模範六法は分厚いので、いくつか(法律ごと?)に分解しようと思います。
背の部分をカッタ-でいくつかに分け、それぞれに表紙をつければいいのかな?と思っています。何か参考になる分解の方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

利用用途によって、いろいろと分解方法が変わってくると思いますよ。


どのように利用されるのか、
より小さい判例六法(有斐閣)やコンパクト六法(岩波書店)などで代用できないのか。
補足を下さい。

ちなみに、辞書の背をご覧いただくと分かるかと思いますが、六法の製本では32ページの小冊子(折)をたくさんくっつける方法を取っています。従ってカッターで分解の際にはある折が30ページと2ページに分かれ、2ページの方がくっつける際に脱落する可能性もあるということをお忘れなく。

churaさんはご存知ないかもしれないけど、日本では「本は買って読むもの」です(欧米では「本は(図書館で)借りて読むもの」)。立花隆が『知のソフトウェア』でとっくに本の分解について言及されています。
本の分解を好まない人に、法律を学んでほしくないなあとも考えます。頭がカチンコチンでは、あんまり得るものも少ないでしょうし。
churaさんの方法では、判例集がかさばるので逆効果です。
一番小さくても『判例ハンドブック』シリーズ(日本評論社)ですし、『判例六法』を分解したほうがはるかに効果があります。

ちなみに、行政法の講義の場合は『小六法』(有斐閣)を持参させる場合も多く、この場合は切ったほうがよくなるかもしれません。私だったら切らないと思いますけど。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
32ページで折があるなんて知りませんでした。
おかげさまで無事に分解できました。
使いやすくなってうれしいです。

お礼日時:2001/11/21 09:56

 図書館によく行きますけど、最近ご自分で六法を加工されている方増えましたね。

キャリーケースに厚いのは入りづらいですから、それはそれでいいと思いますよ。
 手許に判例六法・コンサイスくらいしかないので模範六法のことはわからないのですが、恐らくカバーをはがすとテープでくっついているのでこれごとカッターで切り取る形になると思います。人によっては表紙をつけて見栄えをよくしたり、背の部分にテープを張って補強されているようです。
 ただ例えば民法といっても関連分野は幅広いですから、どこで区切るかはなかなかに問題です。僕は切るよりは六法そのものを持ち歩いた方が逆に便利に思われるので切ってはいないんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
カッターで切ってカバーを付けました。
気に入ってます。

お礼日時:2001/11/21 09:58

「憲法」


「行政」(内閣、自治、公務員、警察、自衛隊、財政、土地収用、学校教育関連)
「民法」(戸籍、不動産も入れる、分厚くなるので、あえて民訴と分ける)
「民訴」(非訟、破産、会社更正も含める)
「刑事」(公安、少年、ハイジャック、監獄も居場所がないので入れておく)
「商法」(手形、小切手なども、もちろんのこと)
「社会経済」(雇用、労働、健保、生活保護、独禁、公取、消費者、証券など)
「国際」(国際関連全般、規約、条約など)
「その他」(児童福祉など上記に該当しないもの)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
今後の参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/11/21 10:00

もし学校に持っていくときに「分厚い」と思うならばポケット六法を持っていけばいいと思いますよ。

判例集は別に冊子を購入して持っていけばいいと思います。
六法を分解して使おうなんて人に法律を学んで欲しくないなぁ。常識的に考えればそんなこと思い浮かばないとおもうんだけど...。
分解するとしても1枚(表・裏)に違う法律が載っていたら出来ないでしょ?コピーするの?

まあ後半は私見なので無視しても構わないけど...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
でも切っちゃいました。
悪しからず

お礼日時:2001/11/21 10:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士六法?

六法なんですが、私は普通の六法しかもっていません。今使っている六法は、有斐閣のポケット六法なのですが、「行政書士六法」というものを購入したほうが、勉強に役立つでしょうか?

どう違うのか全くわかりません。
単に、行政書士試験の分野だけを収めている六法ということでしょうか?それとも、もっと有益な情報がのっているのでしょうか?解釈やその他いろいろ・・・?

Aベストアンサー

 「行政書士(試験用)六法」は、行政書士試験の学習をするのに必要な法令はもちろんですが、それに加えて、過去に出題された判例や、過去問なども収録された六法です。
 これに対して、お持ちの有斐閣『ポケット六法』は、学生・法律実務家・公務員など様々な利用者を想定し、憲法をはじめとして、民事法、刑事法、行政法、社会法、経済法などの広い範囲から、学習・実務において重要とされる法令をまんべんなく収録したものです。いわば一般向けの六法です。
 
 18年度からの行政書士試験の学習にに必要な法令は、おおむね『ポケット六法』にも収録されていると思います。条文を引くためだけに使うのならば、特に困ることはないと思います。

 「行政書士(試験用)六法」を使うメリットは、条文を引いた時に、併せて、
(1)その条文は、行政書士試験においては、どの程度重要か
(2)その条文に関する判例で、どんなものが過去に出題されたか
(3)その条文に関する知識が、過去の試験でどのような形で出題されたか
などの情報が得られることです。
 行政書士試験の講座を開いている指導校などが、それぞれ工夫をこらしていろいろなものを出していますので、見比べて、気に入ったものをお使いになるといいと思います。

 私は、行政書士試験受験生ならば「行政書士(試験用)六法」を使った方が良いが、絶対に無ければならないというわけでもない、と思います。

 「行政書士(試験用)六法」は、行政書士試験の学習をするのに必要な法令はもちろんですが、それに加えて、過去に出題された判例や、過去問なども収録された六法です。
 これに対して、お持ちの有斐閣『ポケット六法』は、学生・法律実務家・公務員など様々な利用者を想定し、憲法をはじめとして、民事法、刑事法、行政法、社会法、経済法などの広い範囲から、学習・実務において重要とされる法令をまんべんなく収録したものです。いわば一般向けの六法です。
 
 18年度からの行政書士試験の学習にに必要...続きを読む

Q小六法の「六法」ってなんですか?

よく、「小六法」っていう辞書?本?ありますよね。

この「六法」ってなんですか?憲法・民法・商法・・・
とかかなぁ、なんて思ったりもしていますが、、、

それと、「小」ってなんですか?僕の持っているものは、
厚さも10センチくらいあるし、ポケット版などではない
ので、「小さい」とは思っていないのですが・・・。

Aベストアンサー

◆Naka◆
いわゆる「六法」というのは、通常「日本国憲法」、「刑法」、「商法」、「民法」、「刑事訴訟法」、「民事訴訟法」の6つを指します。
他にも「福祉六法」とか、「海事六法」など、数え上げればきりがないぐらい、いろいろな「六法」がありますね。
例えば、「福祉六法」というのは、「児童福祉法」、「身体障害者福祉法」、「生活保護法」、「精神薄弱者福祉法」、「老人福祉法」、「母子及び寡婦福祉法」の6つを言います。この6つから、「生活保護法」を除いて、新たに「老人保健法」、「社会福祉事業法」、「社会福祉・医療事業団法」の3つを加えて、「福祉八法」なんて言い方もあります。 (^^;)

「小六法」は、他にも「コンパクト六法」などと銘打たれているものも、ありますが、要するに主要かつ必要な法律についてのみ掲載したものを、一般にそう呼んでいます。
こんなところでよろしいでしょうか??
もっと詳しくお知りになりたければ、専門家の回答を待ってみましょう! (^o^)丿

Q司法書士受験勉強に適する六法(専門学校には通いました)

専門学校には通いましたので、詳しいテキストなどはあるのが前提での質問です。
ポケット六法はあったのですが、やはり最新のが良いと思い、手放してしまいました。
そこで、数多くある六法を調べたのですが、沢山あって分かりません。

一体全体、どれが司法書士受験に向けて適していますか?おすすめですか?教えて下さいませ。

予備校のテキストなどあるのですが、やはり六法は必要でしょうか?

ちなみに、調べたところ六法は下記のものなどがあり、
その中で迷っています。

司法書士受験六法(東京法令出版)
登記六法(東京法令出版)
模範六法
模範六法(小さいコンパクトなサイズのもの)
判例六法
判例六法(小さいコンパクトなサイズのもの)
ポケット六法

合格者の方、受験者の方、など多くの皆様方の意見をくださいませ。

Aベストアンサー

模範六法(小さいコンパクトなサイズのもの)とは三省堂がだしてるものでしょうか?
だったらこれが一番です。
登記六法は意外に見ません。
先例はテキスト、過去問で充分だと思います。
先例より判例です。

Qおすすめの判例六法

初めて買うのですがいろんな出版社のものがあるようで迷ってます。
岩波かコンサイスにしようと思うのですがどちらがおすすめでしょうか?
お使いの方の感想をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

模範六法のコンパクト版ということで、コンサイスで宜しいのではないでしょうか。

収録法令数が少ないのは、定価が模範六法の半分ですから致し方無いと思いますし、法令データ提供システムで補えば良いでしょう。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

Q六法

日常的に六法を使われてる方にお伺いしたいのですが、小六法などを除いて、主流だと思われるいわゆる中型六法には判例が掲載されていますよね?
条文と条文の間に判例がある分、条文を引く際、正直調べにくいなと思うのですが、皆さんは判例付きの六法を使ってますか?それとも小六法をお使いでしょうか?

Aベストアンサー

「条文だけで、判例の一切書いてない六法」と、
「判例だけで、条文の一切書いてない六法」が仮にあったとして、一冊だけ所持してもいいと言われたら、「判例だけ」のほうを選びます。
そのくらい、判例というのは大切なのです。
実際のトラブル上で六法を開く必要があったとして、
条文を参照することよりも判例を参照することのほうがはるかに多いです。

Q労働基準法?六法?

労働基準法?六法?

法律初心者です。

家に模範小六法があったので見ていたのですが、
六法とは「憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法」の6つですよね?
では、労働基準法ってなんですか?
六法は上記6つのことで、これに含まれないものなのですか?
それともこの6つの中のどこかに含まれている法律ですか?

Aベストアンサー

質問者の方のおっしゃるとおり,六法とは,
憲法,民法,刑法,商法,民事訴訟法,刑事訴訟法の6つの法律のことです。
六法は,我が国の法律(厳密にいうと憲法は法律ではありませんが)の中で,
最も基本的なものということができます。

他方,書籍としての六法は,狭い意味での六法を中心に,
これと関連する法令を適宜取捨して掲載している書物です。
用途に応じて,掲載法令の数や種類が様々に異なる六法が,
複数の出版社から発行されています。

ご質問の「模範小六法?」という書物は,後者の書籍としての六法です。
そして,労働基準法は,元々は民法の雇用契約分野における特別法として,
書物としての六法に掲載されるようになったものです。
したがって,前者の法律としての「六法」には含まれていません。

Q判例・模範六法について教えてください

法律の勉強をするにあたって判例付きの六法を購入しようとおもっているのですが、判例六法と模範六法とどのような違いがあるのでしょうか?
判例六法 判例>条文
模範六法 判例<条文
という違い??と漠然としかわからないのですが・・・教えてください。
勉強というのは司法書士試験の勉強なのですが、実際司法書士の勉強をするならどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、数多くの判例付き六法が出版されていますが、定評のあるのは、次の4種類です。

(1)三 省 堂 模範六法
(2)三 省 堂 コンサイス判例六法
(3)岩波書店 判例基本六法
(4)有 斐 閣 判例六法

判例付き六法として、一番歴史のあるのは、(1)で(3)(4)は後発です。(2)は(1)のコンパクト版として登場したものです。

司法書士試験の場合、司法試験ほど判例の知識・理解は問われませんので、(2)くらいが適当であると思います。

今の時期は、書店に2006年版の判例付き六法が並びますので、実際に手にとって、一番使い易いものを選択されると良いでしょう。

Q法律家は六法以外の法律も勉強している?

破産法は六法ではありませんよね?しかし弁護士や行政書士の方たちは破産法についての知識があります。つまり六法以外の法律全てを勉強しているということですか?だとしたらものすごい数になりますよね?

Aベストアンサー

 弁護士をはじめ法曹がどのような勉強をしているのか、概略をいいますと、司法試験の科目を当然勉強します。理念的に重要なのは憲法ですが、日常生活ではあまり関係がないので、あくまで理念的な勉強です。
一番重要なのは民法です。日常生活に密接に関係していますので、最も学問的研究も判例も蓄積しています。民法の考え方がベースになり他の法制度ができています。(行政法、刑法は歴史が違うので多少違いますが)
 それで、「条文を記憶するのが勉強か」というと違います。学説、判例を勉強を繰り返すことにより「法的な考え方」を理解、訓練し、あらゆる事象を「法的に」分析し判断する訓練をしているのです。このような法的思考ができるようになると、読んだことがない本でも、「たぶん、このあたりに書いてある」とか、予測がつきます。初めて見る条文も理解が早いです。文献を見る前に「たぶんこうだろう」と理論構成をし、文献で確認することができるのです。このようなことはどの分野でもあります。
 例えば、技師は機械の表面的な不調を見て、原因の予測をし、確認し、修繕します。その予測もいくつか候補を検討します。日常的に訓練されているからです。
 弁護士も、このような訓練を経ているだけです。また、法律だけでは3流です。ほとんどの弁護士は、理系の理解力がないとできません。少なくとも、医者の説明、建築家の説明等理系の人の説明を理解する能力がなければ充分な弁護はできません。
 最近、産婦人科医の無罪判決がありましたが、医者の話を理解できない限り尋問ができないか、頓珍漢な質問しかできないことは理解できるでしょう。

 弁護士をはじめ法曹がどのような勉強をしているのか、概略をいいますと、司法試験の科目を当然勉強します。理念的に重要なのは憲法ですが、日常生活ではあまり関係がないので、あくまで理念的な勉強です。
一番重要なのは民法です。日常生活に密接に関係していますので、最も学問的研究も判例も蓄積しています。民法の考え方がベースになり他の法制度ができています。(行政法、刑法は歴史が違うので多少違いますが)
 それで、「条文を記憶するのが勉強か」というと違います。学説、判例を勉強を繰り返すこ...続きを読む

Q六法ってなに?

六法ってなに?

あと、本屋で売ってる法律の本って、
なんで全部、

「なんちゃらかんちゃら六法」

って名前になってるの?

もしかして、「六法」を商標登録したら
1億円くらいもうかっちゃうの?

Aベストアンサー

#1さんの回答のとおり、「六法」は、憲法、民法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、商法の主要な6つの法典を指しますが、転じて、各分野の主要法令集を指す普通名称化した意味もあります。
6つどころか数十以上の法令・政令などを収載している「六法全書」は、「法令集」の意味で「六法」という単語で呼ばれています。

あ、「○○法令集」ってタイトルの法令集もあるけど、「六法=法令集」と広く認知されているため、一般に「○○六法」というタイトルが選ばれているんでしょうね。

>もしかして、「六法」を商標登録したら
>1億円くらいもうかっちゃうの?
そもそも、「普通名詞(普通名称化した単語)は商標登録できない」し、仮に「商標登録されても効力が及ばない」と商標法に明文化されているんで、捕らぬ狸の・・・

Q司法試験六法

 こんにちは。私は来年初めて司法試験の受験をしようとしている者です。
 論文試験の六法参照は、やはりその場で司法試験六法が配布されるのでしょうか?
 そろそろ司法試験六法がないと勉強しづらくなってきているのですが、司法試験六法はいつが買い時ですか?(いつごろ最新版が出るのでしょうか?)
 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>やはりその場で司法試験六法が配布されるのでしょうか

そのとおりです。
論文試験を受験すると、机の上に置いてあります。
そして、すべての科目を受け終わった後に、持ち帰ることができます。
ちなみに、科目ごとに六法がシャッフルされて、最終的にどの六法になるかは、刑事訴訟法まで分かりません。

>司法試験六法はいつが買い時ですか?

7月初旬に新しいものがでます。
普通の書店よりも、予備校で買うと少し安いです。

今年の六法はラベンダー色です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報