皆さんはサンタさんがいないのだと、いつ知りましたか?
どこか変だと思いつつも、クリスマス前に家中探してみてもプレゼントは見つからなくて(これは今でも謎なんだけど、どうなってたんだろ?あんなに探したのに…。^-^;)、信じるよりほかになかったあの頃。 怪しみながらも、一方ではいつまでも信じていたかったワクワクするような絵本の中の存在。。。

私は、小学二年生の時。。。
クリスマスから一週間が過ぎて、家族揃って初詣に行った時のこと。駅から神社につくまでには15分ほど歩かなくてはいけなくて、そこには縁日の屋台のような店がずらーっと並んでいます。わたしが、「カエルの置物が欲しぃよー!><(なぜ、カエル…?)」としつこく駄々をこねると、おとーさんが思い余って、「こないだゲーム買ってやったばかりだろ!」 ……… 
私:「??? ゲーム、サンタさんが持ってきたんだよ?」
父&母:「・・・・・。(汗)」
その瞬間曖昧だった疑惑はまぬけな大人達の為に確信となり、私は半べそをかきました。

その後も小学生の間は、枕元にプレゼントが置いてあったような気がします。けど、もうおとーさんもおかーさんも、それがサンタさんのプレゼントだとはいいませんでした。
赤いコートをまとって、トナカイのそりに乗ってやってくる、白髭のお爺さんはその時からかき消されてしまって、ただプレゼントだけがあったのです。
今思い出してもせつなくなる、やな思い出です。 (-.- )

みなさんは、サンタさんがいないといつどんな形で知りましたか? それはどんな感覚でしたか? そして、それ以降もサンタさんは来ましたか? 
いまだにこの季節になると、イヴの夜には雪が降って、鈴の音が聞こえたらいいのになぁーと空を見上げてしまいます。(*^-^*)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

サンタさんはなぜ、煙突からくるか。


昔、煙突掃除は子どもの仕事だったので、ちゃんと煙突をきれいにしてくれた子どもにご褒美を持ってきてくれる。汚い煙突では汚れるからきてくれない。
掃除もせずにゲームをほしがるような日本の子どもに何でサンタさんがプレゼントをやらにゃならんのだ、と、うちの子どもには言っています。

でも、金持ちのうちにだけ豪華プレゼントが届く、不公平なサンタさんにはきてほしくないですね。

でも、サンタさんに会いたくなったら、サンタワールドに手紙を。
返事が来るのは有料だ、というのが・・・。まあ、いいか。

参考URL:http://www.santaworld.co.jp/

この回答への補足

回答してくださった皆さん、ありがとうございます! ^0^)ノ
一週間経ったので、ここで締め切りです。 わたしは、「切なくなるようなエピソードがたくさん来るかも…」とちょっと期待していたのですが、予想に反して、「サンタさんなんて、最初からいないもんねー!」な回答が、大半を占めました。 ほんとに意外で、「わたしの子供時代って、一体…(汗)」と複雑な一週間でしたね。
それではまた、次の機会に。。。(^∇^

補足日時:2001/11/20 17:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます! 掃除もせずにゲームを欲しがるような子は…うぎゃっ! 無条件でわたしにゲームを持って来てくれたサンタさんありがとう♪(^-^;
たくさんの回答を拝見してると、サンタさんの登場の仕方は、それぞれの家庭状況が大きく絡んでいるようなので、不公平に見えたとしてもどうしようもないですね。(*^‐^*)
有料のお手紙!? 昔自慢げにサンタさんから来た返事を学校に持って来た子がいたけど、これだったのかな? こうしてサンタさんは、プレゼント代を稼いでいたのかぁ…。
φ(。_。;) ふーむ…

お礼日時:2001/11/18 16:41

こんにちは。


私の場合をお話させてください。
うちは3人きょうだいで、姉、1つ下にわたし、9つ離れて弟です。
弟が3歳になった年のクリスマスイブの晩に、姉と私は母に呼ばれて
「サンタさんのお仕事を手伝いたい?」と言われました。
もちろんふたりは「やる、やる!」と手を上げました。
すると母は「サンタさんは全部のおうちは回れないから、このへんの
うちはみんな、サンタさんのお仕事はその家のパパとママがするの。
○○ちゃん(弟)のぶん、やってみる?みつかっちゃだめよ!」
といって、おもちゃの包みを渡してくれました。
弟はもう眠っています。その枕元に、姉と私はそーっと包みを置きました。

翌朝、弟の「サンタさん来たー!」の声がほんとにかわいかった!
それからはサンタさんのお仕事はいろいろな人が分担してるのだと
わかってちょっと残念でしたけど、自分もそれを手伝えることが
大きな楽しみになりました。
ことしもよいクリスマスが来ますように(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
すごい!サンタさんが回りきれないから仕事を分担するって、ちゃんと理屈が合っています!(^O^
残念ながらわたしには妹も弟もいないので、お手伝いの喜びを知るチャンスは無かったんですが、“あんちゃん”にはあったのかな…? けど、わたしは「サンタさん来たー♪」なんて可愛いことは言いませんでした。プレゼントを抱えてただニタニタしているだけでした。か、可愛くないよ…。(^-^;

お礼日時:2001/11/15 00:13

いわゆる、コカ・コーラルックのサンタさん、クリスマスにおもちゃをくれるサンタさんについては、もう自分の記憶のあるときから、「作り物だ」という覚えしかありません。

アニメのキャラクターのように、「いてくれるとうれしいけど、実際にはいないんだ」という印象で、サンタクロースを位置付けていました。

自分の場合、どちらかといえば、プレゼントよりもケーキを喜んでいたもので。

「サンタさんがいればいいのにな。来てくれないかな。」という夢そのものを現実的に描いたことがなかったのですから、仕方がありません。もしかしたら、年を取るにしたがって、夢を持つようになってきているかもしれません、私の場合。

個人レベルとしては、サンタがいるかどうかについての結論は、30歳台になってから出ました。もう、100年以上前に、結論とも言うべき言葉があったんですね(参考URL)。
まさにユーミンの「恋人がサンタクロース」状態でございます。これが、永遠の真実であり、参考URLの前に、宗教の相違や対立など、けちょんけちょんに敗れ去ってしまいます。わかっているのかな?○○教の諸君!

参考URL:http://www.lb.u-tokai.ac.jp/joy/misc/virginia-j/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
わたしも無条件で↑の女の子みたいに、サンタさんを信じていたわけでもなかったんです。実物を見たことはないし、会った事もないんだから怪しいと感じるのが当然ですよね。
けど、当時学校へ行くと、“サンタさんから来た英文の手紙”を持参する人や、“ほんものの青い目のサンタさんに会った!”という証言など(誰に会ってたんでしょうか…?^-^;)、「ほんとにサンタさんいるかもしれない!」と感じる証拠(?)がたくさんあったのです。
それゆえに、「怪しい」と思いつつも、「実際にプレゼントが毎年来ている!」という事実を頼りに、「やっぱりいるよね。」と思いたかったんです。
けど、これまで寄せられたたくさんの回答を見ていると、こんな子供時代を過ごしたわたしって、意外と珍しいみたいですね。(^-^;

お礼日時:2001/11/14 01:29

世の中には


目には見えないのに、存在しているもの、ありますよね。
「愛」とか「勇気」とか「希望」etc......


私には子供が二人います。
二人とも高校生まで来ましたよ。
来なくなったのは彼等が「お願いしなくなった時」です。

孫が二人います。
サンタさん、来ていますよ。


この世界には不思議なことって山ほどあります。
サンタさんも不思議なことのひとつだと思います。

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆ 
*☆ 空に向かって大きな声で
。.☆ 欲しいもの、たのみましょ!
☆彡 欲しいもの、
  窓に貼って、たのみましょ!…・‥…━━━☆
☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

そうすれば、ぜったい来ますヨ o(^-^)o
(だって、私にも来ていたのだから、、、)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
わたしにも来ていたけど、もう子供じゃなくなったのでお願いしても来ないのかも。来るかなぁー。。。
今はサンタさん以外の友人からなにか貰ったり、逆に上げたりする事もあるけれど、サンタさんのプレゼントのような感情にはならないですよね。“サンタさんプレゼント”には、ただのプレゼントでなくて、なにか別のモノが一緒に入ってたのかも。だから、いつまでも記憶に残るのかも。。。
星の本、望遠鏡、お人形達、おもちゃの時計、なぜか妖怪百科…(汗)。さすがに当時の自転車はもうないけれど、家にはまだ、その役目を終えたたくさんのガラクタ達が残っています。(^-^;

お礼日時:2001/11/14 01:09

ありゃりゃ・・



皆さんのところは“消えちゃった”んですか??

それは、それはかわいそうに・・・良い事を教えてあげましょう!


実は,私の子供の頃、我が家は死ぬほど貧乏でして・・
どのくらい貧乏かと言うと、
テレビは白黒・・
お勝手は土がむき出しの土間で・・
冷蔵庫なんかは当たり前に無くて・・
風呂は外風呂、しかも屋根無しの五右衛門風呂・・
小学校の時にはじめてガスレンジなるものを見て・・
海を見たのは小学6年生・・
(これでも、まだ30代なんですけど・・)

当然ですが、サンタなんかきやしません。
っていうか、近所も、にたりよったりでしたから、来てなかったみたいです。

ですから、はなから来ないものは悲しくも何とも無かったんです


・・・・

それが、今では!!!!!

私に子供が出来ました・・今小学1年です,下は1歳
そしたら、来るんですよ!!誰がって?! サンタですよサンタ!!

信じないでしょ?でも来るんです・・間違い無く来てます。

子供に・・ではないです。私にです。
当然、プレゼントは大人ですからもらえません、あしからず
でも、クリスマスと共にサンタは私にハッピーを持ってきてくれます。

この意味は、子供が出来て初めて知りました・・体験しました・・


ですから、今年も必ず来ます!!消えてません・・
回答は「自信あり」です!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!ありゃ、また“サンタさんは最初から来なかった派”の方ですね。けど今は、お子さんにじゃなくてkonojiさんに来るんですか?むぅ?? 子供が出来て初めて知るという事は、わたしにはまだ分かりそうにないですねぇ~…。
しかも今年も来るんですか?むぅ?? 新たな疑問が出来てしまいました。(^-^;

お礼日時:2001/11/14 00:20

うーん、いつだったんだろう…。



幼稚園の頃、既に、クリスマスといったら
お母さんと一緒にデパートに行っておもちゃを買ってもらえる、
ってなってましたね。
一方的に、渡されるとか、置いてあるっていうのが、なかったように思います。
ちゃんといつも、自分で選んでいましたね。
でも、僕が小学生で、弟が幼稚園の時、
ベッドのワキに、靴下ぶら下げた記憶もありますね。
「これじゃぁ入らないよー!」とか言いながら。
僕は信じてなくて、弟は信じてたってことかな?

なんなんだろう、自分でもよく分からないです。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます! そういえば、靴下の存在がわたしの頭の中にはないですね…、あれ? どうも、プレゼントの事で頭の中がいっぱいで、忘れてたみたいです。。。サンタさん、ごめんちゃい。(^-^;
おかーさんとデパートといえば、わたしは風邪をひいた時にいつもデパートに連れて行かれました。風邪をひいた時に行く病院がいつも決まっていて、そこへ行く途中にデパートがあったのです。病院へ行って注射した(!)帰りにデパートに寄って、おもちゃを買ってもらえる。わたしにとって“風邪ひきさん”=“デパートでおもちゃ”だったのです。(^-^;

お礼日時:2001/11/13 22:00

自分自身は、サンタさんはいないと知りつつ、信じていることを装って周りの大人の反応を楽しんでいたというおそろし~い子供だったと記憶しております。

いつごろいないと知ったかはわかりませんが、かなり早いうちからわかっていたような。いやな子供ですね。小学校高学年には特別ほしいものもなかったので、サンタさんにお願いするものもなく、家計も大変だったのでしょう。クリスマスプレゼントの習慣が消えましたねぇ。
 我が子は小1。しっかりサンタさんにほしいものを頼みます。おもちゃ屋さんにいっては、なぜか空に向かって、「僕のほしいのはこれですよ~」といったり、今年はベーブレードのレアものを頼んでいて、「いくらサンタさんでも、見つけられないんじゃないかなー」とアドバイスしているのですが、「サンタさんのプレゼントはサンタさんとこの小人さんが作るのだから大丈夫」といっています。どうしましょう。去年のクリスマスイブは、何とかサンタさんを目撃したいといって、ちょっとした物音だけで目を覚ますため、私はなかなかプレゼントを枕元におくことができず苦労しました。いつまで信じているのでしょうか。楽しみです。
 皆さんの回答を読ませて戴くと、信じていても信じていなくてもサンタさんて、やっぱり影響力ありますね。一度でもサンタさんを信じられた子供は、人を信じる力があるとききます。そして、真実を知った時のショックから立ち直ることも人生の経験なのかもしれませんよね。サンタさんを信じなかった子もそれはそれで、現実への洞察がある子供といえますよね。皆さんのサンタ経験を読ませていただき楽しかったです。ご両親の心中もお察し申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます! 大人の反応を楽しむって、なんとなく分かるかも…。
おとなは子供の事を“大人未満の存在”と思いこんでるところがあるけど、ほんとは子供って小さな身体の中に、大人と同じだけの感性の元が詰まっていますよね。「こんなこと、子供なんだからどうせ分からないだろう。」と大人が判断している事が、実はぜーんぶ筒抜けだったりして。なかには、「子供らしく振舞わないと可愛げがない。」と大人に気を使っている子供までいます。(^-^;
そう考えると、サンタさんをずーっと信じる事って、むずかしいですよね。(;;)
わたしは長く続いたほうなのかなぁ~。。。

お礼日時:2001/11/13 21:47

akasuzunekoさん、こんばんは。



家にもサンタさんは来ませんでした。
小さい時から大人の会話を聞いていて耳年増だったせいもあり
幼稚園にやってきたサンタさんの事を「あれはうちのお父さんだよ!」
って皆に言っていたんです。
サンタさんは「お父さん」が変装している物だと思っていたんです。
随分、後になってからあの時のサンタさんは、別の役員だったらしい事
がわかりましたが、それまでは本当に父だと思っていました。
何故そう思ったかは、父はPTAの会長をやっていたんです。
大人同士の打ち合わせを聞いてしまったらしいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!以外とサンタさんなんて最初からいない人は多いんですねー。
わたしも子供の頃に、校長先生、園長先生、町のエライ人などなどがサンタさんに扮して登場する姿を見てきましたが、あれ止めた方がいいのでは…。よくよく考えてみると、「サンタさんなんていないんじゃ…」と疑問を持つ元凶になっていたのは、あの「にせサンタ」達だった様な気がします。(^-^;
それはそうと、こないだ100円ショップの前を通ったら、サンタの衣装がなんと100円で売ってました!子供たちの夢をぶち壊す「にせサンタ」大量出現の予感。。。(汗)

お礼日時:2001/11/13 20:48

すいません「ヨップランド」改め「ラップランド」に訂正してください。


ウンチク上司が横でツッコミました。
ちなみにサンタさんはフィンランドでは「ヨウルプッキ」というそうです。(上司ウンチク談)
彼は小学3年の時、徹夜でサンタさんが来るのを張り込んでいたため「もう寝てくれ」とお父さんにプレゼントを渡されてわかったそうです。嫌な子どもですよね~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

えーっと、「ラップランド」って何ですか?(^-^; 関西にもあるんでしょうか。。。
わたしも“夜更かし園児”の頃に張りこみをしましたが、日付が変わったら寝てしまいました。朝の6時ごろに目がさめたら、もう枕元にはプレゼントありました。不思議だぁー。(^-^;

お礼日時:2001/11/13 20:34

いや~ん、びっくり!いま休憩中に会社の人とその話をしていたんです。

タイムリー☆

●私の場合
残念、サンタさんは信じていませんでした。物心つく前から、両親と同居していた叔母がたーっくさんプレゼントを用意して、クリスマスツリーの下に積んでいたので、プレゼントはサンタさんではなく、大人がくれると思っていました。

●Yさんの場合
小学校4年まで。両親から「お前ももう10歳だから本当のことを教える。サンタクロースはおらん。お父さんとお母さんがプレゼントしていたんだ。はい、これ今年のプレゼント」と突然の告白にショックでケーキの味もわからなかったそうです。

●Aさんの場合
小学校6年まで。「ねえねえ、サンタさんに何お願いした?僕ね~マジンガーZ」と友人に言ったら「ダッセー!お前まだサンタやら信じてんのか?バーカ、サンタクロースって空想やん」と笑われて傷ついたとのこと。

●Mさんの場合
今でも(30歳)。「だってヨップランドに手紙書いたら返事きたわよ」それはそーですけど…。

余談ですがサンタさんは赤い服と白いヒゲがトレードマークじゃないですか。びっくりしたんですけど、あの配色がコカコーラのCMからだって知ってました?上司がウンチク語ってるんです~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます! むぅ~、皆さん以外と子供の頃から冷めてるものなんですねー。もしかしたら、“信じてました!”派のほうが少数派なのかな…?
しかも、「夢をぶち壊し!」的な形で現実を知った人が多いところが、涙を誘います。みんなそうして現実的な考えを身につけて、大人になっていくんでしょうか。(^-^;

Σ( ̄□ ̄; サンタさんがコカコーラの回し者だったなんて…。またひとつ、大人に…(笑)

お礼日時:2001/11/13 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報