が結構違うんですか?あんまり変わらないんでしょうか?シート高とかが同じだったので乗ったかんじとしてどうなのだろうと思い、質問させていただきました。乗り比べたことがある方にぜひ意見をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

GSX250Sに5年乗り、その後GSX400Sに6年乗っています。
車格の違いとはポジションの違いということでよろしいでしょうか?
フレームは違うのですが、タンク、カウル等は同じ物を使っていますので外寸(見た目)はほとんど同じです。見た目の違いはエンジンの大きさと足廻りです。カスタムされた250Sだと少し離れれば400Sと区別がつかないでしょう。
ハンドル幅が400Sのほうが僅かに広いですが、タンク・シートが同じですので乗車姿勢の違いはあまりなかったと思います。

Qプラグ交換

GSX250Sカタナのプラグ交換について教えて下さい。
始動性が悪いため、プラグの点火状況を確認したいもですが、レンチがないもので購入したいと思っています。ラチェットレンチを使用したいのですが、どのような、ボックスを購入すればよろしいでしょうか。 サイズ的に何mmとかサイズを教えて下さい。
プラグは「CR8E」です。

Aベストアンサー

プラグ専用のソケットが売っていますのでそれを使ってください。
ほとんどのメーカーはプラグ規格で表示して売っているので間違えることも無いと思います。
プラグの保持方法にゴムのものと磁石のものがありますが磁石タイプの方が耐久性の観点からオススメです(やや値は張りますが)
直列4気筒の奥まったプラグを外す場合にはエクステンションバーも必要になりますのでお忘れなく。
作業自体は他の方が書かれているようにプラグの締めすぎ,斜めにねじ込む等に注意してください。
特に直列4気筒では中央2本の作業性が悪いことが多いので,タンク等は外した方が言いかと思います。

参考URL:http://www.carlifesupport.net/socket_socket_plugwrench.html

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。

QスズキGSX250Sカタナ (刀)

GSX250Sカタナを最近購入しました。走行距離は1万キロ程度ですが、頻繁に乗っていたバイクではないものでした。購入し試乗してみたところ、エンジンが温まりましたが、アイドリングが不安定です。信号待ちに差し掛かる際停止しても4000rpm。徐々に下がって1500rpm~2000rpm。一旦停止から出る時もこのような状態でした。また、このような状態時にアクセルを開けても回転がついてこなくて出発使用としますが、かなりロスがありました。
このような症状はキャブのOHが必要でしょうか?キャブクリーナーで解決できるでしょうか?エンジンの始動は一発です。
また、エアクリの点検や清掃を行いたいのですが、サービスマニュアルがないもので全く分からなく、ネットで検索するもヒットしません。どこかカタナの整備に関する分かりやすいサイトはありませんか?
教えて下さい。カタナは昔からの憧れのバイクです。ただ、家族がいますので、400以上は乗れない「おじさん」

Aベストアンサー

はっきりと原因が分かるわけではないんですが....
キャブのO/Hは必要かと思います。
スズキ独特の2バレルキャブ(一つのボディに二つのキャブを搭載している)で、バンディッドのころから不調になるとなかなか元に戻りにくいと聞きます。
自分で所有した事もないですし、自分で分解整備をしたことがないのではっきりとは言えませんが、「あれは良く分からん」とお店のおやっさんが良く話していたのを思い出しました。
症状から見るとチョーク関連のようにも思いますが、どこかが特定できないのでばらす事にはなりそうです。
自分でやる場合はサービスマニュアルが欲しくなります。
お店の人が良く分からんというくらいですから何がしかの癖があるのかも知れませんね。
同系統のエンジンを持つアクロスに乗っていましたが、幸い同じ症状に見舞われたことがなかったのであくまで聞いた話でしかありませんが。
以前、GSX-R250のキャブが左右逆に付けられていて元に戻したら快調に戻った事もありました。

Q吹けあがらない原因は?

NC31に乗ってます。
中古(走行8000km)で購入したのですが、
吹けあがりが悪かったので
●マフラー交換 ●アクセルワイヤー交換(劣化のため)
●プラグ・オイル交換 ●キャブ点検
をしましたが、速度も120kmから上がらず、
6000~7000回転からかぶるような症状で、
回転がばらついてあがらないのです。
(メンテ前は速度110km、7000回転まで)
キャブのメインジェットとニードルは綺麗に磨いたつもりです。
あと考えられるのは燃調か加速ポンプか・・・。
プラグコードはテスターにかけましたが大丈夫でした。

このような場合は何が原因でしょうか。
燃調はバイク屋で測ってもらうしかないですよね・・・(汗)

メンテ初心者の女でお恥ずかしいですが
アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

またまた、#5です。

もし、マフラーを社外品のバッフルも付いて居ないような抜けの良すぎるものに
交換しているのでしたら、燃調が薄い状態ではエンジンを回し過ぎない方がいい
です。

ガソリンには冷却効果もあるため、混合比が薄すぎる状態だと燃焼室内の温度が
上がりすぎてエンジンブローの可能性があります。

QGSX250Sカタナリアサスペンション

GSX250Sカタナリアサスペンションの汎用タイプを探しています。
例えば、400・750・1100と異なる排気量の車種のサスは取り付け可能でしょうか?
また、サスの取り付け穴間を計ったら350mmでした。教えて下さい。

Aベストアンサー

昔ヨシムラから発売されていた「ヨシムラカヤバ」のリアショックは250/400共用でした。というところから見て、400のリアショックは250に流用できると思います。また、750/1100は設計が全然異なるので流用は利きません。

QGSX250Eについて。

なぜGSX250Eがザリ(ザリガニ?)とかゴキ(ゴキブリ?)とか呼ばれているのか教えて下さい。また、ザリとゴキのエンジンは同じ物で乗せ替え可能ですか?また、違っている場合はどの点が違うのか教えて下さい。

Aベストアンサー

GSX250Eはスズキが出した初の4スト250ccですね。
当時、中型免許を取ったので、欲しかったバイクです。
1970年代のスズキ車のスタイルは、実用車的外観が
色濃く、1980年にGSX250Eが出たとき、バイク雑誌で
も「戦闘機スタイル」と、それまでのスズキとは異な
る斬新なスタイルで賞賛されたもんです。
しかし、1980年にカタナが発表され、125ccから1100
ccクラスまでカタナスタイルになり、初代GSX250Eは
「ザリ」と呼ばれるようになったようです。
タンク形状から、「ザリガニ」と称されたようですね。
まあ、ホンダでも「クジラ」やら「やかん」などがあ
りますから、あのころのデザインセンスはその程度かな。
私事ですが、その後1984年に発表されたGSX750E4に
乗っていました。黒とワインレッドのカラーです。
タンクが真っ黒で、扁平なので、シートにまたがった
時、上から見るとタンクが「ゴキブリの背中」にそっく
りなので、自称「ゴキブリバイク」と称してました。
でも、スタイルは好きでしたね。

Qカタナ400のアイドリング調整が利きません

 今晩は、宜しくお願いします。
 当方スズキGSX-400Sカタナに乗ってますが、今日信号待ちで徐行時、急にエンストしてしまいエンジンをかけなおすとアイドリングが低くキャブレター下部のアイドリング調整ダイアルを回しても何も反応しませんでした。たぶん故障で部品交換が必要だと思いますが、部品名が判りません、当方パーツリストとサービスマニュアルを所持しており、趣味の範囲ですが四輪のタイミングベルト交換位は自分で行いますが(本当はやってはいけないと思うのですが)二輪はあまり詳しくなく先日オーバーフローしてしまい、ニードルバルブをメンテナンスするのもかなり苦労してしまう程度の腕前ですが、予想される大体の不具合の箇所や、部品名を教えていただければ自己責任で調べて修理してみたいと思いますので、詳しい方宜しくお願い致します。
 関係あるかどうかわかりませんが、2,3ヶ月前からエンジン停止後、2,3分でエンジンをかけようとするとかぶってしまい10分程度おくか、押し掛けしないと始動しない事が多くなりました、それとまれにですが1,2速の低速時、普通にクラッチをつないでも異常にしゃくる様なことがありましたが同じ不具合が原因の可能性もあるのでしょうか?もし別の不具合が考えられるのであればついでで申し訳ないのですが、どちらかでもお解かりの方アドバイスをお願いいたします。
 以上少し長文になり、わかり難い表現しか出来ず申し訳有りませんが宜しくお願い申し上げます。

 今晩は、宜しくお願いします。
 当方スズキGSX-400Sカタナに乗ってますが、今日信号待ちで徐行時、急にエンストしてしまいエンジンをかけなおすとアイドリングが低くキャブレター下部のアイドリング調整ダイアルを回しても何も反応しませんでした。たぶん故障で部品交換が必要だと思いますが、部品名が判りません、当方パーツリストとサービスマニュアルを所持しており、趣味の範囲ですが四輪のタイミングベルト交換位は自分で行いますが(本当はやってはいけないと思うのですが)二輪はあまり詳しくなく先日オ...続きを読む

Aベストアンサー

90年前後のSUZUKIの4気筒250CC複数所有しています。
GSX-400Sカタナについては詳しくないですが・・・。

>アイドリングが低くキャブレター下部のアイドリング調整ダイアルを回しても何も反応しませんでした

まずは調整ダイアルが物理的に壊れているかどうか確認してください。
正常ならダイヤル回すとキャブのスロットルが僅かに開いたり
閉じたりしてアイドリングが変化します。
ダイヤルの回転方向はアクセル開ける、閉める方向と同じかと。
現状変化無いようなので、内部でワイヤー断裂か
付け根部分の固定不適切が濃厚です。

>2,3ヶ月前からエンジン停止後、2,3分でエンジンをかけようとするとかぶってしまい10分程度おくか、押し掛けしないと始動しない事が多くなりました

それ以降の「しゃくり」も、オーバーフローによる典型的な症状でしょう。
燃費が極端に悪い場合は1発不爆かもしれません。
エンジンが冷えている始動直後に、エギパイに水をスプレーし
蒸発具合でどの気等が死んでるか分かります。
プラグコードも古くなってくると抜けやすいです。

フロートバルブ、バルブシートOリング、ジェットニードル
ニードルジェットを交換すると始動性、レスポンス、燃費が
向上しますし、エアクリが汚れているだけで全域にわたり濃くなり
プラグもくすぶり、燃費も悪化します。
意外と見落としがちなのが、エアスクリュー先端のOリング
チョークのプランジャー、バルブシート内部の汚れ
スロットル(バタフライ)バルブ付近の小さな穴の
貫通確認でしょうか。

負圧キャブの場合、負圧ホース、燃料コックの内部の
ダイヤフラム、Oリング劣化でオーバーフローになる
場合もよくありますので、この際燃料タンク、コック
ホース、キャブ、エアクリ含む吸気系のオーバーホールを
するか、厳密にチェック、清掃したほうがよいかと。
当方は、バンディット250前期(GJ74A)の整備で
よくここを参考にしました。画像と解説が詳しいので
車種が違っても分かりやすく助かっています。
どちらも掲示板生きていますし、GSX-400Sカタナもファンが
多いので、探せば良いサイトが見つかると思います。
http://www1.synapse.ne.jp/s-hara/bandit/
http://www.bands.ne.jp/

90年前後のSUZUKIの4気筒250CC複数所有しています。
GSX-400Sカタナについては詳しくないですが・・・。

>アイドリングが低くキャブレター下部のアイドリング調整ダイアルを回しても何も反応しませんでした

まずは調整ダイアルが物理的に壊れているかどうか確認してください。
正常ならダイヤル回すとキャブのスロットルが僅かに開いたり
閉じたりしてアイドリングが変化します。
ダイヤルの回転方向はアクセル開ける、閉める方向と同じかと。
現状変化無いようなので、内部でワイヤー断裂か
付け根部分の固定...続きを読む


人気Q&Aランキング