「ひとつづつ与える」、「ひとつずつ与える」、この場合、「づ」と「ず」のどちらの用法がただしいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ずつ づつ」に関するQ&A: ずつ?づつ?

A 回答 (2件)

「ずつ」をお勧めします。

「づつ」が間違いということではありませんが、お勧めできません。

「ずつ」は現代仮名遣い、「づつ」は歴史的仮名遣いです。

http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&i …
文化庁のサイトにある「現代仮名遣い」の本文第2では、

なお,次のような語については,現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として,それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし,「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。
(略)
ひとりずつ

とあるので、「ずつ」が本則であり、「づつ」は許容される表記です。

ただ、上の許容を利用して「づつ」を使うといったん決めたらそれで通すべきで、混ぜて使うと格好悪いことになります。また、現代仮名遣いが普及した現在では、「づつ」を気持ち悪く感じる人もいるので、「ずつ」に統一することをお勧めします。何か特別な美意識でもあるのでなければ、「づつ」を使う利点はありません。

しかし、逆に「づつ」を使っている人に向かって「『づつ』は間違いだ」と言ってしまうと、上のようなルールがあるので恥をかくかもしれません。
    • good
    • 82

「ずつ」の方が現代としては正しいらしいです。



しかし、歴史的には「づつ」が本来の表記であり、現代でも「許容範囲」として容認されているみたいです。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/hirago001.html
    • good
    • 30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qずつ?づつ?

一つづつですか?
一つずつですか?

「づつ」と「ずつ」どっちか正しいんでしょうか。使い分けとかありますか?

Aベストアンサー

#1さんの回答の通りです。
「現代かなづかい」(1946/11/16)では
「ひとつずつ」、「いなずま」、「きずな」、「ゆうずう」
と書くきまりでした。
「いなずま」ではなく「いなづま」と書くべきだと言う人が跡を絶たないので、
「現代仮名遣い」(1986/7/1)で、
本則:「ひとつずつ」、「いなずま」、「きずな」、「ゆうずう」
許容:「ひとつづつ」、「いなづま」、「きづな」、「ゆうづう」
ということになりました。
“そう書きたければ書いてもいいと認めてあげたので、もう苦情は言わないように。”
ということでしょう。
ただ官公庁の文書で「づつ」と書かれることはあり得ません。

Q「ず」、「づ」と「じ」、「ぢ」の違いは?

「ず」、「づ」と「じ」、「ぢ」の違いは?
鼻血は「はなぢ」、「はなじ」ではない。何で????
蜆は「しじみ」、「しぢみ」ではない。何で????
鈴木は「すずき」、「すづき」ではない。何で????
縮みは「ちぢみ」、「ちじみ」ではない。何で????
続きは「つづき」、「つずき」ではない。何で????

Aベストアンサー

恐らくは(名詞)(動詞)とでの違いがあると思います
1つの単語に成っている言葉は名前に由来されているのでは?
例えば
(ぞうきん)地方では→(どうきん)と間違った呼び方もしまが
このように1つの名前に対しての(濁点)は名前の由来に関係すると思います。
*鼻血の血は→(ち)であって(し)では無いですよね
しかし(はなち)では無く(はなぢ)なのは言葉の進化では無いかと思います。
(例えは)たぬき→たぬぎ、でも地域では通じますが標準語ではありませんよね?しかし(たぬぎ)に成っていても言葉の進化としては不思議では無いと思います。
*つづく、等の(同じ事を意味する言葉)
つつく、われわれ、それぞれ、等同じ文字で続く動作を示す物と思われます。

(備考)
言葉は進化と文学者は言います。現に数年前と変わってますし実際に辞書や標準に改変された新語や感じも多数あります。

Q「一個づつ」と「一個ずつ」

「一個づつ」と「一個ずつ」は、「ずつ」のほうが正しいですか?

Aベストアンサー

本則はずですが、づ でも間違いではないということです。私はいつもづをつかっています。

Q「1つづつ」と「1つずつ」とでは

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

いっこずつ いっこづつ で変換してみてくださいな
一個ずつ いっこづつ
ずつが正解です。

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q「ず」と「づ」、「じ」と「ぢ」の使い分け方

恥ずかしいんですが、「ず」と「づ」、「じ」と「ぢ」の使い分け方が解りません。
PCで文字を入力している時はよくあります。さっきも「はづかしい」と入力して変換されませんでした。

「じ」と「ぢ」は殆どが「じ」ですが、あまり間違えません。
「ず」と「づ」は非常に多いです。
「横綱」みたいに濁点を取れば解るものは良いですが
濁点を取っても解らない方が多いです。

この2つの濁音を使い分ける方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こういうことは、素人が下手に解説するより、国の示す指針によるのがよいです。
参考URLは文化庁の『国語施策情報システム』です。
「国語表記の規準・参考資料」→「現代仮名遣」
とクリックしてください。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q2つ"づつ"? それとも、2つ"ずつ"??

分量を均等に分ける時よく使われる"ずつ"ですが、
づつ or ずつ 両者どちらが正しいのでしょうか?
辞典で調べたのですが両方載っていました…(-"-;A
どちらも正解なのでしょうか?
また、使い分ける必要はありますか?

Aベストアンサー

下記、参考サイトからの引用です。

「ずつ」はもともと「づつ」と表記していました。しかし現代では「ずつ」と書きます。

ところがたとえば「小包」は現代でも「こ-づ-つみ」と書きます。これは、原則として現代語の表記では「づ」で始まる語のうち、それが結びついているものから分解しても意味が通る場合はそのまま「づ」を用い、意味がない場合は「ず」を用いる、と決めているからです。

先の例では「つつみ」がそのままでも意味を成すのに対して、「づつ(つつ)」単体では少なくとも現代語では意味がないため「ずつ」と表記するわけです。

参考URL:http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=246

Q「一回ずつ」でしょうか「一回づつ」でしょうか?

皆様 お世話になります。

日本語表記でこんがらがっています。

「一回ずつ」が正しいのでしょうか、

それとも

「一回づつ」でしょうか?

わかる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『現代仮名遣い』では、「一回ずつ」です。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20070903144425

日本語に関して詳しくは、主務官庁である文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q1つづつ?1つずつ?

1つづつ?1つずつ?正しい表記はどちらでしょうか?

Aベストアンサー

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%A4%BA%A4%C4&stype=1&dtype=0

#1の方のとおり1つずつですね。
こういうのを知りたいときは国語辞典とかまずよんでみたらいいですよ。

Q「づ」と「ず」など

「づ」と「ず」、「じ」と「ちに点々のじ(変換方法が分からない)」など、の区別がいまいち分かりません。
感覚的にやっているのですが、何か決まりはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1さんの付け足しで具体例を。

・「食べづらい」→「食べる」のが「つらい」から「づ」
・「すきずき」→繰り返しの「すき」の「す」だから「ず」
・「はなぢ」→「鼻」から出る「ち」だから「ぢ」
・「だじゃれ」→「しゃれ」だから「じ」
・「じしん(地震)」→地球の地だけどなぜかこれは「じ」ですよ~


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報