こんにちわ。
最近、電子レンジでジャガイモやにんじんを蒸かしたりしているのですが、以前何かで、電子レンジでチンすると食品の栄養素が破壊されるというような話を聞いたような気がします。
それは本当なのでしょうか?
また、最近、レンジで一人分のご飯が炊けるお鍋(?)のようなものが売っていたりしますが、レンジでご飯を炊いたらやっぱり栄養素は破壊されてしまうのでしょうか?
お暇な時で結構ですので、教えて下さい。
お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は電子レンジでの調理はお薦めしません。


と言うのも、電子レンジの構造上から考えたらわかると思うのですが、あれは簡単に言うと食材の分子を超高速(1秒に1億回とか)で振動させて破壊し、その破壊熱で暖めている状態です。そんな状態にされた食物は栄養以前の問題ですし、私の記憶してる限りでは栄養も破壊されると思います。

そして大事なのが活性酸素です。活性酸素とは、本来、動植物の体内にあって、細菌・カビ・ウイルス・異物などが体内に侵入してきた際、それらから身体を守る物質です。
 細菌・ウイルスなどの病原菌をはじめ異物が身体に侵入してくると、血液中に存在する「食細胞」がその異物を食べて身体を障害から守ります。
食細胞の中で活性酸素がつくられ、取り込んだ異物を溶かして処理してくれ身体の防衛上には必要で、重要な役割をもっています。

 しかし、環境汚染・紫外線・食品添加物・過労・ストレスなどにより、この活性酸素が必要以上に作り出されると、今度は逆に、身体の中の正常な細胞を攻撃し始めて、様々な障害を与えるようになります。
 活性酸素は身体の中で作られると、その作用は非常に強力ですが、ごく短期間に身体から消えてしまいますが、血管中のコレステロールに過剰な活性酸素が作用すると、コレステロールが「過酸化脂質」という物質に変化し、それが血管の壁に付着し、血管の壁を脆くしたり、血流を妨害したり、ストップさせたり、血管が破れたりします。
 この過酸化脂質は、活性酸素ほど強力ではないのですが、身体の中で作られると腎臓から排泄されないため、いつまでも身体の中に存在して弊害を与えます。
一般に、身体に悪影響を及ぼしているのは、活性酸素ではなく、過酸化脂質だと言われています。

この活性酸素を作りだす製造機が電子レンジだと言われています。ですから私は電子レンジは一切使いません。
だいたいが電子レンジを使用したもので美味しいと思ったことがありませんから余計ですけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おおお恐ろしいお話をありがとうございました。
そうですか、危険みたいですね。
大丈夫という方と危険という方といらっしゃるので、ここは中間をとって、料理するときはお鍋で、再度温めが必要なものには電子レンジで、という今までどおりでいこうかと思います(笑)。
大変丁寧な回答、ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/15 18:00

調理時間が短いために、栄養価の損失が比較的少ない


というように記憶していたのですが。。。

「栄養素が破壊される」と言ってしまうのは実は適切ではなく、たんぱく質・脂質・炭水化物(糖質)・ミネラルなどについては(こがしたりしなければ?)ほぼ変化はないでしょう。

変化するのは主にビタミン系ですね。
特に水溶性ビタミンは水を使って調理することでどんどん水の中へ逃げていってしまいますし、また、ビタミンCなどは加熱によって大変壊れやすいものです。

野菜を加熱する場合に、お湯の中でぐらぐら煮てしまう加熱の仕方をしてしまうのと、電子レンジを使うのとではどちらがビタミンCの損失が少ないのかと言えば、やはり電子レンジなのではないかと思います。
実際にその様にかかれているHPもありますので、是非ご覧になって下さい。

ただ、電子レンジで調理するよりも美味しいとか美味しくないとか、その辺りは別問題ですが。
使い方次第でしょうから、上手に電子レンジを使っていきたいですね。
野菜も毎日食べるものだから、栄養の摂取効率が良く、しかも美味しく食べたいですものね。

http://www.nzkabocha.com/how_cook/micro_wave.html

参考URL:http://page.freett.com/factory/eiyou/tyori/t9.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました。
電子レンジのほうが、調理時間が短いのでこれから活用していきたいと思います。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

栄養素は、種類によって熱に弱い物や、熱を加えると身体に取り込み易くなる物があります。


ご飯などは、炭水化物が主ですのでレンジで炊いても大丈夫です。
それよりも、栄養に興味があるのなら今売られている野菜の栽培法による栄養素の低下に着目した方が良いですよ。
健康的に栄養を取る事を考えるのならサプリメントがお薦めです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすいご回答ありがとうございました。
野菜の栽培法で栄養素の低下が起きているとはしりませんでした。勉強してみます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスープで充分な栄養摂れますか?

スープは固形物くらい栄養摂れたりしますか?

1年3ヶ月拒食状態でそんなにたくさん固形物を欲しません。

なので500カロリーに収められる『スープストックトーキョー』でスープとパンで栄養を摂りたいのですが大丈夫ですか?

私はそれでも満腹感あります。

Aベストアンサー

医者には通っていますか?もし通っているなら主治医の指示に従ってください。相談者さんが満腹感があるにしても、500カロリーで大丈夫と思っているところからして摂食障害です。

もしそうでないなら、たとえ少量でもバランスの取れた食生活をするのが一番です。

朝スープとパンを摂ったとしたら、昼はおかゆ、夜は豆腐と言った具合に、食べられそうなものを組み合わせましょう。

ビタミン類など足りない部分はサプリで補ってはいかがでしょうか。野菜ジュースも有効だとおもいます。

難しいかもしれませんが、下記URLにバランスの取れた食事の例を載せておきます。

ともかく、まずは医師やケースワーカー(病院や市役所にいます)に相談してみてはいかがですか?

参考URL:http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/about/case.html

Q電子レンジで加熱するとタンパク質が破壊されてしまう・・・。

電子レンジで加熱するとタンパク質が破壊されてしまう・・・。
と、最近はやりのダイエットの先生や、白衣を着たがTVや本で仰っていますが、
それは本当なのですか?

気になってネットで調べてみたりもしましたが、
「アミノ酸がL型からD型に変化してしまう」
「地球人である私たちには、このD型のアミノ酸を使うことができない」
などと書かれたサイトも発見しました。
知識のない私には何の事だかわかりませんでした・・・。

でも逆に、
「電子レンジで調理をするとビタミンが失われない」
「電子レンジの簡単レシピ」
だとか、電子レンジに害はないですよ。
と言わんばかりに電子レンジを使用することを勧めていたり、
全部違うことが書いてあるので信用できません・・・。

電子レンジを使用することによる影響はどの説が一番正しいのか?
L型、D型って何でしょう?

専門的な意見とか聞いてみたいんです。
タンパク質以外の栄養についても・・・。
あ、でも素人の私でも分かりやすくお願いします。

良いこと、悪いこと、何が起こってるのでしょうか?

Aベストアンサー

電子レンジで加熱すると水分子の運動励起が生じます。運動励起というのは、水分子がバンバン動くようになるので、お湯がすぐ出来るのですよ。水って、H2Oと呼ばれる目に見えない分子で出来ているのです。

L型、D型というのは、アミノ酸の基本骨格での構造キラル体の型名です。通常は自然界で使われるのはL型で、L型のアミノ酸のおかげでタンパク質の構造が作られています。同じようにD型もあって、アミノ酸の配列が同じでもL型のような構造は作れなくなります。そのため、食べ物として摂取したD型のアミノ酸は、体の中でタンパク質を構築する材料としては使えないことになるのです。またアミノ酸を分解する酵素もD型を認識できなくて、結局は排泄してしまうことになります。D型を利用できないというのはこういうことです。体に害があるかないかは不明ですが、少なくとも良いことではないことは確かです。一部のバクテリアなどは分解する能力を持つものがいるかもしれません。

電子レンジで酷く高温に加熱されると、L型からD型に転移することがマレですがあります。また、この状況ですと、タンパク質の構造は破壊されますね。一方で、私たちがタンパク質をとるのは、体の中の構成要素であるアミノ酸を摂取するためで、タンパク質の構造はどうでも良いのです・・・。

しかし、タンパク質の変性した構造如何で状況はかわります。たとえば、BSEのプリオンの一分子だけでも脳にわたったら・・・、連鎖反応的に会合反応が始まり、やがて脳が使えなくなります。

ただ、電子レンジの調理器具を使って、恐ろしいタンパク質構造に変性し、病気になる例は現在のところありません。電子レンジが発明されてはや数十年たちますが。

「電子レンジで調理をするとビタミンが失われない」というのは、非常に短時間で水分子のみの運動励起を即すために、ある程度分解しやすい分子でもそのままの構造を保った状態で暖められます。コンロなどでじっくり熱していくと分解されやすいビタミンなどがいい対照例ですね。じっくり熱した場合は局所的に高温にならないのでD型に転移することは電子レンジよりも確率は低くなります。

総評:
電子レンジを使用するときには加熱のし過ぎに気をつけ、決まった調理方法を遵守しましょう。

電子レンジで加熱すると水分子の運動励起が生じます。運動励起というのは、水分子がバンバン動くようになるので、お湯がすぐ出来るのですよ。水って、H2Oと呼ばれる目に見えない分子で出来ているのです。

L型、D型というのは、アミノ酸の基本骨格での構造キラル体の型名です。通常は自然界で使われるのはL型で、L型のアミノ酸のおかげでタンパク質の構造が作られています。同じようにD型もあって、アミノ酸の配列が同じでもL型のような構造は作れなくなります。そのため、食べ物として摂取したD型のアミノ酸は...続きを読む

Qスープでダイエット

栄養があってカロリーの低いスープってどんなものがありますか?

Aベストアンサー

こんにちは

コンソメにささみと野菜をたっぷりいいれて
とか

味噌汁に根菜を野菜をたっぷり入れて
薄味にして食べる時に七味唐辛子をかけて食べるというのもあります

Q野菜をミキサーにかけると栄養素は破壊されるのですか?

毎晩、野菜と果物をミキサーにかけておき、朝飲んでいます。
友人に話しましたら、ミキサーにかけると栄養素が破壊され、栄養の吸収はできないと言われました。

実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

迷信などではありません。本当です。
ミキサーにかけると植物の細胞壁や細胞壁・細胞膜が粉砕されて、酵素の働きで自己消化されてしまいます。
影響を受ける栄養素の代表が、酸化され易いビタミンCで、その分解酵素を含む野菜の代表がニンジン、キュウリ、カボチャ、キャベツ、ゴーヤなどです。
人間の細胞にも同じような働きはあったと思います。何を以って迷信などというのかわかりません。教科書にも載るくらいの周知の事実だと思います。
ただし、吸収率が下がるという事はないようです。細胞壁などが粉砕された方が吸収率が上がると宣伝しているサイトも山ほどあります。
以上のことを踏まえると、
ビタミンC分解酵素を含む食品をレンジにかけたり茹でるなどして、ジュースにするのが理想と言えそうです(伊○園の充○野菜やカ○メの野菜ジュースもこの方法で作っているみたいです)
また、ビタミンC分解酵素について言えば(他の酵素は知りません)酸(例えば黒酢)を加えるという方法でも失活するみたいです。
http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~maruho/ninnzinn-bunsyou.htm
http://www1.kagome.co.jp/cgi-bin/qa/search.cgi?CODE1=D203#7
いずれにせよ、すぐに飲むか生野菜をかじればそれほど酵素の影響もなく栄養分も失われにくいかと思います。

迷信などではありません。本当です。
ミキサーにかけると植物の細胞壁や細胞壁・細胞膜が粉砕されて、酵素の働きで自己消化されてしまいます。
影響を受ける栄養素の代表が、酸化され易いビタミンCで、その分解酵素を含む野菜の代表がニンジン、キュウリ、カボチャ、キャベツ、ゴーヤなどです。
人間の細胞にも同じような働きはあったと思います。何を以って迷信などというのかわかりません。教科書にも載るくらいの周知の事実だと思います。
ただし、吸収率が下がるという事はないようです。細胞壁などが粉砕...続きを読む

Q紫たまねぎでオニオングラタンスープ

紫たまねぎでオニオングラタンスープって作れるのでしょうか?
生で食べるのに抵抗があるので、スープにしてしまおうと思いました。
色や栄養、水分の面など、紫たまねぎはスープにするのは適してるのか気になります。

また、普通のたまねぎと混ぜて作ろうと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

私もも紫たまねぎでスープ作りました。加熱すると甘くなるので、普通より美味しくなりました!

もちろん、普通の玉葱を混ぜても良いと思います。

Qフードプロセッサー、ベジタブルチョッパーは栄養素を破壊しませんか?

私は野菜や果物を料理で業務上で沢山刻むので、電動調理器の使用を考えているのですが、栄養素の破壊が気になってしまいます。

この件についてご存知のかたがいらっしゃいましたら、どうかご教授ください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

栄養素というのは、基本的に分子レベルの話です。
刻む、というのは、それに比べるととてつもなく大きな話ですので、液体として流出しなければ、破壊ということはないでしょう。

Q野菜スープは究極の健康、ダイエット食では?

料理に興味(趣味とまでは行かない)がある成人男性です。
ダイエット食も蒟蒻、サラダ等色々試しましたが、イマイチ美味しさや満腹感の面で納得行きませんでしたが、野菜スープを知ってからこれぞ究極のダイエット食では?と思うようになりました。
-野菜スープ- あらゆる野菜(ベーコンや肉団子も)を小さく刻み、鍋で沸騰させコンソメか鶏がらで味付けする。以下質問です。
1.温野菜より野菜スープの方が栄養をより吸収できると思いますがどうですか?
2.人参等硬い野菜を細かく刻むのが若干手間です。良い方法があれば教えて下さい。
3.オススメの野菜スープレシピがあれば教えて下さい。

以上です。

Aベストアンサー

1.スープは一緒に茹でた湯も調理するので
 栄養素が抜けないので私もそう思います。
 どうしても茹でると栄養素が抜けてしまいます。
 
2.別に小さく刻む必要はないですよ
 ゴロゴロしてた方が噛む回数も増え
 ダイエットには向いてます。

3.野菜だけではなくワカメやキノコなども
 一緒にスープに入れるのもオススメです。

Qタマゴに熱を通したら破壊される栄養素は何がありますか?

タマゴの栄養について調べたいと思っていますが、なかなか見つからないんですね
生の状態でのタマゴに熱を通したとき破壊される栄養素や熱には関係のないものを知りたいんです。
たとえば、半熟のときは何々が壊されるとか 完熟のときに残ってる栄養素は何々で残るのはなになに
資料のあるサイトを教えてくれてもいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

卵の卵黄に含まれるレシチンは熱に弱いです。
レシチンについては下記URLを参考にしてみてください。
(熱に弱いとは書いていないんですけどね・・・ネットでは、なかなか見つからないですね。(-д-;)

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/5000/w5000348.html

Q野菜を煮込む事による栄養価の減少

野菜を煮込むことにより、
栄養価はどれだけ減少するのでしょうか?
ビタミンCが大幅に減少するのはわかるのですが、
食物繊維、カリウム、カルシウム、カロチンなどはどうなんでしょうか?

最近野菜スープやなべを自宅で作ることが多いのですが、
やはり生食に比べると栄養価は激減してしまいますか?

Aベストアンサー

確かに、熱によるビタミンCの破壊や栄養素が水に溶け出すなどで損なわれる物はありますが、栄養価が激減することは有りません。
逆に、加熱で体積が減ることでより多く摂取出来、消化吸収も良くなります。
水に溶け出した栄養は、だし汁共に摂取出来ますし、熱によって損なわれるビタミン類もゼロになるわけではないので、結果的に温野菜の方が栄養的にも健康的にも好ましいようです。
勿論、生野菜もその良さが有りますので、適宜利用されるのは良いでしょう。

Q体内で作れる栄養素、作れない栄養素

炭水化物
脂質
たんぱく質
亜鉛
ビタミン
ミネラル

例えば2日間何も食事をしないとします。
その上で

(1)体内で勝手に作ってくれる栄養素
(2)体内で絶対に作れない栄養素

それぞれ何ですか?

Aベストアンサー

 栄養素とは、体に必要な物質のうち食事など体外から摂るものを言いますので、質問自体が自己矛盾しています。

炭水化物とは、糖(糖類)のことですが、高等動物はグルコースまで分解して取り込みます。グルコースが糖の基本形のひとつで、生物の多くはエネルギー源として利用します。植物はグルコースをデンプンとして蓄えたり、セルロースで細胞壁を作ります。動物はグリコーゲンと言う形で貯蔵します。糖質が栄養として取り込めないときは、蓄えられているグリコーゲンを分解し、それでも足りないときは脂肪やタンパク質からグルコースは合成できます。

脂質、高級脂肪酸のグリセリドですが、脂肪酸は他の脂肪酸や糖から合成できる物もありますが、必須脂肪酸は体内での合成量が少ないかも出来ないものです。いわゆるω-6脂肪酸とω-3脂肪酸がそれに当たりますから、ω-6脂肪酸とω-3脂肪酸は食事として摂取しなければなりません。

タンパク質:アミノ酸のポリマーですが、アミノ酸まで分解して消化吸収されます。体を構成するアミノ酸の多くは体内で再合成できますが、体内で再合成できない物、その量が少ない物は食事から摂取しなければならない必須アミノ酸です。--トリプトファン、リシン(リジン)、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンです。

亜鉛:いわゆる無機塩類(ミネラル)のひとつですが、亜鉛だけでなく、ナトリウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素が、それに当たります。
 これらは元素ですから、体内で作り出すことは出来ませんが、短期間なら体内の物を再利用できます。

ビタミン:上記以外の有機化合物

(1)体内で勝手に作ってくれる栄養素
 体内で作るものは栄養素とは言いませんから回答できません。
(2)体内で絶対に作れない栄養素
 栄養素自体、体内で作られないものを言います。

>例えば2日間何も食事をしないとします。
 もっとも重要なものは「水」でしょうね。それ以外は栄養素(食事)として摂らなくても大丈夫です。酸素は除きます。

 栄養素と言って「ひとくくり」に議論は出来ません。栄養素は総称であって、ひとつひとつの物質について考えないとなりません。
⇒炭水化物( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9 )
  炭水化物代謝( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9%E4%BB%A3%E8%AC%9D )
⇒脂肪酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
  必須脂肪酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
⇒タンパク質( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%B1%E3%81%8F%E8%B3%AA )
  アミノ酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8 )
  必須アミノ酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8 )
⇒ミネラル( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB )
⇒ビタミン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3 )

 栄養素とは、体に必要な物質のうち食事など体外から摂るものを言いますので、質問自体が自己矛盾しています。

炭水化物とは、糖(糖類)のことですが、高等動物はグルコースまで分解して取り込みます。グルコースが糖の基本形のひとつで、生物の多くはエネルギー源として利用します。植物はグルコースをデンプンとして蓄えたり、セルロースで細胞壁を作ります。動物はグリコーゲンと言う形で貯蔵します。糖質が栄養として取り込めないときは、蓄えられているグリコーゲンを分解し、それでも足りないときは脂肪や...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報